アプリ所有者向けの検証ルール

概要:検証ルールにより、キャンペーンのターゲット設定の間違いや不正に対する保護レイヤーをカスタマイズして追加できます。ルールを設定することで、広告主はインストールやアプリ内イベントのブロックや、直近の有効なメディアソースへのインストールの紐付けをコントロールすることが可能です。

5906_animation-750x330__1_.gif

概要

  • 検証ルールは、ルールビルダーの中でカスタマイズした条件とロジックを使用して定義されます。このロジックでは、どのインストールやアプリ内イベントを保持またはブロックするかをフィルタリングを行います。
  • 検証ルールは、次のような複数のユースケースのさまざまなパラメーターに基づいて構成されます:
    • キャンペーンのターゲット以外のインストール(間違った地域やOSバージョン等)
    • アドネットワークと同意したインサーションオーダーに適さないインストール
    • 不正ネットワークによってハイジャックされたインストール
    • ボット、エミュレーター、デバイスファームから発生した不正インストールや不正アプリ内イベント
  • アプリ内イベントに対して設定されたルールは、その時点でまだブロックされていないインストールに紐づくイベントに対してのみ適用されます。
  • アドネットワークを条件に含んでいるルールは、そのアドネットワークの担当者に対しても公開されます(ルールに含まれている他のアドネットワークの情報は表示されません)。これは情報開示を目的としており、アドネットワークが提供するトラフィックのパフォーマンスをネットワーク自身がより良く理解するのに役立ちます。
  • 検証ルールはリアルタイムで適用され、即座にアクションが実行されます。詳細は、成果セクションを確認してください。
  • Protect360をご利用の場合、Protect360の自動不正ブロックおよび検知に加えて、検証ルールでも追加ルールを利用可能です。これらの条件は、さまざまな種類のインストールハイジャック、不正インストール、不正アプリ内イベントの検出に役立ちます。
    :検証ルールは、Protect360によって検知されなかったインストール/アプリ内イベントに対してのみ適用されます。

結果

  • インストール:選択したアクション設定に基づき、検証ルールが無効なメディアソースへの紐付けを防いだり(=アトリビューションブロック)、そのインストール自体をブロックします。
  • アプリ内イベント:検証ルールがアプリ内イベントをブロックします。 
  • 詳細は以下の表をご覧ください。
    検証ルール:ブロックタイプ毎の結果
      ブロックタイプ 説明 インストールデータの表示場所 その後のアプリ内イベント
    インストール アトリビューションブロック
    • インストールを本物と見なすが、設定した条件がどのメディアソースに紐づけるか否かを決定する場合に使用されます。
    • 計測は正しく、インストールは直近の有効なメディアソースへ紐づけられます。
    • 有効なメディアソースがない場合には、オーガニックインストールになります。
    • 直近の有効媒体の通常のインストールとして、管理画面とローデータレポートに表示されます。
    • Protect360をご利用の場合:
      • Protect360の画面
      • Protect360のインストールローデータレポート (ブロックされたメディアソースの情報を含む)
    • Protect360をご利用でない場合:
      • Protect360のインストールローデータレポート (ブロックされたメディアソースの情報を含む)
    • 修正後の媒体でイベントも計測されます。
    • Protect360で利用可能なデータ:
      • 修正後の媒体に紐付いたアプリ内イベントAppsFlyer管理画面とレポートに表示
      • Protect360のアプリ内イベントの画面と、Protect360のブロック済みアプリ内イベントのローデータレポート内でブロックされた媒体の情報を含むデータを確認可能

     

