概要:リターゲティングキャンペーンにより得られるインクリメンタリティ(増分)を測定しましょう。

IncrementalityMetrics_us-en.png

関連記事 | インクリメンタリティのテスト運用 | オーディエンス

Incrementality

関連記事:マーケター向け2021年インクリメンタリティ テストガイド

インクリメンタリティ分析は、リマーケティングキャンペーンが有益な貢献をしていることを確認するために使用されます。リマーケティングキャンペーンと接触しなくても、オーガニックにコンバージョンしたユーザーについても考慮されます。AppsFlyerのIncrementalityソリューションは、医療科学のITT(intent-to-treat)解析をいしずえとしています。

ITTを使用して、研究者は母集団を治療を行わないコントロールグループと、研究者が治療を行う意図を持つテストグループにランダムに分割します。実際に治療されるかどうかどうかは関係ありません。研究者は、グループの結果を比較することによって、与えられた治療の有効性を測定します。

同様に、リマーケティングでは、増分率指標がキャンペーンの有効性を測定します。ターゲットグループ内のユーザーがキャンペーンと接触した(ITTでいう治療を受けた)か否かは関係ありません。なぜなら、インクリメンタリティを算出する上で重要なのは「意図」だからです。

増分の算出

Incrementality_-_Incrementality.png

統計的な有意性(p値)

増分がランダムな事象や偶然によるものではないことを確認するため、ITTの方法論では、p値指標を使用してデータの統計的有意性を評価する必要があります。

p値は、テストの反復を行った場合、同じ結果が起こる確率が90%以上あることを示します。p値が0.1未満(通常 ≤ 0.1)の場合、統計的に有意であることを意味します。これは、帰無仮説が成立しない強い証拠を示しています—帰無仮説が正しい確率は10%未満(かつ、結果はランダム)です。したがって、帰無仮説は棄却され、対立仮説が受け入れられます。

テストの運用ガイド

Incrementality管理画面

Incrementality管理画面の使い方

  1. AppsFlyerの管理画面から、Incrementalityを開きます。
  2. フィルタを設定して必要な指標を表示します。
  3. 表示されるコントロールを使用して、次の操作を行います。
    • さまざまな指標を選択します
    • 次の表で説明されているとおりオプションを表示します。
項目 説明

FilterHeader.png

Audience

選択されたオーディエンス。複数のアプリをターゲットにするために使用できます。

First seen dates

ユーザーが最初にオーディエンスルールに一致し、オーディエンスに追加された日付。

Targeted app リマーケティングキャンペーンの対象アプリ。
Media sources テストグループ内のユーザーに広告を表示しているアドネットワーク。
フィルター
項目 説明
Selected metric(選択された指標)
メトリック 説明
コンバージョン率
  • Test:コンバージョンユーザー数/テストグループのユーザー数
  • Control:コンバージョンユーザー数/コントロールグループのユーザー数
  • Lift (テストCVR %–コントロールCVR %)/コントロールCVR %
  • Difference: テスト–コントロール
特定のイベントに対するユーザーあたりの収益
  • Test: コンバージョンユーザーの収益額/コンバージョンユーザー数
  • Control: コンバージョンユーザーの収益額/コンバージョンユーザー数
  • Lift (ユーザー当たりのテスト収益–ユーザー当たりのコントロール収益)/ユーザー当たりのコントロール収益
  • Difference: テスト–コントロール
  • Media sources: 同様に算出されたメディアソースごとの指標
特定のイベントに対するユーザーごとのイベント数
  • Test:テストグループユーザーのイベント数/テストグループユーザー数 = (a)
  • Control:コントロールグループユーザーのイベント数/コントロールグループユーザー数 =(b)
  • Lift: (a–b)/b
  • Difference: a–b
Group size(選択された指標)
  • Test: テストグループユーザー数
  • Control: コントロールグループユーザー数
  • ターゲットとするメディアソース:
    • ユーザー分布 (%)
    • マウスオーバーすると割当てが表示されます
Significance(有意性)

有意性:

  • テスト結果(増分率)がランダムである確率を測定します。
  • AppsFlyerは、p値 < 0.10を有意とみなします
  • 一般的に、母集団が大きいほど有意性が良くなります。
指標は、アクティブなフィルタに従って計算されます。
項目 説明
トレンドはグラフ/表で表示されます

IncrementatilyChartHeader.jpg

次のコントロールを使用して、グラフ/表の切り替えをします:

  • Group by / グループ化:
  • 表示タイプ: 
    • Chart(グラフ)
    • Table(表)
  • 計算方法:
    • Cumulative(累積)
    • On day(当日)
  • Export: 表をCSVファイルでダウンロードします。
トレンド/表

