OneLink Smart Script V2の設定

概要:OneLinkスマートスクリプトを使用することで、あらゆる流入経路から入ってきたモバイルウェブサイトの訪問者をモバイルアプリへと転換し、成果として紐付けできるようになります。
   LPへ遷移する広告などで、LP流入元の媒体へアトリビューションすることができます。

7901_Smart_Script_flow_1920x1080_2__1_.png

 関連記事

スマートバナーを使った作業の全体像については、以下の記事をご覧ください。

セットアップ

OneLink Smart Scriptには2つのバージョンがあります。

OneLink Smart Script V2(推奨): 初めてOneLink Smart Scriptを実装する場合は、このバージョンを使用することをお勧めします。開発者の作業部分がより簡単になり、Google Tag Manager経由で設定することもできます。[デベロッパー実装ガイドはこちら]

OneLink Smart Script V1 (legacy) : Onelink Smart Script をすでにセットアップしている場合は、このバージョンのドキュメントを使用して、このスクリプトを維持・編集してください。
 : 必須ではありませんが、V2への移行をご検討ください。

 注記

この記事のヘッダーにあるFollowボタンをクリックすると、記事またはスクリプトが更新されたときに通知を受け取ることができます。

OneLinkスマートスクリプトの設定

スマートスクリプトを設定するには、以下の方法があります。

  • ウェブサイトに直接スクリプトを埋め込む
  • Google Tag Managerを利用してスクリプトを埋め込む
ウェブサイトに直接実装 Google Tag Manager経由で実装

作業担当者

  • 広告主:
    • 受信URLを処理するスクリプト内の 設定オブジェクト および 引数 に基づいて、送信URLに含まれるべき内容を決定します。これにより、送信URLに付与されるアトリビューションデータやディープリンクデータが決定されます。入力されるURLを操作したり、特定の値を強制的に入力したりします。

    • モバイルWebサイトへ誘導するための全てのキャンペーンに、スクリプトが動作するパラメーターを含むURLが設定されていることを確認します
  • Webディベロッパー
    • Webサイトまたは特定ページに、スクリプトを埋め込みます。
    • スクリプトを初期化(スタート)するためのデータを設定し、マーケターから提供された受信URLパラメータに基づいて、OneLinkの送信URLを生成するために必要な引数(パラメータと値)を入力します。これには、必須およびオプションのパラメータが含まれます。

前提条件

  • 少なくとも1つのアプリが登録されたAppsFlyerアカウントを持っていること。
  • OneLink URLのパラメータの値として機能する OneLinkテンプレート
作業範囲

ウェブページにスクリプトを埋め込むには

  1. 自動生成されるOneLink URLに含めるべきパラメーター/値を決めます。使用できる引数 を確認してください。
    • 受信URLを持つすべてのキャンペーンに、スクリプトが動作するパラメータがあることを確認してください(例えば、送信URLの media source パラメータとして配置できます)。
    • 各パラメータには、キー、オーバーライド値、デフォルト値を含むことができる 構成オブジェクト を入力する必要があります。
  2. 引数 をウェブ開発者に共有してください。
  3. ディベロッパーには、Devの手順に従い、正しい送信リンクが生成されるようにスクリプトを実装するように伝えてください。

オブジェクトの構成

OneLinkスマートスクリプトは、受信URLのパラメータとスクリプトに定義された引数を用いて、送信URLを生成します。afParameters 引数は、アトリビューションやディープリンクに使用される他のいくつかの引数(パラメータ)で構成される構造を持っており、それぞれの引数には、次の表に示すように、キー、オーバーライド(上書き)値、デフォルト値を持つオブジェクト構成が含まれています。

Argument 説明
keys
  • 文字列のリスト
  • スクリプトが検索する受信URLに含まれる可能性のあるパラメータのリストで、その値が送信URLの値として配置されます。
  • スクリプトは左から右に向かって検索し、最初にマッチしたところで停止します。
  • 例: ['in_channel', 'utm_channel']
  • スクリプトのchannelパラメータでは、受信URLのin_channelを検索して、その値をchannelの値として使用します。

overrideValues

  • Dictionary {string: string}
  • 送信URLで変更したい値は、受信URLでの値と、置き換えたい値を列挙してください。
  • スクリプトは、受信URLに含まれるパラメータ値を、あなたが定義した値に置き換えます。

例: {'video': 'video_new'}

スクリプトのchannel パラメータは、受信値が video の場合、スクリプトが送信URLにおいて video_new に変更します。

defaultValue
  • String
  • "フォールバック" の値を何にするかを記載します。
  • キーリストからパラメータが見つからない場合は、送信URLにdefaultValueの値が使用されます。
  • 空のキーリストを渡すことで、強制的にデフォルト値を設定することができます。

