高プライバシー一括設定のフレームワーク

概要:AppleによるiOS14.5以降の一般提供とATTダイアログの施行に合わせて、AppsFlyerの高プライバシー一括設定 (AAP) のフレームワーク はユーザーレベルのアトリビューションデータの可用性を管理する機能を広告主へ提供します。

高プライバシー一括設定のフレームワーク

AppsFlyerの高プライバシー一括設定 (AAP) は、異なる会社が所有するアプリとWebサイトにわたるトラッキングを防止し、個人または端末を特定できないようにします。また高プライバシー一括設定は、AppleのSKAdNetworkで定めているプライバシー基準を最低ラインとして設けています。

このフレームワークにより、広告主はAppsFlyerプラットフォームを介してユーザーレベルのアトリビューションデータの可用性を制御できます。

iOS14.5の提供開始とAppleによるATT施行により、AAP設定がオンになっている場合、iOS14.5以降のATT拒否ユーザーのユーザーレベルのアトリビューションデータは広告主やパートナーに提供されません

AAP設定は、広告主やパートナーに対する集約式アトリビューションデータと分析レポートの可用性には影響しません。

AAP設定が影響する機能

AAPがオンの場合、ローデータによって提供されるデータが影響を受け、一部の項目が制限されているか、使用できません。これは、次のツールによって提供されるデータに影響します。

  • Data Locker
  • Pull APIのローデータ
  • Push API
  • 管理画面のエクスポートページ
  • ネットワークへのポストバック
  • コンバージョンデータ取得 (GCD) API(クライアント側でのユーザーレベルデータAPI)

AAP がオンの場合、データの可用性は次のように影響を受けます:

 

高プライバシー一括設定におけるデータ可用性の原則

特定のユーザーのデータにAAPが適用される場合、データの可用性は、そのユーザーのATTステータスとユーザーをもたらすメディアソースによって異なります。

定義

  • ユーザーレベルのアトリビューションデータ:ユーザーレベルでの計測に紐づくデバイスレベル識別子を含むデータレコード
  • 広告主向けの限定的な計測データ

  • パートナー向けの限定的な計測データ:

    • 使用可能:集計キャンペーンデータ

    • 使用不可:ユーザーを特定できるユーザーレベルデータ。例:AppsFlyer ID、カスタムデータ、カスタマーユーザーID(CUID)、クリックID、IDFA、IDFV、IMEI、ユーザーエージェント、IPアドレスなど。 

定義された用語は、広告主およびパートナーが利用できるデータを説明するために、図および後続のセクションで使用されます。

Advanced_Privacy_Framework_-_Advertisers__4_.png

有料メディアとオウンドメディアのデータの可用性

有料メディア

有料メディアには、広告主がキャンペーンを運用するAppsFlyerプラットフォームと連携されているモバイルアドネットワークが含まれます。

メディアタイプ

ATTのステータス

利用できるデータ:

広告掲載アプリ

広告主アプリ

広告主

アドネットワーク

アプリ

承認

承認

ユーザーレベルアトリビューションデータ

ユーザーレベルアトリビューションデータ

非承認

承認

広告主向けの限定的な計測データ

パートナー向けの限定的な計測データ

承認

非承認

広告主向けの限定的な計測データ

パートナー向けの限定的な計測データ

非承認

非承認

広告主向けの限定的な計測データ

パートナー向けの限定的な計測データ


ウェブ

N/A

承認

ユーザーレベルアトリビューションデータ

ユーザーレベルアトリビューションデータ

N/A

非承認

広告主向けの限定的な計測データ

パートナー向けの限定的な計測データ

ATTステータス別 有料メディアデータの可用性

オウンドメディア

AppleのAppTrackingTransparencyフレームワークは、異なる会社から収集されたデータのみに適用されます。したがって、ユーザーATT同意ステータスに関わらず、広告主はオウンドメディアのユーザーレベル計測データを利用できます。

