Google Ads (AdWords) の連携設定

概要:Google Ads アカウントを AppsFlyer と連携することで、全てのキャンペーンのアトリビューションデータを表示できます。 

 重要:

新しい Google EU 同意ポリシーのサポートの公開情報をご覧ください。

Google Ads を使用する

Google Ads のユーザーインターフェースでは、iOS と Android デバイス向けの アプリキャンペーンのみ設定が可能です。

他プラットフォーム(例:Windows Phone 等)からのユーザーを Google Ads の成果に紐づけるには、 ランディングページを利用する必要があります。

アプリキャンペーン以外の広告を設定する方法については、Google 担当者にお問い合わせください。

広告主向け Google Ads アトリビューションの設定

AppsFlyer で Google Ads キャンペーンのアトリビューションを開始するには、次のステップを実行します:

 注意

Google Ads と連携する際の前提条件として、アプリで IDFA/GAID を収集する必要があります。詳細については、SDK 連携ガイドを参照してください。

 動画
 読む

ステップ 1:Google Ads のリンク ID を作成する(必須)

リンク ID を作成するには、アカウントへの Google Ads アクセスが必要です。

  1. Google Ads 管理者アカウントにログインします。
  2. トップメニューからツールと設定をクリックします。
  3. 設定メニューでデータマネージャーを選択し、+ 製品を接続 をクリックします。
  4. データソース検索バーに、「サードパーティアプリ分析」と入力して選択し、続行をクリックします。
  5. リンク ID を作成をクリックします。
  6. アプリ分析プロバイダーとしてAppsFlyerを選択してください。
  7. プラットフォームを選択します:Android または iOS 。
  8. アプリを見つけて選択します。
  9. リンク ID を作成をクリックします。

ステップ 2:AppsFlyer で Google Ads をセットアップする(必須)

(AppsFlyerのアカウントを所有するすべてのメンバー)

  1. AppsFlyerのサイドメニューから 共同作業 >  パートナーマーケットプレイスを選択します。
  2. Google Adsを検索し選択してください。
  3. 連携の設定をクリックしてください。連携の設定ページに移動します。 
  4. 連携タブから、パートナーを有効化するをオンにします。
    注:このトグルは、このパートナーとの作業を続ける限りオン(有効)のままにしておく必要があります
  5. 前の手順でコピーしたリンク ID を貼り付けてください。
  6. 非 EU ユーザーを有効にするかどうかを決定します。

    non eu usrs.png

  7. インストールアトリビューションの設定:
    1. インストールクリックスルールックバック期間を設定します。
      時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ルックバック期間を Google Ads側の設定と同じ30日に設定することをお勧めします。
    2. [オプション] Android アプリの事前登録キャンペーンを実施する場合は、事前登録キャンペーンのルックバック期間(デフォルト90日)を設定してください。このスライダーは、インストールを事前登録キャンペーンに紐づけるためのルックバック期間を定義します。
    3. インストールビュースルーアトリビューションを有効にします。
    4. 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ビュースルールックバック期間をGoogle Ads側の設定と同じ1日に設定することをお勧めします。
      注記:Google は、iOS のアプリインプレッションに対するクレームを送信しません。インストールビュースルーアトリビューションのトグルとルックバック期間のスライドバーは、iOS アプリには適用されません。

  8. 再インストールのアトリビューションを有効にするには、再インストールアトリビューションをオンにしてください。
    インストールアトリビューションの設定から値が取得されるため、リインストールのアトリビューション設定のためのルックバック期間を設定する必要はありません。

     重要!

