Google Ads (AdWords) の連携設定

概要:Google AdsアカウントをAppsFlyerと連携することで、全てのキャンペーンの計測データを表示できます。

 関連記事

AppsFlyerでGoogle Ads (AdWords) を活用するための全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

Google Adsを使用する

Google Adsのユーザーインターフェースでは、iOSとAndroid端末向けの アプリキャンペーンのみ設定が可能です。

他プラットフォーム(例:Windows Phone等)からのユーザーをGoogle Adsの成果に紐づけるには、ランディングページソリューションを利用する必要があります。

アプリキャンペーン以外の広告を設定する方法については、Google担当者にお問い合わせください。

広告主向けGoogle Adsアトリビューションの設定

AppsFlyerでGoogle Adsキャンペーンのトラッキングを開始するには、次のステップを実行します:

 注意

Google Adsと連携する際の前提条件として、アプリでIDFA/GAIDを収集する必要があります。詳細については、SDK実装ガイドを参照してください。

 動画

 読む

ステップ1:Google AdsのリンクIDを作成する(必須)

(Google Adsの管理者のみ)

  1. Google Ads管理画面で、ツールと設定へ移動しリンクされたアカウントをクリックしてください。
  2. サードパーティアプリアナリティクスの行にある詳細をクリックしてください。
  3. Create link ID をクリックします。
  4. アプリアナリティクスプロバイダの一覧から、AppsFlyerを選択し、iOS または Android のいずれかのモバイルアプリのプラットフォームを選択してください。
  5. Look up your appの下で関連するアプリを選択しリンクIDの作成をクリックしてください。
  6. 新しいリンクIDをコピーします。リンクIDにより、Google Adsで自分のモバイルアプリを一意に識別できます。
  7. これらの手順を繰り返して、モバイルアプリごとに一意のリンクIDを作成してください。

ステップ2:AppsFlyerでGoogle Adsをセットアップする(必須)

(AppsFlyerのアカウントを所有するすべてのメンバー)

  1. AppsFlyerでアプリの管理画面を開き、設定の下にある連携済みパートナーをクリックしてください。
    configuration_integrated_partners_en-us.png
  2. Google Adsを選択してください。
    google_ads_integration_en-us.png
  3. パートナーを有効にし、コピーしたリンクIDを貼り付けてください。
  4. インストールアトリビューションの設定:
    1.  インストールクリックスルールックバック期間を設定します。
      時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ルックバック期間を Google Ads側の設定と同じ30日に設定することをお勧めします。
    2. [オプション] Androidアプリの事前登録キャンペーンを実施する場合は、Pre-registration campaign lookback window / 事前登録キャンペーンのルックバック期間(デフォルト90日)を設定してください。このスライダーは、インストールを事前登録キャンペーンに紐づけるためのルックバック期間を定義します。
    3. インストールビュースルーアトリビューションを有効にします。
    4. 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ビュースルールックバック期間をGoogle Ads側の設定と同じ1日に設定することをお勧めします。

     注意

    GoogleはiOSアプリのインプレッションに対するクレームを送信していないため、ビュースルーアトリビューションのトグルとルックバック期間の設定は、もうiOSアプリでは使用しません。

    google_ads_ios_general_settings_en-us.png

  5. 再インストールの計測を有効にするには、リインストールアトリビューションのトグルをONにしてください。
    インストール計測の設定から取得されるため、リインストール計測のルックバック期間を別途設定する必要はありません。

     重要!

    リインストールコンバージョンデータは、Google Ads管理画面ではsession_startとして表示されます。AppsFlyerでは、リアトリビューションと計測され、表示されます。

  6. リエンゲージメントアトリビューションの設定:
    1. アプリ設定でリターゲティングを有効にしてください
    2.  リエンゲージメントアトリビューションを有効にします。
    3. リエンゲージメント クリックスルー ルックバック期間を設定します。これは広告クリックがリエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告クリック発生からアプリが起動されるまでの期間を指します。時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    4. リエンゲージメント ビュースルー アトリビューションを有効にします。

       注意

      GoogleはiOSアプリのインプレッションに対するクレームを送信していないため、ビュースルーアトリビューションのトグルとルックバック期間の設定は、もうiOSアプリでは使用しません。

    5. リエンゲージメントビュースルールックバック期間を設定します。これは、 リエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告インプレッションからアプリ起動までの期間を指します。 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    6. リエンゲージメント期間を設定します。これは、クリックまたはインプレッションが発生した後、ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティング広告の成果に紐づく期間を指します。値には、日数(1~90)、時間数(最大23)、またはLifetime(無限)を設定できます。デフォルトは30日です。
      google_ads_ios_re-engagement_attribution_en-us.png

     

  7. [コスト]タブを開きます。
  8. [コスト、クリック、インプレッションのデータを取得] をオンにします。
  9. Connect Google Ads ボタンをクリックして、Googleアカウントにログインし、全てのGoogle AdsキャンペーンのコストをAppsFlyerで取得します。 詳細はこちらを参照してください。
  10. [保存] をクリックします。

 ストップ!

