Google Ads(AdWords)ガイド

オンライン広告プラットフォームのGoogle Adsは、AppsFlyerとGoogle Adsの連携により、直接成果をレポートすることができます。

Google Adsを使用する

Google Adsのユーザーインターフェースでは、iOSとAndroid端末向けの アプリキャンペーンのみ設定が可能です。

他プラットフォーム(例:Windows Phone等)からのユーザーをGoogle Adsの成果に紐づけるには、 ランディングページを利用する必要があります。

アプリキャンペーン以外の広告を設定する方法については、Google担当者にお問い合わせください。

広告主向けGoogle Adsアトリビューションの設定

AppsFlyerでGoogle Adsキャンペーンのトラッキングを開始するには、次のステップを実行します:

 注意

Google Adsと連携する際の前提条件として、アプリでIDFA/GAIDを収集する必要があります。詳細については、AndroidまたはiOS用のSDK連携ガイドを参照してください。

 見る

 読む

ステップ1:Google AdsのリンクIDを作成する(必須)

(Google Adsの管理者のみ)

  1. Google Adsの管理画面に移動して、右上隅にあるツールアイコンをクリックします。
  2. [Setup](セットアップ)で [Linked accounts](リンク済みアカウント)を選択します。

  3. [Third-party app analytics](サードパーティのアプリ分析 )ボックスで、[DETAILS](詳細)をクリックします。

  4. 「+」ボタンをクリックします。

  5. [App analytics provider](アプリアナリティクスプロバイダー)のリストから、[AppsFlyer] を選択します。

  6. モバイルアプリのプラットフォームとしてiOSまたはAndroidを選択し、[Look up your app](アプリの検索)で関連アプリを選択します。

  7. [CREATE LINK ID](リンクIDを作成)をクリックします。

  8. 新しいリンクIDをコピーします。リンクIDにより、Google広告で自分のモバイルアプリをユニークに識別できます。

  9. 注意:この手順を繰り返し、各モバイルアプリで固有のリンクIDを作成する必要があります。

ステップ2:AppsFlyerでGoogle広告をセットアップする(必須)

(AppsFlyerのアカウントを所有するすべてのメンバー)

  1. AppsFlyerでアプリの管理画面に移動し、[Integrated Partners](連携済みパートナー)をクリックします。

  2. [Google Ads] を選択します。

    gads-search.png

  3. パートナーを有効にし、コピーしたリンクIDを貼り付けます。
  4. インストールアトリビューションの設定:
    1.  インストールクリックスルールックバック期間を設定します
      時間または日単位でルックバックウィンドウを選択し、スライダーを希望の値に設定します。ルックバック期間を Google Ads側の設定と同じ30日に設定することをお勧めします。
    2. インストールビュースルーアトリビューションを有効にする
    3. 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。ビュースルールックバック期間をGoogle Ads側の設定と同じ1日に設定することをお勧めします。

      Gads_integration_tab.png

  5. 再インストールアトリビューション
    • リインストールをアトリビュートするには、設定をオン(青)にします。
    • 値はインストールアトリビューションの設定から取得されるため、ビュースルーアトリビューションを有効にしたり、リインストールアトリビューションのルックバック期間を設定したりする必要はありません。

       重要:

      リインストールコンバージョンデータは、Google Ads管理画面ではsession_startとして表示されます。AppsFlyerでは、リアトリビューションと計測され、表示されます。

  6. リエンゲージメントアトリビューションの設定:
    1. アプリ設定からリターゲティングを有効化します
    2.  リエンゲージメントアトリビューションを有効にします。
    3. リエンゲージメントクリックスルールックバック期間を設定します。これは 広告クリックがリエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告クリック発生からアプリが起動されるまでの期間を指します。 時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    4.  リエンゲージメントビュースルーアトリビューションを有効にする。
      重要 -  リエンゲージメントビュースルーアトリビューションをGoogle Adsで有効化するには、AppsFlyerでの設定に加えて、直接Google Adsへ問い合わせる必要があります。
    5. リエンゲージメントビュースルールックバック期間を設定します。これは、 リエンゲージメントとしてアトリビューションされるために、広告インプレッションからアプリ起動までの期間を指します。 時間または日単位でルックバックウィンドウを選択し、スライダーを希望の値に設定します。
    6. リエンゲージメント期間を設定します。これは、クリックまたはインプレッションが発生した後、ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティング広告の成果に紐づく期間を指します。値には、日数(1~90)、時間数(最大23)またはLifetime(無限)を設定できます。デフォルトは30日です。

      re-engagement_attribution.png

  7. [コスト]タブを開きます。
  8. [コスト、クリック、インプレッションのデータを取得]をオンにします。
  9. Connect Google Ads ボタンをクリックして、Googleアカウントにログインし、全てのGoogle AdsキャンペーンのコストをAppsFlyerで取得します。 詳細は こちらを参照してください。

    adwords_cost_tab.png

  10. [Save](保存)をクリックします。

ストップ!

