Protect360:連携済みパートナー向け

概要:連携済みパートナー(アドネットワーク)は、Protect360によって検知された、自社媒体に関連するトラフィックの不正の発生状況を確認可能です。

Protect360:連携済みパートナー向け

Protect360は、広告主のAppsFlyerのご契約プランに含めていただくことで利用が可能になる機能です。また、広告主は連携済みパートナーに対してProtect360の管理画面の 閲覧権限を付与する必要があります。そうすることで、連携済みパートナーは以下のことが可能になります:

  • 関係するアドネットワークが生み出したトラフィックに関するデータの閲覧
  • Protect360関連のローデータレポートのダウンロード 

権限の付与

連携済みパートナーに、Protect360へのアクセス権限を付与するには、以下の対応を行ってください。

  1. 管理画面左メニューの設定連携済みパートナーをクリックしてください。
  2. 連携済みパートナーを選択してください。
  3. 権限のタブ内で、[Protect360管理画面とAPIでのローデータへのアクセスを許可する]を有効にしてください。
  4. Protect360内のアプリ内イベント(CPA)の画面へのアクセス件も付与したい場合には、[アプリ内イベントの集計データへのアクセス権限を付与する]も有効にしてください。

管理画面表示

連携済みパートナーは、管理画面とグラフを確認できるようになります。
(詳細は以下サンプルを確認してください。)

制限:

  • パートナーアカウントは[異常値]の画面にはアクセスできません。 
  • 代理店アカウントは[アプリ内イベント(CPA)]の画面にはアクセスできません。 

p360_dashboard_1.jpg

ローデータレポート

Protect360のローデータレポートでは、実際にブロックした不正なデータの詳細を提供しています。(ローデータレポートの詳細はこちらを参照してください。) レポートを取得するには、左メニューの[データエクスポート]へ選択してください。

Protect360のアドネットワーク向けレポートAPI

  • アドネットワークは、このセクションに記載されているローデータレポートをAPI経由で利用可能です。
  • 同様のレポートは、管理画面内のデータエクスポートのページからも取得可能です。

前提条件

  • 広告主のデータにAPIでアクセスするには、予め広告主がアドネットワークに対して、"Protect360管理画面とAPIでのローデータへのアクセスを許可する"という権限を付与している必要があります。既にProtect360の管理画面へアクセスできている場合にはAPIも利用可能な状態ですので、広告主は何も追加対応する必要はありません。
  • Protect360へのアクセス権限を持っているアプリの一覧については、アプリリストの取得APIを使用してください。 
  • パートナーアカウントのAdminアカウントは、AppsFlyerの管理画面からAppsFlyerのV2.0 認証トークンを取得する必要があります。
レポート データ更新頻度 説明
Protect360 APIレポート
ポストアトリビューションアプリ内イベント不正

毎日10:00 UTCタイムゾーン

  • 不正と特定されたインストールが実行したアプリ内イベント
  • インストールに関係なく、その他すべての不正と判断されたアプリ内イベント

次のパラメータに関する表に示すとおり、このレポートはオプションとしてアプリ内イベントの種類で絞り込むことができます。

レポートトピック: fraud-post-inapps

アトリビューション後のインストール

毎日10:00 UTCタイムゾーン

  • アトリビューション後に不正と特定されたインストール
  • 次のセクションで説明するとおり、このレポートはオプションとして検知日で絞り込むことができます。

レポートトピック: detection

インストール

リアルタイム

ブロック済みインストールとブロックされた理由

レポートトピック: blocked_installs_report

アプリ内イベント リアルタイム

ブロックされたユーザーが実行したアプリ内イベント

レポートトピック: blocked_in-app_events_report

クリック リアルタイム

ブロックされたユーザーが実行したクリック

レポートトピック: blocked_clicks_report

Protect360のローデータレポートをダウンロードして取得する手順

APIを使用する場合:

  1. 前述の表から、取得したいレポートを決めてください。
  2. 関連するCurlサンプル (以下参照) を使用して、スクリプトを準備してください。
  3. 以下のプレースホルダをそれぞれ置き換えてください:
    1. App ID
    2. From date (開始日)
    3. To date (終了日)
    4. Bearer token  (AppsFlyer V2.0 認証トークン)
  4. 記事内に記載のあるように、一部のコールにはオプションのパラメータもあります。

Curl サンプル

インストール (blocked_installs_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_installs_report/app/{app_id}?from={2020-07-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \
--H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

ポストアトリビューションインストール (detection)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。 


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/detection/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additonal-fields=fraud_reason,fraud_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,detection_date' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

アプリ内イベント (blocked_in_app_events_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_in_app_events_report/app/?from=YYYY-MM-DD&to=YYYY-MM-DD&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \ -H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

ポストアトリビューションのアプリ内イベント不正 (fraud_post_inapps)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/fraud-post-inapps/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=match_type,device_category,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,fraud_reason,fraud_sub_reason,detection_date' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

クリック (blocked-clicks_report)

app_id / from / to / tokenのプレースホルダを書き換えてください。


curl --location --request GET 'https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/blocked_clicks_report/app/{app-id}?from={2020-06-10}&to={2020-07-20}&additional_fields=keyword_id,store_reinstall,deeplink_url,oaid,blocked_reason,blocked_reason_value,blocked_reason_rule,blocked_sub_reason,gp_referrer,gp_click_time,gp_install_begin,amazon_aid,keyword_match_type' \
-H 'Authorization: Bearer {V2.0 api token placeholder. Note: The token has more than 700 characters.}' \

Protect360 アドネットワーク API 仕様ガイド

APIの基本

Protect360 アドネットワーク API 基礎仕様
パス

https://hq1.appsflyer.com/api/adnets-data/v1/export/report_topic/app/app_id

方法 GET
Pathの必須パラメータ
  • app_id:
    • AppsFlyerの管理画面上にも表示されているアプリの識別子です。管理画面上に表示されているものを正しく入力してください。
    • iOSは冒頭にidもつけてアプリIDを記載してください。
  • report_topic
受け入れ可能なcontent types application/json 
Authorization
  • リクエストヘッダー内のBearer tokenで行います。
  • AppsFlyerAdmin_us-en.pngパートナーアカウントのアドミン権限で、トークンページ内 のV2.0 tokenを取得してください。このトークンの長さは約700文字です。 
レート制限 レート制限
日付範囲の制限
  • 過去データのサポート範囲:現在から90日前まで
  • 過去90日までのうち31日間までのデータ
行数の上限 20万行
レポート特性
  • タイムゾーン:UTC
  • 通貨単位:USD

API パラメータ

Protect360のAPIパラメータ
パラメーター 説明 形式 必須
app_id  AppsFlyerの管理画面上に表示されているアプリID String はい
from

日付範囲の開始日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
to

日付範囲の終了日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
event_name

[ポストアトリビューションアプリ内イベント不正でのオプション]

アプリ内イベントを絞り込み、レポート内容を特定のイベントのデータに限定してください。一つ、もしくは複数のイベントを含めることが可能です。

使用例:&event_name=af_purchase,af_login

String

いいえ

 

detect-from

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の開始日。(デフォルト設定は、from.) 

YYYY-MM-DD いいえ
detect-to

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の終了日。(デフォルト設定は、to.)

YYYY-MM-DD いいえ

Protect360 APIのHTTPリターンコード

ステータス コード 症状/メッセージ 解決策
エラーコードと解決策
OK 200 Empty CSV file(CSVファイルが空です)

addtional_fieldsがURI内に複数含まれてしまっています。

OK

200

Empty CSV file(CSVファイルが空です)

開始日と終了日の両方の形式がyyyy-mm-ddであることを確認してください

OK 

200

AppsFlyer HTMLログインページの戻り値

Bearer tokenヘッダーにトークンがありません。

Bad request

400

Bad request

  • 日付範囲の制限
    • 過去データのサポート範囲:現在から90日前まで
    • インストールの場合は60日、アプリ内イベントのレポートの場合には90日を超える期間は取得できません。
Unauthorized

401

Unauthorized

トークンは見つかりましたが、有効ではありません。パートナーアカウント内に現在のV2.0トークンが存在していることを確認し、Adminに管理画面から現在のトークンを改めて取得するよう依頼してください。

Not found

404

 

  • 指定されたエンドポイントが正しくありません。
  • App IDが正しいことを確認してください。
  • アプリへのアクセス権限がありません。
この記事は役に立ちましたか?