Google Ads(AdWords)ガイド

オンライン広告プラットフォームのGoogle Adsは、AppsFlyerとGoogle Adsの連携により、直接成果をレポートすることができます。

Google Adsを使用する

Google Adsのユーザーインターフェースでは、iOSとAndroid端末向けの アプリキャンペーンのみ設定が可能です。

他プラットフォーム(例:Windows Phone等)からのユーザーをGoogle Adsの成果に紐づけるには、 ランディングページを利用する必要があります。

アプリキャンペーン以外の広告を設定する方法については、Google担当者にお問い合わせください。

広告主向けGoogle Adsアトリビューションの設定

AppsFlyerでGoogle Adsキャンペーンのトラッキングを開始するには、次のステップを実行します:

 注意

Google Adsと連携する際の前提条件として、アプリでIDFA/GAIDを収集する必要があります。詳細については、AndroidまたはiOS用のSDK連携ガイドを参照してください。

 動画

 読む

ステップ1:Google AdsのリンクIDを作成する(必須)

(Google Adsの管理者のみ)

  1. Google Adsの管理画面に移動して、右上隅にあるツールアイコンをクリックします。
  2. [Setup](セットアップ)で [Linked accounts](リンク済みアカウント)を選択します。

  3. サードパーティアプリアナリティクスボックスで、詳細をクリックします

  4. 「+」ボタンをクリックします。

  5. [App analytics provider](アプリアナリティクスプロバイダー)のリストから、AppsFlyer を選択します。

  6. モバイルアプリのプラットフォームとしてiOSまたはAndroidを選択し、[Look up your app](アプリの検索)で関連アプリを選択します。

  7. [CREATE LINK ID](リンクIDを作成)をクリックします。

  8. 新しいリンクIDをコピーします。リンクIDにより、Google広告で自分のモバイルアプリをユニークに識別できます。

  9. 注意:この手順を繰り返し、各モバイルアプリで固有のリンクIDを作成する必要があります。

ステップ2:AppsFlyerでGoogle広告をセットアップする(必須)

(AppsFlyerのアカウントを所有するすべてのメンバー)

  1. AppsFlyerでアプリの管理画面に移動し、[連携済みパートナー]をクリックします。

  2. [Google Ads] を選択します。

    gads-search.png

  3. パートナーを有効にし、コピーしたリンクIDを貼り付けます。
  4. インストールアトリビューションの設定:
    1.  インストールクリックスルールックバック期間を設定します。
      時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ルックバック期間を Google Ads側の設定と同じ30日に設定することをお勧めします。
    2. インストールビュースルーアトリビューションを有効にします。
    3. 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ビュースルールックバック期間をGoogle Ads側の設定と同じ1日に設定することをお勧めします。

      Gads_integration_tab.png

  5. リインストールアトリビューション
    • リインストールをアトリビュートするには、設定をオン(青)にします。
    • 値はインストールアトリビューションの設定から取得されるため、ビュースルーアトリビューションを有効にしたり、リインストールアトリビューションのルックバック期間を設定したりする必要はありません。

       重要!

      リインストールコンバージョンデータは、Google Ads管理画面ではsession_startとして表示されます。AppsFlyerでは、リアトリビューションと計測され、表示されます。

  6. リエンゲージメントアトリビューションの設定:
    1. アプリ設定からリターゲティングを有効化します
    2.  リエンゲージメントアトリビューションを有効にします。
    3. リエンゲージメント クリックスルー ルックバック期間を設定します。これは 広告クリックがリエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告クリック発生からアプリが起動されるまでの期間を指します。 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    4. リエンゲージメント ビュースルー アトリビューションを有効にします。
    5. リエンゲージメントビュースルールックバック期間を設定します。これは、 リエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告インプレッションからアプリ起動までの期間を指します。 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    6. リエンゲージメント期間を設定します。これは、クリックまたはインプレッションが発生した後、ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティング広告の成果に紐づく期間を指します。値には、日数(1~90)、時間数(最大23)またはLifetime(無限)を設定できます。デフォルトは30日です。

      IntegrationGoogle_us-en.png

  7. [コスト]タブを開きます。
  8. [コスト、クリック、インプレッションのデータを取得] をオンにします。
  9. Connect Google Ads ボタンをクリックして、Googleアカウントにログインし、全てのGoogle AdsキャンペーンのコストをAppsFlyerで取得します。 詳細は こちらを参照してください。

    adwords_cost_tab.png

  10. [保存] をクリックします。

 ストップ!

