Protect360:連携済みパートナー向け

概要: 連携済みパートナー(アドネットワークと代理店)は、ProtectLITEとProtect360、広告主によって定義された検証ルールによって検知・ブロックされたトラフィックの情報を確認可能です。

概要

AppsFlyerでは以下の機能で不正を検知・ブロックします。

  • ProtectLITE:全ての広告主に提供している基本的な不正対策機能 
  • Protect360:追加の有償契約をした広告主向けのより高度な不正対策機能 

広告主は連携済みパートナー(アドネットワーク&代理店)に対して、Protect360の管理画面へのアクセス権限とローデータレポート(ProtectLITEを含む)の取得権限、集計されたアプリ内イベントデータの閲覧権限を付与する必要があります。この権限をもらうことで、連携済みパートナーは以下のことが可能になります:

  • 関係するアドネットワークが生み出したトラフィックに関するデータの閲覧
  • 関連するローデータレポートのダウンロード

また、クリックとインプレッションの上限設定、失敗したクリック署名については、アドネットワークが利用できるローデータレポートがあり、これについては広告主の許可は必要ありません。

 注意

代理店を通してアドネットワークを利用している広告主の場合、代理店とアドネットワークの両方がデータにアクセスするためには、広告主がAppsFlyerの管理画面上で代理店とアドネットワークの両方の連携設定を行い、権限付与とP360へのアクセスを付与する必要があります。

仮に代理店のみが権限付与をされている場合には、アドネットワークはP360のデータへアクセスできないので注意してください。

管理画面表示

前提条件:ProtectLite / Protect360へのアクセスに関する、広告主からの権限付与が必要です。

連携済みパートナーは、管理画面とグラフを確認できるようになります。
(詳細は以下のスクリーンショットを確認してください。)

ProtectLITEProtect360画面で利用可能なデータの詳細についてはこちらを参照してください。   

制限:

  • アドネットワークアカウントは[異常値]の画面にはアクセスできません。 一方代理店アカウントはアクセス権を持っていますが、他のメディアソースと比較するための基準値を作成できるように、AppsFlyerによって保証されているメディアソースからのトラフィックにおいて不正率が低い場合にのみ、データが表示されます。
  • 代理店アカウントはProtect360の[アプリ内イベント(CPA)]の画面にはアクセスできません。 

p360_dashboard_1.jpg

ローデータレポート

前提条件:ProtectLite / Protect360へのアクセスに関する、広告主からの権限付与が必要です。

Protect360のローデータレポートでは、ProtectLITE / Protect360 / 検証ルールによって検知・ブロックされた不正データを提供しています。

利用可能なレポート:

Protect360のローデータレポートの詳細についてはこちらを参照してください。

Protect360のアドネットワーク向けレポートAPI

  • アドネットワークは、このセクションに記載されているローデータレポートをAPI経由で利用可能です。
  • 同様のレポートは、管理画面内のデータエクスポートのページからも取得可能です。
  • 広告主が Protect360を契約していない場合には、インストールのレポートのみが閲覧可能です。

前提条件

  • 広告主のデータにAPIでアクセスするには、予め広告主がアドネットワークに対して、"Protect360管理画面とAPIでのローデータへのアクセスを許可する"という権限を付与している必要があります。既にProtect360の管理画面へアクセスできている場合にはAPIも利用可能な状態ですので、広告主は何も追加対応する必要はありません。
  • Protect360へのアクセス権限を持っているアプリの一覧については、アプリリストの取得APIを使用してください。 
  • パートナーアカウントのAdminアカウントは、AppsFlyerの管理画面からAppsFlyerのV2.0 認証トークンを取得する必要があります。
レポート データ更新頻度 説明
Protect360 APIレポート
ポストアトリビューションアプリ内イベント不正