    インストールブロック
    • ルールの条件に基づき無効と判定されたインストールが、不正と見なされる場合に使用されます。
    • そのインストールはどこにも紐づけられません。(非オーガニックでもオーガニックでもない)
    • Protect360をご利用の場合:
      • Protect360の画面
      • Protect360のインストールローデータレポート (ブロックされたメディアソースの情報を含む)
    • Protect360をご利用でない場合:
      • Protect360のインストールローデータレポート (ブロックされたメディアソースの情報を含む)
    • ブロックされます。
    • Protect360をご利用の場合:
      Protect360のアプリ内イベントの画面と、ブロック済みアプリ内イベントのローデータレポートでデータを確認可能
    アプリ内イベント アプリ内イベントブロック
    • ルールの条件に基づいて無効と判定されたアプリ内イベントが、不正と見なされる場合に使用されます。
    • Protect360をご利用の場合:Protect360のアプリ内イベントの画面とブロック済みアプリ内イベントのローデータレポートでデータを確認可能
    AppsFlyerから完全に削除
    • 一切データを必要としないアプリ内イベントが存在する場合にオススメです。
    • AppsFlyerではこれらのイベントを一切記録しません。 
       
  • アドネットワークと代理店は、広告主が必要な権限を付与した場合にのみデータを閲覧可能です。
  • インストールがブロックされるか、リアルタイムに有効なメディアソースに紐付けられた場合:
    ブロックされたデータのポストバックがブロックされたアドネットワークに即座に送信され、媒体との調整フローを効率化できます。アトリビューションがブロックされ、直近の有効なメディアソースに修正された場合は、その有効なメディアソースへもポストバックが送信されます。
  • アプリ内イベントがブロックされた場合:
    ブロックされたデータのポストバックが、ブロックされたアドネットワークに即座に送信されます。
    注意: 
    • ポストバックは、そのアドネットワークがAppsFlyerのポストバックを受け取る連携が完了している場合にのみ送信されます。
    • ポストバックとブロックされたデータのポストバックレポートは、データエクスポートページから利用可能です。
    • 詳細は、ポストバックブロックされたデータのポストバックをご覧ください。
  • インストールとアトリビューションブロック、アプリ内イベントのブロックは、AppsFlyer上でのデータのレポート方法と表示場所にのみ影響し、エンドユーザーのアプリ利用には一切影響しません。
  • ブロック済みインストール / ブロック済みアプリ内イベントとブロックされたデータのポストバックのローデータレポートには、block reasonの項目にブロックしたルール名が記載されます。複数ルールが適用された場合については、複数ルールの適用のセクションを確認してください。
    • Protect360によってインストールやアプリ内イベントがブロックされた場合、関連する検証ルールがある場合でも、Protect360のブロック理由がblocl reasonの項目に記載されます。
  • 検証ルールを使用することで、独自のインストール検証ロジックを適用している Facebook Ads や Google AdwordsなどのSRN媒体とAppsFlyerの間で、レポート数値の乖離が発生することがあります。

複数ルールの適用

  • 条件に該当した場合には、1つのインストール / アプリ内イベントに対して複数の検証ルールを適用できます。 
  • インストール / アプリ内イベントは、ルール内のいずれかの条件の一つでも適さない場合、無効なデータとして分類されます。
  • ローデータレポートとブロックされたデータのポストバックレポートでは、block reasonの値の項目には、インストールイベントまたはアプリ内イベントを無効として分類した全ルール名が記載されます。
  • 同じインストールに対する複数のルールは、ルールのブロックタイプに従って、次の順序で実行されます。
ルール/ブロックタイプ 順序
インストールブロック

ランダム

アトリビューションブロック

ランダム

アプリ内イベントブロック

ランダム

AppsFlyerから完全に削除

他のルールは無視され、AppsFlyer上でデータは一切記録されません。

インストールブロックとアトリビューションブロック
  1. インストールブロックのルール(ランダムな順序)
  2. アトリビューションブロックのルール(ランダムな順序)
Protect360と検証ルールによるインストールブロックとアトリビューションブロック
  1. Protect360によるインストールブロック
  2. 検証ルールによるインストールブロック
  3. Protect360によるアトリビューションブロック
  4. 検証ルールによるアトリビューションブロック
Protect360と検証ルールによるアプリ内イベントブロック
  1. Protect360によるアプリ内イベントブロック
  2. 検証ルールによるアプリ内イベントブロック