例: ['web_video']

スクリプトのchannelパラメータについては、パラメータ in_channel が見つからない場合、web_videoがchannelの値として使用されます。

オブジェクト構成

引数

OneLinkスマートスクリプトは、受信URLのパラメータとスクリプトに定義された引数を用いて、送信URLを生成します。

Argument 備考 レスポンスを記録する (開発者向け)
oneLinkURL (必須)
  • OneLinkテンプレートのドメインと、テンプレートのIDを提供してください。注意:OneLinkカスタムリンクのURLではありません。
  • 例: yourbrand.onelink.me/A1b2
  • ブランドドメイン例: click.yourbrand.com/A1b2
 

afParameters

(必須)

 

 

 


mediaSource

(必須)

  • メディアソースのオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['incoming_mediasource’' 'utm_source']
    • 上書きされる値: {twitter: 'twitter_int', orig_src: 'new_src'}
    • デフォルト値: ['any_source']

キー:

上書き値:

デフォルト値:

campaign

  • キャンペーンのオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['incoming_campaign', 'utm_campaign']
    • 上書きされる値: {campaign_name: 'new_campaign_name'}
    • デフォルト値: ['any_campaign_name']

キー:

上書き値:

デフォルト値:

channel

  • チャネルのオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['incoming_channel', 'utm_channel']
    • 上書きされる値: {video: 'new_video'}
    • デフォルト値: ['any_video']

キー:

上書き値:

デフォルト値:

ad

  • 広告のオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['incoming_ad', 'utm_ad']
    • 上書きされる値: {ad_name: 'new_ad_name'}
    • デフォルト値: ['any_ad_name']

キー:

上書き値:

デフォルト値:

adSet
  • 広告セットのオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['incoming_adset', 'utm_adset']
    • 上書きされる値: {adset_name: 'new_adset_name'}
    • デフォルト値: ['any_adset_name']

キー:

上書き値:

デフォルト値:

deepLinkValue
  • deep_link_value のオブジェクト構成
  • 例:
    • Keys: ['product_id', 'page_name']
    • 上書きされる値: {twenty_percent_off: 'thirty_percent_off'}
    • デフォルト値: 'ten_percent_off'

 

afSub1-5

af_sub[1-5] のオブジェクト構成

キー:

上書き値:

デフォルト値:

googleClickIdKey

GCLID を持つパラメーターの名前を明記します。
AppsFlyerのローデータに表示するためには、パラメーターは、af_sub[1-5] のいずれかを使用する必要があります。

 
その他の(カスタム)クエリパラメータ
  • アトリビューションやディープリンクのために、送信URLに含めたいその他のパラメータを、その構成オブジェクトとともにリストアップします。
  • カスタムパラメータの名前は、開発者が設定オブジェクトのparamKeyとしてリストアップします。
  • 例:
    • paramKey: 'deep_link_sub1'
    • Keys: ['page_id']
    • 上書きされる値: {page12: 'new_page12'}
    • Default value: 'page1'

Param key:

キー:

上書き値:

デフォルト値:

 
referrerSkipList

特定のクリック(TwitterやFacebookなど)のHTTPリファラーに含まれる文字列のリストで、これが見つかった場合、スマートスクリプトは null を返します。これは、TwitterやFacebookのように、クリックがすでにレポートされているSRNの場合に便利です。

 
urlSkipList

クリックのURL(受信URL)に含まれる文字列 (たとえば af_r) のうち、特定の値が含まれる場合にスマートスクリプトが null を返すようにする文字列のリスト。
これは、AppsFlyerの計測リンクとaf_rを使用してユーザーをモバイルサイトにリダイレクトし、元のクリックからのデータを失いたくない場合に便利です。

 
スマートスクリプトを実装するために開発者に提供される引数(パラメータと値)

使用事例

次のセクションでは、一般的なキャンペーン/メディアソースのシナリオについて、スマートスクリプトのユースケースをご紹介します。

UTMパラメーター

UTMパラメータのスクリプトを設定するには

  1. 受信URLのUTMパラメータのリストを作成し(例: utm_sourceutm_campaign )、送信URLのパラメータと照合します(例: media_sourcecampaign )。
  2. これらを 引数リストとして ウェブ開発者に提供する。

結果: 受信パラメータ(utm_sourceutm_campaign )の値は、送信URLの(media_sourcecampaign )パラメータの値を入力するために使用されます。

Google Ads—GCLID

Google広告キャンペーン(GCLIDパラメータを含む)のインストールアトリビューションの通常のプロセスでは、広告をクリックしたユーザーがアプリのストアページのURLにリダイレクトされる必要があります。

このケースでは、Google AdsからのリードをWeb/ランディングページにリダイレクトしているため、スクリプトはGoogle AdsインストールキャンペーンのURLからGCLIDパラメータを取得し、選択した送信パラメータ af_sub[1-5] に付与します。

注記!

