オーディエンス—ユーザー属性

プレミアム機能

概要:オーディエンスにユーザーの特性に関するデータを追加することで、ユーザーをより詳細なグループにセグメント化しましょう。

UserAttributionNavigationXL3_us-en.png

ユーザー属性について

ユーザー属性は、イベントに基づくデータと違い、ユーザーが共有した一般的な特性です。性別、年齢、誕生日、国のような静的なものもありますし、ユーザーのゲームスコアのような動的なものもあります。

ユーザー属性データは、

  • CSVファイルをインポートするか、API経由でJSON形式で更新できます。
  • ハッシュ化された形式で保持されます。
  • オーディエンスのルールセットで利用できます。

ユーザーの属性データは広告パートナーとは共有されません

ユーザー属性は、この記事で示すとおり、アプリレベル、またはアカウントレベルで設定されます。アプリレベルの属性を使用する場合は、アカウントユーザーが属性を管理し使用するアプリの権限を持っていることが必要です。

以下のシナリオでは、ユーザー属性について詳しく説明しています。

シナリオ:アプリのマーケティング担当者の必要事項

アプリのマーケティング担当者は、次のようなタスクがあります。

  • 2つのゲームアプリの管理:game_a と game_b
  • game_cのローンチ
  • 既存のアプリユーザーを次のようなユーザー属性でターゲティング:
    • 好きなスポーツ:クリケット
    • 現在のゲームスコア:いずれかのゲームで15以上

表には、CRMから取得したユーザー属性データが含まれています。オーディエンスルールセットは、このデータにアクセスする必要があります。
UserAttributuesExample_us-en.png

ルールセットでCRMデータを使用する

オーディエンスにて、ユーザー属性(好きなスポーツとゲームスコア)を作成します。これでルールセットがCRMデータにアクセスできるようになります。

シナリオのユーザー属性

名称 形式 レベル
ゲームスコア 数値:「ScoreGameBが29以上」のようなルールを設定できるようになります。

アプリレベル:ユーザーのスコアは各ゲームごとに記録されます。

つまり、ScoreGameA、ScoreGameBそれぞれです。

好きなスポーツ

文字列:「好きなスポーツはテニス」のようなルールを設定できるようになります。

注!値は大文字と小文字が区別されます。

アカウントレベル:ユーザーの好きなスポーツは使用しているアプリに関わらず同じです。

注!アカウントレベルの属性では、ユーザーは1つの値のみ紐づけられます。

ルールセットのユーザー属性

ユーザー属性はオーディエンスルールセットのフィルタの役割を持ちます。この例では、マーケティング担当者によって設定された条件(好きなスポーツ、ゲームスコア)が使用されます。

UserAttributedExample.jpg

ユーザー属性の実装

ユーザー属性をセットアップ、追加、管理、削除します。

セットアップ

前提条件

アプリレベルの属性を管理するには、アカウントユーザーがアプリの権限を持っている必要があります。

ユーザー属性をセットアップするには、次の手順に従ってください。

  1. ユーザー属性を追加します。

  2. 次のいずれかを実行してください。

  3. ユーザー属性をルールセットに実装してください。

追加

ユーザー属性を追加する方法:

  1. AppsFlyerのサイドメニューから、エンゲージメント > オーディエンスを選択します。
  2. ユーザー属性 タブをクリックします。
  3. ユーザー属性を追加をクリックしてください。

    UserAttributeAdd.png

  4. 項目に入力します。各項目の説明は、次の表を参照してください。
    • 属性名
    • 形式
    • レベル
  5. [保存] をクリックします。
ユーザー属性の項目
項目 特性
属性名
  • 英字のみ
  • 句読点や特殊文字なし
  • アプリレベルとアカウントレベルの両方で同じ名前を使用することはできません
  • アプリレベルでは同じ名前を利用できます。例:ScoreGameA と ScoreGameB
形式
  • テキスト:特定のルール値について、属性値が「である」または「でない」をテストします。例:クリケットである、またはクリケットでない
  • 数値:特定のルール値について、属性値が「より大きい」、「より小さい」、「と同じ」をテストします。例:スコアが15より大きい
レベル
  • アカウントレベル:属性はアプリに直接的な関連性がありません。
    例:性別、好きなスポーツ
  • アプリレベル:アプリに関する属性です。属性に紐づくアプリを選択してください。