ルールビルダー

ルールビルダーの画面は、インタラクティブにルールを構築できるように設計されています。
ヒント! まずは実際にルールビルダーを操作してみてからこの記事を参照すると、より理解し易くなります。

ルールビルダーに含まれているのは以下のセクションです: 

セクション 備考
イベント
  • イベントタイプは、ルールが適用されるイベントの種類を示します:インストール / アプリ内イベント
  • アプリはルールが適用されるアプリを示します:1つのアプリ / 複数のアプリ / アカウント内の全てのアプリ
  • この選択によって、以下のセクションで利用できるオプションが異なります。(代理店、メディアソース、キャンペーンなど)
ソース ルールが適用されるトラフィックソースです。Protect360のソースもご確認ください。
判断

定義された条件が、そのインストールを無効、または有効と見なすかを設定してください。

  • 無効
    • 定義された条件に該当したインストール/メディアソースが無効と判断されます。
    • 選択されたアクションがそれら全てに対して実行されます。
  • 有効
    • インストールは有効と見なされますが、指定した条件に該当しないインストールは全て無効と見なされるのでご注意ください。
条件

「判定」のセクションで選択したものと同様に、さまざまなパラメーターに基づいてインストールの有効性を決定する条件です。Protect360のインストールアプリ内イベントの条件も併せてご確認ください。

アクション
  • インストール:特定の条件に該当したインストールに対して、何を実行するか選択してください。
    • アトリビューションをブロックし、最後の有効なメディアソースに成果の紐付けを修正する。
    • インストールをブロックし、どのメディアソースにも成果を紐付けない。
  • アプリ内イベント: 特定の条件に該当するインストールに対して何を実行するかを選択してください。 
    • アプリ内イベントをブロック(この選択肢は、Protect360をご利用の場合のみ選択できます。)
    • AppsFlyerからデータを完全に削除

詳細は結果のセクションをご覧ください。

ルールビルダー内のセクション

インストールソース(流入元)

ソースセクションでは、ルールが適用されるインストールのトラフィック流入元を定義します。

主に2つの選択肢があります: 

  • 全てのトラフィック:流入元に関係なく、全トラフィック(代理店、メディアソース、キャンペーン、オーガニックなど)にルールが適用されます。 
    注意この設定はオーガニックインストールを含むため、細かい流入元の指定はできず、検証後のアクションではインストールブロックのオプションのみが利用可能です。これは、オーガニックインストールに対して、アトリビューションブロックや成果紐付けの修正を行うことができないためです。
  • 非オーガニックのみ:このルールは選択した媒体に対して、以下の表のように項目、演算子、値などの設定とともに適用されます。

Protect360をご利用のお客様は、インストールアプリ内イベントに対して追加のソースオプションが利用できます。 

項目 演算子 備考
Agency
  • In (=対象とする)
  • 代理店と非代理店トラフィック
  • 非代理店トラフィック
  • 運用媒体を開示している代理店(メニュー)
  • 運用媒体を開示しない代理店(メニュー)
  • 代理店と連携して広告配信を行っている場合、この項目はメディアソースの項目にも影響するため設定が必須です。
    • どのアプリも代理店と連携していない場合には、この項目は表示されません。
  • 運用媒体を開示しない代理店:
    • メディアソースを開示していない代理店のことです。
    • 「運用媒体を開示しない代理店」または「代理店と非代理店のトラフィック」を選択した場合、特定のメディアソースを選択することはできません。
    • Facebook AdsとTwitterは、運用媒体を開示しない代理店でも、媒体名を開示する運用方法を採用しているため、運用開示しない代理店が選択された場合でも、引き続き選択できます。
  • 運用媒体を開示している代理店:
    • 運用しているメディアソースを広告主に開示している代理店のことです。
    • あなたの持つアプリのうち、一部のアプリに対してのみ運用媒体を開示している代理店は、非公開の代理店としてメニューには表示されます。
Media source
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • メニューの選択肢は、以下の条件に基づいて表示されます。
    • 選択したアプリとその代理店に関連するもの
    • 過去30日間にトラフィックのあったものを、トラフィック量順に表示
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。
Campaign
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
Campaign ID
  • フリーテキストのみ設定可能です。
  • 複数の値を半角スペースで区切って追加できます。
Ad ID
Adset ID
Ad set name

