Rokuとの連携設定

概要:Roku Connected TV(CTV)アプリにAppsFlyerを実装し、Rokuキャンペーンについてのアトリビューションとイベントデータを受取りましょう。

関連記事:CTVガイド

Roku CTVアトリビューションについて

ストリーミングのRoku OSは、ストリーミングプレーヤーやRoku TVを含む全てのRokuデバイスで動作します。

Rokuで配信されるCTVアプリ(別名チャンネル)は、APIを介してAppsFlyerを実装することで、どの媒体(非オーガニックまたはオーガニック)と有料キャンペーンが、CTVアプリのインストールとインストール後のイベントをもたらしたかについての計測データとパフォーマンス測定を受取ることができます。マーケティング担当者は、これらのインサイトを利用してマーケティング活動を測定し最適化できます。

Roku API連携は以下をサポートしています:

  • Roku Smart TVとCTVデバイス。この連携では、モバイル、タブレット、デスクトップデバイスをサポートしていません 
  • CTV間のアトリビューションとイベントの記録。つまり、ユーザーのRokuデバイス上で発生するRokuアプリのインストールやイベントを計測および記録します。

Roku アトリビューションフロー

7435_CTV__3_.png

実装の手順

次の表では、CTVアプリにAppsFlyerを実装するために必要なタスクを記載しています。
進捗状況を記録するために、このスプレッドシートをダウンロードしてください。

タスク アクション 作業担当者

アプリ設定

マーケティング担当者

アプリにAPIを実装

以下のイベントをAppsFlyerにレポートするコマンドを使用して、AppsFlyer CTV APIをCTVアプリに実装してください。

  • Installs
  • アプリ内イベント
  • セッション

APIを設定する際に、AppsFlyerに送信するCTVイベントを設定しマッピングしていることを確認してください。

注: インストールは、アプリ内イベントやセッションの前にレポートする必要があります。

オウンドメディアエンゲージメントをレポートするには、インプレッションエンゲージメントAPIを実装します。

アプリディベロッパー
パートナー連携

AppsFlyerでRokuをアドネットワーク(連携済みパートナー)として追加します。

マーケティング担当者
レポートの設定 ユーザーレベルデータレポートを受信するには、Data Lockerをセットアップしてください。 データエンジニア

AppsFlyer Roku APIをアプリに実装

ディベロッパーは、

  • CTV APIを実装してください。これにより、アプリのインストールアプリ内イベントセッションを計測することができるようになります。注:インストールは、アプリ内イベントやセッションの前にレポートする必要があります。
  • APIを使用してイベントを送信する必要があります。 ディベロッパーにどのイベントを送信するか伝えてください。
  • オウンドメディアエンゲージメントをレポートするには、インプレッションエンゲージメントAPIを実装します。

Rokuアドネットワークの追加

Rokuからのアトリビューションとアプリ内イベントを記録するには、Rokuを連携済みアドネットワークとしてAppsFlyerに連携する必要があります。

Rokuを連携済みパートナーとして設定する方法

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー 設定 > 連携済みパートナーに移動します。
  2. Rokuを選択してください。
    Rokuパートナー連携ページが表示されます。

  3. 連携タブを開きます。
  4. パートナーを有効にする をオンにします。パートナーのアクティブ/非アクティブ化を参照してください。
  5. [オプション] クリックスルーアトリビューションを編集してください。デフォルトは14日間です。
    クリックスルーアトリビューション設定では、クリックからインストールまでの最大時間を設定することができます。ルックバック期間中に発生したインストール(初回起動)のみがRokuの成果として計測されます。クリックルックバック期間を参照してください。
  6. [オプション] ビュースルーアトリビューションをオンにし編集してください。デフォルトは14日間です。

    スライダーを使用してインプレッションからインストールまでの最大時間を設定してください。その他有効な広告クリックがない場合、広告インプレッション後のルックバック期間内に発生したインストール(初回起動)のみがパートナーの成果に紐づきます。ビュースルー計測を参照してください。

  7. 連携を保存 をクリックします。

データを見る

管理画面

オーバービューダッシュボードでは、サブスクリプション、アプリ内課金、広告マネタイズに基づいて、広告主がオーガニックユーザーの生涯価値(LTV)のパフォーマンスをリアルタイムで確認することができます。LTV指標は、アトリビューション日から現在までの期間で計算されます。

管理画面の開き方:

  • AppsFlyerで、CTVアプリを選択し、管理画面 > オーバービューへ進んでください。
    CTVに関連する設定やフィルタ、主要な指標、グラフ、表などを含む管理画面が開きます。

ヒント!管理画面上のさまざまな機能をお試しください。オーバービュー管理画面V2.0に関するガイドをご利用ください。

レポート

Rokuのローデータレポートは、以下のリストに記載されているとおり、Data Locker経由でご利用いただけます(プレミアム機能のためご契約が必要です)。項目リストは次のセクションで説明しています。
レポートタイプをクリックしてサンプルをご覧ください。

レポートで使用できる項目のリストは、 ローデータ項目の手引きにあります。

RokuとAppsFlyerの乖離

原因 Roku AppsFlyer
クリック計測ルックバック期間

14日間

1時間〜14日
Rokuの連携済みパートナー画面では必ず14日に設定してください。

ビュースルー計測ルックバック期間

14日間

1時間〜14日
Rokuの連携済みパートナー画面では必ず14日に設定してください。

インストール

Rokuはインストール時に新しいインストールを記録します。

AppsFlyerは、アプリの初回起動時に新規インストールを記録します。

クロスデバイス計測

Rokuは、2つの異なるテレビなど、さまざまなデバイスをクリックしてインストールするユーザーをアトリビューションします。

AppsFlyerは、エンゲージメントとインストールの両方を単一のデバイスで行った場合、成果を計測します。

特性と制限

リターゲティングは現在サポートされていません。