  • インストールキャンペーンにも適用されます。ACI以外の検索広告の場合、つまりリエンゲージメントキャンペーンの場合には、スマートスクリプトによるURLの発行に関係なく、Googleがメディアソースとして成果を紐付けられる場合があります。 
  • GCLIDが見つかった場合、スクリプトは受信パラメータキーワードを探します。見つかった場合は、キーワードの値を af_keywords の値として送信URLに入れます。

前提条件: Google管理画面上で、自動タグ設定(Auto-Tagging)を有効化してください。
自動タグ設定を有効化することで、 URLに GCLID パラメータが含まれるようになります。

Google AdsのGCLID用のスクリプトを設定するには

  1. GCLIDを含めるURL上のパラメーターを選択します。
    ベストプラクティス:af_sub[1-5]を選択して、データがAppsFlyerのローデータに表示されるようにします。
  2. これを 引数リストとして ウェブ開発者に提供します。

結果送信URLでは、GCLIDは af_sub[1-5] パラメータの値になります。

Google Adsにこれらのインストールを通知する方法:

  1. インストールごとに、CSV経由、またはPush API経由でリアルタイムに、パラメーター af_sub[1-5] からGCLIDデータを取得します。
  2. GCLID データを 手動 または Google Ads APIを使用してGoogleにアップロードします。

 注記

GoogleはこのGCLIDソリューションを公式にサポート及び推奨をしていません。GoogleがGCLIDパラメータを廃止する場合は、変更をサポートするようにスクリプトを変更します。この記事のヘッダーにあるFollowボタンをクリックしてこの記事をフォローすると、記事またはスクリプトが更新されたときに通知を受け取ることができます。

FacebookクリックID

Facebook広告では、クリックIDが付与されます。このIDをAppsFlyerのローデータで利用したい場合は、FacebookのクリックIDを取得して、任意の送信パラメータ af_sub[1-5] を使用して送信URLに付与してください。

FacebookクリックIDのスクリプト設定:

  1. FacebookクリックIDを含むように、送信URLのパラメータを選択します。
    ベストプラクティス: af_sub[1-5] を選択すると、AppsFlyerのローデータレポートにデータが表示されます。
  2. これを 引数リストとして ウェブ開発者に提供します。

結果: 送信URLでは、FacebookのクリックIDは af_sub[1-5] パラメータの値となります。

SRN、オウンドメディア、その他のメディアソースリンク

SnapchatやTwitterのようなSRNは、Google AdsやクロスプラットフォームのFacebookとは異なる動作をします。これらのSRNのキャンペーンでは、ユーザーはWeb/ランディングページに誘導され、モバイルユーザーに有無に関わらず、クリック数に基づいて課金されます。

これらのSRNでは、スクリプトの設定は、オウンドメディアまたは他のメディアソースからのリンクと同じです。

スクリプトの設定方法

  1. リンク上のメディアソースとキャンペーンパラメータ―名のリストを作成します。
  2. これらを 引数リストとして ウェブ開発者に提供してください。
    SRN/メディアソースタイプは、受信URLのメディアソースの値でなければならず、スクリプトはそれを見つけて、ウェブ/ランディングページのダウンロードボタンの背後にある送信OneLink URLの media_source の値として使用します。送信URLの media_source 値を変更したい場合は、ウェブ開発者に渡す 引数リスト で、受信URLに含まれるメディアソースの値と上書き(変更)する media_source の値 を指定します。

結果:これらのSRN/メディアソースについては、受信URLのメディアソースおよびキャンペーンのパラメータの値が、送信URLの media_source および campaign パラメータの値を入力するために使用されます。

 

受信URL: https://hotel.me/incoming_mediasource=twitter&incoming_campaign=big_social

OneLink URL: https://hotel.onelink.me/Ac4G?pid=twitter&c=big_social

AppsFlyer計測リンク

AppsFlyer計測リンクは、メディアソースがクリックアドネットワークの場合に使用されます。
AppsFlyerでリンクを設定する場合に、Webからアプリへの誘導キャンペーンの計測では、希望のモバイルWebサイトへのURLパスと一緒にリダイレクトURLパス(af_r)パラメーターを追加するオプションがあります。スクリプトで送信用のOneLink URLを作成すると、元のクリックのデータの一部が失われる可能性があるため、作成しない方がよいでしょう。

アクション: urlSkipList 引数で af_r パラメータをリストアップします。

結果:スマートスクリプトが受信URLに af_r パラメータを見つけた場合、スマートスクリプトは送信URLを生成しないので、開発者はどのリンクを送信URLとして配置するかを決定して実装する必要があります。

 

受信URL: https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=click_ad_network_int&c=orlando& af_r=hotel.me

送信用URL:送信URLはありません。 (null)

デスクトップ

この記事で紹介しているほとんどのユースケースは、モバイルデバイスから来るユーザーについてです。したがって、モバイルWebサイトからアプリストアへ誘導されると、ユーザーはすぐにアプリをダウンロードできます。

ただし、デスクトップユーザーの場合、デバイス(デスクトップやパソコン)はモバイルアプリのダウンロードに対応していないため、すぐにアプリストアへ誘導すべきではありません。

デスクトップユーザー向けのスクリプトの設定方法

  • OneLinkテンプレートにて、デスクトップからクリックされた場合のリンク先URLを設定します。このURLは専用Web/ランディングページにリダイレクトする必要があります。ランディングページには、アプリをダウンロードするためのSMSやメールを受信するフォームを追加することができます。必要に応じて、Webフォームを作成し、そのフォームへのURLをスクリプトで指定することもできます。

結果:スクリプトはユーザーが使用するデバイスまたはプラットフォームを検知します。デスクトップの場合は、スクリプトはユーザーを専用のWeb/ランディングページにリダイレクトするためのOneLink URLを生成します。

詳細は、デスクトップからアプリへのコンバージョンをご参照ください。

代理店

インストールは、af_prt パラメーターを使用する代理店に紐づきます。

OneLinkスマートスクリプトを使用するこの計測パラメーターを追加するには、ディベロッパーにこれらの手順に従うよう依頼してください。

結果: このスクリプトは、受信側URLの代理店名の追加パラメーターを検出して、送信側URLにaf_prtパラメーターを追加します。

 

受信URL: https://hotel.me/incoming_campaign=gogo&incoming_media_source=email&partner_name=bigagency

送信側URL:https://hotel.me/pid=email&c=gogo&af_prt=agency

QRコード

Smart Scriptで、クリックできるURLの代わりに、QRコードをウェブページに表示します。

QRコードを表示する場合:

  1. Smart Scriptを設定する際には、必ずSmart Script v2.1+ を使用してください。
  2. 開発者に、 こちらの実装ガイドに従い、スマートスクリプトの結果でQRコードを作成するよう伝えてください。
  3. ベストプラクティス:デスクトップの場合はQRコードを表示し、モバイルの場合はリンクボタンを表示する

結果: スクリプトは、背後に URLがあるボタンの代わりにQRコードを表示します。
注意:スマートスクリプトで作成したQRコードのデザインはカスタマイズできません。

 

受信URL:

https://hotel.me/qr_code.html?incmp=gogo&inmedia=email

送信URL:

https://hotel.onelink.me/LtRd/?af_js_web=true&af_ss_ver=2_1_0&pid=email&c=gogo

送信QRコード:

インプレッション計測

OneLinkスマートスクリプトを使用して、Webサイト上のインプレッション数をカウントできます。
これを行うには、開発者は
インプレッション関数を呼び出す必要があります。
インストールは、ビュースルーアトリビューションによってインプレッションに紐づけられます。

注意

  • インプレッション数のカウントは、クリック数をカウントする通常のスマートスクリプト生成URLに追加されます。スマートスクリプトを使用して、クリック数、インプレッション数、またはその両方をカウントできます。
  • スマートスクリプトによるビュースルーアトリビューションは、モバイル端末でのみ機能します。デスクトップ上では機能しません。

新規インストールをこれらのインプレッション(ビュースルーアトリビューション)に紐づけるには: 

  1. Smart Script を設定する際には、必ずSmart Script v2.2+ を使用してください。
  2. スマートスクリプトで インプレッション関数を呼び出す ように開発者に指示します。
  3. ビュースルー計測がオンになっていることを確認します
  4. [オプション] デフォルトの1日 のビュースルールックバック期間の値を変更する場合は、開発者が af_viewthrough_lookback パラメーターを新しい値で追加する必要があります。
    たとえば、
    af_viewthrough_lookback=1d のように指定します。
この記事は役に立ちましたか?

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。