AppsFlyerでGoogle Adsのインストールを確認するには、ステップ4 を実行する必要があります。
アプリ内イベントもGoogle Adsにマッピングする必要がある場合は、まずステップ3を実行してください。

ステップ3:アプリ内イベントをマッピングする(推奨)

In-app_event_postbacks_en-us.png
  1. 連携タブを開き、アプリ内イベントポストバックセクションへスクロールダウンしてください。

     注意

    Google Adsのアプリ内イベントマッピングを初めて有効にする場合

    • af_app_opened イベントは自動的に設定され、session_start にマッピングされます(そうでない場合は、手動で追加してください)。
    • Google Adsがこれらのイベントを受信できるようにするには、送信オプションにて、各イベントに対して オーガニックを含むすべてのメディアソース を選択する必要があります。連携が正常に設定された後、各イベントの送信オプションを変更することができます。
  2. アプリ内イベントポストバックを有効にしてください。
  3. イベントを追加するをクリックして、SDKまたはS2Sイベントをリストに追加してください。
  4. 次のパラメータを設定します。
    パラメータ名 説明
    AppsFlyerイベント

    アプリに実装されているSDKまたはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
    ヒント:イベント名が表示されない場合は、以下を実行してください。

    • デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。
    • AppsFlyerイベントにイベントを入力し、カスタムイベントを作成をクリックしてください。カスタムイベントのマッピングについてご参照ください。

    パートナー側のイベント名

    Google Adsで定義されている各イベントの一意の名前またはID。可能なマッピング設定は次のとおりです。

    • テキスト項目:Google Adsから対応するイベントIDを取得してください。
    • ドロップダウンボックス: 最適な事前定義された AppsFlyer イベントを選択します。
    • そのまま:イベント名のマッピングなしで、イベントをそのまま送信します。

    送信ユーザーの流入元:

    最適なイベントの送信オプションを選択します。

    • このパートナーのみこのイベントがこの Google広告に紐づく場合のみポストバックを送信します。
    • オーガニックを含むすべてのメディアソース:他の媒体やオーガニックイベントに紐づくイベントのポストバックを送信します。
    送信データ:
    • データなし(デフォルト): イベント値なしでイベント自体のみを送信します。
    • イベント値と収益:収益を含むアプリ内イベントに付随する全てのイベント値を送信します。
    • イベント値のみ :収益額を除く、すべてのパラメーターを送信します。
  5. 保存をクリックしてください。

ステップ4:アプリのコンバージョンを計測する(必須)

Google Ads の管理者のみ)

重要!

Google Adsで新しいコンバージョンを登録するには、アプリを起動して、マッピングされているアプリ内イベントを1回以上実行する必要があります。iOSアプリをテストする場合、イベントを確認するにはIDFAを収集する必要があります。これがキューに追加されるには最長6時間かかることがあります。イベントが追加されると、インポートできるようになります。または、新しいコンバージョンのステータスが「No recent conversion」(最近のコンバージョンなし)から、「recording conversion」(コンバージョンの記録中)に変更します。

  1. Google Ads管理画面の概要ページに戻り、ツールと設定 > コンバージョン > 測定 > に移動します。
  2. [ + 新しいコンバージョンアクション] をクリックします。
  3. コンバージョンタイプのリストから アプリを選択し、第三者アプリ分析ツールを選択して、続行をクリックします。
  4. アナリティクスイベントの横にあるチェックボックスをオンにして、すべてのアプリイベントをインポートするか、インポートする特定のイベントを選択します。

     注意

    Google 広告の パートナーイベント識別子 が変更された場合、または [カスタム] で AppsFlyer で対応するイベント名が変更された場合は、再インポートする必要があります。

    インポートして続行 をクリックし、完了 をクリックします。
  5. 第三者アプリ分析ツールのコンバージョンイベントは、コンバージョン > 概要 ページで確認できるようになりました。イベントがリストに表示されない場合、または Google 広告のコンバージョンリストからイベントが削除されている場合は、すべてのコンバージョンアクションを見るをクリックすると、ステータスフィルターが表示されます。
  6. ステータス をクリックし、すべて を選択すると、無効になったイベントや削除されたイベントを含むすべてのイベントが表示されます。
  7. おめでとうございます!これで、AppsFlyerでGoogle Adsモバイルキャンペーンの計測ができるようになりました!

