Google Adsポストバックパートナーの設定

概要:Google AdsポストバックパートナーがGoogle Adsキャンペーンを運用できるように設定しましょう。

Google Adsポストバックパートナーと呼ばれる一部のパートナー (例:Bidalgo、Adquant) は、機能的に代理店と似ています。クライアントである広告主の Google Adsキャンペーンを運用するサービスを提供しますが、Google Adsのコンバージョンのポストバックを受信する必要があります。

これらのGoogle Adsポストバックパートナー(GAPP)は、広告主および他の代理店が獲得したGoogle Adsのインストールポストバックも直接取得することができます(ユースケースを参照)。ポストバックの情報を使用して、GAPPはアプリのGoogle Adsキャンペーンを最適化できます。

 重要!

Google Adsポストバックパートナーは、AppsFlyer上でインストールやイベントの成果は紐づきません

広告主様は、アクティブなGoogle AdsアカウントがAppsFlyerで設定されている必要があり、またポストバックが送信できるようにAppsFlyerで特定のGAPPを設定する必要があります。

その他のAppsFlyerと連携されているGAPP:Blackbox, Appreciate, Marin Software, Miramedia, Mpbisummer, Protonads, Springrain

Google Adsポストバックパートナーの設定

1. 左側のサイドバーから [連携済みパートナー] をクリックします。

Integrated_Partners_link.png

2. 検索ボックスに有効にしたいGAPPの名前を入力しドロップダウンリストから選択してください。

 ヒント

検索ボックスに「Google Ads」と入力しEnterをクリックすると、GAPPの一覧が表示されます。

3. 必要なGAPPをクリックし連携の設定を開いてください。

4. Google Adsアカウントにて、Customer ID/顧客IDをコピーしてください(ハイフンは含めない)。

5. [Google Ads Customer ID] フィールドに番号を貼り付けてください。

6. [アプリ内イベントポストバック] セクションを設定します。

7. [保存] をクリックします。

 重要!

  • Google Ads のアトリビューションを無効にすると、GAPP側へポストバックの送信も停止されます。
  • 複数の広告アカウント(CID)を設定しポストバックを送信(ステップ5)するには、各カスタマーIDをカンマで区切ります。

    zds_Agency_multiple.png 

  • 複数のGAPPを利用するには、各GAPPのキャンペーンは別々のGoolgleアカウントから運用する必要があります。あるGAPPから別のGAPPに切り替える場合は、まず最初のGAPPの設定をAppsFlyerで無効にしてください。

Google Adsポストバックパートナーのユースケース

ユースケース1-広告主のポストバックのみ

広告主はGoogle Adsキャンペーンを運用しており、自社のGoogle Adsアカウント経由のトラフィックをGAPP Xに送信したいと考えています。

  1. 広告主が Google Adsを設定します。
  2. 広告主が GAPP X ‐ Google Ads を設定します。

広告主は、GAPP X - Google Adsの設定に全てのGID(AdsアカウントID)を入力する必要があります。

ユースケース2-アクティブな代理店、広告主のポストバックのみ

広告主と代理店の両方がGoogle Adsキャンペーンを運用しており、広告主は自社のトラフィックのみをGAPP Xに送信したいと考えています。

  1. 広告主が Google Adsを設定します。
  2. 代理店が、Google Adsを設定します(代理店として彼らのトラフィックの成果を計測するため)。
  3. 広告主が GAPP X ‐ Google Ads を設定します。

広告主は、自社のGAPP X - Google Adsの設定に自社のカスタマーIDのみを入力する必要があります。

ユースケース3-アクティブな広告主、代理店のポストバックのみ

広告主と代理店がGoogle Adsキャンペーンを運用しており、代理店は自社のトラフィックのみをGAPP Xに送信したいと考えています。

  1. 広告主が Google Adsを設定します。
  2. 代理店が Google Adsを設定します。
  3. 代理店が GAPP X - Google Adsを設定します。

代理店は、GAPP X - Google Adsの設定に、自社のカスタマーID(CID)のみを入力する必要があります。

ユースケース4-広告主&代理店のポストバック 

広告主と代理店はGoogle Adsキャンペーンを運用しており、広告主と代理店の両方がトラフィックをGAPP X に送信したいと考えています。

  1. 広告主が Google Adsを設定します。
  2. 代理店が Google Adsを設定します。
  3. 広告主が自社のカスタマーID(CID)のGAPP X - Google Adsを設定します。
  4. 代理店が自社のカスタマーID(CID)のGAPP X - Google Adsを設定します。

広告主と代理店は、それぞれ別のカスタマーIDを設定する必要がありますのでご注意ください。

GAPPで使用可能なパラメーター

ポストバックの内容は、GAPPとAppsFlyerの初期連携の内容により異なり、広告主の各種設定によるものではりません。したがって、GAPPはそれぞれ異なるポストバックパラメータを設定している可能性があります。

例えば、campaign type、 citycarrierad_type がパラメータとして挙げられますが、これらはGAPPのパラメータに存在する場合としない場合があります。

GAPPポストバックパラメータには2つの起源があります。

  1. AppsFlyerのマクロ - AppsFlyerのポストバックで利用できる全マクロの一覧は、こちらをご覧ください。
  2. Googleのレスポンス - Google Ads経由の全てのインストールについて、AppsFlyerはGoogleから関連情報を受け取ります。AppsFlyerがGoogle Adsから受信する、GAPPのポストバックで利用できるパラメータは次のとおりです(パラメータの詳細はこちらをクリックしてください)。
    • Ad Events ID
    • Campaign ID
    • Campaign Name
    • Campaign Type
    • External Customer ID (CID)
    • Network Type
    • Network Sub Type
    • Timestamp
    • Video ID
    • Ad Group ID
    • Creative ID
    • Keyword
    • Match Type
    • Placement
    • Interaction Type
    • Ad Type
    • Conversion Metric
    • Location

 注記

利用できる情報はGoogleからAppsFlyerに送信された情報のみに基づいています。何らかの理由で、Google がインストール情報を送信しない場合は、AppsFlyerはGAPPへそれを渡すことができません。

この記事は役に立ちましたか?