オウンドメディアには、広告主が顧客にリーチするために使用するデジタルマーケティングキャンペーンが含まれます。これには、メールキャンペーン、クロスプロモーション、プッシュ通知などが含まれます。AppsFlyerでは、アドネットワークを使用するキャンペーンはオウンドメディアと見なされません。

AAPの制御

広告主は、一箇所でコントロールできる全体向けスイッチを使用して、プラットフォーム全体でAAPを制御できます。ただし、この全体向けスイッチがオフの場合、広告主はパートナーの高プライバシーポストバックを使用して、パートナーごとに個別にAAPを設定できます。
注意:全体向けスイッチは、個別のパートナー設定を上書きし、全体向けスイッチがオンになっている場合、すべてのパートナーのスイッチがオンになり個別変更はでなくなります。

AAPセントラルスイッチ

AAPを制御するセントラルスイッチはアプリ設定ページにあります。

AAPcontrol.png

高プライバシー一括設定 (AAP) が有効の場合

  • 集約式アトリビューション:利用可能 ー これには、オーバービューダッシュボードやコホート、マスターAPIなどのレポートツールが含まれます。
  • 高プライバシーポストバックのパートナースイッチがオンになり、変更できません。注!所定の位置にロックされます。 
  • 以前のセクションで定義したとおり、広告主とパートナー向けのユーザーレベルデータの可用性は制限されます。

高プライバシー一括設定 (AAP) が無効の場合

  • 集約式アトリビューション:利用可能 ー これには、オーバービューダッシュボードやコホート、マスターAPIなどのレポートツールが含まれます。
  • 広告主はユーザーレベルのアトリビューションデータを利用できます。
  • パートナーごとに高プライバシーポストバックを個別に設定できます。

AAP をオフにする前に、ユーザーレベルのアトリビューションデータを第三者が利用できるようにするかどうか、および第三者がそのデータをどのように使用するかを検討してください。Appleがトラッキングをどのように定義するかに関して、法律顧問やその他の専門アドバイザーと緊密に連携する必要があります。ここに記載されていることは、一切法的な助言ではありません。これらは情報提供と便宜上の目的でのみ提供されています。

高プライバシー一括設定の設定方法

  1. AppsFlyerにて、設定 > アプリ設定へ移動します。
  2. 必要に応じて高プライバシー一括設定をオンまたはオフに切り替えます。
  3. 保存をクリックしてください。 

パートナー向け高プライバシーポストバックスイッチ

AAPが無効の場合、アドネットワークごとに個別で広告主は高プライバシーポストバックを設定できます。

APControl.png

パートナーの高プライバシーポストバックを無効にする方法:

  1. アプリ設定にて、AAPのセントラルスイッチがオフになっていることを確認して下さい。
  2. 設定 > 連携済みパートナーへ移動します。アドネットワークを選択してください。
  3. 連携タブにて、高プライバシーポストバック をオフにしてください。

AAP設定の変更とパートナーの高プライバシーポストバック設定への影響

前述のように、AAP設定はパートナーレベルの高プライバシーポストバック(AP)を上書きします。ただし、後ほどAAP(セントラルスイッチ)をオフにすると、個別のパートナーレベルでの高プライバシーポストバックを以前のステータスに戻すことができます。詳細は以下を参照してください。

  • 過去に、AAPをオフにし、一部のパートナーのAP設定をオフに設定しました。
  • 後にAAPをオンに設定しました。AAPがオンの場合、AAPはパートナー設定をオーバーライドし、すべてのパートナーがオンであると見なされます。
  • 次に、AAPを再びオフにします。つまり、個々のパートナー設定が適用されます。そのため、一部のパートナーではこの設定がすでにオフになっています。