AppsFlyerでGoogle Adsのインストールを確認するには、 ステップ4 を実行する必要があります。
アプリ内イベントもGoogle Adsにマッピングする必要がある場合は、まずステップ3を実行してください。

ステップ3:アプリ内イベントをマッピングする(推奨)

(AppsFlyerのアカウントに接続されたいずれかのメンバー)



  1. [Integration](連携)タブに移動し、下にスクロールして [In-App Events](アプリ内イベント)セクションを表示します。
  2. 必要に応じて、ここでリンクIDを再度設定します。

     注意

    初めてアプリのGoogle Adsのアプリ内イベントマッピングを有効化する際は、SDK上の全ての af_XXX イベントは、Googleの規定イベントリストへ自動でマッピングされます。この自動マッピングにより、手間が省け、マッピングミスを大幅に削減できます。

  3. [In-App Events Postbacks](アプリ内イベントのポストバック)トグルをONにします。
  4. SDKに定義済みの全てのイベントに、ポストバックオプションを選択します。
    - [Only events attributed to this partner](このパートナーに起因するイベントのみ) :Google Adsに起因するユーザーのみから発生したイベントをGoogleにポストバックする
    - [Events attributed to any partner or organic](全てのパートナーまたはオーガニックにする起因するイベント):全てのユーザーベースをGoogle Adsにポストバックする(今後のGoogle Adsリマーケティングに使用するために推奨されます)
  5. [Add Event](イベントの追加)をクリックして、SDKイベントをリストに追加します。
  6. 次のパラメータを設定します。
    パラメータ名 説明
    SDK Event Name アプリと連携済みのSDKから、またはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名

     ヒント

    アプリ内イベント名がリストに表示されない場合は、デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。

    パートナー(Google)イベントID

    パートナー側で定義されている各イベントの固有の名前またはID。複数のオプションがあります。
    テキストフィールド - パートナーから取得した該当イベントIDを取得します。
    ドロップダウンボックス - 定義済みのイベントから最適なイベントを選択します。

    一部の連携ではCUSTOM value(カスタム値)を使用して、パートナーにSDKのイベントをそのまま送信できます。ただし、イベント名 そのまま送信されても、イベント値がそのまま送信されるわけではありません。イベント値は 標準AFパラメータが含まれている必要があります。 標準AFパラメータでない値を含むイベントを送信しても、これらのパラメータはGoogleへ送信されません。

    Send Revenue チェックなしの場合 - AppsFlyerはリッチアプリ内イベントのすべてのパラメーターをパートナーに送りますが、af_revenueパラメーターに含まれるrevenueパラメータは送信しません。
    チェックありの場合 - AppsFlyerはrevenue値(イベントに存在する場合)を含むすべてのパラメータをパートナーに送ります。
  7. [Save](保存)をクリックします。

ステップ4:アプリのコンバージョンを計測する(必須)

Google広告 の管理者のみ)

 重要:

Google広告で新しいコンバージョンを登録するには、アプリを起動して、マッピングされたアプリ内イベントを1回以上実行する必要があります。その後、これがキューに追加されるには最長6時間かかることがあります。イベントがキューに追加されると、インポートできるようになります。または、新しいコンバージョンのステータスを「No recent conversion」(最近のコンバージョンなし)から、「recording conversion」(コンバージョンの記録中)に変更できます。

  1. Google広告のアカウントに戻り、ツールアイコンをクリックします。

  2. [Measurement](測定)セクションで、[Conversions](コンバージョン)をクリックします。
  3. +」ボタンをクリックします。

  4. コンバージョンタイプのリストから [App(アプリ)を選択します。

  5. [Third-party app analytics](サードパーティのアプリ分析)を選択し、[Continue](続行)をクリックします。

  6. 全てのアプリのfirst_open の横にあるボックスと、インポートしたい各イベントのボックスにチェックを入れます。 
    注意 :Google Adsで パートナーイベント識別子 が変更された場合、またはそれがCUSTOMであり、対応するイベント名がAppsFlyerで変更された場合は、再インポートする必要があります。
  7. [Import and Continue](インポートして続行)をクリックしてから、[Done](完了)をクリックします。

  8. これで、[Conversion actions](コンバージョンアクション)テーブルにサードパーティのコンバージョンイベントが表示されるようになります。イベント名をクリックしてさらに詳細を表示します。


    イベントがリストに表示されない、またはGoogle Adsコンバージョンインポートリストから削除された場合は、[Status]をクリックして、[All]を選択し、全てのイベントを表示します。これでイベントを再度インポートできます:

    Import_Conversions_new__1_.png
  9. おめでとうございます!これで、AppsFlyerでGoogle Adsモバイルキャンペーンの計測ができるようになりました!

