アプリの追加

概要:AppsFlyerにアプリを追加して、インストールとアプリ内イベントを記録し、正しいメディアソースに成果を紐づけましょう。

アプリの追加

管理画面にアプリを追加していない場合は、最初に表示される画面でアプリを追加するように促されます。さらにアプリを追加するには、My Apps ページを開き、アプリを追加ボタンをクリックします。次に、以下のタブで説明するとおり手順に従ってください。

 注記

  • アプリの追加権限があるアカウントアドミンとチームメンバーのみがアプリを追加できます。
  • ウィザードを完了するにつれ、以前に選択したオプションに応じて、使用可能なオプションが異なります。

アプリの詳細を追加

Add_an_app_step_1
  1. アプリを実行するプラットフォームを選択してください。

    • Android
    • iOS
    • Windows
  2. 次の表にあるオプションに基づいてアプリステータスを選択してください。

    ステータス いつ選択すべきか

    In store(ストア公開済み)

    アプリは現在、iOS App Store、Google Play、Windows Phone Storeのいずれかのアプリストアで利用できます。

    承認待ち/未公開

    アプリはまだ公開されていないか、ストアから承認待ちです(これは、AppsFlyer SDKの実装テストをするためにアプリをデバッグする場合に有効です)。

     

    承認待ちアプリが公開された場合、AppsFlyerは自動的にステータスを更新しますので、再度アプリを追加する必要はありません。承認待ちアプリと手動でそのステータスを更新する手順についての詳細を参照してください。

     

    管理画面の承認待ちステータスは、データ収集と計測には影響しません。アプリがアプリストアで公開され、ユーザーがインストールしアプリを使用すると、インストールとアプリ内イベントのデータが同じように記録されます。

    3rd-party app store(サードパーティ ストア アプリ)

    (Androidアプリにのみ表示されるオプション)

    アプリがGoogle Play以外のAndoridアプリストアで公開されています。

    重要:

    複数のAndroidアプリストアでアプリが公開されている場合(つまり、Google Playとサードパーティアプリストアのいずれかの組み合わせ)、複数ストアでのAndroid計測を設定するオプションを検討することが重要です。リリース当初から正しい実装をすることで、必要なデータを必要な形式でアクセスできるようになります。

  3. 次の表のオプションに基づいて追加の詳細情報を入力してください。

    プラットフォーム

    (ステップ1より)

    ステータス

    (ステップ2より)

    詳細
    Android

    In store(ストア公開済み)

    Google Play URL (Google Playよりコピーされたもの)

    • 例:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appsflyer.adNetworkTest
    承認待ち/未公開

    Androidパッケージ名

    • 例: com.appsflyer.adNetworkTest
    • 注:パッケージ名は大文字と小文字が区別されます

    サードパーティストア

    Androidパッケージ名

    • 例: com.appsflyer.adNetworkTest
    • 注:パッケージ名は大文字と小文字が区別されます

     

    チャネル名:ストア用に用意した個々のAPKで、サードパーティストアごとに設定した一意の名前

    • 例:Amazon

     

    アプリURL (サードパーティアプリストアからコピーされたもの)

    iOS

    In store(ストア公開済み)

    App Store URL (App Storeからコピーしたもの)

    • 例:https://apps.apple.com/us/app/partner-integrations/id1543229303
    • 注:
      • URL内にストアを特定する2文字の国コードが含まれていることを確認してください(上記の例では、URL内の us
      • 2019年6月14日以前にApp Storeに追加されたアプリは、URLに(apps.apple.com の代わりに)itunes.apple.com が含まれています。
    承認待ち/未公開

    アプリが提出されたApp Storeの

     

    App Storeによって割当てられたアプリID、最初につく id を付けずに入力。

    • 例: 1543229303
    Windows

    In store(ストア公開済み)

    Windows Phone Store URL (Windows Phone Storeよりコピーされたもの)

    • 例:https://www.microsoft.com/en-us/p/wordament/9wzdncrfhwfg

    承認待ち/未公開

    Windows Phone Storeによって割り当てられたアプリID

    • 例: 9wzdncrfhwfg
    • 注:アプリIDは大文字と小文字が区別されます

タイムゾーンと通貨の設定

Add_an_app_step_2

タイムゾーン:アプリのタイムゾーンは、他の計測パートナー(FacebookやGoogle Ads等)の設定と合わせてください。こうすることでAppsFlyer管理画面で報告されたデータと、これらのパートナーから受け取ったデータ間で最も近い一致が計測できます。アプリのタイムゾーンの設定とその影響について詳細はこちら

通貨:管理画面でアプリデータを表示するための通貨を選択します。収益やコストイベントは、イベント発生時の有効な為替レートを使用して、この通貨に変換されます。アプリの通貨設定とその影響について詳細はこちら

重要:

このアプリで使用する通貨を選択する際は、一度コストと収益が記録されると変更できませんのでご注意ください。

トラブルシューティング

一般的な問題とその解決策は次のとおりです。

アプリが追加されません

この問題が発生する場合は、担当CSMまたは hello@appsflyer.com までお問い合わせください。

アプリがストアにありません

適切なアプリ名/IDを使用して正しいストアURLをコピーしているかご確認ください。

マーケットプレイスにアクセスできません

このエラーは、米国以外のストアからのAndroidアプリを追加する際に発生することがあります。解決するには、次の手順に従ってください。

  1. 前述の手順に従って、承認待ち/未公開のステータスのアプリを追加してください。
  2. AppsFlyerのアプリ設定ページを開きます。
  3. アプリストアの国を正しい国(例、Japan)に変更します。

アプリが追加されたあと、AppsFlyerは自動的にアプリがリリースされたことを検知し、それに応じてステータスを更新します。

この記事は役に立ちましたか?