Incrementalityローデータレポート

Incrementalityローデータレポートを使用して、ユーザーのリマーケティングキャンペーンとのインタラクションを分析しましょう。

カテゴリ レポート名

Data Lockerフォルダ

First-seen

First-seen users

incrementality_first_seen_users

In-app events

Organic in-app events

incrementality_organic_inapps

In-app events non-organic

incrementality_inapps

In-app events re-attributions

incrementality_inapps_reattr

Sessions

 

 

Organic sessions

incrementality_organic_sessions

Sessions non-organic

incrementality_sessions

Sessions re-attributions

incrementality_sessions_reattr

Uninstalls

Uninstalls(このレポートには現在値が入力されていません)

incrementality_uninstalls
利用できる Incrementality ローデータレポート


レポートロジック

  • テストに参加しているユーザー:First-seenレポート
    • オーディエンス機能にて、テストに含めるユーザーを特徴付けるルールが設定されます。
    • ユーザーがルールと一致していると識別されると、そのイベントは first_seen レポートに記録されます。
      • ユーザーがテスト、または is_control_group  項目で示されるコントロールグループのいずれかにランダムに割り当てられます。
      • テストグループ内のユーザーは、リターゲティング用にメディアソース(pid_destination)に割り当てられます。
  • アプリ内のユーザーエンゲージメント:テスト中のアプリとのユーザーエンゲージメントは、コンテキスト固有のレポートに記録されます。
    • エンゲージメントタイプ:セッション、またはアプリ内イベント
    • 初めて見るユーザーに対するユーザーアトリビューションステータス:オーガニック、非オーガニック、リアトリビューション例えば、過去にユーザーがアプリをインストールし、オーガニックと計測されました。そのため、テスト中は、アトリビューションステータスがオーガニックになります。  
  • Uninstalls:テスト中にアプリをアンインストールしたユーザー。アンインストール計測が有効になっている必要があります。 

データの特性とフィールド

利用できる項目は、レポートの種類に応じて異なります。

Incrementality固有の項目(レポートタイプ別)
項目 説明 First seen In-app events Sessions Uninstalls
is_control_group trueの場合、ユーザーはコントロールグループの一部です Y Y Y Y
pid_destination ユーザーが割り当てられたメディアソース Y Y Y Y
audience_id 一意の識別子 Y Y Y Y
joined_audience_date ユーザーがオーディエンスに最初に参加した日 Y Y Y Y
audience_name オーディエンス名(一意ではない) Y Y Y Y
tm 一日の時間   Y Y Y
timestamp イベントのタイムスタンプ YYYY-MM-DD HH:MM   Y Y  
app_ids オーディエンスルールに関連するアプリID Y      

 

Incrementality レポートに含まれるその他の項目(レポートタイプ別)
項目 表示名* First seen In-app events Sessions Uninstalls
advertising_id Advertising ID (GAID) Y Y Y Y
android_id Android ID   Y Y  
app_id App ID Y Y Y Y
app_name App name   Y Y  
app_version App version   Y Y  
appsflyer_id Appsflyer ID   Y Y Y
revenue_alt App-specific currency   Y    
bundle_id Bundle ID   Y Y  
country Country code   Y Y Y
currency Currency code   Y Y Y
customer_user_id Customer user ID   Y Y  
brand Device brand   Y Y  
device_category Device category   Y Y  
model Device model   Y Y  
device_model Device model   Y Y  
device_type Device type   Y Y  
event_name Event name   Y Y Y
event_revenue Event revenue   Y    
event_revenue_currency Event Revenue Currency   Y    
event_revenue_u_s_d Event revenue USD   Y    
event_time Event time   Y Y Y
event_value Event value   Y Y  
idfa IDFA Y Y Y Y
idfv IDFV   Y Y  
imei imei   Y Y  
is_purchase_validated Is receipt validated   Y    
os_version OS version   Y Y  
platform Platform   Y Y Y
sdk_version SDK version   Y Y  
* ローデータの仕様による

特性と制限

特性 備考
アドネットワークのアクセス 利用不可
代理店アクセス 利用不可
代理店への運用詳細の開示 不適用
タイムゾーン UTC
通貨 USD
オーガニックデータ はい
非オーガニックデータ はい
データ更新頻度

管理画面:毎日前日分のデータを18:00 UTCに更新

Data Lockerのローデータレポート:毎日前日分のデータを19:00-23:00。

過去データ

N/A

チームメンバーアクセス はい、アカウントごとの権限によります。
この記事は役に立ちましたか?