SKAdNetworkソリューションガイド

概要:SKAdnetworkを使用してアプリインストールを計測します。

5754SKAdNetworkFlow_us-en.jpg

SKAdNetwork

iOS 14 に関するアップデート

  • 2020年9月のiOS 14のリリースから2021年初旬まで、猶予期間として、IDFAへのアクセスは変わらず、ATTを実装する必要はありません。
  • 2020年9月16日現在、次のとおり、AppsFlyer SDKバージョンがテスト済であり、iOS 14と相互運用可能となっています。
    • SDK V6.0.X
      • アトリビューションは、iOS 13と比べて変更なく動作しています。
      • 猶予期間中について:
        • AppsFlyerのSKAdNetworkソリューションを実装します。
        • アドネットワークパートナーが、AppsFlyerとSKAdNetwork連携をしていることを確認してください。
        • AppsFlyer SKAdNetworkシミュレーションを使用して、ATTがどのようにアトリビューションに影響するかをより良く理解しましょう。
        • ATTのメッセージを表示する必要はありません。
        • 注!猶予期間の終了時に、iOSの更新内容をサポートするために、SDKにさらに変更を加える必要がある場合があります。
    • iOS SDK V5.4:
      • アトリビューションは、iOS 13と比べて変更なく動作しています。
      • 猶予期間中は、上記のように SDK V6.X の導入を検討してください。

Apple iOS の一部である SKAdNetwork インフラストラクチャは、広告主がユーザーのプライバシーを保持しながら、キャンペーンの成果を測定するためにリリースされました。SKAdNetwork インフラストラクチャは、IDFAやその他の広告IDを使用せずに動作します。したがって、ソリューションを実装するためにユーザーの同意は必要ありません。

関連記事

定義

  • SDKアプリに実装されるAppsFlyer iOS SDK V6.X
  • SKAdNetwork インフラストラクチャ、またはインフラストラクチャ:Apple が定義した iOS 14 に組み込まれている計測機能。
  • SKAdNetwork ソリューション、またはソリューション:SDK、インフラストラクチャ、そしてAppsFlyerプラットフォームが一体となったソリューションを指します。このソリューションは、管理画面の分析、レポート、ポストバックを介して、広告主とアドネットワークにLTV(顧客生涯価値)データを提供します。 
  • 測定期間 は、アプリの初回起動から24時間です。
  • コンバージョン値は、この記事で示すとおり、ユーザー品質をSDK側で計算する尺度です。

この記事では、現在ご利用いただける SKAdNetwork に関するインフラ構成、ソリューション、設定方法についてご説明します。

Apple SKAdNetwork インフラストラクチャの基本

特性 説明
前提条件

アプリでSKAdNetworkの使用を有効にする方法:

サポートされています
  • デバイス:
    • iOS 11-13 は、SKAdNetwork V1(インストールのみ)をサポートします。
    • iOS 14 以降は、SKAdNetwork V2(コンバージョン値をあり)をサポートします。
  • LAT デバイス
  • アプリ間(App-to-app)のアトリビューション
サポートされていません
  • モバイルウェブ
  • 広告セット&広告レベルでの分析
  • キャンペーン数は、1~100の範囲に制限されています。つまり、アプリごとにアドネットワーク当たり100個の一意の値に限られています。アドネットワークはAppsFlyerにキャンペーンIDと名前を提供する必要があります。これは、AppsFlyerの管理画面とレポートに反映されます。
  • オーガニックインストール
提供される機能
  • ディレクトリファラモードのラストクリック計測:ユーザーが広告をクリック → アプリストア → インストール
  • キャンペーンレベルでの集約式アトリビューション
  • ポストバック
    • iOSデバイスのOSレイヤーにより成果が紐づくアドネットワークに送信されます
    • インストール後、24~72時間に送信されます。
    • オーガニックインストールに対してポストバックは発生しません