 注意

「コンバージョンに含む」設定が、Google Adsでのキャンペーン目標に合致するようにしてください。詳細については、Google担当者にお問い合わせになるか、こちらのGoogleドキュメントをご覧ください。

 ヒント

Google AdsのAPI連携には、Google Adsリマーケティング機能が自動的に含まれます。この連携を完了し、イベントをGoogle Adsに送信することにより、追加の連携を必要とせずに、Google Adsでリマーケティングのオーディエンスリストを作成できます。

Google Adsチームメンバーに権限を付与する

アカウントの特定のデータにアクセスするためのGoogle Adsの権限を付与できます。 これは、アプリごとに[権限]タブの下のGoogle Ads設定ページで行うことができます。

これらの権限を取得してアプリにアクセスできるようにするには、Google Ads担当者がAppsFlyerのGoogle Adsパートナーアカウントのチームメンバーである必要があります。

Googleのプライバシー要件により、Googleは、広告主から明示的に要求された場合にのみ、AppsFlyerパートナーアカウントに新しいチームメンバーを追加できます。

Google Adsチームメンバーにアプリへのアクセスを許可するには、次の手順を行って下さい。

  1. このフォーム に記入し、アカウントマネージャーにAppsFlyerのGoogleパートナーアカウントに追加するようリクエストを提出してください。
  2. Google Adsから、GAアカウントマネージャーが追加されたという連絡があるまでお待ちください。
  3. [設定] > [連携済みパートナー] > [Google Ads] > [権限] にて、アカウントマネージャーのメールアドレスをチームメンバーリストに追加します。
  4. Google Adsアカウントマネージャーに付与したい権限を有効にします。

詳細はアドネットワークに権限を付与するをご覧ください。

代理店のGoogle Adsトラッキングを可能にする

AppsFlyerでは、Google Adsの代理店設定をサポートしています。AppsFlyerでデータのアトリビューションを正しく行うには、広告主と代理店が個別のGoogle Adsアカウントを使用していることが重要です。詳細については、こちらをクリックしてください。

複数のGoogle Adsアカウントを運用する

AppsFlyerでは、同じアプリで複数のGoogle Adsアカウントを使用できます。このためには、Google AdsのリンクIDを共有し、イベントをそれぞれのGoogle Adsアカウントにインポートします。

Google AdsのリンクIDを共有する方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

iOSアプリキャンペーン

注意:このセクションは、インストール向けのアプリキャンペーンが対象で、エンゲージメント向けのアプリキャンペーンは対象では ありません

2021年1月27日に、iOS14のリリースに対応するために、Googleはポリシーのアップデートを発表しました。

ATTの施行が開始されてからは、GoogleのiOSアプリにはATTの同意を求めるプロンプトが表示されないため、Google AdsのプロダクトではATTの結果得られるIDFAの利用を停止しています。

一方で、レポートとキャンペーンの最適化を維持するために、Googleは推定コンバージョンをiOS14以上のトラフィックに拡大しました。

推定コンバージョンはデバイスIDに依存しないため、iOS14.5のリリース以降、Googleが使用しているiOSのアプリインストールキャンペーンのインベントリロジックは以下の通りです:

  • iOSのACIキャンペーンにおいて、「検索」チャネル / インベントリは計測されません。(2020年1月24日発表のポリシーより)
  • iOSのACIキャンペーンにおいて、「Youtube」チャネル / インベントリは計測されません。これは、YouTubeアプリがATTを実装しておらず、IDFAを利用できないためです。
  • iOSのACIキャンペーンにおいて、「Display」チャネル / インベントリは広告IDが存在する場合に限り、つまり広告主アプリと配信面側のアプリの両方でATTの同意が得られた場合にのみ、計測が可能です。

アプリキャンペーンでのディファードディープリンクの使用

アプリキャンペーンのGoogleフィードを使用することで、新規モバイルユーザー向けに、コンテンツに関連性の高いスムーズな広告体験を提供できます。

潜在的なユーザーがフィードをクリックすると、アプリページにリダイレクトページされます。ユーザーがアプリをインストールし起動すると、AppsFlyerのSDKが特定の製品に関するデータ(例:ランニングシューズ)をディファードディープリンクで引き渡します。アプリ開発者は、このデータを使用して、アプリ内で関連性のあるユーザーエクスペリエンスを提供します。

Google Adsでディファードディープリンクを有効にする方法:

  1. AppsFlyer SDKで、GCD を使用して、af_dp パラメーターを受け取るようにしてください。
  2. Googleで、フィードを設定します。
  3. Appsflyerにて、設定 > 連携済みパートナーを開きます。Google Ads (Adwords) を選択します。
  4. 連携タブにて、Googleフィードでのディファードディープリンクを有効化します。
  5. [連携を保存] をクリックします。

