アプリ内イベントのポストバック設定の変更権限

概要:アプリ内イベントデータを使用して、アプリのエンゲージメントとユーザーの質を測定し、キャンペーンを最適化しましょう。

 関連記事

アプリ内イベントを活用するための全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

アプリ内イベントにより、マーケティング担当者はアプリのエンゲージメントとさまざまな媒体からのユーザーの質を測定し、適切なユーザー獲得戦略を構築することができます。アドネットワークはアプリ内イベントの情報を使い、キャンペーンを最適化し、アクション/イベント単価のキャンペーンを実施します。アドネットワークは実行されたアプリ内イベントのデータをポストバック経由で受信します。リッチアプリ内イベントについての詳細を参照してください。

ポストバックするアプリ内イベントの選択

マーケティング担当者は、この記事で説明している設定を使用して、どのアプリ内ベントに対してポストバックを送信するかを選択してください。

 注意

  • アプリ内イベントには拒否されたイベント、つまり、Protect360によってブロックされた、または検証ルールの条件を満たさないイベントが含まれています。
  • 連携タブにてアプリ内イベントポストバック項目が表示されない場合、このパートナーはAppsFlyerとアプリ内イベントの連携がまだできていないことを意味します。連携を希望のパートナー様はAppFlyerのパートナー連携チームまでお問い合わせください。

アプリ内イベントポストバック期間

アプリ内イベントのポストバック期間を設定することにより、CPA(アクション当たりのコスト)ベースでネットワークを運用する場合に、コンバージョン後の期間を設定でき、この期間が過ぎるとイベントポストバックが送信されなくなります。

例えば、ユーザーがアプリをインストールしてから15日以内に発生したイベントのみに対して広告費が課金される場合、期間を次のように設定してください。

15-day_in_app_event_postback_setting.png

この期間が過ぎた後はポストバックが送信されず、アドネットワークにはイベントが通知されません。ただし、これらのイベントはAppsFlyerでは記録され、対象のネットワークに紐づきます。

ポストバックは常に現状の期間設定に基づいて送信されます。次の例をご覧ください。

1月1日

期間は15日に設定されています。

ユーザーがアプリをインストールします。

1月2日 期間が10日に変更されました。
1月14日

ユーザーが購入を行います。

イベントは現在の期間(10日間)以内に発生しなかったため、
ポストバックはアドネットワークに送信されません

1月15日

期間が20日に変更されました。

1月18日

ユーザーが再度購入を行います。

このイベントは現在の期間(20日)以内に発生しているため、ポストバックが送信されます。

デフォルトのポストバック期間

アプリ内イベントポストバックを設定したばかりの場合は、デフォルト期間は自動的に6か月に設定されます。

 注意

2019年7月30日より前に、パートナーのアプリ内イベントポストバックを利用し始めた場合、デフォルトの期間設定はライフタイム(制限なし)です。つまり、アプリ内イベントポストバックは常に送信されています。

ポストバック期間を設定できるユーザー

  • マーケター
  • アプリ内イベントポストバックの設定を許可する権限を付与されている場合は、代理店が設定できます。
    注記:同じアドネットワークをマーケティング担当者と代理店が利用している場合、ネットワークとの同意に基づいて、双方が別々に異なるポストバック期間を設定できます。
  • アプリ内イベントポストバックの設定を許可する権限を付与されている場合は、パートナーが設定できます。

イベントマッピング

各マーケティング担当者は、同じタイプのイベントに異なる名前を付けることができます。このようなイベント名は、パートナー側のイベント名と異なる場合があります。

例えば、アプリ内でユーザーが何かを購入した際、このイベントを purchase と名付けるマーケターがいれば、event5 などと分かりにくいIDを割り当てるマーケターもいます。または、パートナーは purchase_event と名付けるかもしれません。

