ROI360 — コスト集計の概要

プレミアム機能

概要:広告主がマーケティングコストデータを集約し確認できる方法について説明しています。

roi360_image.png

コスト集約

ROI360

  • 集計された広告コストデータと、コスト関連のLTVパフォーマンス指標を提供します。これらはダッシュボードとパフォーマンスレポートで確認できます。コストに関する指標には、ROI(投資利益率)、ROAS(広告費用対効果)、クリック、インプレッション、キャンペーンROI、インストール当たりの平均有効コスト(eCPI)が含まれています。
  • パートナーが使用するさまざまなコストモデル(CPI、CPA、CPC、CPM)をサポートしています。
  • API、広告費の読込(CSVファイルのアップロード)、またはクリック経由でコストを記録します。
  • 代理店は、ROI360のご契約を持つ広告主のROI360コストデータにアクセスできます。

ROI360をご契約でない広告主様は、次の指標が利用できます:

コストデータ集約の原則

このセクションでは、キャンペーンコストデータの集約に関する主な原則を説明します。 

コスト集計の方法

コストデータは、複数の方法でパートナーから取得されます。コストが複数の方法でレポートされた場合、コスト優先順位付けメカニズムによってどのデータが使用されるかが決まります。これにより、コストデータが膨らむことがなくなります。

AppsFlyerがデータを処理したあと、UTCタイムゾーン(デフォルト)で、またはアプリ固有のタイムゾーン設定で表示します。

コスト集計の方法 サポートされているコストモデル データ粒度 データ更新頻度 備考
API* すべて

連携内容によって異なります。

日中(平均4時間毎の更新) 7 日前までのデータを受け取るようにしているため、コストイベントの後にデータが変わることがあります(アドネットワークによって異なります)。これは、アドネットワークによって行われた遡及的な変更を考慮するためです。 
コストインポート (ファイルアップロード) すべて アップロードされたファイルによって異なります。   インポート後 最大4時間 レポートされたコストは、最大90日間送信したデータを元に戻して修正できます。
クリック(計測リンク) CPI ユーザーレベル

最小:リアルタイム

設定可能最大値:クリック後 最大4時間

変更は不可能です。
* パートナーとAppsFlyer間のAPI 連携は、コストAPI経由、または InCost API 経由のいずれかです(両方であることはありません)。使用されるAPIと提供されるデータの粒度は、パートナーによって異なります。

コストデータの可用性とレポート

次の表は、コストデータを確認できる場所を示しています。

表を理解しやすくするために、表の備考欄に特に記載のない限り、以下の説明が適用されます。

  • UA(非オーガニックインストール):最近記録された(SKAN以外のアトリビューションによる)インストールが少なくとも1回あるユーザー獲得キャンペーンのコストデータ(過去約7日間)。
  • 統合:選択したアプリのすべてのキャンペーンのコストデータ。最近インストール数が記録されていないもの(つまり、過去約7日間)も含まれます。この表では、インストール数が最近1件以上計測されているキャンペーンについてのみデータが得られる場合を示しています。
  • キャンペーン名の変更がサポートされていない場合、アトリビューションデータを含むキャンペーン名とコストデータを含むキャンペーン名の両方が表示されます。表示されるキャンペーン名のいずれもキャンペーン名の全体像を把握することはできません。

コストデータの可用性とレポート

レポート方法 表示/データタイプ キャンペーン名の変更の対応 備考
オーバービュー管理画面
  • UA(非オーガニックインストール)
  • 統合
はい リターゲティング表示では、コストは表示されません。リターゲティングのコストは全体表示にて表示されます。
アクティビティ管理画面 UA(非オーガニックインストール) はい  

コホート管理画面

  • UA(非オーガニックインストール)
  • 統合
はい
  • リターゲティング表示ではコストは表示されません
  • この全体データは最近インストールが少なくとも1件計測されているキャンペーンのみのデータです。