AppsFlyerでGoogle Adsのインストールを確認するには、 ステップ4 を実行する必要があります。
アプリ内イベントもGoogle Adsにマッピングする必要がある場合は、まずステップ3を実行してください。

ステップ3:アプリ内イベントをマッピングする(推奨)

(AppsFlyerのアカウントに接続されたいずれかのメンバー)

google-ads-in-app-postbacks.png
  1. 連携タブに移動し、下にスクロールして アプリ内イベントセクションを表示します。
  2. 必要に応じて、ここでリンクIDを再度設定します。

     注意

    初めてアプリのGoogle Adsのアプリ内イベントマッピングを有効化する際は、SDK上の全ての af_XXX イベントは、Googleの規定イベントリストへ自動でマッピングされます。この自動マッピングにより、手間が省け、マッピングミスを大幅に削減できます。

  3. アプリ内イベントのポストバックのトグルをONにします。
  4. [Add Event](イベントの追加)をクリックして、SDKイベントをリストに追加します。
  5. 次のパラメータを設定します。
    パラメータ名 説明
    SDK Event Name アプリと連携済みのSDKから、またはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名

     ヒント

    アプリ内イベント名がリストに表示されない場合は、デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。

    パートナー(Google)イベントID

    Google Adsで定義された各イベントの一意の名前またはID。
    ドロップダウンリストから最適な事前に定義されているイベントを選択します。

    注意:最適な事前定義イベントがない場合は、SDKイベントをそのままGoogle Adsに送ることができる [CUSTOM] 値を選択します。しかし、イベント値は標準AFパラメータを含んでいる必要があります。 イベントをAppsFlyerの標準パラメータでない値と送信すると、それらのパラメータはGoogle Adsに送信されません。

    送信オプション

    • This partner only:このイベントがGoogle Adsの成果に紐づく場合のみポストバックを送信します。
    • All media sources including organic:イベントがオーガニックを含む全てパートナーに紐づく場合にポストバックを送信します。
    イベント値を送信
    • No values & no revenue:イベント値なしでイベント名のみを送信します。
    • Values & no revenue:収益値以外のすべてのパラメータを送信します。
    • Values & revenue:収益値(イベントに存在する場合)を含むすべてのイベントパラメータを送信します。
  6. 保存をクリックしてください。

ステップ4:アプリのコンバージョンを計測する(必須)

Google広告 の管理者のみ)

 重要!

Google広告で新しいコンバージョンを登録するには、アプリを起動して、マッピングされたアプリ内イベントを1回以上実行する必要があります。その後、これがキューに追加されるには最長6時間かかることがあります。イベントがキューに追加されると、インポートできるようになります。または、新しいコンバージョンのステータスを「No recent conversion」(最近のコンバージョンなし)から、「recording conversion」(コンバージョンの記録中)に変更できます。

  1. Google広告のアカウントに戻り、ツールアイコンをクリックします。

  2. [Measurement](測定)セクションで、[Conversions](コンバージョン)をクリックします。
  3. +」ボタンをクリックします。

  4. コンバージョンタイプのリストから [App](アプリ)を選択します。

  5. [Third-party app analytics](サードパーティのアプリ分析)を選択し、[Continue](続行)をクリックします。

  6. 全てのアプリのfirst_open の横にあるボックスと、インポートしたい各イベントのボックスにチェックを入れます。 
    :Google Adsでパートナーイベント識別子が変更された場合、またはそれがCUSTOMであり、対応するイベント名がAppsFlyerで変更された場合は、再インポートする必要があります。
  7. [Import and Continue](インポートして続行)をクリックしてから、[Done](完了)をクリックします。

    googleadsimport_en-us.png
  8. これで、[Conversion actions](コンバージョンアクション)テーブルにサードパーティのコンバージョンイベントが表示されるようになります。イベント名をクリックしてさらに詳細を表示します。


    イベントがリストに表示されない、またはGoogle Adsコンバージョンインポートリストから削除された場合は、[Status]をクリックして、[All]を選択し、全てのイベントを表示します。これでイベントを再度インポートできます:

    Import_Conversions_new__1_.png
  9. おめでとうございます!これで、AppsFlyerでGoogle Adsモバイルキャンペーンの計測ができるようになりました!

 注意

「コンバージョンに含む」設定が、Google広告でのキャンペーン目標に合致するようにしてください。詳細については、Google担当者にお問い合わせになるか、こちらのGoogleドキュメントをご覧ください。

 ヒント

Google広告のAPI連携には、Google広告リマーケティング機能が自動的に含まれます。この連携を完了し、イベントをGoogle広告に送信することにより、追加の連携を必要とせずに、Google広告でリマーケティングのオーディエンスリストを作成できます。

Google Adsチームメンバーに権限を付与する

アカウントの特定のデータにアクセスするためのGoogle Adsの権限を付与できます。 これは、アプリごとに[権限]タブの下のGoogle広告設定ページで行うことができます。

これらの権限を取得してアプリにアクセスできるようにするには、Google広告担当者がAppsFlyerのGoogle広告パートナーアカウントのチームメンバーである必要があります。