マーケティング担当者のイベントがパートナー側が意図する同じイベントと一致するように、イベント名をマッピングする必要があります。

 注意

特定のパートナー向けに連携タブでマッピングされたイベントは、標準とSKANポストバックの両方に適用されます。

マッピング方法

各パートナーは、アプリ内イベントのマッピングで使用される方法を以下のいずれかから選択します。

パートナーに権限を付与して、このマッピングをパートナーに実行してもらうことも可能です。

パートナーイベントのIDを入力する

  • AppsFlyerイベントアプリイベントのリストからイベントを選択してください
  • パートナーイベント:テキスト項目に、アプリイベント(AppsFlyerイベント)に対応する、パートナーから受け取ったイベントIDを入力してください。

 注意

  • イベント名は大文字小文字を区別します。乖離を避けるため、全てのメディアソースとアプリバージョンで、正しいイベント名を使用していることを確認してください。
  • イベント名を入力する際には、イベント名の前後にアンダースコア(下線ダッシュ)を使用できます。AppsFlyer から送信されるイベント名に同じ下線付きのスペースがある場合にのみ、このアンダーライン記号を使用してください。
enter_event_name.png

イベントIDをリストから選択する

  • AppsFlyer イベントアプリイベントのリストからイベントを選択してください。
  • パートナー側のイベント既定のパートナーイベントリストから、アプリイベント(AppsFlyerイベント)に対応するイベントを選択してください。

In-app_event_postbacks_en-us.png

イベント名をそのまま送信する(マッピングなし)

一部のパートナーは、マップされていないアプリ内イベントポストバックを受信することを希望します。つまり、イベント名がアプリ内で名前が付けられたとおりに送信されます。購入イベントが purchaseacquisitionevent5 であってもそのまま送信されます。

パートナーに送信するマップされていないイベントを選択できます。

  • 手動で追加:特定のイベントを選択してください。
  • 全てのイベントを送信(アンインストールとセッションを除く):全てのイベントを送信します。これには、アンインストール、セッション(アプリ起動)、af_app_openedイベントは含まれません。

 注意

広告主が意図せず第三者のアナリティクスプラットフォームと情報を共有しすぎないようにするため、2019年3月以降、アナリティクスプラットフォームに対して、[Send All Events (excludes uninstalls and sessions)](すべてのイベントを送信 - アンインストールとセッションを除く)オプションを削除しました。それ以前に設定されたアナリティクスプラットフォームでは、この設定オプションはまだ残っています。

手動でイベントを追加する方法:

  1. イベントを追加をクリックしてください。
  2. ポストバックオプションを選択してください。
    • AppsFlyer イベントアプリイベントのリストからイベントを選択してください。
    • ユーザーの流入元: イベントの送信オプションを選択してください。
    • 含めるデータ:ポストバックに含めるデータを選択してください。
  3. この手順を追加したイベントに繰り返してください。

send_postbacks_as_is_en-us.png

全てのイベントを送信する方法:

  1. 全てのイベント(アンインストールとセッションを除く)を選択してください。
  2. ポストバックオプションを選択してください。
    • ユーザーの流入元:全てのイベントに対して送信オプションを選択してください。
    • 含めるデータ:全てのイベントのポストバックに含めるデータを選択してください。

send_postbacsk_as_is_no_mapping.png

イベントのマッピングに関する詳細はアプリ内イベントポストバックを参照してください。

ポストバックの送信オプション

各イベントで、どのような場合にポストバックを送信するかを選択できます(ポストバック期間内)。

  • このパートナーのみそのパートナーに成果が紐づいているイベントの場合にのみに、ポストバックを送信します。
  • オーガニックを含むすべてのメディアソース:他の媒体やオーガニックに紐づいているイベントも全てのメディアソースにすべてポストバックを送信します。つまりイベントを実行したユーザーがすべての流入元からきています。

ポストバックに含めるデータ

ポストバックでアドネットワークと共有するイベントデータの種類を選択することができます。次のいずれかのオプションから選択します。

  • イベント値も収益値もなし:パラメーター(値または収益)なしでイベントのみを送信します。
  • 収益値なしでイベント値のみを送信:収益以外の全てのパラメーターを送信します。
  • イベント値と収益:収益を含むアプリ内イベントに付随する全てのイベント値を送信します。

アドネットワークがキャンペーンを最適化し、キャンペーン結果を向上するためには、収益データを共有することを推奨します。ただし、収益の共有は必須ではありません。 イベント値に af_revenue が定義されているイベントのみに対して、共有設定が有効になっているか確認してください。そうでないと、アドネットワークに空白の収益値を含むイベントが送られます。

ポストバックでは、af_revenueaf_currency は、event_value JSON の外側に monetary 及び currency と記述され、個別に送信できます。ポストバック構成の例: https://appsflyer.com/push?event_value=(event-value)&monetary=(monetary)&content_id=(af_content_id)

: [イベント値も収益値もなし] または [イベント値のみで収益値なし] のいずれかのオプションを選択すると、それぞれのパラメーターは N/A でマスクされます。

 

マーケティング担当者は、次の event_value と共に購入イベントを送信します:{af_revenue: 50.87, af_currency: USD, af_level=2, af_receipt_id=57601333}

パラメータの送信方法は次のとおりです。
カラム名 event_value monetary currency
No values & no revenue(値も収益も送信しない)  N/A N/A  N/A
Values & no revenue(値は送信し、収益は送信しない)

{"af_currency":"N/A","af_content_id":"1234567",

"af_revenue":"N/A","af_content_type":"category_a"}

&monetary=N/A&content_id=1234567

N/A  N/A
Values & revenue(値も収益も送信する)

"af_currency":"JPY","af_content_id":"1234567",

"af_revenue":200,"af_content_type":"category_a"}

&monetary=1.856918&content_id=1234567

50.87 USD

アプリ内イベントの条件付きポストバック

異なるイベントにマッピングされた複数の条件を使用してアプリ内イベントポストバックを絞り込んでください。フィルタの条件を満たすイベントのみがパートナー(SRNとアナリティクスパートナーを含む)に送信されます。この機能を使用すると以下のことが可能になります。

  • ユーザーセグメンテーション、パーソナライゼーション、リテンションの最適化
  • データの最小化
  • ユーザーブライバシーの保護

 

ゲームアプリのマーケティング担当者は、アドネットワークで実行しているキャンペーンを最適化したいと考えていますが、レベル10またはレベル50に達成しているか、アプリ内購入で$3を使ったユーザーのみを対象にしたいと考えています。

in_app_event_condition__1_.png

このイベントの条件は以下のように設定されています。

  • level10 と同等の場合、fb_mobile_level_acheived にマッピングしてください。
    それ以外の場合 (OR)、 
  • level50 と同等の場合、fb_mobile_level_acheived にマッピングしてください。
    それ以外の場合 (OR)、 
  • cost3 と同等の場合、fb_mobile_purchase にマッピングしてください。

イベントに対する条件を設定する方法:

  1. パートナーの連携ページにて、パートナーに送信する必要なアプリ内イベントを定義およびマッピングしてください。
  2. 必要なイベントの条件を追加するimage.pngアイコンをクリックしてください。
  3. イベント値に表示されるとおりに条件の項目を入力してください。
    • プロパティ名
    • パラメータの値
    • 条件をマッピングするパートナーイベント(マッピングオプションのいずれかを使用)
  4. さらに条件を追加できますが、最初に既存の条件のすべての項目を入力してください。
  5. 連携を保存をクリックします。

注意事項

条件を設定する際には、パートナーに送信されるイベントについて以下の注意事項が満たされていることを確認してください。

条件の構造

  • 条件のプロパティと値がイベントのデータと一致している必要があります。
  • 現在、条件は「に等しい (equal)」のみに設定できます。
  • 配列のような複雑な構造はサポートされていません。