インストール条件

条件のセクションでは、インストールをブロックするか、最後の有効な媒体に紐づけるかを決定する条件を設定することができます。 

各ルールに対して、複数の条件と条件のグループを追加できます。

条件は、次の表に示す、条件、演算子、および値に従って定義されます。

Protect360をご利用のお客様は、インストールアプリ内イベントに対して追加の条件オプションが利用できます。 

条件 演算子 備考
Campaign
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Contains(〜を含む)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • メニューの選択肢は、以下の条件に基づいて表示されます。
    • 選択したアプリとその代理店に関連するもの
    • 過去30日間に発生したトラフィックを、頻度順に表示
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。
Campaign ID
  • フリーテキストのみ設定可能です。
  • 複数の値を半角スペースで区切って追加できます。
Ad ID
Adset ID
Ad set name
Device type
Geo
(国・地域)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • 希望する値(国名、国コード、州、または都市)を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。
Platform

メニューから値を選択してください。

OS version
  • Lower than(〜より低い)
  • Lower than or equals(〜と同等またはより小さい)
  • Greater than(〜より大きい)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Is between (〜の間)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
Lookback days
(ルックバック期間)
  • Lower than(〜より低い)
  • Lower than or equals(〜と同等またはより小さい)
  • Greater than(〜より大きい)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Is between (〜の間)
  • フリーテキスト:単一の数値
  • インプレッションとクリックのルックバック期間の日数のことを指します。
  • 計測リンクが長い計測期間を許可するように変更されたインストールに対して料金を支払わないようにします。
  • 計測リンクのルックバック期間の設定は置き換えません。
  • [推奨]Protect360の利用で使用可能になる、アトリビューションタッチタイプの条件との併用がオススメです。
Is preinstalled
(プリインストールされたかどうか)
  • Yes(はい)
  • No(いいえ)
  • 値の設定は必要ありません。
    (演算子が値になります)
  • 全てのタイプのプレインストールを検証します:
    • 工場出荷時のプリインストール:OSの一部としてデバイスに付属するアプリ
    • 追加提供されたプリインストール:デバイスの初期化後すぐにインストールを促され、ユーザーに提供されたアプリ(プリインストール用のメディアソースによるもの)
  • クリックやメディアソースが複数存在するインストールの場合、この条件はそれらのメディアソースのうち1つがプリインストールであるかどうかを検証します。
Is deeplink (ディープリンクか否か)

ローデータのディープリンクの項目が空欄の場合、Is deeplink = No と見なされます。

アプリ内イベントのソース

イベントセクションでアプリ内イベントを選択した場合、通常のメディアソースオプションに加えて、ルールを適用するアプリ内イベントを定義するためのもう一つのメディアソースオプションが利用できます。 

このメディアソースは、次の表に示す項目、演算子、および値毎に定義されます。

注意:全てのアプリ内イベントのメディアソースは、イベントに紐づくインストールのメディアソースに基づいています(例えば、代理店、メディアソース、キャンペーン、キャンペーンID、サイトIDなど)。

項目 演算子 備考
Event name
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。

アプリ内イベントの条件

イベントセクションでアプリ内イベントを選択すると、ルールを適用するアプリ内イベントを定義する条件オプションが利用できます。これらの条件前述のProtect360以外の条件と一緒に組み合わせて利用できます。

Protect360に関する条件は、次の表に示す条件、演算子、および値に従って定義されます。

条件 演算子 備考
Event name
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。


Protect360のインストールとアプリ内のイベントソース

通常のメディアソースオプションに加えて、Protect360をご利用のお客様は、ルールを適用するインストールを定義するためのもう一つのメディアソースオプションが利用できます。このメディアソースは、次の表に示す項目、演算子、および値毎に定義されます。

項目 演算子 備考
Site ID
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • フリーテキストのみ設定可能です。
  • 複数の値を半角スペースで区切って追加できます。
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。