    再インストールコンバージョンデータは、Google Ads管理画面ではsession_startとして表示されます。AppsFlyerでは、リアトリビューションと計測され、表示されます。

  9. リエンゲージメントアトリビューションの設定:
    1. アプリ設定でリターゲティングを有効にしてください
    2. リエンゲージメントアトリビューションを有効にします。
    3. リエンゲージメント クリックスルー ルックバック期間を設定します。これは広告クリックがリエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告クリック発生からアプリが起動されるまでの期間を指します。時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    4. リエンゲージメントCVのビュースルーアトリビューションをオンにしてください。
      注記:Google は、iOS のアプリインプレッションに対するクレームを送信しません。インストールビュースルーアトリビューションのトグルとルックバック期間のスライドバーは、iOS アプリには適用されません。
    5. リエンゲージメントビュースルールックバック期間を設定します。これは、 リエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告インプレッションからアプリ起動までの期間を指します。時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    6. リエンゲージメント期間を設定します。これは、クリックまたはインプレッションが発生した後、ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティング広告の成果に紐づく期間を指します。値には、日数(1~90)、時間数(最大23)またはLifetime(無限)を設定できます。デフォルトは30日です。

  10. Google Ads の iOS アプリ拡張機能をご利用の場合:
    広告リンクからアトリビューションを取得するには、アトリビューションリンク タブを開き、AppsFlyer 単一プラットフォームのアトリビューションリンクを作成し、Google Ads アプリ拡張機能に挿入します。
    注記:必ず静的なキャンペーン名を追加してください(必須)。

  11. [コスト]タブを開きます。
  12. コスト、クリック、インプレッションのデータを取得を有効にします。
  13. Google Ads に接続 ボタンをクリックして、Google アカウントにログインし、全ての Google Ads キャンペーンのコストを AppsFlyer で取得します。 詳細はこちらを参照してください。
  14. 保存をクリックしてください。

 ストップ!

AppsFlyer で Google Ads のインストールを確認するには、ステップ4 を実行する必要があります。
アプリ内イベントも Google Ads にマッピングする必要がある場合は、まずステップ3を実行してください。

ステップ 3:アプリ内イベントをマッピングする(推奨)

(AppsFlyerのアカウントに接続されたいずれかのメンバー)

In-app_event_postbacks_en-us.png
  1. 連携タブを開き、アプリ内イベントポストバックセクションへスクロールダウンしてください。

     注意

    Google Adsのアプリ内イベントマッピングを初めて有効にする場合

    • af_app_opened イベントは自動的に設定され、session_start にマッピングされます(そうでない場合は、手動で追加してください)。
    • Google Adsがこれらのイベントを受信できるようにするには、送信オプションにて、各イベントに対して オーガニックを含むすべてのメディアソース を選択する必要があります。連携が正常に設定された後、各イベントの送信オプションを変更することができます。
  2. アプリ内イベントポストバックを有効にします。
  3. イベントを追加するをクリックして、SDKまたはS2Sイベントをリストに追加してください。
  4. 次のパラメーターを設定します。
    パラメーター名 説明
    AppsFlyerイベント

    アプリに実装されているSDKまたはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
    ヒント:お探しのイベントが見つかりませんか?

    • デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。
    • AppsFlyerイベントにイベントを入力し、カスタムイベントを作成をクリックしてください。カスタムイベントのマッピングについてご参照ください。

    パートナー側のイベント名

    Google Adsで定義されている各イベントの一意の名前またはID。オプションは以下の通りです:

    • テキストフィールド:Google Ads から対応するイベント ID を取得してください。
    • ドロップダウンボックス:最適な事前定義された AppsFlyer イベントを選択します。
    • 現状のまま:イベント名のマッピングなしで、イベントをそのまま送信します。

    送信ユーザーの流入元:

    最適なイベントの送信オプションを選択します。

    • このパートナーのみ:このイベントが Google Ads の成果に紐づく場合のみポストバックを送信します。
    • オーガニックを含む全メディアソース:任意のパートナーに帰属するイベントやオーガニックイベントのポストバックを送信します。
    以下を含む:
    • データなし (デフォルト):イベント値なしでイベント自体のみを送信します。
    • 値も収益も送信:収益値を含む全てのイベントパラメーターを送信します(イベント内にある場合)。
    • 収益は送信せず、イベント値のみ送信:収益値以外のすべてのパラメーターを送信します。
  5. 連携を保存をクリックします。
  6. 連携を保存したあとは、このパートナーの連携画面にいるうちに、より多くのアプリをこのパートナーと連携することができます。
    1. 左上のパートナー名の下にある、アプリ名をクリックしてアプリ一覧を開いてください。 
    2. ドロップダウンリストから別のアプリを選択してください。
    3. 選択したアプリで、連携ステップを再度実施してください。

