VidaaとAppsFlyerの連携

概要:Vidaa Connected TV (CTV) アプリにAppsFlyerを実装して、Vidaaのキャンペーンに関するアトリビューションとイベントデータを受取りましょう。

関連記事:CTVガイド

Vidaa CTVの計測について

ストリーミング用のVidaa OSは、すべてのVidaa TVで動作します。

Vidaaでストリーミングを行うCTVアプリは、API経由でAppsFlyerと連携でき、どの媒体(オーガニック)とキャンペーンがアプリ起動とアプリ内イベントを促したかというアトリビューションデータとパフォーマンス測定を受信することができます。

Vidaa API連携では以下をサポートしています。

  • Vidaa Smart TV 
  • CTV間のアトリビューションとイベントの記録。つまり、ユーザーのVidaaデバイスの計測と記録)

実装の手順

次の表では、Vidaa CTVアプリにAppsFlyerを実装するために必要なタスクを記載しています。
進捗状況を記録するために、このスプレッドシートをダウンロードしてください。

タスク アクション 作業担当者

アプリ設定

マーケティング担当者

アプリにAPIを実装

以下のイベントをAppsFlyerにレポートするコマンドを使用して、AppsFlyer Vidaa APIをCTVアプリに実装してください。

  • 初回起動
  • アプリ内イベント
  • セッション

注意

  • アプリの初回起動は、アプリ内イベントやセッションの前にレポートする必要があります。
  • device_ids パラメーターでは、custom を選択してください。

オウンドメディアエンゲージメントをレポートするには、インプレッションエンゲージメントAPIを実装します。

アプリディベロッパー
レポートの設定 ユーザーレベルデータレポートを受信するには、Data Lockerをセットアップしてください。 データエンジニア

アプリにAppsFlyer Vidaa APIを実装する

ディベロッパーは、

  • APIを実装してください。これにより、アプリは初回起動アプリ内イベント、およびセッションをレポートします。 
    注記
    • 初回起動イベントは、アプリ内イベントやセッションの前にレポートする必要があります。
    • device_ids パラメーターは、custom タイプを選択してください。
  • APIを使用してイベントを送信する必要があります。開発者にどのイベントを送信するか伝えてください。
  • オウンドメディアエンゲージメントをレポートするには、インプレッションエンゲージメントAPIを実装します。

データを見る

管理画面

オーバービューダッシュボードでは、サブスクリプション、アプリ内課金、広告マネタイズに基づいて、広告主がオーガニックユーザーの生涯価値(LTV)のパフォーマンスをリアルタイムで確認することができます。LTV指標は、アトリビューション日から現在までの期間で計算されます。

管理画面の開き方:

  • AppsFlyerで、CTVアプリを選択し、管理画面 > オーバービューへ進んでください。
    CTVに関連する設定やフィルタ、主要な指標、グラフ、表などを含む管理画面が開きます。

ヒント!管理画面上のさまざまな機能をお試しください。オーバービュー管理画面V2.0に関するガイドをご利用ください。

レポート

Vidaaのローデータレポートは、以下のリストに記載されているとおり、Data Locker経由でご利用いただけます(プレミアム機能のためご契約が必要です)。レポートタイプをクリックしてサンプルをご覧ください。

レポートで使用できる項目のリストは、 ローデータ項目の手引きにあります。

特性と制限

特性 備考
非オーガニックソース

近日リリース

リターゲティング

サポートされておらず、計測対象外です。

アプリの削除

CSMへ依頼する必要があります

アプリの移管

サポートされていません。アプリは他のAppsFlyerアカウントに移管できません。

アカウントユーザー

データへのアクセスを制限することはできません。