Protect360のインストール条件

Protect360をご利用のお客様は、インストールを検証するための追加条件を利用できます。これらの条件は、前述のProtect360以外の条件と一緒に組み合わせることができます。

Protect360に関する条件は、次の表に示す条件、演算子、および値に従って定義されます。

条件 演算子 備考
CTIT
(クリックからインストールまでの時間)
  • Lower than(〜より低い)
  • Lower than or equals(〜と同等またはより小さい)
  • Greater than(〜より大きい)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Is between (〜の間)
  • フリーテキスト:単一の数値
  • このフィールドは、特定の地域限定など、特定のCTITに確証が持てる場合にのみ使用してください。そうしないと、実際の正しいインストールまでブロックしてしまう可能性があります。
    注意:Protect360は、アトリビューションハイジャック、クリック洪水、ボットによるフェイクインストールなど、複雑なCTITの異常を識別する高度な仕組みを採用しています。
  • この設定は、以下の項目と一緒に使用することをお勧めします。
    • Is pre-installed (プリインストールか)
    • Is deeplink (ディープリンクか否か)
    • Geo
      (国・地域)
Customer user ID (CUID)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Contains(〜を含む)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Doesn’t start with (〜で始まらない)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Doesn’t end with (〜で終わらない)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • フリーテキストのみ設定可能です。
  • 複数の値を半角スペースで区切って追加できます。
  • メニューは、過去30日間に発生したトラフィックを、頻度順に表示
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。


App version
  • Lower than(〜より低い)
  • Lower than or equals(〜と同等またはより小さい)
  • Greater than(〜より大きい)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Is between (〜の間)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Not in last (最後の...ではない)
  • Not in last (major) (最後の主要な...ではない)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • メニューは、過去30日間に発生したトラフィックを、頻度順に表示
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。
  • 「Not in last」の場合、複数のバージョンがある場合は「Not in last (major)」を選択してください。詳細はこちら
SDK version
  • Lower than(〜より低い)
  • Lower than or equals(〜と同等またはより小さい)
  • Greater than(〜より大きい)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Is between (〜の間)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • メニューは、過去30日間に発生したトラフィックを、頻度順に表示
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。
Installer/Store
(インストーラ / ストア)
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)

メニューから値を選択してください:

  • Google Play
  • 他のストア
  • 外部ストア
  • Google Play:
    AppsFlyerが、インストールパッケージがcom.android.vendingであるものと識別します。
  • 他のストア:AppsFlyerが、インストールがサードパーティのAndroidストアからのものと識別します。
  • 外部ストア:AppsFlyerが、どのAndroidストアにも存在しないAPKとして識別します。

ユーザー端末がインストーラ / ストアパラメーターをAppsFlyerに提供しない場合、このルールは適用されません。

アトリビューションタッチタイプ
  • クリック
  • インプレッション
  • [推奨]ルックバック期間の条件とセットで利用することをオススメします。
  • 単にインプレッションのアトリビューションを行わないようにするのであれば、ビュースルー計測の設定をOFFにすることも可能です。

Protect360のアプリ内イベントの条件

イベントセクションでアプリ内イベントが選択されると、Protect360をご利用のお客様は、ルールを適用するアプリ内イベントを定義する条件オプションが利用できます。これらの条件前述のProtect360以外の条件と一緒に組み合わせて利用できます。

Protect360に関する条件は、次の表に示す条件、演算子、および値に従って定義されます。

条件 演算子 備考
Event source
  • In list(リスト内に含む)
  • Not in list(リスト内に含まない)
  • Equals(〜と一致する)
  • Doesn't equal(〜と一致しない)
  • Contains(〜を含む)
  • Doesn't contain(〜を含まない)
  • Starts with(〜で始まる)
  • Ends with(〜で終わる)
  • Is empty(空である)
  • Isn't empty(空ではない)
  • Matches regular expression(正規表現と一致)
  • 目的の値を検索してください。
  • メニューから値を選択してください。 
  • 検索結果に存在しない値の場合、フリーテキストを入力してください
  • フリーテキストは、ローデータ上に記載されているとおりにそのまま入力する必要があります。