コホートAPI

  • UA(非オーガニックインストール)
  • 統合
はい この全体データは最近インストールが少なくとも1件計測されているキャンペーンのみのデータです。

SKAN管理画面

SKAN いいえ SKANインストールの表示と全てのインストールのコストデータ(SKAN以外のインストールを含む)。

SKAN集計パフォーマンスAPI

SKAN いいえ SKANインストールの表示と全てのインストールのコストデータ(SKAN以外のインストールを含む)。

ピボット管理画面

UA(非オーガニックインストール) いいえ

 

Master API UA(非オーガニックインストール) いいえ

 

カスタムダッシュボード UA(非オーガニックインストール) いいえ  
コストETL 統合 はい

全ての利用できるコストデータが表示されます。

集計Pull API UA(非オーガニックインストール) いいえ  

 

Push API

クリックローデータ

計測しません

 

Pull APIのローデータ

クリックローデータ

計測しません

 

Data Locker

クリックローデータ

計測しません

Data Locker、コホートはコストをサポートしていません。

注意:

  • データの細分性は、ダッシュボード/レポートタイプによって異なる場合があります。レポートツール Cost ETLには、すべてのデータが含まれています。これにはキャンペーン階層の詳細(メディアソース、キャンペーン名、広告セット、そしてアドネットワークから提供される国、チャネル、サイトID、キーワード等のディメンション)が含まれています。

  • クリックコストデータは、ローデータレポートで利用できます。

コスト優先順位メカニズム

特定のメディアソースについて、複数の方法でコストを指定できます。コストのインフレを防ぐため、キャンペーンコストの優先順位メカニズムが度のコストデータをプラットフォーム上で表示するかを決定します。集計方法に従って優先順位が決まります。優先順位の低いものから高いものまで、次のようになります:クリック > コストAPI > コストインポート

コスト優先順位付けメカニズムは、集計データレポートとダッシュボードに影響します。ローデータレポート内のクリックコストデータは、優先順位メカニズムに影響されません。

考慮事項

  • コストAPIが有効にされた日は、クリック経由のコストは無視されます。 
  • コスト集計方法を変更すると、その変更は遡及的に影響します。過去の集計データは変更される場合があります。
  • コスト集計方法を変更しても、代理店が生成するトラフィックにも同様に影響します。これは運用媒体を開示する代理店と開示しない代理店の両方に該当します。 
  • 優先メカニズムはキャンペーンレベルで機能します。つまり、1つのキャンペーンで異なるメカニズムで2つのコスト入力が得られた場合、それらは競合し、優先順位の高い方がキャンペーン全体で優先されます。

キャンペーン費用方法の優先順位付け


 

シナリオ:クリック経由でコストをレポートしているが、Cost APIを有効にすることにした場合。

結果:コストはクリックとコストAPIの両方で集計されます。コストAPIが優先されるため、クリック経由のコストデータは無視されます。

追加情報

コストAPIをサポートするアドネットワーク

次の表に、コストAPI をサポートするすべての広告ネットワークと、それぞれで利用可能なデータの粒度を示します。

  • ディメンション
  • サポートされている機能とその特性
  • 指標(広告ネットワークによって報告されたもの)

ファイルのダウンロード:CSVXLS

キャンペーン名の変更

AppsFlyerでは、キャンペーンIDをキーとしてキャンペーンを表示します。

表示の問題を避けるために、次のことを確認してください。

  • キャンペーンには、固有のキャンペーンIDが割り当てられていること。
  • 同じキャンペーン名を異なるキャンペーンIDで使用しないでください。

キャンペーン名の変更について詳しく見る

インストールのないコストデータ

インストールがないのにコストデータが表示されるのはなぜですか? これは、コストは上位階層(キャンペーンレベルなど)で提供され、パフォーマンス情報(クリック数やインストール数)は広告階層の下位レベル(広告セットなど)で提供される場合に発生します。

