SKAN Conversion Studio

概要: SKAN Conversion Studioを使用して、iOSアプリで計測したい初回起動後のLTVとその計測期間を設定します。なお、SSOT(Single Source of Truth)の計測機能を追加することで、1人のユーザーがMMPであるAppsFlyer側の計測とSKAN側の計測、両方に紐付いているかどうかも把握することが可能です。

SKAN Conversion Studioの基本

SKAdNetwork (SKAN) 計測フローにおいて、iOS端末は 各計測ウィンドウの後に最新のコンバージョン値(CV)を含むSKANポストバックを送信します。

SKAN 3以下:最初のアクティビティ期間の終了後に到着するポストバックの1つのみです。
アクティビティ期間:12時間〜最大63日
このCV値は6ビットに制限されており、結果として64通りの値 (0-63) が設定可能ですが、この6ビットの制限をどう効率的に活用するかが、非常に難しいです。

SKAN 4の場合、3つのウィンドウがそれぞれ終了した後、2日後、7日後、35日後に到着する 3つのポストバックがあります。

ウィンドウ / ポストバックの種類:

  • ウィンドウ1(1つ目のポストバック): 6ビットの '細かい' (fine) CV - 64通りの値 (0〜63)
  • ウィンドウ1-3: '粗い' (coarse) CV - low(低), medium(中), またはhigh(高)の3種類
    (ウィンドウ2と3には '細かい' (fine) CVは存在しません。)

これらのCVの制限は、細かい fine CVにはこれらの64の可能な値を使用し、粗い coarse CVには3つの可能な値を使用する方法において、いくつかの難しい選択をする必要があることを意味します。

AppsFlyer独自のConversion Studioは、想定されるすべての値とビット数を作成するための最大限の柔軟性を提供します。
CV内にエンコードする計測データを正確に決定してください(インストール後の計測するアクティビティや期間などを含む)。
CV設定を構成するために使用できるいくつかの計測モードがあります。

タイプ 測定モード 説明 アクティビティ期間

フレキシブル

SKAN 4.0

[ベストプラクティス]

設定可能なアクティビティ期間の中で、収益、コンバージョン(アプリ内イベント)、エンゲージメント計測を組み合わせて設定可能です。

3つのウィンドウは、3つの異なる、重複しない、インストール後の特定の期間におけるLTVを計測します(つまり、ウィンドウ2は、0-7日目ではなく、インストール後3-7日目を計測します)。

  • ウィンドウ1(1つ目のポストバック):1-2日
  • ウィンドウ2(2つ目のポストバック):3-7日
  • ウィンドウ3(3つ目のポストバック):8-35日

フレキシブル

カスタム

設定可能なアクティビティ期間の中で、収益、コンバージョン(アプリ内イベント)、エンゲージメント計測を組み合わせて設定可能です。 12-1512h(デフォルト:最大72時間 / 延長可能)

固定

収益

[デフォルト]

[従来]

以下のいずれかの範囲で合計の収益金額を計測可能です: 

  • $1-$630($10単位)
  • $1-$63($1単位)
  • $0.01-$0.63($0.01単位)
24時間固定

固定

コンバージョン

[従来]

最大6個まで選択したアプリ内イベントの発火有無を計測します。 24時間固定

固定

エンゲージメント

[従来]

選択した1つのアプリ内イベントを、ユーザーが実行した回数を計測可能です。 24時間固定

フレキシブル

デコード

  • イベントマッピングにアプリ独自のCVを作成・設定します。
    (AppsFlyer SDKをアプリに実装出来ない場合に、このオプションを使用してください。)
    デコードモードを使用するには、SKAN Conversion Studio > オプション ( ) をクリック > カスタムデコードマッピングファイルのアップロードを選択します。
12~1512時間 (63日)

ヒント!Conversion Studioで色々な設定を試してみてください。AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。

計測の原則と定義

定義

  • SKAN計測ウィンドウ:SKAN 4以降に関連
    インストール後のアクティビティが計測される期間は以下3つあります:
    • ウィンドウ1(1つ目のポストバック):1-2日
    • ウィンドウ2(2つ目のポストバック):3-7日
    • ウィンドウ3(3つ目のポストバック):8-35日
    • 3つのウィンドウは、3つの異なる、重複しない、インストール後の特定の期間におけるLTVを計測します(つまり、ウィンドウ2は、0-7日目ではなく、インストール後3-7日目を計測します)。
  • アクティビティ期間:SKAN 3以前のみに関連
    期間の設定 - アプリ初回起動時にスタート(デフォルト: 24時間)
    SKAN 4+を使用しているが、ユーザーの端末または広告媒体がまだSKAN 4に対応していない場合、アクティビティ期間は48時間となります。
  • コンバージョン値(CV):SKAN 4ウィンドウの終了時、またはSKAN 3以下の場合はアクティビティ期間の終了時にiOSから送信されたポストバックでレポートされるユーザー品質
    - AppsFlyerのSDKがコンバージョン値を設定します。
    - ただし、自身でコンバージョン値を設定したい場合は、デコードの機能を使用してコンバージョン値マッピングファイルをアップロードしてください。
    • SKAN 4以降の場合、細かい fine コンバージョン値と粗い coarse コンバージョン値の両方が存在します。
  • コンバージョン値の容量
    設定をマッピングするために必要なCV値の数です。選択した計測の構成要素や計測要素が多ければ多いほど、CV値の容量が必要になります。レンジの追加や設定要素を選択するごとに、変換値容量を消費します。(1つのコンポーネントに含まれる設定ユニットが増えるごとに、指数関数的にCV値は消費されます) (例:CVを最大限に活用した場合)
  • SSOT: 一人のユーザーがSKANとほかの計測手法でアトリビューションされた場合に、重複排除用のフラグを立てるメカニズム
    このフラグは、SKANのローデータから重複のインストールデータを排除し、真のパフォーマンス指標を算出するために使用されます。
  • 計測要素:
    • 収益: 発生した収益を計測
    • アプリ内イベント:コンバージョン(イベントを実行したユニークユーザー数)を計測
      - エンゲージメント(イベントが実行された回数)、またはその両方。
    • ファネル: ファネル内の連続するイベントのリストに基づいてアプリ内イベントの発生を計測
      ファネル内のイベントのいずれかを実行したユーザーは、そのイベントに先立つ全てのイベントを実行したと見なされます。
    • 優先順位: 収益、アプリ内イベント、またはその両方を含むKPI