イベントの複数の条件

  • イベントあたりの条件の最大数は5個です。
  • ポストバックを送信するには、少なくとも1つの条件を満たす必要がありますが、実行される条件は1つだけです。
  • 各条件は表示される順にチェックされます。最初に満たされる条件が実行されます。
  • 各条件は個別にマッピングされます。パートナーイベント名はBased on conditions(条件に基づく)に変更されます。
  • 複数の条件が同じプロパティや同じ値を持つことができますが、2つの条件が同じプロパティと値の両方を持つことはできません。
  • 複数の条件を同じイベントにマッピングできます。

 注意

  • この機能は、キャンペーンの最適化に与える影響を把握するために、テストアプリやマイナーなイベントなどでテストすることをお勧めします。
  • ポストバックの内容を確認するには、ローデータのポストバックレポートをダウンロードすることができます。

複数のイベントの編集

イベントをマッピングする際に、流入元および送信データは、複数のイベントに対して一括で設定できます。

複数のイベントを編集する方法:

  1. 更新するイベントを選択してください。
  2. バルク設定をクリックしてください。
  3. 選択した全てのイベントに適用する新しい設定を選択します。
    • ユーザーの流入元(1つのオプションのみを選択してください)
      • このパートナーのみ
      • オーガニックを含むすべてのメディアソース
    • 送信オプション(1つのオプションのみを選択してください)
      • イベント値も収益も送信しない (デフォルト)
      • 収益は送信せず、イベント値のみ送信する
      • Values and revenue(値も収益も送信する)

In-app_event_postbacks_en-us.png

カスタムイベント

マッピング画面でリストに表示されるイベントは、既にSDKまたはサーバー間 (S2S) 経由でAppsFlyerに計測されているイベントのみです。マッピングしたいイベントがドロップダウンリストに表示されない場合、次の理由が考えられます。

  • そのイベントを実行したユーザーがまだいない
  • そのイベントが最後に実行されてから2週間以上が経過している
  • アクティブなイベントが大量に存在する

上記のいずれの場合も、イベントをパートナーIDにマッピングするには、次の手順に従ってください。

  1. イベント名を入力してください。
  2. [カスタムを作成] をクリックします。

    In-app_event_postbacks_en-us.png

  3. イベントをパートナーのイベント名にマッピングします。
  4. 連携を保存をクリックしてマッピングを保存してください。

 注意

  • 特定のパートナーでカスタムイベントを追加する場合、このイベントは全てのパートナーのイベントリストに追加されます。つまり、このイベントは全てのパートナーのイベントのドロップダウンリストに表示されるようになります。
  • イベント名とパラメーターの定義に関する ヒント 制限事項 を参照してください。

代理店とアドネットワーク:

  • カスタムイベントを追加できません
  • 広告主が、イベントを追加し必要な権限を付与した場合にのみ、イベントのマッピングを実行または/及び閲覧できます。

アドネットワークによるイベントマッピング

マーケティング担当者はアドネットワークにイベントのマッピングを実行したり無効にしたりする権限を付与することができます。そのためには、マーケティング担当者が関連する権限をアドネットワークに付与する必要があります。

  1. 連携済みパートナー画面から、権限を付与したいパートナーを検索します。
  2. [権限] タブにて、[アプリ内イベントポストバックの設定を許可する] トグルをオンにします。

adnetwork-permissions-postbacks.png

アドネットワークが権限を受け取ると、「イベントIDをテキストフィールドに入力する」の手順に従って、イベントをマッピングできます。

代理店によるイベントマッピング

代理店にマッピングの権限を付与する場合、彼らはアプリ内イベントの条件を設定することもできます。

代理店にアプリ内イベントポストバックを設定する権限を付与する方法:

  1. 連携済みパートナーのリストから希望の代理店を検索します。
  2. 代理店が全てのイベントを送信できるか、または特定のネットワークに紐づくイベントのみを送信できるかのいずれかを選択します。
  3. 代理店がイベント収益を送信できるがどうかを選択してください。
  4. 代理店が送信できる特定のイベントを選択します。

agency-events.png