AppleのApp Clip実装ガイド

概要:App Clipを使用すると、iOS 14以降のユーザーがアプリへすばやくアクセスし体験することができます。AppsFlyer SDKはApp Clipの計測を可能にします。必要に応じて、OneLinkがApp Clipを使用できないユーザーをリダイレクトします(例:Androidユーザー)。

app_clip_flow_3.png

関連記事:AppsFlyerによるAppleのApp Clipアトリビューションソリューション

App Clipの実装

  • App Clipは、iOS 14ユーザー向けに、完全なアプリをダウンロードすることなく、素早く便利にアプリ体験にアクセスできる機能を提供します。
  • App Clipは、ある入手経路(例:QRコードやNFCタグ)からインストールおよび起動されます。
  • App Clipのクリック、インストール、アプリ内イベント、およびApp Clipから完全なアプリのインストールを計測するには、AppsFlyerのSDKが必要です。
  • SDKとは独立して、OneLinkが必要に応じてユーザーをリダイレクトします。
    • アプリをインストールしていないユーザー:
      • iOS 14以降のユーザーはApp Clipにリダイレクトされます。
      • iOS 13以前のユーザー、またはAndroidユーザーは、OneLinkの設定に基づいて(アプリストア等へ)リダイレクトされます。
    • アプリをインストール済のユーザーは、OneLinkのユニバーサルリンクまたはアプリリンクの設定に基づいて、アプリに送信されます。

注意事項

  • App Clipのサイズ制限は10MBです。AppsFlyerのSDKは1.5MB以下です。
  • 広告識別子は利用できません。
  • App Clipは、30日間の休眠期間後にOSによって自動的に削除されます。

 

マークはコーヒーショップチェーンのマーケティング担当者です。彼は自分のiOSディベロッパーを登録し、顧客が簡単に行列をスキップし、数秒で注文できるApp Clipを作成します。ユーザーは単にAppleサインインを使用して自分を識別し、コーヒーを注文し、Apple Payを使用して決済を完了します。ディベロッパーはAppsFlyerのSDKを追加し、アプリとApp Clipの両方で正しく動作することを確認します。

マークはOneLinkを作成し、コーヒーショップ内に「並ばず注文!」というキャッチフレーズを添えてQRコードを設置します。

顧客はQRコードをスキャンします。

  • iOS 14以降のデバイスを持っているユーザーは、正しいコーヒーショップの店舗と割引クーポンが適用されたApp Clipが開きます。
  • 完全なアプリを既にインストール済のユーザーは、コーヒー注文ページでアプリが開きます。
  • アプリをもっていないiOS 13以前のユーザー、またはAndroidユーザーは、コーヒーショップのアプリストアのページが開きます。

マークは、AppsFlyerの管理画面とレポートを使用して、App Clipのクリック数とインストール数、および最終的に完全アプリをインストールしたユーザー数を確認します。

指標とレポート

App Clipのアナリティクスとローデータは、次の表に示すユーザーアクティビティに基づいて、プラットフォーム内で利用できます。

ユーザーアクション AppsFlyerイベント オーバービュー管理画面と分析ツール ローデータ
流入経路(例:QRコード) イベントなし イベントなし イベントなし
App CardクリックとApp Clip起動

クリックとインストールが流入経路に紐づく

  • クリック
  • インストール
app_type=app_clip
App Clipの使用
  • [オプション] ディベロッパーがアプリ内イベントを送信
  • App Clipの初回起動後、その後の起動はセッションとして計測
  • アプリ内イベント
  • セッション
完全アプリのダウンロードと起動 アプリ内イベント アプリ内イベント名= af_app_clip_to_full_app
完全アプリの継続的な使用 [オプション] ディベロッパーがアプリ内イベントを送信 アプリ内イベント

コホート管理画面

コホート管理画面でApp Clipのパフォーマンスを表示します。ここでは次のことができます。

  • ユーザーのApp Clipから完全アプリのインストールまでにかかる時間
  • アプリ内コンバージョン指標を使用して、さまざまな流入経路のパフォーマンスを比較

App Clipの実装

以下の手順では、App Clipを開発および実装するためにマーケターとiOSディベロッパーが行う必要がある作業について詳しく説明します。

作業担当者

  • マーケター 
    • AppleのApp ClipをOneLinkテンプレートで設定します。
    • OneLinkカスタムリンクを Apple App Store Connectポータルに入力します。
    • AppsFlyer管理画面とレポートで指標を確認します。
  • iOSディベロッパー
    • App Clipを作成します。
    • AppsFlyer SDKをApp Clipに実装します。

前提条件

  • 少なくとも1つのアプリが登録されたAppsFlyerアカウントを持っていること。
  • ユニバーサルリンクをもつOneLinkテンプレートと、完全アプリのユーザーをリダイレクトするOneLinkカスタムリンク設定。
作業範囲

App Clipの開発

ディベロッパーがアプリのApp Clipを作成する方法については、Apple's App Clip guide for developersをご覧ください。

App Clipの使用方法と完全なアプリケーションとの連携を示す簡易サンプルアプリは、AppsFlyerのApp Clipガイドをご覧ください。

SDKの実装

  • AppsFlyerがApp Clipのクリック、インストール、アプリ内イベント、およびApp Clipから完全なアプリのインストールを計測するには、SDKが必要です。
  • OneLinkは、SDK実装とは無関係にユーザーをリダイレクトします。

SDKをインストールし、完全アプリのSDKを設定する方法

iOSディベロッパーに次のリンクを送信し、手順に従うように指示します。

OneLink設定

前提条件

OneLinkテンプレート向けのApp Clipを設定する方法

  1. AppsFlyerの管理画面から、[エンゲージメント&ディープリンク] > [OneLinkカスタムリンク] を開きます。
  2. ユーザーを完全アプリにリダイレクトするために使用するOneLikテンプレートを選択します。
  3. OneLinkテンプレートでユニバーサルリンクが設定してあることを確認します。(ユニバーサルリンクを追加するにはこの手順をご覧ください。)
  4. [保存] をクリックします。
    AASAファイルが更新され、App Clipをサポートされます。
  5. AppsFlyerの管理画面から、[エンゲージメント&ディープリンク] > [OneLinkカスタムリンク] を開きます。
  6. ステップ1~4で設定したテンプレートに基づいて、ユーザーをApp Clipに誘導するOneLinkカスタムリンクを選択します。
  7. メディアソース (pid) が指定されていることを確認します。
    メディアソースはURLで指定されているか(例:pid=chartboost_int)、リンク内に含まれている必要があります。

App ClipがAppsFlyerのOneLinkで有効になっていることを確認する方法:

  1. 関連ファイルを取得するURLを作成します。OneLinkテンプレートのドメインを取得してURLが作成され、次が追加されます: /.well-known/apple-app-site-association
    例: coffeetime.onelink.me/.well-known/apple-app-site-association.
  2. 関連ファイルのURLへ移動します。
    apple-app-site-association ファイルが自動的にダウンロードされます。
  3. apple-app-site-association ファイルをテキストエディタ(例:Notepad)で開きます。
  4. ファイルに appclips という単語が含まれていることを確認します。例:
    "appclips": {
        "apps": [
          "ABCD1234.id.your.app.Clip",
          ...
        ]
    ...
    }
    そうであれば、AppsFlyer側でApp Clipを正常にセットアップし、同じサブドメインを持つ任意のOneLinkテンプレートにアプリケーションクリップが実装されます。

App Store Connectの設定

前提条件 : App Clip向けのOneLinkテンプレート設定が完了していること。

OneLinkでApp Clipが起動するように設定する方法

  1. App Store Connectのアプリページにて、Build > Domain Status へ進みます。
  2. OneLinkドメインがBuild domains にて表示され、Cache statusDebug status が両方とも「validated」であることを確認します。
  3. AppsFlyer の管理画面から、[エンゲージメント&ディープリンク] > [OneLink カスタムリンク] へ移動します。
  4. 使用したいリンクのアクションアイコンへマウスオーバーし、URLを取得をクリックします。
  5. 短縮URL(または長いURLのプレフィックス)を記録します。
  6. App Store Connectのアプリページで、App Clip > Edit Advanced Experiences > +Add > Next に移動します。
  7. App Clip Experience URLにて、ステップ5で記録したOneLinkカスタムURLを貼り付けます。
    :メインのカスタムURLの後にクエリパラメータを追加できますが、パスを変更することはできません。
  8. [次へ] をクリックします。
    これで、App ClipがOneLinkで動作するように設定されました。App Store Connectの設定に関する詳細な手順は、Appleディベロッパーガイドをご覧ください。

テスト

前提条件 : iOS 14で、完全版アプリがインストールされていない登録済みのテストデバイス

OneLink/App Clipの実装をテストする方法:

  1. AppsFlyer の管理画面から、[エンゲージメント&ディープリンク] > [OneLink カスタムリンク] へ移動します。
  2. テストしたいリンクのアクションアイコンにカーソルを合わせ、URLを取得をクリックします。 
  3. デバイスでQRコードをスキャンします。
    App Clip Cardがデバイスに表示されると、OneLink/App Clipが正しく実装されていることを示しています。

制限事項

  • SKAdNetwork 機能は利用できません。そのため、App ClipインストールはSKAdNetwork管理画面にはオーガニックとして表示されます。
  • OneLinkカスタムリンクごとに許可されるApp Clipの高度なエクスペリエンスは1つだけです。つまり、App Store ConnectにてOneLinkにパスを追加することはできません。
  • Protect360はApp Clipをサポートしていません。
この記事は役に立ちましたか?