仕組み

  • Admin.pngアドミンのみ:アドミンアカウントのみが Conversion Studioの設定を保存でき、それ以外のチームメンバーは設定を閲覧可能です。
  • 常に1つのモードのみがアクティブになります。
  • 設定されたモードに対して、AppsFlyerはその設定で定義されている内容を元にCV値をマッピングします。設定内容はマッピング表をダウンロードすることで確認可能です。
  • アプリ内では、ユーザーがアプリを初回起動した時点でアクティブになっている計測モードを使用して、計測可能なユーザーのアクションごとにAppsFlyerがCV値を設定します。 
  • iOSは、ポストバックにCVを入力する前に Appleの群衆匿名性 (crowd anonymity) を考慮します。
  • ウィンドウの終了後に発生するユーザーアクションは一概に無視されます(計測されません)。
  • SKANダッシュボードとレポート:
    • SKAN管理画面のレイアウトや指標は、モードや構成によって異なります。 

    • レイアウトは、UTCタイムゾーンの0時 (日本時間09:00)にアクティブだったモードに基づいて毎日更新されます。レイアウトの更新は、UTC 05:00 (日本時間14:00)までに反映される予定です。

    • SKAN 4、カスタム、デコードでは、アプリ内イベントと全体的な収益のオーガニックデータは利用できません。

S2Sイベントに関する仕様

計測可能なアクションはサーバー経由(S2S)APIでレポートできます。
計測モードごとに次の事項を考慮してください:

  • SKAN 4におけるカスタムモード:S2Sイベント計測は常に有効
  • デコード: S2Sイベントには適しておらず、S2Sイベントは利用できません。(AppsFlyerはこのモードの場合CV値を設定しません。)
  • 収益、コンバージョン、エンゲージメントモード: イベントを送信する前に、 S2Sイベント計測 をオンにする必要があります。

SKAN Conversion Studioでのコンバージョン値の設定

SKAN Conversion Studioでは、計測するコンバージョン値を設定するためにいくつかのモードを使用できます:

  • SKAN 4:収益、アプリ内イベント、優先度、SSOTなど、さまざまな計測要素を使用して 3つの計測ウィンドウのそれぞれで何を計測するかを決定します。
  • カスタム:収益、アプリ内イベント、優先度、SSOTなど、さまざまな計測要素を使用して アクティビティ期間で計測する内容を決定します。
  • 固定モード: 次のいずれかの計測値を使用してユーザー価値を測定します -
    • 収益
    • コンバージョン
    • エンゲージメント

各計測モードの詳細については、以下のセクションを参照してください。

 重要!

SKAN Conversion Studioでのコンバージョン値の設定は、SKAN Conversion Studioの管理権限を持つ管理者またはアカウントユーザーが行う必要があります。

チームメンバーの権限を表示または変更するには :

  1. AppsFlyerの管理画面上で、右上のメールアドレスをクリックしてください。 
  2. ユーザー管理を選択し、該当ユーザーを選択してください。
  3. 必要に応じて、SKAN Conversion Studio管理権限をユーザーに付与します。
    付与できる権限の詳細については、ユーザー管理ガイドをご覧ください。

SKAN 4

SKAN 4では、収益、アプリ内イベント、優先度、SSOTなど、さまざまな計測要素を使用して 3つの計測ウィンドウのそれぞれで何を計測するかを決定します。
異なる計測KPIの要素を組み合わせることで
、SKAN 4計測モードを作成してください。

以前の SKAN モードから SKAN 4 にアップグレードする場合、現在のスキーママッピングはウィンドウ 1(1つ目のポストバック)の細かい (fine CV) 設定に引き継がれます。
AppsFlyerは、ウィンドウ1-3(1-3つ目のポストバック)の粗い coarse値を自動的にマッピングします。

SKAN 4を手動で設定するには、さまざまなオプションを試してください。
変更を加えると、コンバージョン値の容量サマリーが自動更新されます。
設定を最適化して、容量を超えることなく最も価値のあるデータをキャプチャします。

 詳細:コンバージョン値の容量計算

CapacitCounter.png

注:以前のSKANモードからSKAN 4にアップグレードする場合、現在のスキーママッピングは細かい (fine) 計測へ引き継がれ、AppsFlyerは自動的に粗い値をマッピングします。
なお、SKANを初めて使用する場合は、AppsFlyerが最初のデフォルトマッピングを提供します。

AppsFlyerAdmin_us-en.png Conversion Studioで SKAN 4 モードを使用してコンバージョン値を手動で設定するには:

  1. AppsFlyer管理画面にて、設定>SKAN Conversion Studioへ進んでください。
  2. オプション (⋮) をクリックしてオプションメニューを表示し、 SKAN計測 がオンになっていることを確認
    注意! オフの場合、SDKはアプリで registerAppForAdNetworkAttribution, updateConversionValueなどの iOS SKANに関連するメソッドを呼び出しません。
  3.  SKAN 4.0計測モードを選択します。
  4. 続行クリックします。
    ウィンドウ 1(1-2日目)の 細かい fine CVの設定画面が開きます。
  5. [オプション / 推奨] SSOTをオンに設定します。
     SSOT機能:複数の計測方法によってレポートされるインストールにフラグを立てることで、重複排除した真のキャンペーン別のインストール数を分析できます。(詳細はこちら)
  6. + 計測値の追加 をクリックして、さまざまな 計測要素を追加します。
    次のセクションでは、設定オプションとコンポーネントについて詳しく説明します。さまざまなSKAN測定設定を試す際のガイドとして使用してください:
    • 収益
    • アプリ内イベント
    • ファネル
    • 優先度
  7. Coarse(粗い)をクリックし、手順5を繰り返して、 1つ目のポストバック(1-2日)の粗い (coarse) CVを設定します。
    注意:
    • 収益とアプリ内イベントの計測要素のみを使用できます。
    • 低 (low) CV は、ポストバックが確実に送信されるようにするためのセッション(アプリ起動)である必要があります。
  8. [オプション] Lock Window を使用して計測ウィンドウを固定し、デフォルトよりも早くポストバックを受け取るための条件(時間または粗いコンバージョン値)を設定します。詳細はこちら
  9. 2つ目のポストバック (3-7日) をクリック > 手順 6-8を繰り返して2つ目のポストバックのCVを設定します。
    注意:
    • 収益とアプリ内イベントの計測要素のみを使用できます。
    • [推奨] 低 (low) CV はセッション(アプリ起動)である必要があります。
  10. 3つ目のポストバック (8-35日) をクリック > 手順 6-8を繰り返して3つ目のポストバックのCVを設定します。
    注意: 
    • 収益とアプリ内イベントの計測要素のみを使用できます。
    • [推奨] 低 (low) CV はセッション(アプリ起動)である必要があります。
  11. 保存 をクリックしてください。
  12. パートナーのアプリ内イベントポストバックのマッピングで、設定したイベントをマッピングしていることを確認してください。