SKAdNetwork ソリューション

ソリューションの原則と流れ

SKAdNetwork インフラストラクチャの機能的及び構造的な制限を補うため、次の表に示す特性を考慮してAppsFlyerのソリューションは構築されています。

特性 説明
データ収集
  • 広告主にとって、SKAdNetwork のポストバックは複数のアドネットワークから収集されます。
  • 広告主は、複雑で面倒な作業である各アドネットワークとの連携を独自に行う必要はありません。
データ検証
  • ポストバックが Appleによって署名されていることを保証します。これにより、ポストバック不正の余地を減らします。
  • トランザクションIDの項目を使用して、ポストバックが一意であることを検証します。
データ強化
  • 他のデータポイントと組み合わせることでSKAdNetwork ポストバックデータを強化し、より完全な ROI分析を提供します。
  • このデータポイントには、インプレッション、クリック、コスト、オーガニックトラフィック等が含まれます。
データ配信

強化された SKAdNetworkデータは、次のとおり利用できます:

シームレスな連携
  • 必要な手順がアプリ設定ページに要約されており、広告主側で簡単に連携できます。
  • コードは一切不要です。アプリには AppsFlyer iOS SDK 6.0バージョン以降が実装されていることが前提です。
  • 今後予期される Apple による SKAdNetworkインフラストラクチャへの変更に対するサポートが含まれています。
アジリティ

広告主様は、必要に応じて管理画面から測定の設定を変更できます。


SKAdNetworkアトリビューションの流れSKAdNetwork__2_.png

  1. 広告主はプラットフォームで SKAdNetwork 測定のための設定をします。
  2. ユーザーがアプリを初回起動した後、広告主が設定した現状の設定に基づいて、プラットフォームはSDKにコンバージョン値を計算する方法を指示します。
  3. 測定期間中に、SDKは測定可能なユーザーアクションごとにコンバージョン値を更新します。
  4. 最新のコンバージョン値が更新されてから24~48時間後に、iOSはポストバックをアドネットワークに送信します。
  5. アドネットワークは、AppsFlyerにポストバックを転送します。
  6. AppsFlyerは、コンバージョン値を検証およびデコードします。デコードされたデータは、次のとおりです。
    • データが管理画面、レポート、APIを介してAppsFlyer上で利用可能になる前に、記録および成果が測定されます。
    • アドネットワークにポストバックとして送信され、キャンペーン最適化が可能になります。

タイマーについての詳細

パフォーマンス測定

コンバージョン値

  • ユーザーがアプリを初回起動する際の既存のユーザー品質測定設定に従って計算されます。
  • 測定可能な各ユーザーアクションの後にSDKによって更新されます
  • 0~63の数値
  • 測定期間の期限が切れた後に発生したユーザーアクションは記録されません。
  • 最新のコンバージョン値が更新されてから24~48時間後に、iOSによって各インストールに対して1回送信されます。
  • ポストバック内で送信されます

このソリューションでは、次のユーザー品質測定タイプがサポートされています。

  • [デフォルト] 収益:ユーザーによって生成された総収益額。
  • コンバージョン:ユーザーが実行するユニークなアプリ内イベント (0-6)。
  • エンゲージメント:特定のアプリ内イベントをユーザーが実行した回数 (0-63)。

次のセクションでは、使用可能な指標の説明と測定例について説明します。これらを使用して、SKAdNetworkアトリビューションの機能と制限を理解し、ユーザーの品質を最大限に高める測定値を特定します。広告主様は、必要に応じて管理画面から測定の設定を変更できます。

メトリック

計算式/タイプ 
インストール カウント
クリック カウント
インプレッション カウント

Click-to-install率

インストール/クリック数 * 100
コスト キャンペーンコスト
Effective cost per install (eCPI) コスト / インストール *100
コンバージョンしたユーザー

指定した測定イベントを実行したユニークユーザー数のカウント:

  • 収益イベント(常に af_skad_revenue)
  • コンバージョンイベント
  • エンゲージメントイベント
コンバージョンユーザー率

コンバージョンしたユーザー / インストール * 100

アクションあたりの有効コスト (eCPA)

コスト / 指定イベントを実行したユニークユーザー数

指標は常に利用できます(測定タイプに関わらず)


ユーザー品質の測定タイプ

  • [現在利用可能]シングルモード:1つの計測タイプ
  • [近日公開]スプリットモード:2つの計測タイプを同時に利用
ユーザー品質測定タイプの設定
測定タイプ 説明
[デフォルト] 収益

測定期間中に生成された収益額

設定:

  • 値の範囲:
    • シングルモード:0-63
    • スプリットモード:0-31
  • コンバージョン値の変換:
    • コンバージョン値の単位は、次のいずれかの換算係数を使用して USD に変換されます:$0.01, $1.00, $10.00
    • 管理画面とローデータの収益額は、現在の為替レートを使用して、アプリ固有の通貨に変換されます。 

指標:

    • 収益額
    • ROI
    • ROAS(広告費回収率)
    • ARPU:ユーザーあたりの平均収益
    • ユーザーのコンバージョン率:アプリインストールユーザーのうち購入を実行するユーザーの割合
    • eCPA

考慮事項:

アプリでは、外貨金額は米ドルに換算され、換算単位に変換されます。変換値単位の分数は、完全な単位に切り上げられます。たとえば、10ユーロ(EUR)を現在の為替レートを使用して換算するとUSD 11.25ドルです。選択した換算値の単位レートが$1=1単位の場合、これは11.25単位で、12の換算値の単位に切り上げられます。

コンバージョン

測定期間中に1回以上実行されたアプリ内イベント

設定

  • サポートされているイベントの数:
    • シングルモード:1~6
    • スプリットモード:1~5
  • ドロップダウンリストから計測するアプリ内イベントを選択します。
  • コンバージョンイベントとして指定された1つのイベント。

アプリ内イベントごとの指標:

    • イベントを実行するユーザーの数
    • コンバージョン率:アプリインストールユーザーのうちコンバージョンイベントを実行したユーザーの割合
    • eCPA

ユーザー数の例:

  • 登録完了
  • 購入
  • ゲームレベルの達成

解説! もしユーザーがイベントを実行した場合に、コンバージョン計測を使用します。ユーザーがイベントを実行する回数をカウントするには、エンゲージメント測定を使用します。

エンゲージメント 測定期間内にユーザーが指定のアプリ内イベントを実行した数

設定: 

  • ドロップダウンリストからアプリ内イベントを選択します。
  • アプリ内イベントを選択することで、コンバージョンイベントとして指定されます。
  • 値の範囲:
    • シングルモード:0-63
    • スプリットモード:0-31

アプリ内イベントの指標

    • イベントを実行するユーザーの数
    • ユーザーあたりの平均イベント数
    • コンバージョン率
    • eCPA

例:ユーザーがアプリを起動する回数を測定します。

測定タイプの例

例A: 収益の測定
ファクター 備考
シナリオ
  • 20人のユーザーがアプリをインストールし、以下の購入を実行します。
    • 10人のユーザーがそれぞれ$10の購入をする
    • 5人のユーザーがそれぞれ5ドルの購入をする
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30
SKAdNetwork アトリビューションの設定
  • 測定タイプの選択:収益
  • コンバージョンファクターの設定:1つのコンバージョン単位= $1
  • 指定されたコンバージョンイベント:af_purchase (常に)
選択された指標 利用できる収益に関する指標
  • インストール:20
  • 収益:$125
  • コンバージョン:15
  • ARPU:$6.25
  • ROI:316%
開発者向けの考慮事項

収益を含むイベントが認識されます

例B: コンバージョン測定
ファクター 備考
  • 5人のユーザー (A-E) がアプリをインストールします
  • 表に示すとおり、0~3の異なるアプリ内イベントを実行します。
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30
  イベント1 イベント2 イベント3
ユーザーA 実行済 実行済 -
ユーザーB 実行済 - 実行済
ユーザーC 実行済 実行済 -
ユーザーD 実行済 実行済 -
ユーザーE - - -
ユーザーにより実行されたアプリ内イベント
SKAdNetwork アトリビューションの設定

測定タイプを選択:コンバージョン

  • アプリ内イベントを選択:イベント1、イベント2、イベント3
  • 指定されたコンバージョンイベント:イベント1
選択された指標
指標 アプリ イベント1 イベント2 イベント3
インストール 5      
コンバージョン 4      
ユニークユーザー   4 3 1
eCPA $ 7.5      
利用できるアプリ内イベント指標

注! 指定されたコンバージョンイベントがイベント1のため、アプリレベルの指標とイベント1の指標を計算するために値4を使用します。

開発者向けの考慮事項
  • ユーザーが実行するアプリ内イベントを必ず送信してください。
  • SKAdNetworkソリューションは、イベント値を無視します(収益測定に関する場合を除く)。
例C:エンゲージメントの測定
ファクター 備考

5人のユーザーがアプリをインストールし、表にある通りの回数アプリを起動しました。

  イベントが実行された回数
ユーザーA 63
ユーザーB 10
ユーザーC 5
ユーザーD 1
ユーザーE -
アプリ起動
SKAdNetwork アトリビューションの設定
  • 測定タイプの選択:エンゲージメント
  • 指定されたコンバージョンイベント:af_app_opened  注!どのイベントでも使用できます。
選択された指標

利用できる指標のサンプル

  • インストール:5
  • コンバージョン:4
  • セッション:79
開発者向けの考慮事項

ユーザーが選択したエンゲージメントイベントを実行するたびに、アプリ内イベントを送信します。SKAdNetworkはイベントを送信する回数をカウントします。

手順

SKAdNetworkアトリビューションの設定

SKAdNetworkアトリビューションを設定する方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAdNetworkに進みます。
    SKAdNetworkのページが開きます。

    skad-settings_ja.png

  2. 次のいずれかから測定タイプを選択します:
    • 収益:単位をUSDに換算するための、アメリカドル通貨単位を選択します。最大63の収益単位があります。測定可能な最大収益は、アメリカドル通貨単位 x 63です。利用可能なオプション:$0.01、$1.00、$10.00
      例:$10 X 63 = $630、$1 X 63 = $63、$0.01 X 63 = $0.63
    • コンバージョン:
      1. ユーザーが実行するアプリ内イベントを最大6つ選択します。
      2. 選択したアプリ内イベントから、1つをコンバージョンイベントとして選択します。このイベントは、アプリレベルでコンバージョンしたユーザーの指標を計算する際に使用されます。
    • エンゲージメント: 発生回数をカウントするアプリ内イベントを選択します。
  3. 必要に応じて、SKAdNetworkの計測を有効にします。
  4. 変更を保存をクリックします。
    測定が有効になりました。初めてアプリを起動するユーザーは、これらの設定を使用して測定されます。SKAdNetworkのアトリビューションデータは、アプリの初回起動から48~72時間後に管理画面に更新されます。

SKAdNetworkの測定を無効にする

SKAdNetworkの測定を無効にする方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAdNetworkに進みます。
  2. SKAdNetwork 測定を無効にします。
    とりわけ、SDK はコンバージョン値の設定を停止します。
  3. 変更を保存をクリックします。

追加情報

レポートのオプション

レポート名 タイプ AppsFlyerによる強化機能 デリバリー方法

インストール、アプリ内イベント、収益に関する集計パフォーマンスレポート。データは、SKAdNetwork管理画面のものと同様です。

集計

はい

API

集計ポストバックデータ。SKAdNetworkポストバックは、可能な限り最大レベルの粒度に集計されます。 集計 いいえ API

Data Locker経由のSKAdNetworkローデータレポート(サンプルあり)。 利用できるレポート:

  • iOSにより送信されたポストバック
  • インストール
  • 再ダウンロード
  • In-app events
ローデータ はい Data Locker

近日公開予定の機能

近日公開のオプション
設定 説明

 スプリットモード 

[近日公開]スプリットモードを有効にすると、2つの測定タイプを同時にサポートできます。

  • アプリをインストールするユーザーは、2つの測定タイプのいずれかにランダムに分割されます。
  • 計測結果は、自動的に計算され、管理画面とローデータレポートで使用できます。

例:

  • ユーザーは「収益」と「コンバージョン」モードに分割されます。
  • 例えば、X 日目に:
    • 100人にユーザーがアプリをインストールします
    • 50人は収益の計測に使用されます
    • 50人はコンバージョンの計測に使用されます
  • コンバージョンデータは、次のように記録されます:
    • 25人のユニークユーザーが$50 の収益をもたらしました
    • 10人のユーザーがゲームのレベル5 を終了しました
  • データが計算され、指標に表示されます。同様に、次のとおりメディアソースにも成果が紐づきます:
    • 50人のユニークユーザーが$100 の利益をもたらしました
    • 20人のユーザーがゲームのレベル5 を終了しました
計測期間

アプリの初回起動から24時間の期間を持つ設定可能なタイマー。SDKはコンバージョン値を更新します。

  • この設定がSDKに伝達されます。
  • ベストプラクティスは、この期間を24時間に設定することです。より多くのイベントを記録するか、より早くコンバージョンデータを取得するか、双方のトレードオフを考慮する必要があります。

SKAdNetworkソリューションの実装チェックリスト

アクション 説明 担当者
 準備 マーケター、開発者
設定 

AppsFlyerで、SKAdNetworkソリューションを設定します

マーケティング担当者
アプリを準備する

アプリをAppsFlyer V6 SDKに移行する

  • アプリロジックやアプリコードを変更する必要はありません。
  • ソリューションはアプリ内イベントを頼りにコンバージョン値を設定します。通常の手順でアプリ内イベントを送信します。ソリューションに特化したテストは必要ありません。
  • 特定の測定シナリオについては、デベロッパーの考慮事項を参照してください。
  • App Storeにアプリを提出する
  • アプリストアでは、SKAdNetworkの登録やプロセスは必要ありません。
デベロッパー
パートナー連携の確認
  • アドネットワークパートナーは、最新のSKAdNetwork連携を使用して当社と連携する必要があります。
  • パートナーが適切に連携されていることを各パートナーに確認します。
  • SKAdNetworkシミュレーションは、現在の連携状況に関係なく、すべてのパートナーのデータが含まれています。ただし、これはSKAdNetworkのポストバックによって報告されたライブデータには当てはまりません。
マーケティング担当者
SKAdNetwork 実装リスト

アプリインストールから管理画面の更新までのタイミング

タイマー要素 説明 範囲(時間)
計測期間
  • [デフォルト] 計測期間カウントダウンタイマー:24時間
  • 計測期間中、AppsFlyerはコンバージョン値を設定します
  • カウントダウンはアプリ初回起動時に開始されます
24
SKAdNetworkタイマー
  • カウントダウンタイマー:24時間
  • コンバージョン値が設定されるたびにタイマーがリセットされます。つまり24時間からカウントダウンを開始します。
  • 計測期間の最大値+SKAdnetworkタイマー:48時間。
24–48
SKAdNetworkランダム遅延タイマー ランダムなポストバック遅延時間:0–24時間 0-24
AppsFlyer処理 特定の日に受信したポストバックは、その日が終わった時点で、次の日のUTC 00:01から処理されます。データは次の日の8時間後に利用できます。平均遅延は20時間です。例えば、月曜日に受信したポストバックは火曜日に処理されます。管理画面はUTC8:00に更新されます。 8-32
サマリー アプリが起動されてから管理画面にデータ表示されるまでの平均経過時間:68時間。 32–104

Sending postbacks to integrated partners

AppsFlyer sends the ad network partner attributed with the install postbacks. The postbacks contain information relating to the install and the associated in-app event data of actions performed by the user during the measurement window.

Postbacks can be sent with or without the SKAdNetwork transaction ID. Consider that sharing the transaction ID with the partner could enable them to decode the Conversion Value. 

To enable transaction ID sharing: In AppsFlyer, go to Configuration > Integrated Partners > select a partner > Integration tab > Data sharing

特性と制限事項

SKAdNetwork ソリューションの特性と制限事項
特性 備考
アドネットワークのアクセス アドネットワークはポストバックを受信します
代理店のアクセス 利用不可
代理店への運用詳細の開示 N/A
タイムゾーン UTC
通貨 USD
オーガニックデータ SDKイベントデータに基づきます。例えば、オーガニックインストールの指標は次のように計算されます。SDKによって報告されたすべてのインストールのデータから、SKAdNetworksによって報告された非オーガニックインストールの数を差引きます。
非オーガニックデータ SKAdNetworkのポストバックに基づく
データの更新頻度

毎日。SKAdNetworkタイミングの問題により、アプリ起動後平均68時間(~3日間)です。範囲:32~104時間。

過去データ

最も早い日付は、iOS 14が利用できる日です(2020年9月16日)

チームメンバーのアクセス 利用可能です。利用範囲はアカウント権限に基づきます。
App Clip App ClipはSKAdNetwork管理画面ではオーガニックとして計測されます。オーバービュー管理画面を使用して起因メディアを表示します。
この記事は役に立ちましたか?