ピボットレポート:ユーザー獲得指標

概要:LTV(顧客生涯価値)、アクティビティ、Protect360、リテンションなどのユーザー獲得指標を確認しましょう。自社BIシステムに取り込むためにCSVファイルをダウンロードできます。Pivotレポートでは、1つのクエリに複数アプリを含めることができます。Pivotは、Master APIコールを生成するために使用されます。

Full_Funnel.gif

ピボットレポート画面

ピボットを使用することで、ユーザー獲得に関する指標を含むカスタマイズされたレポートを生成できます。ピボット機能には、カスタマイズしたレポートを作成するベースとして使用できる事前定義されたレポートが多数用意してあります。特定のチームメンバーによって作成されたレポートは、すべてのチームメンバーがアクセスできます。

事前に定義されたピボットレポート:

  • 日付別メディアソース
  • 全階層
  • コスト分析

ピボットの手順

ユーザーインタフェースで既存のピボットを作成および変更します。これを行うには、以降のセクションの手順に従ってください。

ピボットの使用方法

  • AppsFlyerにて、レポート > ピボットを開きます。
    これまでに作成されたレポートの一覧が表示されます。

ピボットページ:操作オプション

カラム/オプション 説明
名称 レポート名を選択して、ピボットを表示します。
カラムのクリック

インタフェースに示すとおり、カラム名をクリックして並び替えられる列もあります。

最終更新日 レポート構成が最後に更新された日。
最終更新日 ピボットを変更したチームメンバーの名前。
アプリ名
  • 1つのアプリのみが含まれる場合:アプリ名が表示されます
  • 複数のアプリが含まれる場合:アプリの数が表示されます
アクション
アクション 備考
複製 既存のピボットレポートをコピーします。
名前を編集 レポートの名前を編集します。
履歴ログを表示 誰がレポートの構成を編集し、どんな変更がいつ行われたかを確認します。
マスタ―APIリンクをコピー

Master API経由でデータを取得するためのURLを生成します。
:管理者がURLをコピーすると、認証トークンが含まれます。一方、チームメンバーがURLをコピーすると、トークンは含まれません。この場合、管理者がチームメンバーにV1認証トークンを提供する必要があります。

削除 選択したピボットを削除します。

ピボットレポートの追加

ピボットレポートを追加する方法

  1. ピボットを追加をクリックします。
    新しいピボット画面が開きます。
  2. ピボット名を入力します。
  3. 登録をクリックします。
    ピボットの追加画面が開きます。
  4. アプリ、ディメンション、指標を選択します。フィルタと値の表示設定を設定します。
    セクション 説明
    アプリ数

    ピボットに含めるアプリを1つ以上選択します。

    ディメンション:

    ディメンションを使用して、ピボットレポートをグループ化、構成、並べ替えることができます。

    ディメンションを選択する方法

    1. ディメンションをクリックします。
    2. ディメンションを選択し、追加したいセクションまでドラッグします。ディメンションは、ピボットに次の影響があります。

      • :行に配置されたディメンションにより、グループ化の階層が決まります。
      • :列に配置されたディメンションにより、ディメンションの値に応じて結果の列が増えます。
    KPI

    KPIは、次のようにタイプごとにグループ化されます。

    • LTV
    • Activity
    • リテンション:リテンション日、リテンション率。:リテンションの選択肢までスクロールダウンし、リテンション率とProtect360を選択します(Protect360が有効なアカウントのみ)。
    • 指標について。

    ほとんどの場合、値セクションにKPIを配置します。必要に応じて、KPIはディメンションとして使用できます。

    KPIを関連するセクションにドラッグ&ドロップします。

    各KPIとごに、演算子を選択して計算方法を設定します。

    • 合計
    • カウント
    • Max
    • Min
    フィルター

    フィルタセクションに必要なフィルタを配置します。フィルタの設定方法を選択します。

    • テキスト
    • Multi-select

ピボットレポートの表示

ピボットレポートを表示する方法

  • ピボットページで表示するレポートを選択します。
レポートの表示オプション
セクション 説明
(1) 選択したディメンション

最初の列には、レポートのグループ化として選択されたディメンションが含まれています。ディメンションはピボットの編集で設定された順序に従ってグループ化されます。上記の例では、プライマリディメンションはアプリ名で、次にメディアソース、最後にインストール日と続きます。

(2) 指標 残りの列には、ピボットの編集ページでとして選択されたKPIが表示されます。上記の例では、最初のKPIはインプレッションで、その次にクリック、インストール等が表示されています。
(3) フィルタ

ピボットの編集ページで設定したレポートのフィルタがここに表示されます。フィルタの文字列を入力するか、ドロップダウンから複数アイテムを選択できます。

(4) 選択した日付 日付範囲の選択ウィンドウを使用して特定の日付を選択します。独自のカスタム日付範囲を選択するか、既定の日付範囲ボタンのいずれか1つを使用します。
(5) アクション ピボットレポートの一覧ページで利用できるアクションと同じものが、ピボットレポートごとに利用できます。

特性と制限

特性と制限

ピボットレポートの特徴
特性 備考
アドネットワークのレポートへのアクセス いいえ 
代理店アクセス

いいえ

代理店への運用詳細の開示 はい
アプリ固有のタイムゾーン

はい

例外:以下のすべての場合で、AppsFlyerはアプリ固有のタイムゾーンを無視し、UTC +0であるデフォルトのタイムゾーンを使用します。

  • レポートに複数のアプリのデータが含まれており、それぞれのアプリのタイムゾーンが異なる場合。
  • 全てのアプリのタイムゾーンは同じだが、コホートレポート期間中に少なくとも1つのアプリのタイムゾーンが変更された場合レポートの期間の決定において:
    • 開始日:コンバージョン日付範囲の最初の日付。
    • 終了日:表示期間の日数をコンバージョン日付範囲の最後の日付に加算して計算されます。例:最終日:2019年1月1日レポート期間:30日終了日:2019年1月31日
アプリ固有の通貨 結果はUSDで返されます。
オーガニックデータ 含まれています
非オーガニックデータ 含まれています
データの更新頻度 データの更新頻度:毎日。データの更新頻度は、Master APIと同じです。
チームメンバーアクセス はい
ピボットレポートの制限事項
制限事項 備考
リターゲティングデータ コホートを使用してリターゲティングデータを確認してください。
コストデータ
AppsFlyerは、主にコストAPIを介してコストデータを取得します。データは連携パートナーによって提供されます。連携パートナーごとのディメンションの一覧
eCPI
eCPI値を取得するには、コストとインストールの両方をレポートに含めてください。
この記事は役に立ちましたか?