毎日10:00 UTCタイムゾーン

  • 不正と特定されたインストールが実行したアプリ内イベント
  • インストールに関係なく、その他すべての不正と判断されたアプリ内イベント

次のパラメータに関する表に示すとおり、このレポートはオプションとしてアプリ内イベントの種類で絞り込むことができます。

レポートトピック: fraud-post-inapps

アトリビューション後のインストール

毎日10:00 UTCタイムゾーン

  • アトリビューション後に不正と特定されたインストール
  • 次のセクションで説明するとおり、このレポートはオプションとして検知日で絞り込むことができます。

レポートトピック: detection

インストール

リアルタイム

ブロック済みインストールとブロックされた理由

レポートトピック: blocked_installs_report

アプリ内イベント リアルタイム

ブロックされたユーザーが実行したアプリ内イベント

レポートトピック: blocked_in-app_events_report

クリック リアルタイム

ブロックされたユーザーが実行したクリック

レポートトピック: blocked_clicks_report

Protect360のローデータレポートをダウンロードして取得する手順

APIを使用する場合:

  1. 前述の表から、取得したいレポートを決めてください。
  2. 関連するCurlサンプル (以下参照) を使用して、スクリプトを準備してください。
  3. 以下のプレースホルダをそれぞれ置き換えてください:
    1. App ID
    2. From date (開始日)
    3. To date (終了日)
    4. Bearer token  (AppsFlyer V2.0 認証トークン)
  4. 記事内に記載のあるように、一部のコールにはオプションのパラメータもあります。

Curl サンプル

インストール (blocked_installs_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_installs_report/app/{app_id}?from={2020-07-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

ポストアトリビューションインストール (detection)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。 


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/detection/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additonal-fields=fraud_reason,fraud_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,detection_date' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

アプリ内イベント (blocked_in_app_events_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_in_app_events_report/app/?from=YYYY-MM-DD&to=YYYY-MM-DD&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \ -H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

ポストアトリビューションのアプリ内イベント不正 (fraud_post_inapps)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/fraud-post-inapps/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,fraud_reason,fraud_sub_reason,detection_date' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

クリック (blocked-clicks_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_clicks_report/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

Protect360 アドネットワーク API 仕様ガイド

APIの基本

Protect360 アドネットワーク API 基礎仕様
パス

https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/report_topic/app/app_id

方法 GET
Pathの必須パラメータ
  • app_id:
    • AppsFlyerの管理画面上にも表示されているアプリの識別子です。管理画面上に表示されているものを正しく入力してください。
    • iOSは冒頭にidもつけてアプリIDを記載してください。
  • report_topic
受け入れ可能なcontent types application/json 
Authorization
  • リクエストヘッダー内のBearer tokenで行います。
  • AppsFlyerAdmin_us-en.pngパートナーアカウントのアドミン権限で、トークンページ内 のV2.0 tokenを取得してください。このトークンの長さは約700文字です。 
レート制限 レート制限
日付範囲の制限
  • 過去データのサポート範囲:現在から90日前まで
  • 過去90日までのうち31日間までのデータ
行数の上限 20万行
レポート特性
  • タイムゾーン:UTC
  • 通貨単位:USD

API パラメータ

Protect360のAPIパラメータ
パラメーター 説明 形式 必須
app_id  AppsFlyerの管理画面上に表示されているアプリID String はい
from

日付範囲の開始日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
to

日付範囲の終了日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
event_name

[ポストアトリビューションアプリ内イベント不正でのオプション]

アプリ内イベントを絞り込み、レポート内容を特定のイベントのデータに限定してください。一つ、もしくは複数のイベントを含めることが可能です。

使用例:&event_name=af_purchase,af_login

String

いいえ

 

detect-from

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の開始日。(デフォルト設定は、from.) 

YYYY-MM-DD いいえ
detect-to

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の終了日。(デフォルト設定は、to.)

YYYY-MM-DD いいえ

Protect360 APIのHTTPリターンコード

ステータス コード 症状/メッセージ 解決策
エラーコードと解決策
OK 200 Empty CSV file(CSVファイルが空です)

addtional_fieldsがURI内に複数含まれてしまっています。

OK

200

Empty CSV file(CSVファイルが空です)

開始日と終了日の両方の形式がyyyy-mm-ddであることを確認してください

OK 

200

AppsFlyer HTMLログインページの戻り値

Bearer tokenヘッダーにトークンがありません。

Bad request

400

Bad request

  • 日付範囲の制限
    • 過去データのサポート範囲:現在から90日前まで
    • インストールの場合は60日、アプリ内イベントのレポートの場合には90日を超える期間は取得できません。
Unauthorized

401

Unauthorized

トークンは見つかりましたが、有効ではありません。パートナーアカウント内に現在のV2.0トークンが存在していることを確認し、Adminに管理画面から現在のトークンを改めて取得するよう依頼してください。

Not found

404

 

  • 指定されたエンドポイントが正しくありません。
  • App IDが正しいことを確認してください。
  • アプリへのアクセス権限がありません。

インプレッションとクリックの上限ブロック(capping)

アドネットワークが非常に高いインプレッションとクリックの不正率を示す場合、Protect360はアドネットワークのインプレッションとクリックを24時間のサイクルでブロックします。つまり、閾値に達したあとに発生したインプレッションとクリックはAppsFlyerで記録されず、アトリビューションの対象にもなりません。これらのブロックされたインプレッションとクリックの情報は、Protect360の管理画面とレポートにのみ表示されます。

AppsFlyer不正防止アルゴリズムは、インプレッションとクリックの量、コンバージョン率、検出された不正率、アクティビティの変動、業界および地理的ベンチマーク、独自のパラメーターなど、不正を検出する際にさまざまなパラメーターを考慮します。このアルゴリズムは、変化傾向を考慮して、時間単位で動的に更新されます。

インプレッションやクリックの増大により閾値に達することが繰り返し発生した場合、AppsFlyerのプラットフォームとの連携を永久的に削除する可能性もあります。

インプレッションとクリックの上限ブロックの閾値について: 

  • すべてのアドネットワークに対して、平等に適用されます。つまり、インプレッション不正やクリック不正の割合が極端に高くても上限ブロックされないアドネットワークは存在しません。
  • 閾値は、アドネットワーク単位で設定されます。(インプレッションは、同じくアプリ単位でも考慮されます。)つまり不正分析はアドネットワークの全てのキャンペーン及び広告主が対象となります。また、ブロックはアドネットワークの全てのキャンペーンと広告主(Protect360の契約有無に関係なく)のアトリビューションに適用されます。
  • 24時間サイクルでブロックはリセットされ、サイクルが終了するまではブロックが適用されます。サイクルの開始と終了の詳細については、非公開です。
  • 変更または停止できません。Protect360は、不正検出において細かい調節がなされており、そのアルゴリズムは手動で調整または無効にすることはできません。
  • 異常なアクティビティを持つキャンペーンとパブリッシャー(配信面)を停止することで、回避できる可能性があります。

よくある質問

インプレッションとクリックの上限ブロックに関するFAQ

Q:ネットワークに適用される閾値はどれくらいですか?

A:ブロックのメカニズムに関する詳細は、不正業者の手に渡ることを避けるために一切公開していません。 ただ、人間の行動範囲を超えるほどの非常に多いインプレッション数やクリック数が発生した場合にのみ、基本的には閾値に達します。その日のインプレッション数、クリック数、インストール数の量を観察することで、トラフィック洪水の不正が1つまたは複数の配信面で発生しているかどうかを把握できるでしょう。
注意:上限ブロックのメカニズムは、広告主の1つのアプリだけでなく、すべてのアプリのネットワークのトラフィックを考慮に入れています。

Q:ブロックを解除するにはどうしたらいいですか?

A:異常なアクティビティ・トラフィックが発生してしまっているキャンペーンと配信面を停止することで、閾値に達することを回避することが可能です。ブロックされてしまった場合、クリックが再度記録されるようになるまでには、24時間のブロックサイクルが終了するまで待つ必要があります。

Q: 上限ブロックは、Protect360を未使用のAppsFlyerの広告主にも適用されますか?