AppsFlyerは、上位の階層から不足しているディメンションのコストデータを補完します。これにより、あらゆるレベルのコストデータの完全な表示ができ、内部の不一致を最小限に抑えることができます。

 例

広告主がキャンペーンを実施しています。広告の階層は次のとおりです。

  • メディアソース: media_eg
  • キャンペーン: campaign_eg  
  • 広告セットadest1adset2

メディアソースに関する次の情報が表示されます。

階層:すべてのメディアソース > media_eg

キャンペーン コスト インストール
campaign_eg $100 100
campaign_yy $200 1000
campaign_zz $300 2000

campaign_egにドリルダウンすると、広告セットレベルが表示されます。  

階層:すべてのメディアソース > メディア_eg > campaign_eg 

広告セット コスト インストール
None $100  
adset_1 N/A 30
adset_2 N/A 70

この場合、campaign_eg のコストは$100で、キャンペーン単位で確認できます。広告セットの階層までドリルダウンすると、コストは広告セット単位には割り振られません。 

これを解決するために、AppsFlyerではコストをキャンペーンレベルから繰り越して別の行に表示します。この場合、広告セットは none と表示され、インストール項目は空欄になります。 

コストの通貨換算

アドネットワークから提供されたキャンペーンコストの通貨が、プラットフォームに設定されたアプリ定義の通貨と異なる場合、以下のようにアプリ定義の通貨に変換されます。

  • AppsFlyerは openexchangerates.org からレートを取得しています。
  • 為替レートは1時間ごとに更新されます。
  • 通貨の変換は、最後に確認されたレートで行われます。

特性と制限

特性

備考

代理店

  • 代理店は、ROI360のご契約を持つ広告主のROI360コストデータにアクセスできます。
  • 運用媒体を開示している代理店がキャンペーンを運用する際、広告主はコストデータを全体表示をサポートする管理画面とレポート上で確認することができます。詳細はこちら
  • 広告主が代理店との関係を終了し、アプリレベルで代理店のアクセス許可を無効にしても、代理店がアプリにコストを構成している場合、コストデータは引き続き取得されます。広告主がこのデータの取得を停止したい場合は、代理店アカウント側からAppsFlyerでのコスト連携を無効にするよう代理店に依頼する必要があります。
  • 一部のアドネットワークでは、代理店は広告主に連絡して連携を有効にする必要があり、AppsFlyer管理画面でアクティブにするように求められます。これらのネットワークの場合、代理店と広告主は、アドネットワークがデータを送信する際に、代理店のコスト計測に必要な af_prt パラメーターを含めていることを確認する必要があります。

APIデータ更新頻度

  • Intraday - 随時 (Molocoを除く)
  • Mintegralのデータは、API経由でその日が終了してから約3時間後の翌日までに利用できるようになります(Mintegralのタイムゾーンの設定によります)。つまり、イベントが1日目に発生した場合、コストデータは2日目のUTC 4:00(日本時間午後1時)までに利用できるようになります。

キャンペーン名の変更

つまり、キャンペーン名が変更されると、もっとも直近に記録されたキャンペーン名に集約してコストデータが表示されます。注:これは集計データを表示するためのもので、ローデータそのものではありません。

タイムゾーン

アドネットワークが1つのタイムゾーンのみをサポートしており、アドネットワークがサポートしているタイムゾーンとアプリの設定で設定されているタイムゾーンに相違がある場合、アドネットワークがサポートしているタイムゾーンが使用されます。

CTV、PC、コンソールプラットフォーム

CTV、PC、コンソールプラットフォーム上のアプリの場合、コストデータは、メールによるファイルのアップロードを使用して、コストインポートで送信する必要があります。

Google Play以外のAndroidストア

Mintegralのコストデータは、ストア外アプリ(Google PlayとApp Store以外のプラットフォームのアプリ)では利用できません。