Xpend - 代理店向けのコストレポート機能

概要: cost API (プレミアム機能であるXpendの契約が必要)やクリックでのコスト計測の機能を使うことで、コストデータの記録が可能になります。

コストの記録:代理店向け

広告主は、AppsFlyerをROI / 請求 / マーケティング予算配分に関する決定のための情報源として使用しています。そうするためには、全てのコストに関する情報を1つのプラットフォーム上に集約する必要があります。AppsFlyerのプレミアム機能であるXpendを使うことで、広告主や代理店はAPI経由でコストデータを収集しAppsFlyerの管理画面やレポートツール上に表示することが可能になります。 

コストデータは以下のいずれかの方法を使うことで集計できます。 

  • コストAPI:AppsFlyerがパートナーからデータを取得します。
  • クリックでのコスト計測:計測URLがクリックされる毎にコストを記録します。

次の表では、Xpendの契約有無によって利用可能なコスト計測の機能を記載しています。

オプション Xpendの契約が必要 説明
コストAPI

はい

  • 代理店はアドネットワークのAPI認証情報を使って連携し、AppsFlyer管理画面上でのコストAPIの機能を有効にできます。
  • コストデータは運用媒体の開示設定に応じて反映されます。(SRN媒体の場合、クリック数とインプレッション数も含まれます。)
  • 全てのコストモデルをサポート
  • 高い正確性
  • データ更新頻度:1日6回 / 4時間毎

Cost by click

(計測URLへのパラメータ追加)

いいえ
  • 代理店アカウント上で発行した計測URLにCPI、通貨単位などのパラメータを追加することで、AppsFlyer上にコストが集計されます。
  • データ更新頻度:ほぼリアルタイム

制限:

  • CPI課金限定
  • 誤ったデータがリンク上で送信された場合、後から変更することはできません。
  • クリックURLによって記録されたコストは、SKAdNetworkのオーバービューでは利用できません。
  • クリックURLによるコスト共有は、広告主がSKAdNetworkを利用していた場合、正確性に欠ける可能性があります。

 

この記事は役に立ちましたか?