ステップ4:アプリのコンバージョンを測定する (必須)

 重要:

Google Adsで新しいコンバージョンを登録するには、アプリを起動して、マッピングされているアプリ内イベントを1回以上実行する必要があります。iOSアプリをテストする場合、イベントを確認するにはIDFAを収集する必要があります。イベントコンバージョンがキューに追加されるまでに最大 6時間かかる場合があります。イベントが追加されると、インポートできるようになります。または、新しいコンバージョンのステータスが「No recent conversion」(最近のコンバージョンなし)から、「recording conversion」(コンバージョン記録中)に変更します。

このステップでは、リンク ID を作成するための、アカウントへの Google 管理者権限が必要です。

Google Ads ヘルプドキュメントに記載されている手順に従ってください。次の点に注意してください。

  • ステップ7では、 全てのアプリで first_open の横にあるボックスと、インポートしたい各イベントのボックスに全てチェックを入れます。Google Ads のパートナーイベント識別子が変更されたり、CUSTOM と表示されているのに、AppsFlyer で対応するイベント名が変更されたりした場合は、データを再インポートする必要があります。
  • 処理が完了すると、コンバージョン > 概要ページにサードパーティーのコンバージョンイベントが表示されます。イベントがリストに表示されないか、Google Ads のコンバージョンリストから削除された場合
    1. すべてのコンバージョンアクションを表示をクリックします。ステータスフィルターが表示されます。
    2. ステータス をクリックし、すべて を選択すると、無効になったイベントや削除されたイベントを含むすべてのイベントが表示されます。
  • 「コンバージョンに含む」設定が、Google Ads でのキャンペーン目標に合致するようにしてください。詳細については、Google 担当者にお問い合わせになるか、こちらの Google ドキュメントをご覧ください。

おめでとうございます!これで、AppsFlyer を使って Google Ads のモバイルキャンペーンを測定できるようになりました!

 ヒント

Google Ads の API 連携には、Google Ads リマーケティング機能が自動的に含まれます。この連携を完了し、イベントをGoogle Ads に送信することにより、追加の連携を必要とせずに、Google Adsでリマーケティングのオーディエンスリストを作成できます。

Google Ads チームメンバーに権限を付与する

アカウントの特定のデータにアクセスするための Google Ads の権限を付与できます。 これは、アプリごとに[権限]タブの下のGoogle Ads設定ページで行うことができます。

これらの権限を取得してアプリにアクセスできるようにするには、Google Ads 担当者が AppsFlyer の Google Ads パートナーアカウントのチームメンバーである必要があります。

Google のプライバシー要件により、Googleは、広告主から明示的に要求された場合にのみ、AppsFlyer パートナーアカウントに新しいチームメンバーを追加できます。

Google Ads チームメンバーにアプリへのアクセスを許可するには、次の手順を行って下さい。

  1. このフォーム に記入し、アカウントマネージャーに AppsFlyer の Google パートナーアカウントに追加するようリクエストを提出してください。
  2. Google Ads から、GA アカウントマネージャーが追加されたという連絡があるまでお待ちください。
  3. 設定 > 連携済みパートナー > Google Ads > 権限タブ に移動し、チームメンバーのリストに担当のアカウントマネージャーのメールアドレスを追加します。
  4. Google Ads アカウントマネージャーに付与したい権限を有効にします。