Googleのプライバシー要件により、Googleは、広告主から明示的に要求された場合にのみ、AppsFlyerパートナーアカウントに新しいチームメンバーを追加できます。

Google Adsチームメンバーにアプリへのアクセスを許可するには、次の手順を行って下さい。

  1. このフォーム に記入し、アカウントマネージャーにAppsFlyerのGoogleパートナーアカウントに追加するようリクエストを提出してください。
  2. Google Adsから、GAアカウントマネージャーが追加されたという連絡があるまでお待ちください。
  3. [設定] > [連携済みパートナー] > [Google Ads] > [権限] にて、アカウントマネージャーのメールアドレスをチームメンバーリストに追加します。
  4. Google Adsアカウントマネージャーに付与したい権限を有効にします。

詳細はアドネットワークに権限を付与するをご覧ください。

代理店のGoogle Adsトラッキングを可能にする

AppsFlyerでは、Google広告の代理店設定をサポートしています。AppsFlyerでデータのアトリビューションを正しく行うには、広告主と代理店が個別のGoogle広告アカウントを使用していることが重要です。詳細については、こちらをクリックしてください。

複数のGoogle Adsアカウントを運用する

AppsFlyerでは、同じアプリで複数のGoogle広告アカウントを使用できます。このためには、Google広告のリンクIDを共有し、イベントをそれぞれのGoogle広告アカウントにインポートします。

Google広告のリンクIDを共有する方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

iOSアプリキャンペーン

注意:このセクションは、インストール向けのアプリキャンペーンが対象で、エンゲージメント向けのアプリキャンペーンは対象では ありません

2020年1月24日以降、Googleが採用しているiOSインストールアプリキャンペーンの検索インベントリロジック( Googleの発表 )は次の通りです。

  • iOS アプリキャンペーンの「検索」チャネル/インベントリは今後計測されません。
  • アプリキャンペーンの「動画」および「ディスプレイ」チャネル/インベントリは正常に計測されます。
  • Googleでこのアップデートをオプトアウトすると、Googleアプリキャンペーンの 検索ユーザーに広告は配信されませんが、Google ACの動画&ディスプレイは配信され、正常に計測されます。

アプリキャンペーンのフィードでディファードディープリンクを使用する

マーケティング担当者は、アプリキャンペーンのフィードを使用することで、モバイルユーザー向けに、コンテンツに関連性の高いスムーズな広告体験を提供できます。

潜在的なユーザーがフィードをクリックすると、アプリページにリダイレクトページされます。ユーザーがアプリをインストール後起動すると、AppsFlyer の SDK が特定の製品に関するデータ(例:ランニングシューズ)をディファードディープリンクで引き渡します。アプリ開発者は、このデータを使用して、アプリ内で関連性のあるユーザーエクスペリエンスを提供します。

アプリキャンペーンのフィード を有効化したら、フィードデータの収集を有効にするようAppsFlyer CMS または hello@appsflyer.com にお問い合わせください。

Google広告のパラメーターマッピング

以下の表では、Google広告とAppsFlyer間のパラメーターマッピングを示しています。

 注意

広告主は、パーソナライズされたパラメーターをGoogle広告キャンペーンに追加できません。

キャンペーンタイプ:アプリキャンペーン

ネットワークタイプ

検索 ディスプレイ 動画
チャネル(af_channel) UAC_Search UAC_Display UAC_Video
キャンペーン(c) はい はい はい

キャンペーンID(af_c_id)

はい はい はい
広告セット(af_adset) N/A N/A N/A
Adset ID (af_adset_id) (Googleの ad_group_id パラメーターにより入力される) はい はい はい

Ad (_ad)

N/A N/A N/A
広告ID(af_ad_id) N/A N/A N/A
広告タイプ(af_ad_type) はい* はい* はい*
サイトID(af_siteid) Google検索/
検索パートナー
N/A YouTube動画/
YouTube検索/
Videoパートナー
Keywords N/A N/A N/A
Google広告のパラメーターマッピング

*Googleの応答で利用可能な広告タイプの詳細については、こちらをご覧ください。

 重要!

  • Googleは、SRN(セルフレポーティング型ネットワーク)です。このようなネットワークでのアトリビューションフローの詳しい仕組みについては、こちらをクリックしてください。
  • AppsFlyerでは、Googleの提供するすべてのキャンペーン情報を表示できます。キャンペーンタイプ(検索、動画、ディスプレイ)、および関連付けられた情報はGoogleによって決定されます。詳細については、こちらをクリックしてください。
  • クリックのブロック:Androidの場合、AppsFlyerではpid googleadwords_intからのクリックをブロックします。そのため、システムではカウントされますが、アトリビューションでは無視されます。
この記事は役に立ちましたか?