プッシュ通知の測定によるリエンゲージメントキャンペーンの測定

概要: iOSとAndroidの両方でプッシュ通知キャンペーンを計測します。

概要

AppsFlyerは、すべてのプッシュ通知プロバイダーからのプッシュ通知キャンペーンの計測と、Firebase Cloud Messaging または Apple Push Notification Services (APNS) の上に直接実装されたキャンペーンの計測をサポートしています。

連携を実装するには、次の2つの方法があります:

  • OneLinkテンプレートを利用する(推奨)
  • プッシュ通知のペイロードにキーを持つ af JSONオブジェクトを送信する(旧来の方法)

コンバージョンが リターゲティングダッシュボードに表示されます。

仕組み

この記事の手順を完了すると、アプリは次のように動作します:

  1. ペイロードに OneLinkテンプレート または af keyを含むプッシュ通知をトリガー(発火)します。
  2. アプリユーザーはプッシュ通知を受信し、それをクリックします。
  3. アプリが読み込まれ、AppsFlyer SDK が起動します。
  4. SDKが、アプリを開いたプッシュ通知のペイロードを処理します。
  5. SDKが、アトリビューションデータを抽出し、AppsFlyerに送信します。

OneLinkに、アプリ内の特定の画面にユーザーをルーティングするように設定されている場合、ディープリンクフローがトリガーされます。

前提条件

続行する前に、アプリに AppsFlyer SDKが実装されており、かつ、プッシュ通知を受信できることを確認してください。

ステップ

プッシュ通知の計測を設定するには、次の手順を完了する必要があります:

  1. OneLinkテンプレートを含むカスタムデータキー、または、af値として JSON オブジェクトを含むキーを含むプッシュ通知を作成します。
  2. カスタムキーを解決するようにSDKを構成します(アプリ開発者が実行)。
  3. プッシュ通知をトリガーして実装テストします。
  4. ダッシュボードでプッシュ通知キャンペーンのパフォーマンスを表示します。

1. プッシュ通知の作成

まず、次のいずれかの方法を使用して、アトリビューションデータを含むプッシュ通知を作成します。

 注意

次のデモでは、Firebase をプッシュ通知プロバイダーとして使用しています。
この手順は、すべてのプッシュ通知プロバイダーに適用でき、わずかな違い(存在する場合)がある必要があります。
以下に記述されているそれぞれのプッシュ通知プロバイダーのドキュメントを参照してください。

OneLinkの使用(推奨)JSONの使用(旧来の方法)

OneLinkの使用(推奨)

AppsFlyerをプッシュ通知と連携するために推奨される方法です。

  1. OneLinkテンプレートを作成し、リターゲティング用に設定します。
  2. プッシュ通知のカスタムデータに、AppsFlyerに送信するアトリビューションデータを含む OneLinkを追加します。

 Firebaseの例

Firebase管理画面:

appsflyer-push-custom-data-firebase.png

2. SDK の設定

このタスクでは、アプリコードを変更する必要があります。
SDKの設定方法に関する指示に従ってください:

  • [推奨] OneLinkベースのソリューションを実装する場合:
    1. プッシュ通知に追加したカスタムキーの名前をアプリ開発者に知らせます。例: af_push_link
    2. 開発担当者にこちらの手順を渡し、開発依頼してください。
  • 従来の JSONベースのソリューションを実装する場合は、開発担当者に これらの手順を渡してください。

3. 連携テスト

プッシュ通知の計測が正しく連携されていることをテストするには、手順 1 で設定したキャンペーンでプッシュ通知をトリガーするだけです。

すべてが正しく構成されている場合、SDKは次のことを行います:

  1. プッシュ通知を聞きにいきます。
  2. プッシュ通知に埋め込まれたアトリビューションデータを処理し、AppsFlyerに送信します。
  3. OneLinkを使用してプッシュ通知の計測が実装されている場合は、通常のディープリンクフローに進みます。

4. ダッシュボードでのプッシュ通知キャンペーンの表示

プッシュ通知から発信されたデータは、 リターゲティングダッシュボードで確認できます。