詳細はアドネットワークに権限を付与するをご覧ください。

代理店の Google Ads アトリビューションを可能にする

AppsFlyer では、Google Ads の代理店設定をサポートしています。AppsFlyerでデータのアトリビューションを正しく行うには、広告主と代理店が個別のGoogle Adsアカウントを使用していることが重要です。詳細はこちらをクリックしてください。

複数の Google Ads アカウントを運用する

AppsFlyer では、同じアプリで複数の Google Ads アカウントを使用できます。このためには、Google Ads のリンクIDを共有し、イベントをそれぞれの Google Ads アカウントにインポートします。

Google Ads のリンクID を共有する方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

iOS アプリキャンペーン

注記:このセクションは、インストール向けのアプリキャンペーンが対象で、エンゲージメント向けのアプリキャンペーンは対象では ありません

2021年1月27日に、iOS14のリリースに対応するために、Google はポリシーのアップデートを発表しました。

ATTの施行が開始されてからは、Google の iOS アプリには ATT の同意を求めるプロンプトが表示されないため、Google Ads のプロダクトでは ATT の結果得られる IDFA の利用を停止しています。

一方で、レポートとキャンペーンの最適化を維持するために、Google は推定コンバージョンを iOS14以上のトラフィックに拡大しました。

推定コンバージョンはデバイス ID に依存しないため、iOS14.5のリリース以降、Google が使用している iOSのアプリインストールキャンペーンのインベントリロジックは以下の通りです:

  • iOS の ACI キャンペーンにおいて、「検索」チャネル / インベントリは計測されません。(2020年1月24日発表のポリシーより)
  • iOS の ACI キャンペーンにおいて、「Youtube」チャネル / インベントリは計測されません。これは、YouTubeアプリが ATT を実装しておらず、IDFAを利用できないためです。
  • iOS の ACI キャンペーンにおいて、「Display」チャネル / インベントリは広告IDが存在する場合に限り、つまり広告主アプリとパブリッシャー側のアプリの両方で ATT の同意が得られた場合にのみ、計測が可能です。

アプリキャンペーンでのディファードディープリンクの使用

ディープリンクとは?

潜在的なユーザーがフィードをクリックすると、アプリページにリダイレクトページされます。ユーザーがアプリをインストールし起動すると、SDK はディファードディープリンクで特定の商品詳細(例えばランニングシューズ)を提供します。アプリ開発者は、このデータを使用して、アプリ内で関連性のあるユーザーエクスペリエンスを提供します。

 Googleのディファードディープリンク

アプリキャンペーンまたは広告グループのディファードディープリンクのGoogleフィードを利用すると、新規モバイルユーザーにコンテンツ固有のエクスペリエンスをスムーズに提供できます。Googleでは、フィードまたは広告グループのいずれかにディープリンクを設定できるようになっており、AppsFlyerはディファードディープリンクのどちらの場合もサポートしています。 

Google Ads でディファードディープリンクを有効にする方法:

  1. AppsFlyer SDK で、GCD を使用して、af_dpパラメーターを受け取るようにしてください。 
  2. Google管理画面で、フィードを設定するか、広告グループレベルのディファードディープリンクを設定します。
  3. AppsFlyer 内で、設定 > 連携済みパートナーに移動します。 Google Ads (Adwords) を選択します。
  4. 連携タブで、Google広告のディファードディープリンクを有効に設定します。。
  5. 連携を保存をクリックします。

Google Ads のパラメーターマッピング

以下の表では、Google Ads と AppsFlyer 間のパラメーターマッピングを示しています。パーソナライズされたパラメーターを Google Ads キャンペーンに追加することはできませんのでご注意ください。

ネットワークタイプ

検索 ディスプレイ YouTube
チャネル(af_channel) 以下の表にてチャネルパラメーターの入力方法を参照してください
キャンペーン (c) はい はい はい

キャンペーンID(af_c_id)

はい はい はい
広告セット(af_adset)
ad_group_name パラメーターによって入力されます。
パラメーターが null の場合、AFは af_adset に ad_group_id を入力します。
はい はい はい
Googleの ad_group_id パラメーターにより入力される広告セットID (af_adset_id) はい はい はい

