コネクテッドTV(CTV)とオーバーザトップ(OTT)の概要

概要: コネクテッドTV(CTV)アプリをAppsFlyerと連携し、CTVやOTT端末でのキャンペーンのアトリビューションデータやイベントデータを受信することができます。

7435_CTV_image.png

CTVのアトリビューションについて

CTVおよびOTTデバイス(単にCTVデバイスとも呼ばれる)は、テレビをインターネットに接続し、スマートテレビおよびCTVアプリやコンテンツと連携させることができます。これらのデバイスは、ケーブル、放送、衛星プラットフォームを介さずに、インターネット上でストリーミングによりオーディオおよび動画コンテンツを配信するものです(例:Netflix, Amazon Prime, Huluなど)。

CTVアプリのオーナーはAppsFlyerと連携し、CTVアプリのインストールやインストール後のイベントを促進するソース(非オーガニックまたはオーガニック)と有料キャンペーンに紐づくアトリビューションデータとパフォーマンス計測値を受け取ることができます。CTVのマーケティング担当者は、これらのデータを利用して、マーケティング活動の計測と最適化を行います。AppsFlyerのアトリビューションについて詳しくはこちら

注意: この記事は、CTVデバイスからCTVアプリへのアトリビューションを対象としています。

対応CTV端末一覧

CTV端末の種類 ロゴ AppsFlyerとの連携方法
Android TV androidtv2.png AppsFlyer Android SDK
tvOS (Apple TV) appletv.png AppsFlyer iOS SDK
Amazon Fire TV amazonfiretv.png AppsFlyer Android SDK
Chromecast chromecast.png AppsFlyer Android SDK
Roku roku.png AppsFlyer CTV API
Vizio VIZIO_Logo.jpg AppsFlyer CTV API
Samsung Samsung-logo.png AppsFlyer CTV API
LG LG_logo_Free_Download_Image.png AppsFlyer CTV API

レポートと管理画面

AppsFlyerのレポートと管理画面により、広告主は非オーガニックユーザーとオーガニックユーザーの生涯価値(LTV)を サブスクリプション登録、アプリ内購入、広告マネタイズに基づいて リアルタイムで把握できます。LTV指標は、アトリビューション日から現在までの期間で計算されます。

AppsFlyerは以下のCTVデータを提供します:

次の表は、サポートされるCTVデバイスタイプごとに利用可能な重要なアトリビューション指標とメトリックをまとめたものです。

CTV端末の種類 サポートされているメディアソース 利用可能なディメンション 利用できる指標
端末ID IPアドレス インプレッション Clicks Installs アプリ内イベント
Android TV すべて GAID
tvOS (Apple TV) すべて IDFA - -
Amazon Fire TV すべて amazon_fire_id
Chromecast すべて advertising_id
Roku Roku & オーガニック RIDA - -
Vizio Vizio & オーガニック VIDA - -
Samsung オーガニック TIFA - -
LG オーガニック LGUDID - -

特性と制限

特性 備考
管理画面

Rokuの場合、OverviewダッシュボードのCTV表示モードでのみ利用可能です。

レポート

Roku, Vizio, Samsungの場合、ローデータレポートはData Locker経由でのみ利用できます(プレミアム機能 - ご契約が必要です)。

この記事は役に立ちましたか?