パートナーへのAAPの影響

アドネットワーク

関連記事:アドネットワーク向け高プライバシーポストバック

アドネットワークパートナーへのポストバック

高プライバシー一括設定(AAP)は、アドネットワークと共有されるデータに関連してアドネットワークに影響し、アドネットワークのコンテキストで広告主に適用されるAAPの原則に準拠しています。アドネットワークと共有されるデータは、成果が付与されるアドネットワークと成果が付与されないアドネットワークで異なるポストバックを介して行われます。

説明されているデータ共有ルールは、次のスイッチのいずれかがオンになっている場合に、特定のアドネットワークに適用されます。

  • 高プライバシー一括設定(AAP):アプリレベルの切り替え
  • 高プライバシーポストバック(AP):パートナーレベルの切り替え

成果が紐づくアドネットワークへのポストバック

成果が紐づくネットワークの場合、データ共有に使用されるポストバックの種類は、次のようにユーザーの同意の有無によって異なります。

  • 同意するユーザー:識別子を含むユーザーレベルのアトリビューションデータを含む通常のポストバック。
  • 同意していないユーザー:限られたアドリビューションデータを含む高プライバシー(AP)ポストバック。これには、識別子は含まれず、キャンペーンの詳細が含まれています。前提条件:アドネットワークが高プライバシーポストバックを取得するには、AppsFlyerと高プライバシー連携されている必要があります。連携がまだの場合は、同意のないユーザーに関してはポストバックは送信されません。

さまざまなユーザーの同意シナリオと、使用されるポストバックの種類を次の図に示します。

AAP_-_Attributed_ad_networks.png

成果の紐づかないパートナーへのポストバック

次の図に示すように、連携パートナーの連携タブの送信オプションがオーガニックを含むすべてのメディアソースに設定され、そのパートナーがイベントの成果に紐づかない場合、成果に紐づかないポストバックがネットワークに送信されます。

InAppEventAll.png

さまざまなユーザーの同意シナリオと、使用されるポストバックの種類を次のフローチャートに示しています。

AAP_-_Unattributed_ad_networks.png

アナリティクスパートナー

高プライバシー一括設定(AAP)は、アナリティクスパートナーと共有されるデータに関連してアドネットワークに影響し、アナリティクスパートナーのコンテキストで広告主に適用されるAAPの原則に準拠しています。パートナーと共有されるデータはポストバックを介して行われます。

説明されているデータ共有ルールは、次のスイッチのいずれかがオンになっている場合に、特定のパートナーに適用されます。

  • 高プライバシー一括設定(AAP):アプリレベルの切り替え
  • 高プライバシーポストバック(AP):パートナーレベルの切り替え

同意済みのユーザーに関しては、ユーザー識別子を含むユーザーレベルのアトリビューションデータを含むポストバックが送信されます。同意していないユーザーに関しては、ポストバックは送信されません。

さまざまなユーザーの同意シナリオと、使用されるポストバックの種類を次の図に示しています。

AAP_-_Analytics_partner.png

代理店

データの可用性:代理店へのAAPの影響は、広告主の影響と似ています。広告代理店が所定のアプリのローデータを利用でき、AAPが特定のユーザーのデータに適用される場合、広告主向けの限定的なアトリビューションデータのルールに従ってデータが利用できます。

代理店がアドネットワークの高プライバシーポストバック設定を変更する場合:

  • 高プライバシー一括設定 (AAP) がオフの場合、各連携パートナーの高プライバシーポストバックを設定できます。
  • デフォルトでは、広告主のみが高プライバシーポストバック設定を変更できますが、広告主が代理店に、アドネットワークの高プライバシーポストバック設定を有効にする権限を明示的に付与することができます。

代理店に高プライバシーポストバックを設定する権限を付与する

agency_advanced_privacy.png

代理店に高プライバシーポリシーの設定を許可する方法

  1. 設定 > 連携済みパートナーへ移動し、代理店を選択してください。
  2. 権限タブにて、高プライバシーポストバック設定の変更のスイッチをオンにします。
  3. [保存] をクリックします。
この記事は役に立ちましたか?