A:はい、Protect360の契約有無に関係なく適用されます。これは、上限ブロックが広告主単位ではなく、アドネットワーク単位で行われるためです。上限ブロックのメカニズムはすべての広告主を守るためのものであり、単一の広告主のアプリだけでなく、すべてのアプリのネットワークのトラフィックを考慮して機能します。

Q:これは不正でなく安価な媒体を使用しているためで、質が低いことがあります。

A:疑わしくない媒体で通常の範囲でパフォーマンスが低下しても、クリックの上限ブロックは行われません。アルゴリズムは、人間によって発生し得ないパフォーマンスを識別します。

Q:ブロックされることによってキャンペーンの拡大が困難になってしまうため、インプレッションやクリックの上限ブロックを行わないでください。

AAppsFlyerの不正防止アルゴリズムは、極端で露骨なトラフィック洪水から広告主を守ります。人間以外によって生成されたインプレッション・クリックをブロック対象とし、これらのブロックの大多数は不正であるためキャンペーンの拡大には影響しません 万が一それでも懸念がある場合には、AppsFlyerまでお問い合わせください。

Q:これは不正ではありません。もしかしてAppsFlyerでは膨大な量のインプレッション・クリックを処理することに問題があるのですか?
A:膨大な量のトラフィックを処理するのは我々にとって何も問題ありません。当社は世界最大規模の広告主を数多くサポートしており、膨大な数の正当なクリックを含め、毎日何十億ものデータをリアルタイムに処理しています。豊富で正確なデータで大規模な成長をサポートするという当社のコミットメントの一環として、我々はお客様の最善の利益のために行動し、明確なクリック洪水をブロックします。 

Q:インストールに加え、クリックもブロックするというアプローチに至ったのはなぜですか?
A:AppsFlyerでは、広告主を保護するための継続的な取り組みの一環として、不正防止メカニズムを常に改善しています。これまでは、インプレッションとクリックを受け入れ、インストールのみをブロックしていました。しかし、稀にクリック率が極端なケースもありそのような場合においてそれらのクリックをシステムで受け入れる意味がありません。
Q:新しいキャンペーン開始などにより、インプレッション数・クリック数が大幅に増加することが予想される場合にはどうしたらいいですか?また、ブロックされるのを防ぐには何ができますか?
A:さまざまな傾向を考慮するため、アルゴリズムは動的で時間単位で更新されます。また、そのような突発的な増加を処理するためにとても洗練されており、突然の大幅なボリューム増加を含む、通常の範囲の活動の変化によってブロックが実行されることはありません。また、パートナーはインプレッション・クリックのデータとレポートを使用して、疑わしい配信面を特定し、それらのキャンペーンを停止することも可能です。
Q:問題のあるトラフィックをチェックし、キャンペーンのパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですか?
A:パートナーは、インプレッションとクリックのデータとレポートを使用して疑わしい配信面を特定し、それらのキャンペーンを停止することができます。また、管理画面上で不正データを表示するために必要な権限を広告主から得ていれば、Protect360 / ProtectLITEの画面上でブロックされたインプレッションとクリックのデータを見ることも可能です。

Q:上限ブロックに関する通知メールは、パートナーへ送信されますか?
A:クリックの上限ブロックについては、通知メールが2種類あります。1つ目は、クリックの上限ブロックの閾値に近づいた場合にパートナーに対して警告としてメールが送信されます。(アドネットワーク毎に異なります)そして2つ目はクリックの上限ブロックの閾値に達したことを示す通知するもので、クリックの計測が再び再開されるタイミングも同時にお知らせします。2つのメールが送付される間隔はトラフィック洪水のペースに依って異なり、長い間隔が空いてアドネットワークが不正行為に対処できる時間があることもあれば、数分で2通目が届くこともあります。 

インプレッションの上限ブロックの場合、広告ネットワークには、過去24時間以内に上限ブロックの影響を受けた全アプリ一覧と、インプレッション数の多い上位10個のサイトIDの一覧がメールで送信されます。
注意:特定のアプリのキャンペーンを停止していたとしても、過去24時間以内に上限ブロックの影響を受けていた場合にはメール内の一覧にそのアプリが記載される場合があります。

クリック署名

クリックの上限ブロックを防ぐために、アドネットワークはHMAC-SHA256のクリック署名に追加することも可能です。 

この署名によりAppsFlyerはクリックを検証でき、 クリック情報が不正業者によって操作されていないことを確認します。

  • 検証されたクリックは記録され、アドネットワークへ紐付けられます。
  • 無効になったクリックは除外され、以下のように処理されます:
    • アドネットワーク向け(広告主向けではなく)に提供されるProtect360のレポート画面に集計されます。
    • アドネットワークのコンバージョン率やクリックの上限ブロックの閾値には影響を与えません。
この記事は役に立ちましたか?