管理

ユーザー属性を管理するには、オーディエンス > ユーザー属性タブを開きます。

AudiencesUserAttributes_us-en.png
ユーザー属性の管理
機能 説明
検索とフィルタ

属性名、アプリ名、属性レベルで可能。

並び替え 列のヘッダーをクリックしてテーブルの行を並び替えます。
データインポート
APIインポートキーの変更

APIインポートキーを変更する方法:

  1. データをアップロードをクリックします。
  2. APIを選択します。
  3. インポートキーをリフレッシュをクリックします 

注!スクリプトにキーが埋め込まれている場合は、新しいキーに更新してください。

削除

AppsFlyerAdmin_us-en.png 属性を削除できるのはアドミンユーザーだけです。

ルールセットの一部である属性を削除する方法:

  1. ルールセットから属性を削除してください。
  2. 属性を削除します。

データインポート

インポート項目の仕様

ユーザー属性項目リスト
項目 コンテンツ 形式 CSVで
データ追加
CSVでデータ削除
device_id 

いずれか1つのユーザーIDを含みます:

  • IDFA
  • GAID
 テキスト device_id または customer_id のいずれかが必須です

device_id または customer_id のいずれかが必須です

 

既存データを削除するには、送信しないでください

customer_id  カスタマーユーザーID(CUID)  テキスト device_id または customer_id のいずれかが必須です

device_id または customer_id のいずれかが必須です

 

既存データを削除するには、送信しないでください

app_id

アプリレベルの属性:管理画面に表示される通りのアプリID。

iOSアプリの場合は、プレフィックス ID を含めます。

アカウントレベルの属性:常に * と一緒に入力します。

テキスト 必須 必須
attribute_key ユーザー属性タブに表示される通りのユーザー属性名。 テキスト 必須 必須
attribute_value

割り当てられた値

* 制限事項を参照してください。

文字または数字 必須 送信しない

CSVでデータをインポート

ユーザー属性データは、CSVファイル経由で追加または削除されます。次の図とサンプルCSVファイルは、この記事の機能を説明するシナリオと一致しています。

User-attribute-example.csv

FileForAttributes.png

CSVファイルの仕様

  • ヘッダー行はありません
  • 前の表に示したすべての列が含まれます。

CSVファイルをインポートする方法:

  1. オーディエンス > ユーザー属性タブを開きます。
  2. データをアップロードをクリックします。
  3. CSVを選択します。
  4. 次のいずれかを選択します:
    • データを追加
    • データを削除
  5. インポートするCSVファイルを選択してください。
  6.  アップロードをクリックします。アップロードのステータスメッセージが表示されます。

注:ユーザー属性をインポートすると、カスタマーIDに関連するすべての既知のデバイスにも属性が割り当てられます。たとえば、ユーザーが(カスタマーIDごとに)10台のデバイスを「ゲームスコア」属性にインポートし、カスタマーIDの1つが2台のデバイス(同じCUIDを持つ2つのGAID)に関連付けられている場合、このインポートには11のユーザー属性レコードが含まれます。

 

APIでデータをインポート

このインポート方法には、リクエストURLとユーザー属性データのJSONが必要です。

  1. 管理画面にて、用意されたAPIリクエストコールとJSONテンプレートを取得します。
  2. 項目の仕様に基づいて、JSONテンプレートに独自のデータを入力します。

APIリクエストURLとJSONテンプレートを生成する方法:

  1. データをアップロードをクリックします。
  2. APIを選択します。
  3. アクションを選択します:
    • ユーザー属性を更新:上書きまたは追加。
    • ユーザー属性を削除。
    • ユーザーデータを削除:特定のユーザーに関する全てのデータを削除します。ユーザーはAppsFlyer IDによって識別されます。
    • アプリデータを削除:アプリレベルで全てのデータを削除します。
  4. 生成したAPIリクエストURLをコピーします。
  5. 生成したAPIリクエストボディをコピーします。
  6. 指定されたJSON形式を使用してJSON(ユーザー属性データを含む)を用意します。アカウントレベルの属性は、"app_ids": ["*"] を設定します。
  7. URLとリクエストボディに基づいて、APIコールを用意します。
  8. リクエストをプログラムで送信します。
リクエストとJSONの例
https://hq1.appsflyer.com/api/user-attributes-import-api/set-user-data
{
  "import_key": "c733e4d7-b538-4d12-a2ef-ffffffffffff",
  "attributes_values": [
    {
      "device_id": "",
      "customer_id": "",
      "app_ids": [],
      "attributes": [
        {
          "attribute_key": "",
          "attribute_value": ""
        }
      ]
    }
  ]
}

 注記

APIトークンV2.0を持つ Authorization Bearer Header を使用してリクエストを認証する必要があります。

複数のデバイスID、属性キー、属性値の例
{
    "import_key": "c733e4d7-b538-4d12-a2ef-ffffffffffff",
    "attributes_values": [
        {
            "device_id": "0bcfc579-f1f3-4452-9111f",
            "customer_id": "2222222",
            "app_ids": ["game.a.demo"],
            "attributes": [
                {
                    "attribute_key": "score",
                    "attribute_value": 5
                }
                ,
                {
                    "attribute_key": "favorite_sport",
                    "attribute_value": "cricket"
                }
            ]
        }
        ,
        {
            "device_id": "555555-d1d1-d1d1-555-fffffffff",
            "customer_id": "111111",
            "app_ids": ["game.a.demo"],
            "attributes": [
                {
                    "attribute_key": "order",
                    "attribute_value": 7
                }
                ,
                {
                    "attribute_key": "number",
                    "attribute_value": 8
                }
            ]
        }]
}
単一のデバイスIDと複数の属性キーと値の例
{
    "import_key": "c733e4d7-b538-4d12-a2ef-ffffffffffff",
    "attributes_values": [
        {
            "device_id": "0bcfc579-f1f3-4452-9111f",
            "customer_id": "12345678",
            "app_ids": ["game.a.demo"],
            "attributes": [
                {
                    "attribute_key": "score",
                    "attribute_value": 90
                }
                ,
                {
                    "attribute_key": "favorite-sport",
                    "attribute_value": "cricket"
                }
                ,
                {
                    "attribute_key": "orderNumber",
                    "attribute_value": 93
                }
                ,
                {
                    "attribute_key": "netPromoterScore",
                    "attribute_value": 94
                }
            ]
        }
    ]
}

 

注:ユーザー属性をインポートすると、カスタマーIDに関連づけられている全ての既知のデバイスにも属性が割り当てられます。たとえば、ユーザーが(カスタマーIDごとに)10台のデバイスを「ゲームスコア」属性にインポートし、カスタマーIDの1つが2台のデバイス(同じCUIDを持つ2つのGAID)に関連付けられている場合、このインポートには11のユーザー属性レコードが含まれます。CSVインポートの制限事項

制限事項

一般的な制限事項

  • CSV/API インポートデータでは、integer (整数) のみがサポートされます。浮動小数点型 (10 進数) の数値はサポートされていません。例:"score" の属性値は90には設定できますが、90.5はサポートされません。
  • ユーザー属性データは、印刷またはダウンロードできません。
  • 属性値の制限事項:

    • 属性値の中にカンマやドットなどの特殊文字を使用しないでください。
    • 文字列属性値の長さには40文字の制限があります。
    • 属性値は0から始まることはできません。

APIインポートの制限事項

  • 1分あたり最大1000APIリクエスト、フラットペイロードで5000台のデバイス(1属性で5000台のデバイス、2属性で2500台のデバイスなど)
  • デバイスIDキーとカスタマーIDカスタマーIDキーは、いずれもすべてのインポートコールに必須です。これらの識別子のうち片方だけで属性をインポートする場合、コールにはもう片方の識別子の「ヘッダー」に空文字列を含める必要があります。例えば、デバイスIDごとにカスタマーIDなしでインポートする場合、コールは次のようになります。

"attributes_values": [
{
"device_id": "39e123.......",
"customer_id": "",
  • 最大1,000万行