広告 (af_ad)

N/A N/A N/A
広告ID(af_ad_id) N/A N/A N/A
広告タイプ(af_ad_type) はい* はい* はい*
サイトID(af_siteid) GoogleSearch/
SearchPartners
N/A YouTubeVideos/
VideoPartners
Keywords N/A N/A N/A

チャネルパラメーターを入力する方法

Google Adsは Channel(af_channel)パラメーターを送信しません。AppsFlyerは以下のルールに基づいて、Google Adsから受信したキャンペーンタイプに対し、このパラメーターをどのように入力するかを決定します。

キャンペーンタイプ及びネットワークタイプのロジック チャネル パラメーター
campaign_type network_type
ACIACEACPREShopping、または Hotel

全てのネットワークタイプ

campaign_type_network_type channel = ACI_Search

以下ではない場合:

ACIACEACPREShopping、または Hotel
ディスプレイ network_subtype channel = mGDN

以下ではない場合:

ACIACEACPREShopping、または Hotel

以下ではない場合:

ディスプレイ
network_type channel = Search

Google の応答で利用可能な広告タイプの詳細については、こちらをご覧ください。

キャンペーンタイプ:アプリキャンペーン

Google Ads によるキャンペーン名の変更

  2021年2月15日まで 2021年2月23日以降
UAC ACI
UACE ACE
UACPre ACPRE

注記:キャンペーン名のタイプは、インストール日ではなく、クリックまたはインプレッション日に基づいて設定されます。 

ローデータレポート内のエンゲージビューのパラメーター

Engaged View - エンゲージ(接触)したインプレッションとは、ユーザーが10秒以上続けて動画広告を閲覧したことを指します。これはクリックとしてカウントされます。Android の場合、これらはローデータレポートに表示され、「サブパラメーター 5」が入力されます。
このパラメータは、AppsFlyerで定義されたクリックルックバック期間内にエンゲージビューが発生した場合に表示されますが、最大で3日間です。

 重要!

  • Googleは、SRN(セルフレポーティング型ネットワーク)です。このようなネットワークでのアトリビューションフローの詳しい仕組みについては、こちらをクリックしてください。
  • AppsFlyerでは、Googleの提供するすべてのキャンペーン情報を表示できます。キャンペーンタイプ(検索、動画、ディスプレイ)、および関連付けられた情報はGoogleによって決定されます。詳細については、こちらをご覧ください。

デバイスIDがないコンバージョンでGoogle Adsキャンペーンを最適化する

iOS 14.5 以降と Android 12 以降から、Google Ads ではいくつかの識別子が導入されました。これらの識別子は、デバイスIDのないコンバージョンの決定論アトリビューションに使用されます。

識別子 利用可能日 ソース OS 用途 データ粒度
gclid 2021年12月 Google Play referrer Android インストール ユーザーレベル
gclid 2021年12月 Deeplink URL Android + iOS リエンゲージメント ユーザーレベル
gbraid 2021年3月 Deeplink URL iOS リエンゲージメント 集計

AppsFlyerがこれらの識別子を受信しGoogle Adsのポストバックで送信すると、それらに基づいてGoogle Adsはコンバージョンの成果を主張します。AppsFlyer はクレームを使用し、アトリビューションと LTV イベントの関連付けのためのパラメーターを考慮します。
これらのパラメーターを受信するために広告主側で必要なアクションはありません。

オペレーティングシステム別のデータの可用性

Android アプリ:

AppsFlyer と Google Ads では、広告主様はインストールとリエンゲージメントの両方に対する、デバイスIDなしのトラフィックの完全なキャンペーンデータを受信できます。

iOS アプリ:

Google Ads と AppsFlyer では、広告主様はリエンゲージメントのアクティビティに対するデバイスID なしのトラフィックの完全なキャンペーンデータを受信できます。

参照: