AppsFlyer SDKのバージョン管理ポリシー

概要:AppsFlyer SDKバージョン管理ポリシーと、どのようにバージョンを管理しているかについて紹介します。

 関連記事

AppsFlyerのバージョン管理ポリシーの全体像については、以下の記事を参照してください。

バージョニングについて

長年にわたり、AppsFlyerは多くのバージョンのSDKをリリースしてきました。各SDKバージョンは、特定のAPIバージョンを呼び出します。バージョン管理ポリシーは、APIがSDKバージョンを提供する期間を定義することを意図しています。

バージョン管理の必要性

バージョン管理の目的は、以下の通りです。

  • お客様のアプリに組み込まれているSDKバージョンのAPIがいつ終了するかを事前に把握することができます。これは、バージョンの採用には時間がかかるためです。つまり、ユーザーが新しいアプリのバージョンにアップグレードするまでに時間がかかる可能性があるからです。
  • 安定性の向上(後方互換性は2.5年)により、非常に古いバージョンのSDKを使用した際の予期せぬエラーがなくなりました。
  • SDKのアップグレードが必要な新機能を利用することができます。

SDKバージョンのライフサイクル

APIバージョンは、2.5年間の動作が保証されています。SDKの主要またはマイナーな新バージョンがリリースされるたびに、AppsFlyerは以前のマイナーバージョン(すべてのパッチバージョンを含む)のサポート終了日を設定します。

SDKバージョンの終了はどうなりますか?

SDKのバージョンが終了すると、AppsFlyerのサーバーではインストール、セッション、アプリ内イベントの計測ができなくなります。これらのエンドポイントに到達したイベントは拒否されます。

ユーザーが新バージョンを含むアプリにアップデートするのには時間がかかりますので、サポート終了前に十分な時間を設けて最新のSDKバージョンにアップグレードすることを強くお勧めします

この記事は役に立ちましたか?

このセクションの記事