 注意

「コンバージョンに含む」設定が、Google広告でのキャンペーン目標に合致するようにしてください。詳細については、Google担当者にお問い合わせになるか、こちらのGoogleドキュメントをご覧ください。

 ヒント

Google広告のAPI連携には、Google広告リマーケティング機能が自動的に含まれます。この連携を完了し、イベントをGoogle広告に送信することにより、追加の連携を必要とせずに、Google広告でリマーケティングのオーディエンスリストを作成できます。

Google Adsチームメンバーに権限を付与する

アカウントの特定のデータにアクセスするためのGoogle Adsの権限を付与できます。 これは、アプリごとに[権限]タブの下のGoogle広告設定ページで行うことができます。

これらの権限を取得してアプリにアクセスできるようにするには、Google広告担当者がAppsFlyerのGoogle広告パートナーアカウントのチームメンバーである必要があります。

Googleのプライバシー要件により、Googleは、広告主から明示的に要求された場合にのみ、AppsFlyerパートナーアカウントに新しいチームメンバーを追加できます。

Google Adsチームメンバーにアプリへのアクセスを許可するには、次の手順を行って下さい。

  1. このフォーム に記入し、アカウントマネージャーにAppsFlyerのGoogleパートナーアカウントに追加するようリクエストを提出してください。
  2. Google Adsから、GAアカウントマネージャーが追加されたという連絡があるまでお待ちください。
  3. 設定 > 連携済みパートナー> Google Ads > 権限 にて、アカウントマネージャーのメールアドレスをチームメンバーリストに追加します。
  4. Google Adsアカウントマネージャーに付与したい権限を有効にします。

詳細はアドネットワークに権限を付与するをご覧ください。

代理店のGoogle Adsトラッキングを可能にする

AppsFlyerでは、Google広告の代理店設定をサポートしています。AppsFlyerでデータのアトリビューションを正しく行うには、広告主と代理店が個別のGoogle広告アカウントを使用していることが重要です。詳細については、こちらをクリックしてください。

複数のGoogle Adsアカウントを運用する

AppsFlyerでは、同じアプリで複数のGoogle広告アカウントを使用できます。このためには、Google広告のリンクIDを共有し、イベントをそれぞれのGoogle広告アカウントにインポートします。

Google広告のリンクIDを共有する方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

iOSアプリキャンペーン

注意:このセクションは、インストール向けのアプリキャンペーンが対象で、エンゲージメント向けのアプリキャンペーンは対象では ありません

2020年1月24日以降、Googleが採用しているiOSインストールアプリキャンペーンの検索インベントリロジック( Googleの発表 )は次の通りです。

  • iOS アプリキャンペーンの「検索」チャネル/インベントリは今後計測されません。
  • アプリキャンペーンの「動画」および「ディスプレイ」チャネル/インベントリは正常に計測されます。
  • Googleでこのアップデートをオプトアウトすると、Googleアプリキャンペーンの 検索ユーザーに広告は配信されませんが、Google ACの動画&ディスプレイは配信され、正常に計測されます。

Google広告のパラメーターマッピング

以下の表では、Google広告とAppsFlyer間のパラメーターマッピングを示しています。

 注意

広告主は、パーソナライズされたパラメーターをGoogle広告キャンペーンに追加できません。

キャンペーンタイプ:アプリキャンペーン

以下の表には、Googleから提供されたパラメーターマッピングが示されています。

ネットワークタイプ

検索 ディスプレイ 動画
チャネル(af_channel) UAC_Search UAC_Display UAC_Video
キャンペーン(c) はい はい はい

キャンペーンID(af_c_id)

はい はい はい
広告セット(af_adset) N/A N/A N/A
広告セットID(af_adset_id) N/A N/A N/A

広告(_ad)

N/A N/A N/A
広告ID(af_ad_id) N/A N/A N/A
広告タイプ(af_ad_type) はい* はい* はい*
サイトID(af_siteid) GoogleSearch/
Search Partners
N/A YouTubeVideos/
YouTubeSearch/
VideoPartners
Keywords N/A N/A N/A

*Googleの応答で利用可能な広告タイプの詳細については、こちらをご覧ください。

 重要:

  • Googleは、SRN(セルフレポーティング型ネットワーク)です。このようなネットワークでのアトリビューションフローの詳しい仕組みについては、こちらをクリックしてください。
  • AppsFlyerでは、Googleの提供するすべてのキャンペーン情報を表示できます。キャンペーンタイプ(検索、動画、ディスプレイ)、および関連付けられた情報はGoogleによって決定されます。詳細については、こちらをクリックしてください。
  • クリックのブロック:Androidの場合、AppsFlyerではpid googleadwords_intからのクリックをブロックします。そのため、システムではカウントされますが、アトリビューションでは無視されます。
この記事は役に立ちましたか?