カスタム

カスタムモードでは、収益、アプリ内イベント、優先度、SSOTなどのさまざまな測定要素(KPI)を使用して計測対象を決定し、計測期間と計測間隔を決定するためのアクティビティ期間を設定することができます。 これらの計測要素を組み合わせて、カスタム計測モードを作成してください。

「カスタム」を設定する際は、さまざまなオプションを試してみてください。変更を加えるにつれて、コンバージョン値の容量のグラフが更新されていくので、設定を最適化して容量を超えずに最も有益なデータを取得しましょう。
詳細:
コンバージョン値と容量の計算

CapacitCounter.png

AppsFlyerAdmin_us-en.pngConversion Studioでカスタムモードを使用してコンバージョン値を手動で設定するには:

  1. AppsFlyer管理画面にて、設定>SKAN Conversion Studioへ進んでください。
  2. オプション (⋮) をクリックしてオプションメニューを表示し、 SKAN計測 がオンになっていることを確認します。 
    注意:オフの場合、SDK は registerAppForAdNetworkAttributionupdateConversionValueなどの iOS SKAN 関数を呼び出しません。
  3.  カスタムモードを選択します。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. [オプション / 推奨] SSOTをオンに設定します。
     SSOT機能:複数の計測方法によってレポートされるインストールにフラグを立てることで、重複排除した真のキャンペーン別のインストール数を分析できます。(詳細はこちら)
  6. [ + 計測KPIを追加 ] をクリックし、さまざまな計測要素を追加します。
    次のセクションでは、設定オプションと計測要素(KPI)について詳しく説明します。
    • 収益
    • アプリ内イベント
    • ファネル
    • 優先度
  7. ユーザーアクティビティを計測するアクティビティウィンドウの期間(12時間から63日)を設定します。デフォルトの アクティビティタイマー を使用すると、ウィンドウを24〜72時間に設定できます。また、デフォルトのインターバル設定では、12時間または24時間を設定できます。カスタムウィンドウを使用して、アクティビティウィンドウを最大63日間に延長し、より長い間隔を設定することもできます。
  8. 保存 をクリックしてください。
  9. パートナーのアプリ内イベントポストバックのマッピングで、設定したイベントをマッピングしていることを確認してください。

固定モード

固定モードを使用すると、次のいずれかの測定値を使用してユーザー価値を測定できます:

    • 収益
    • コンバージョン
    • エンゲージメント

モード設定を変更すると、 コンバージョン値容量の概要が自動更新されます。
設定を最適化して、容量を超えることなく最も価値のあるデータをキャプチャします。

詳細:コンバージョン値の容量計算

CapacitCounter.png

注記!

  • 固定計測モードは、アプリ初回起動から始まる24時間のアクティビティ期間用です。
  • もしS2SイベントをSKAN計測に使用したい場合には、管理画面上でOFFからONへ設定を変更し、SKANのS2Sイベントの計測を有効にする必要があります。

AppsFlyerAdmin_us-en.pngConversion Studioで固定モードを使用してコンバージョン値を手動で設定するには:

  1. AppsFlyer管理画面にて、設定>SKAN Conversion Studioへ進んでください。
  2. オプション(⋮)をクリックしてオプションメニューを表示します:
    • SKAN計測 がオンになっていることを確認してください。 
      注意:オフの場合、SDK は registerAppForAdNetworkAttributionupdateConversionValueなどの iOS SKAN 関数を呼び出しません。
    • [オプション]  S2Sによるイベントの送信を有効にします(計測モードが収益、コンバージョン、エンゲージメントの場合に利用可能です)。
  3. 固定 測定モードを選択します。
  4. 選択した固定測定モードについて、次の表の情報と指示に従ってください。
  5. 保存クリックしてください。
  6. パートナーのアプリ内イベントポストバックのマッピングで、設定したイベントをマッピングしていることを確認してください。

固定モード計測

測定モード 説明
[デフォルト] 収益

RevenueFixed.png

24時間のアクティビティ期間に発生する収益。

ユニットごとの米ドル単位を以下のいずれかから選択してください。

  • $0.01:最大$0.63まで測定
  • $1:最大$63まで測定
  • $10:最大$630まで測定

AppsFlyerは63の収益計測範囲を自動的に入力します。af_skad_revenue はマッピングする必要があります。
管理画面では、 収益が範囲の最大値として計測されます。
例:範囲が$60-$61であれば、計上される収益は$61となります。
注意:カスタム収益は、異なる方法で収益を計算します。

利用できる指標:

    • 収益
    • ROI
    • ROAS
    • ARPU:ユーザーあたりの平均収益
    • ユーザーのコンバージョン率:アプリインストールユーザーのうち購入を実行するユーザーの割合
    • eCPA
コンバージョン

mceclip0.png

24時間のアクティビティ期間に1回以上実行されたアプリ内イベント

設定

  • ドロップダウンリストから計測する1-6のアプリ内イベントを選択してください。制限事項:このリストで表示されるイベントは、過去30日以内に発火された上位300のイベントのみです。
  • SKAdNetworkのオーバービュー画面上で、コンバージョンイベントとして特定のイベントを選択してください。 

アプリ内イベントごとの指標:

    • イベントを実行するユーザーの数
    • コンバージョン率:アプリインストールユーザーのうちコンバージョンイベントを実行したユーザーの割合
    • eCPA
    • セッション (af_app_openedのイベントを使用します)

ユーザー数の例:

  • 登録完了
  • 購入
  • ゲームレベルの達成

解説! もしユーザーがイベントを実行した場合に、コンバージョン計測を使用します。ユーザーがイベントを実行する回数をカウントするには、エンゲージメント測定を使用します。

エンゲージメント

mceclip1.png

アクティビティ期間内にユーザーが指定したアプリ内イベントを実行した回数

設定: 

  • ドロップダウンリストからアプリ内イベントを選択します。
  • アプリ内イベントを選択することで、コンバージョンイベントとして指定されます。
  • 値の範囲:0-63

アプリ内イベントの指標

    • イベントを実行するユーザーの数
    • ユーザーあたりの平均イベント数
    • コンバージョン率
    • eCPA
    • セッション

例:

  • 発生回数を計測する:
    • ユーザーがアプリを開いた
    • ユーザーが広告を閲覧した回数

デコード

イベントマッピングにアプリ独自のCVを作成・設定します。
(AppsFlyer SDKをアプリに実装出来ない場合に、このオプションを使用してください。)

デコードを使用するには:

  1. AppsFlyer管理画面にて、設定>SKAN Conversion Studioへ進んでください。
  2. オプション(⋮)をクリックしてオプションメニューを表示します:
    • SKAN計測 がオンになっていることを確認してください。 
      注意:オフの場合、SDK は registerAppForAdNetworkAttributionupdateConversionValueなどの iOS SKAN 関数を呼び出しません。
    • デコードのマッピングファイルをアップロードしてください。
  3. 保存クリックしてください。
  4. パートナーのアプリ内イベントポストバックのマッピングで、設定したイベントをマッピングしていることを確認してください。

計測要素

Single Source of Truth(SSOT)

SSOTControl.png

SSOTメカニズムは、複数の計測方法でレポートされたインストールにフラグを立てることで計測の重複を排除します。このフラグは SKANローデータレポートで使用でき、AppsFlyer管理画面オーバービューダッシュボードの SSOTビューでメトリックを計算する際に考慮されます。 

必須

いいえ

複数使用可

いいえ

設定オプション

SSOTがオンの場合、SKANと他のアトリビューションマッチング方式でユーザーがアトリビューションされた場合にフラグを立てることができるようにCVが設定されています。

SSOTフラッグはどこで使われているのですか?

  • AppsFlyer管理画面 オーバービューダッシュボード > SSOTビュー
  • SKANのローデータレポート内の af_attribution_flag 項目:
    trueの場合、ユーザーはSKANと他の方法の両方によって重複計測されています。
  • SKANの集計パフォーマンスレポートAPI

アプリ内イベント

ConversionStudioIn-app-event.png

必須

いいえ

複数使用可

はい
設定オプション

アプリ内イベントを選択し、計測の目標に応じて以下のように範囲を設定してください: 

  • コンバージョンのみ:0–1のレンジで、1つレンジを設定してください。
  • エンゲージメントとコンバージョン:計測したいイベント実行回数の範囲を複数作成してください。

エンゲージメントの範囲

エンゲージメントを計測するには、発生回数の範囲を複数作成する必要があります。選択されたエンゲージメントイベントの発火が計測されると、SKANはイベントの発生数に応じて適切な範囲に紐付けられます。

特性

  • 各範囲はfromの値と toの値で構成され、イベントの発生回数を指定します。fromの値は範囲には含まれず、toの値は含まれます。例えば、5-10の範囲の場合、5より大きく10までを含むという設定になります。
  • もっとも小さい値の範囲は常に0から始まります(ただし、0自体は含まれません)。 
  • 範囲はいくつでも作ることができますが、範囲を作成する毎にコンバージョン値の容量に影響しますのでご注意ください。 
  • 範囲の値は連続している必要があり、範囲の間に間隔を開けることはできません。

範囲を使用してエンゲージメントを計測

  • イベントの発生がレポートされると、SKANはその発生を適切な範囲に紐付けます。記録されたイベント発生回数は、範囲の平均値を取って生成されます。発生回数の値は、小数点以下を切り上げて記録します。例えば、5.7は6に切り上げられます。 
  • イベントの発生数が最も大きいの範囲の最大値を超えた場合、イベントの発生数は最も大きい範囲に紐付けられ、発生数はその範囲の平均値が使用されます。つまり、実際の発生回数とは異なります。 
  • ローデータでは、実際の発生回数と範囲の両方が確認できます。


例:

上のキャプチャでは、次のイベント発生回数の範囲を設定しています。

設定されている範囲:

  • A: 0-5
  • B: 5-10
  • C: 10-20

範囲を使用して記録されるイベント発生回数:

SDKが計測した
イベントの発生回数
紐付けられる範囲 記録されたイベントの発生回数
1 5 3
2 6 B 8
3 10 B 8
4 125 C 15
制限事項 特定のアプリ内イベントはこのコンポーネントと1度だけ紐付けることができます。

収益

ConversionStudioRevenue.png

必須

いいえ

複数使用可

アプリ内イベントを収益ソースとして使用する場合は可能です。

設定オプション

収益は単一イベントを使って記録できます。または、選択したアプリ内イベントを使用してストリームごとに収益を紐付けることもできます。 

次の収益オプションに対応しています。

  • 全体の収益
    • すべての収益は SKANが af_skad_revenue イベントを使用して記録します。af_skad_revenue をマッピングする必要があります。
    • このコンポーネントは、1回だけ含めることができます。
  • アプリ内イベント
    • タイプ別にレポートされた収益は、選択されたアプリ内イベントに割り当てられ、SKANは選択されたアプリ内イベントを使って計上します。イベントはマッピングされる必要があります。 af_skad_revenue はマッピングすべきではありません。
    • このコンポーネントは複数回使用することができます。
    • アドネットワークにポストバックで収益をレポートする場合は、アプリ内イベントのポストバックのマッピングにて、設定したアプリ内収益イベントが含まれていることを確認してください。

範囲

収益を測定するためには、収益の範囲を設定する必要があります。収益がレポートされると、SKANはレポートされた収益を適切な範囲に紐付けます。

特性

  • 各範囲には、 from の値と to の値で構成される収益範囲が含まれています。下位の値は範囲に含まれず、上位の値は含まれます。例えば、5–10という範囲は、5より大きく10までを含むという意味です。
  • もっとも小さい値の範囲は常に0から始まります(ただし、0自体は含まれません)。 
  • 範囲はいくつでも作ることができますが、各範囲はコンバージョン値の容量に影響しますのでご注意ください。
  • 範囲は連続している必要がありあす(範囲にギャップが無いことを確認してください)。
  • 金額の通貨はUSDです。
  • Meta広告でキャンペーンを実施する場合は、4つ以上の範囲が必要です。
  • 範囲の値は小数点以下4桁まで設定できます。

範囲を使用して収益を記録

  • 収益がレポートされると、SKANはその収益を適切な範囲に紐付けます。記録された収益は、範囲の平均値と同等です。
  • 計測された収益金額が最も大きい収益の範囲の最大値を超えた場合には、収益金額は最も大きい収益の範囲に紐付けられます。
    注意:計測される収益は、この範囲の平均値です。つまり、実際の収益金額は無視されます。
  • ローデータでは、記録された収益と関連付く範囲が確認できます。


例:

画像では、次の収益範囲を示しています。

  • A: 0-5
  • B: 5-10
  • C: 10-20

収益は以下の範囲で計上しています。

SDKがレポートする収益 紐付けられる範囲 記録された収益
1 5 $2.5
2 6 B $ 7.5
3 10 B $ 7.5
4 125 C $15

ファネル

ConversionValueFunnel.png 

必須

いいえ

複数使用可

いいえ

設定オプション

ファネル内の連続するイベントセットをリストアップしてください。1つのイベントが発生すると、それ以前のすべてのイベントが発生したものとして扱われるため、次の例のように、イベントをリストアップする順序が非常に重要になります。

上のキャプチャのように、ファネルにはイベントa、f、b、k、zが設定されています。

実行されたイベント 記録されたイベント
1 a a
2 b a, f, b
3 z a, f, b, k, z

計測KPIの優先順位

カスタムモードの一部である優先度計測コンポーネントを使用して、ビジネスロジックに基づいてアプリ内のユーザーアクションをランク付けし、優先度の高いKPIが優先度の低いKPIより優先して計測されるようにします。これにより、コンバージョンファネルの各ステップで何を計測するかを選択することができます。

各優先度(最大63)には、収益、アプリ内イベント、またはその両方を含めることができます。AppsFlyerは、ユーザーがアプリ内でイベントを実行すると、ユーザーが行ったアクションに適合する優先順位を判断し、それに応じてCVを設定します。

理解しやすいように、優先順位のコンポーネントを使用した場合と使用しない場合のカスタムの使い方を比較してみましょう。 優先順位がない場合、AppsFlyerはすべての計測可能な組み合わせをCVにマッピングします。一方、優先する計測要素は、明示的に設定された計測する組み合わせのみがCVにマッピングされます。

優先順位については、この記事の優先順位の設定例でさらに説明します。

優先順位付けの原則

  • 優先順位は1~63まで設定可能です。利用可能な数は、アクティビティ期間とSSOTの設定に依存します。
  • 優先度1が常に最優先されます(数字が大きい方が優先順位が低くなります)。
  • 優先順位は、 収益またはアプリ内イベント、またはその両方のコンポーネントから構成されます。1つの優先順位に複数のアプリ内イベントや収益ストリームを含めることができます。
  • ファネルにおいて優先順位の設定はできません。ただし、ファネルでユーザーのコンバージョンを計測するために、複数のアプリ内イベントを優先的に設定できます。
  • 優先順位の計測コンポーネントを使用するには、アプリ内イベントや収益などの他のコンポーネントを構成することはできません。

計測する値に優先順位を設定する:

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー > SKAN Conversion Studio にアクセスしてください。
  2. カスタム を選択し、 続ける をクリックします。
  3. 必要に応じて 削除 をクリックすると、現在の設定が削除されます。
  4. + 計測値の追加 をクリックします。優先順位を選択します。
    優先度1 が表示されます。

    Priority1.png

  5. 以下のいずれから計測コンポーネントを選択します:
    • 収益
    • アプリ内イベント
  6. 管理画面の指示に従い、各項目を入力してください。
    • 優先順位は、収益、アプリ内イベント、またはその両方から構成されることを考慮してください。
    • イベントの発生と収益の範囲値は、昇順 (増加) または降順 (降順) にすることができますが、連続している必要があります。 たとえば、1-5、5-8、8-10などの範囲は連続しています。
      特定の範囲は、2 回目の使用が一意の組み合わせの一部であり、範囲を持つ最後の優先順位と同じ範囲である場合、複数回 (繰り返し) 使用できます。  例:1-5、1-5 + カートに追加収益の増減の例
      イベント 発生回数 収益
      P1 event_a 2-3 $5 - $50
      P2 event_a 2-3 $0-$5
      P3 event_a 1-2 $5 - $50
      P4 event_a 1-2 $0-$5
      P5 event_a 0-1 $5 - $50
      P6 event_a 0-1 $0-$5
  7. 検証をクリックしてください。
    優先順位が検証されました とメッセージが表示されます。そうでない場合は、優先順位を訂正してから続けてください。
  8. 次のいずれかを実行してください:
    • 優先順位を追加するには、+ 優先順位の追加 をクリックします。既存の優先度1が下にシフトされ、優先度2となります。前述したように、優先順位の設定を完了します。
    • 優先順位を削除するには、 ... > 削除 をクリックします。
    • 優先度レベルを変更するには、オプション をクリックし、順位の変更もしくは最も低い優先度 を選択します。
    • 優先度を複製するには、オプション をクリックし、複製 を選択します。
    • 保存 をクリックし、優先順位の設定を完了します。

Lock Window

注意:Lock windowはSKAN 4以降にのみ関連します。

lock_window.png

次のAPIを使用してください:

SKANウィンドウは、デフォルトでインストール後の特定の時間のユーザー値を測定します。ウィンドウを早期にロックし、使用可能なすべてのデータを含むポストバックを送信できます。これを行うには、ウィンドウをロックするタイミングの条件を設定します。

必須

いいえ

複数使用可

はい - 各SKANウィンドウに 1つずつ

条件オプション

Lock Windowは、SKANウィンドウを早期にロックするための2つのオプションで構成されています:

  • 時間: インストール後(デフォルトの時間より前)を選択してウィンドウをロックする必要があります。注:時間に基づくLock Windowは、ユーザーがアプリを起動しない限り有効になりません。
  • High 粗い値: Highの粗い値に達するとすぐに、ウィンドウが閉じます。

Lock Windowの使用の影響

SKANポストバックにはウィンドウがいつ閉じるかに関する情報が含まれていないため、インストール時間を見積もるときにロックウィンドウのステータスは考慮されません。したがって、ウィンドウを早期にロックすると、インストール時間の見積もりの精度に影響を与える可能性があります。

アクティビティ期間

注記

  • アクティビティ期間は、SKAN 3以下(カスタムモードと固定モードを意味する)にのみ関連します。
  • SKAN 4+を使用しているが、ユーザー端末または広告媒体がまだSKAN 4をサポートしていない場合、アクティビティ期間は48時間です。 

flex_activity_window.jpg

必須

はい 

複数使用可

いいえ

時間特性

  • 最大アクティビティ期間のタイマーはご自身で設定された時間に固定され、iOSタイマーと並行して動作します。
  • iOS側のSKANのタイマーは24時間で設定されており、コンバージョン値が増加する毎にリセットされます。
  • 最大アクティビティ期間のデフォルト設定は24時間です。
  • いずれかのタイマーが0になると、計測が終了します。 
最大アクティビティ期間
  • 設定可能範囲:12〜72時間
    その他のオプションについては、この表の 柔軟な計測 を参照してください。
  • 最大アクティビティ期間のタイマーが切れると、AppsFlyerは計測を停止します。
  • 最大アクティビティ期間の設定が24時間以上の場合、ユーザーはインストール後24時間までの間にCV値に関連するイベントを発火しiOS側のタイマーをリセットさせる必要があります。(設定したインターバル(12時間 / 24時間) の時間が経過した後であれば、インターバル内にアプリを起動することでもCV値の更新が可能です。)
    CV値を更新しないと、iOSのタイマーが0になってしまうため設定した最大アクティビティ期間よりも早くに計測が終了してしまう可能性があります。

インターバル

12時間、または24時間を選択可能
インターバルの設定は、最終アクティブ期間とインストール時刻の推測精度に影響します。 
その他のオプションについては、この表の 柔軟な測定 を参照してください。

最終アクティブ期間は、ローデータのレポートで min_install_time および max_install_time カラムで確認でき、このセクションで説明しているインストール時刻を決定するのに使用されます。


例:

  • 最大アクティビティ期間を48時間に設定
  • ユーザーが最後にアクティブだったのはインストールから40時間後
  • インターバルの設定に応じて、最後にアクティブだった期間は以下のように変化します:
    • 12時間インターバル:36–48時間
    • 24時間インターバル:24–48時間

Install time

インストール時間は次のように導出されます:

インストール時刻 = ポストバック到着時刻 - [平均 最終アクティブ期間] - [iOSポストバック遅延]

  • ポストバック到着時刻:iOS端末から直接SKANのポストバックを受信した実際の時刻です。通常はアドネットワークがSKANのポストバックを受信します。
  • 平均最終アクティブ期間は、CV値が元になっており以下のように計算されます:
    • CV値 = 0 の場合: 最終アクティブ期間は0と見なされます。 
    • CV値 > 1、もしくはnullだった場合: インターバルの設定と最後にユーザーがアプリ内でアクティブだった時間に基づいて計測される、min_install_timeとmax_install_timeの値を使用します。 
      例えば、インターバルが12時間で設定され、ユーザーが最後にアクティブだったのがインストールから25時間後だった場合、平均最終アクティブ期間は[24(min_install_time) + 36(max_install_time)]÷ 2 = 30 となります。
  • iOSポストバックの遅延:[24 + 48 ] ÷ 2 = 36
    iOSのタイマーは、CV値の最後の変更から24時間後に終了し、ポストバックはその0~24時間後に送信されると考えてください。36時間は一定です。 

設定オプション

アクティビティ期間は、最大アクティビティ期間とインターバルの2つの設定項目で構成されています。 

  • インターバルを24時間で設定した場合:最大アクティビティ期間は24時間 - 72時間で、インターバルは3つまで。
  • インターバルを12時間で設定した場合:最大アクティビティ期間は12時間 - 72時間でインターバルは6つまで。

アクティビティ期間を変更した場合の影響

  • SKANのポストバックは、iOSのタイマーが終了してから0-24時間後までの間に送信されます。 
  • 本来、iOSのタイマーは24時間後に終了するように固定されています。 
  • 最大アクティビティ期間を24時間以上に設定した場合、iOS側のタイマーが切れてしまわないように、設定したインターバル毎に少なくとも1回はユーザーがアクティブである必要があります。

 

アドネットワーク関連の留意点

  • デフォルトの最大アクティビティ期間の設定は24時間です。
  • 最大アクティビティ期間を伸ばすことも可能ですが、その前にデフォルトとは異なる期間をサポートしているかどうかを、アドネットワークパートナーに確認してください。 
  • 24時間表示の場合、24時間を12時間ごとの2つのインターバルに分けることで、指標を向上させることができます。そうすることで、ユーザーが最初の12時間後もアプリを使い続けたかどうかがわかります。

必要な範囲容量の例

このセクションの画像は、60時間の最大アクティビティ期間と12時間のインターバルの設定を示しています。 

柔軟なアクティビティ期間オプション

柔軟な計測により、より長いアクティビティ期間を設定できます(粒度:1時間ごと)。間隔の設定についても同様です。
この設定には、次の特性があります:

  • アクティビティ期間:
    • 範囲: 12 ~ 1512 時間(63日)
    • 粒度: 1 時間
  • インターバル:
    • 範囲:アクティビティ期間の最小 1 時間とその他の乗数
    • 粒度: 1 時間

考慮事項: アクティビティ期間と間隔の比率は整数でなければなりません。

ベストプラクティス: インストール時間の推定精度が低下するため、間隔を 24 時間以上に設定しないでください。

追加情報

CVマッピングの確認

  • CV値を選択して、そのCV値にマッピングされたイベントを確認してください。マッピングされたイベントは表の下に表示されます。
  • CVマッピング表をCSVでダウンロードしてください。マッピング表のダウンロードをクリックしてください。
  • 広告主向けの SKAN CV スキーマ API を使用して CV マッピングを取得します。

CVmapping.png

CSVマッピングファイルのカラム

Column 説明
app_id  
conversion_value

CV値:

  • 0-63
  • Low, medium, または high
event_name  
min_event_counter イベントカウンタ範囲の下限値
max_event_counter
  • イベントカウンタ範囲の上限値
  • AppsFlyerで作成されたレポートでは、イベント数は以下の計算式で算出されます:
    繰上げ ([min_event_counter + max_event_counter]) / 2
min_event_revenue USDでのイベント収益範囲の下限値
max_event_revenue
  • USDでのイベント収益範囲の上限値
  • AppsFlyer で作成されたレポートでは、収益は以下の計算式で算出されます:
    ([min_event_revenue + max_event_revenue]) / 2)
min_time_post_install

下限値は、インストール後の時間数で、ユーザーがアプリで最後にアクティブだった時間を示します。

max_time_post_install

上限値は、インストール後の数時間で、ユーザーがアプリで最後にアクティブだった時間を示します。

last_config_change SKAN Conversion Studioで設定を保存した日。

コンバージョン値の容量の計算式

先に説明したように、利用可能な変換値の最大数は64です。次の式は、利用可能なコンバージョン値のうち、モード内で使用されている数を計算します。

(activity time duration in hours / interval size in hours) * 
(number of revenue ranges + 1 ) * 
(number of in-app event ranges + 1 ) * 
(number of steps in a funnel + 1)

すべての計測コンポーネントを含むように計算式を調整してください

最大限にカスタマイズされたCV例

例1

項目 説明

アクティビティ期間

  • 期間:24時間
  • 間隔:24時間で1つのインターバル
収益
  • 収益は1つのアプリ内イベント(全体)を使用してレポートされます
  • 収益範囲:15
アプリ内 なし
ファネル 3つのアプリ内イベント

例2

項目 説明

アクティビティ期間

  • 期間:24時間
  • 間隔:12時間が2つのインターバル
収益
  • 収益は、2種類のアプリ内イベントを用いてタイプ別に配分してレポートされます。
  • 収益範囲:3(アプリ内イベントにつき)
コンバージョンのためのアプリ内イベントのセット コンバージョンを計測するための2つのアプリ内イベント、各アプリには1つの範囲が必要です。
ファネル なし

例3

項目 説明

アクティビティ期間

  • 期間:24時間
  • 間隔:24時間で1つのインターバル
収益
  • 収益は1つのアプリ内イベント(全体)を使用してレポートされます
  • 収益範囲:3
エンゲージメントのためのアプリ内イベントのセット
  • エンゲージメント発生を計測するための3つのアプリ内イベント
  • 発生範囲:アプリ内イベントにつき3つ
ファネル なし

例4

項目 説明

アクティビティ期間

  • 期間:48時間
  • 間隔:12時間が4つのインターバル
収益
  • 収益は1つのアプリ内イベント(全体)を使用してレポートされます
  • 収益範囲:7
コンバージョンのためのアプリ内イベントのセット

コンバージョンを計測するための1つのアプリ内イベント。1つの範囲が必要です。

ファネル

なし

優先順位の設定例

とあるショッピングアプリの広告主が、次の計測をしたいと考えています:

  • 購入しないユーザーのアクション
  • 購入ユーザーの収益

これにより、広告主はCVを利用して、より正確に収益を計測することができます。これらの計測要件は、次の表に示すように、計測の優先順位に置き換えられます。


注意事項:

  • 優先順位が最も高いのは常に1です。 注意:優先順位は直接CVに対応するものではありません。CVマッピングは管理画面右側に表示されます。
  • 優先順位の最大数は63です。実際に使用できる数は、アクティビティ期間とSSOTモードがオンになっているかどうかにより異なります。
  • 各優先度は、収益範囲、アプリ内イベント発生範囲のいずれか、または両方から構成されます。
  • 範囲値:範囲で設定した最も低い値は範囲に含まれないが、最も高い方の値は含まれます。
    例:$5-$10という範囲には、値5は含まれないが、値10は含まれます。

計測する優先順位設定の例

優先順位

収益範囲

アプリ内イベント
1 【最優先】 $5-$10 send_recommendation
2 $5-$10 --
3 $0-$5 send_recommendation
4 $0-$5 --
5 -- send_recommendation
add_to_cart
6 --

send_recommendation

7 【最低優先】 -- add_to_cart
-- 値が設定されていない場合

次の表は、ユーザージャーニーのシナリオです。
各シナリオには、ユーザーが行うアクションのリストと、AppsFlyerが決定する優先順位が含まれています。

表の中には:

  • 複数のアクションは > で区切られます。
  • ( ) 内の値は、ユーザーがアクションを完了した後にAppsFlyerが設定する優先度です。優先順位を使用して、AppsFlyerがアプリのコンバージョン値を更新します。

ユーザージャーニーシナリオ

ユーザージャーニーシナリオ

ユーザーアクションと優先順位
A add_to cart (7)
B add_to_cart (7) > send_recommendation (5)
C Purchase $3 (4)
D Purchase $6 (2)
E Purchases $6 (2) > send_recommendation (1) 

固定モードの例

例A: 収益の測定

ファクター 備考
シナリオ
  • 20人のユーザーがアプリをインストールし、以下の購入を実行します。
    • 9人にユーザーがそれぞれ$10の購入する
    • 5人のユーザーがそれぞれ5ドルの購入をする
    • 1人のユーザーが$1、$3、$5、最後に$1を購入。合計$10。
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30
SKANの設定
  • 測定タイプの選択:収益
  • コンバージョンファクターの設定:1つのコンバージョン単位= $1
  • 指定済みのコンバージョンイベント:SDK側では、常に af_revenue のパラメーターを使用して収益の情報を送信する必要があります。 
選択された指標 利用できる収益に関する指標
  • インストール:20
  • 収益:$125
  • コンバージョン:15
  • ARPU:$6.25
  • ROI:316%
レポートあたりのローデータの行数

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:20行
  • インストール:20行
  • アプリ内イベント:15行注!複数の購入を実行するユーザーは、1行で$10と表示されます。
開発者向けの考慮事項

収益を含むイベントが認識されます

例B: コンバージョン測定

ファクター 備考
  • 5人のユーザー (A-E) がアプリをインストールします
  • 表に示すとおり、0~3の異なるアプリ内イベントを実行します。
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30

ユーザーにより実行されたアプリ内イベント

  イベント1 イベント2 イベント3
ユーザーA 実行済 実行済 -
ユーザーB 実行済 - 実行済
ユーザーC 実行済 実行済 -
ユーザーD 実行済 実行済 -
ユーザーE - - -
SKAdNetwork アトリビューションの設定

測定タイプを選択:コンバージョン

  • アプリ内イベントを選択:イベント1、イベント2、イベント3
  • SKAdNetworkのオーバービュー上で、コンバージョンイベントとして特定のイベントを1つ選択してください。 必要に応じて、コンバージョンのイベントは変更することも可能です。 
選択された指標

利用できるアプリ内イベント指標

指標 アプリ イベント1 イベント2 イベント3
Installs 5      
コンバージョン 4      
ユニークユーザー   4 3 1
eCPA $ 7.5      

注! 指定されたコンバージョンイベントがイベント1のため、アプリレベルの指標とイベント1の指標を計算するために値4を使用します。

 

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:5行
  • インストール:5行
  • アプリ内イベント:8行
開発者向けの考慮事項
  • ユーザーが実行するアプリ内イベントを必ず送信してください。
  • SKAdNetworkソリューションは、イベント値を無視します(収益測定に関する場合を除く)。

例C:エンゲージメントの測定

ファクター 備考

5人のユーザーがアプリをインストールし、表にある通りの回数アプリを起動しました。

アプリ起動

  イベントが実行された回数
ユーザーA 63
ユーザーB 10
ユーザーC 5
ユーザーD 1
ユーザーE -
SKAdNetwork アトリビューションの設定
  • 測定タイプの選択:エンゲージメント
  • 指定されたコンバージョンイベント:af_app_opened  注!どのイベントでも使用できます。
選択された指標

利用できる指標のサンプル

  • インストール:5
  • コンバージョン:4
  • セッション:79
レポートあたりのローデータの行数

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:5行
  • インストール:5行
  • アプリ内イベント:79行。1行は1つのセッションに相当します。
開発者向けの考慮事項

ユーザーが選択したエンゲージメントイベントを実行するたびに、アプリ内イベントを送信します。SKAdNetworkはイベントを送信する回数をカウントします。

SKAN Conversion Studio API

同様のSKANコンバージョン値の設定が必要なアプリが多数ある場合、コンバージョンスタジオ画面から各アプリのスキーマを個別に設計するのは時間がかかり、困難な場合があります。 時間と労力を節約するために、管理画面上ででSKANスキーマを一度構成してから、SKAN Conversion Studio APIを使用して、複数のアプリで同じスキーマを設定・適用できます。 注:APIは、SKAN 4またはカスタム測定モードを使用して管理画面で設定されたスキーマのみをサポートします。

SKAN Conversion Studio API を使用するには:

  1. APIトークンを取得してください(管理者(アドミン)のみがトークンを取得できます)。
  2. 認証ヘッダーで使用する APIトークンを開発者に渡します。
  3. 開発者に次のアプリ IDを提供します:
    • 管理画面で SKANスキーマが構成されているアプリ (つまり、SKAN スキーマのコピー元のアプリ)
    • 同じスキーマを持つすべてのアプリ
  4. AppsFlyer公式デベロッパーハブの SKAN Conversion Studio APIの手順 に従うようデベロッパーに伝えます。

注記

  • API を使用して、API呼び出しごとにスキーマを 1 つのアプリにコピーできます。 ただし、開発者は、必要なスキーマを複数のアプリにコピーするスクリプトを作成できます。
  • SKAN Conversion Studio API は代理店ではご利用いただけません。

その他のセットアップ

SKAN測定モードの変更

特記事項:

  • SKAN 4測定モードの使用を開始すると、以前のモードに戻すことはできません。
  • 設定を変更すると、UTC時間の午前 00:00(日本時間 午前9時)から有効になり、移行期間が開始されます。この期間中は、コンバージョン値を最新の設定内容に基づいてデコードします。ただし、現在到着するポストバックは過去に発生したインストールに関するものです。
  • レポートされるインストール数は、この設定変更に関わらず、正しい数値がレポートされます。

SKAN計測を無効にする

SKAdNetwork計測を無効にする方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。
  2. をクリックしてください。
  3. SKAdNetwork 計測をオフにします。
    そうすると、SDKはregisterAppForAdNetworkAttributionupdateConversionValue のようなSKANの機能の呼び出しを停止します。
  4. 変更を保存をクリックします。

S2S APIによるイベント計測

SKAdNetwork_-_S2S__2_.png

SDKとサーバー間API (S2S) の両方で、AppsFlyerサーバーにアプリ内イベントを送信することができます。

S2Sフローは次のとおりです。

  • 広告主のサーバーでユーザーに関するイベントが発生します。この時点では、アプリが起動しているかいないかは関係ありません。
  • 広告主のサーバーは、S2S経由でイベントをAppsFlyerにレポートします。
  • AppsFlyerは更新されたコンバージョン値を計算し、その後:
    • ユーザーのデバイスでアプリが起動している場合:SDKに更新された値を通知されます。SDKは、デバイスのiOSコンバージョン値を更新します。
    • アプリがユーザーデバイスで開いていない場合:サーバーはアプリが開くまで待機し、SDKにコンバージョン値が通知されます。これは、アクティビティ期間の期限が切れる前に発生する必要があります。通知が失敗した場合、このイベントは無視されます。

必要なSDKバージョン

  • 最新版のSDKをアプリに実装してください。注意!アプリ開発者による追加作業は何も発生しません。 

アプリ内イベントの送信をサーバー間APIで実装する方法:

  1. 次のいずれかを実行してください:
    • 選択したモードがSKAN 4またはカスタムの場合:
      • 設定変更の必要はありません。
    • 選択したモードが収益、コンバージョン、エンゲージメントの場合:
      1. AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。
      2. オプション(⋮) をクリックしてください。
      3. [S2Sイベント計測] をオンにします。
  2. S2S経由でイベントの送信

制限事項

  • 特定ユーザー向けにユーザーの匿名化の機能を実装している場合、そのユーザーについてはS2Sでイベントを送信することはできません。

SSOTを固定の計測モードで使用する

計測モード「収益」もしくは「エンゲージメント」を設定している場合、SSOT(iOS データの重複排除と正確なレポート)はサポートされていません。SSOT についてもっと知る

収益モードまたはエンゲージメントモードを設定しているときにSSOTを有効にするには

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。
  2. 現在設定している計測モードの画面下までスクロールします。
  3. + SSOTモードを追加 をクリックします。
    • SSOTトグルが自動的にオンになります。
    • 固定モードの計測範囲は最小限に調整され、SSOT計測用のコンバージョン値のスペースが確保されます。
  4. [保存] をクリックしてください。

コンバージョン値の減少

SKAN 4モードでは、コンバージョン値(CV)の計測を増減することができます。デフォルトでは、CVは増加するように設定されています。 コンバージョン値の減少を有効にすると、ポストバックには、マイナスの収益を送信するときに、以前は高かった場合でも、ウィンドウ内の最新の値が含まれます。 この機能は、3つのウィンドウすべてにわたる細かいコンバージョン値と粗いコンバージョン値に関連しています。 
注意: 広告収益の価値がマイナスになることはありません。

コンバージョン値の減少を有効にするには:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。
  2. SKAN 4.0の計測モードを選択します。
  3. options (⋮) をクリックしてオプションメニューを表示し、次の操作を行います:
    • コンバージョンの減少を許可 がオンになっていることを確認します。
      注意!これは、次の場合にのみ使用できます:
      • SKAN Conversion StudioでSKAN 4モードで保存されたアプリ。
      • 編集アクセス権を持つユーザー

マイナスの収益を送る例

CV 収益 アプリ内イベント
3 $20 - $30  
2 $10 - $20 af_add_to_cart
1 $0 - $10  
0 北米 install

 

ユーザーが $5 の購入を行った場合、CV 1 に増加します。
その後、ユーザーが 20 ドルを購入した場合、CV 3 に増加します。
その後、ユーザーは -$10 を購入しました - CV 1 に減少します。
その後、ユーザーがadd_to_cartイベントを行うと、CV 2 に増加します。

例2

ユーザーが $25の購入を実行した場合 - CV 3 に増加します。
その後、ユーザーはaf_add_to_cartをトリガーしました - CV 3 に残ります
その後、ユーザーは -$20 を購入しました - CV 1 に減少します

アプリ内スキーマの例

CV アプリ内イベント
3 af_purchase
2 af_add_to_cart
1 セッション
0 install

ユーザーがセッションイベントを実行しました - CV 1 に増加します。
その後、ユーザーが購入イベントを行った場合、CV 3 に増加します。
その後、ユーザーは別のセッションイベントを実行しました - それはCV 3に残ります。

仕様と制限事項

仕様 備考
代理店

代理店アカウントは、 広告主のSKAN Conversion Studioへのアクセスが制限されています。

粗い値 (coarse CV)

最大10個の計測要素

オーガニックアプリ内イベント

SKAN 4、カスタム、デコードモードでは、アプリ内イベントと全体的な収益のオーガニック指標は利用できません。