Google Adsのパラメーターマッピング

以下の表では、Google AdsとAppsFlyer間のパラメーターマッピングを示しています。パーソナライズされたパラメーターをGoogle Adsキャンペーンに追加することはできませんのでご注意ください。

ネットワークタイプ

検索 ディスプレイ 動画
チャネル(af_channel) * 表の下の注釈を参照
キャンペーン(c) はい はい はい

キャンペーンID(af_c_id)

はい はい はい
広告セット (af_adset)
ad_group_name パラメーターによって入力されます。
パラメーターが null の場合、AFは af_adset に ad_group_id を入力します。
はい はい はい
Googleの ad_group_id パラメーターにより入力される広告セットID (af_adset_id) はい はい はい

広告 (af_ad)

N/A N/A N/A
広告ID(af_ad_id) N/A N/A N/A
広告タイプ(af_ad_type) はい* はい* はい*
サイトID(af_siteid) Google検索/
検索パートナー
N/A YouTube動画/
YouTube検索/
Videoパートナー
Keywords N/A N/A N/A
Google Adsのパラメーターマッピング

* Google AdsはChannelパラメーターを送信しませんのでご注意ください。
AppsFlyerは、次のルールに従ってこのパラメーターの入力方法を決定します。

  • Google Adsの NetworktypeDisplay の場合、Channel には Networksubtype が入力されます(例:channel=mGDN)。
  • Google Adsの campaigntypeSearch または YouTube の場合、Channel には Networktype が入力されます(例:channel=Search)。
  • Google Ads から受け取ったその他全てのキャンペーンタイプについては、Channelcampaigntype_networktype が入力されます(例:ACI_search)。

Googleの応答で利用可能な広告タイプの詳細については、こちらをご覧ください。

キャンペーンタイプ:アプリキャンペーン

 2021年2月15日まで 2021年2月23日以降
UAC ACI
UACE ACE
UACPre ACPRE
Google Adsによるキャンペーン名の変更

注!キャンペーン名タイプは、インストール日ではなく、クリックまたはインプレッションデータに基づいて設定されます。

ローデータレポート内のエンゲージビューのパラメーター

エンゲージビューとは、ユーザーが動画広告を10秒以上閲覧した際のインプレッションを指します。これはクリックとしてカウントされ、Androidアプリでのみローデータレポートの「sub param 5」に表示されます。このパラメーターは、AppsFlyer内で定義されているクリックルックバック期間中(ただし最大2日まで)にエンゲージビューが発生した場合にのみ表示されます。

 重要!

  • Googleは、SRN(セルフレポーティング型ネットワーク)です。このようなネットワークでのアトリビューションフローの詳しい仕組みについては、こちらをクリックしてください。
  • AppsFlyerでは、Googleの提供するすべてのキャンペーン情報を表示できます。キャンペーンタイプ(検索、動画、ディスプレイ)、および関連付けられた情報はGoogleによって決定されます。詳細については、こちらをクリックしてください。

デバイスIDがないコンバージョンでGoogle Adsキャンペーンを最適化する

iOS 14.5以降、およびAndroid 12以降で、Google Adsはいくつかの識別子を導入しました。これらの識別子は、デバイスIDのないコンバージョンの決定論的なアトリビューションに使用されます。

識別情報 利用可能日 データソース OS 用途 データ粒度
gclid 2021年12月 Google Play referrer Android Installs ユーザーレベル
gclid 2021年12月 Deeplink URL Android + iOS リエンゲージメント ユーザーレベル
gbraid 2021年3月 Deeplink URL iOS リエンゲージメント 集計

AppsFlyerがこれらの識別子を受信しGoogle Adsのポストバックで送信すると、それらに基づいてGoogle Adsはコンバージョンの成果を主張します。AppsFlyerはこの主張を使用して、計測とLTVイベントの紐づけのためにパラメーターを検討します。
これらのパラメーターを受信するために広告主側で必要なアクションはありません。

オペレーティングシステム別のデータの可用性

Androidアプリ:

AppsFlyerとGoogle Adsでは、広告主様はインストールとリエンゲージメントの両方に対する、デバイスIDなしのトラフィックの完全なキャンペーンデータを受信できます。

iOSアプリ:

  • Google Adsでは、広告主様はリエンゲージメントのアクティビティに対するデバイスIDなしのトラフィックの完全なキャンペーンデータを受信できます。
  • AppsFlyerでは、広告主様はメディアソースレベルのみで、リエンゲージメントのアクティビティを確認できます。これは、このトラフィックに関するキャンペーンの詳細をGoogle AdsがAppsFlyerに共有していないためです。オーバービュー管理画面には、キャンペーンIDは「N/A」、キャンペーン名は「None」と表示されます。

    gbraid-campaign-example_en-us.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?