Event value
  • フリーテキストのみ設定可能です。
  • 複数の値を半角スペースで区切って追加できます。
インストールからイベントまでの経過時間 (秒)
  • Lower than(〜より低い)
  • Greater than or equals(〜と同等またはより大きい)
  • Is between (〜の間)
フリーテキストで、数値を入力してください。
  • アプリのフローに基づいて、インストールからアプリ内イベント発生までの有効な時間を決定してください。
    • 例:レベル5に到達するまでの時間、初回入金 (FTD)までの時間、チェックアウトまでの時間など
  • 設定する時間は秒単位ですが、分、時間、日を秒に換算することでも検証可能です。

条件と条件グループの間のロジック

ルールに複数の条件や条件グループを追加する場合は、次のいずれかの方法で、条件同士に論理的な関係を設定してください: 

  • And:そのインストールが、定義されている全ての条件に当てはまることを意味します。
  • Or:そのインストールが、定義されている条件の少なくとも1つに当てはまることを意味します。

例えば、プラットフォームとOSの両方を指定してインストールを検証したい場合は、andを選択してください。一方、インストールをプラットフォームとOSのいずれかで検証したい場合は、or を選択してください。

手順

ルールリストの確認

アカウント内で作成された全てのルールを表示する方法

  1. AppsFlyerの管理画面で、設定 > 検証ルールへ進むと
    検証ルールの画面が開き、ルール一覧が表示されます。
  2. リスト表示 / 詳細表示のトグルを使用して、表示方法を選択してください。
  3. 検索とフィルタオプションを使用してリスト内のルールを絞り込んでください。
    • ルール名、メディアソース、条件名、値で検索できます。
    • 例えば、「7」と入力すると、OSバージョンに7を含むルールを全て検索できます(例:「2.7.4」、「7.1」など)。
      または、「Canada」と入力すると、地域条件としてCanadaが定義されているルールを検索できます。 

ルールの追加

新しいルールを設定する方法

  1. AppsFlyerの管理画面にて、設定 > 検証ルールへ進んで、
    検証ルール画面を開いてください。
  2. [ルールを追加]をクリックして、新しいルールを追加する画面を開いてください。
  3. まず、ルール名を入力してください。次のように、ルール毎にユニークな名前を使用してください:
    • ルールの内容を正確に表現している。
    • アドネットワークに送信されるブロック済みのインストールレポートとブロックされたデータのポストバックレポートにも表示されるため、アドネットワークに対して失礼ではないルール名を設定してください。
  4. ルール構築セクションを完了してください。
  5. [オプション] 必要に応じて、条件または条件グループを追加してください。その際、関連する条件 / 条件グループ間でのロジックを必ず選択してください。
  6. [オプション] トラフィックへの影響を推定をクリックして、ルールがトラフィックに与える影響を確認してください。
  7. [保存] をクリックします。

検証ルールの影響を確認

検証ルールがトラフィックに与える影響の推定を確認します。つまり、ブロックされたインストールとブロックされたアトリビューションの数を示します。

vr_estimate.png

 注意

  • 検証ルールの推定機能を利用できるのは広告主のみで、パートナーや代理店はアクセスできません。
  • 推定値はインストールに関するルールで利用でき、アプリ内イベントに関するルールでは利用できません。
  • 推定値には、ルールに適用される内容も表示されます。ただし、Protect360不正防止機能、別の検証ルールによって既にブロックされている、推定ルールが新しいものでない場合は、トラフィックは以前の設定でブロックされています。

検証ルールの影響の推定値を確認する方法

  1. AppsFlyerにて、検証ルールへ移動してください。 
  2. 既存のルールを選択するか、+ ルールを追加をクリックしてルールを提供するソースと条件を設定し新しいルールを作成してください。
  3. ルールの一番下までスクロールダウンしトラフィックへの影響を推定をクリックすると、ルールによる影響の推定画面が開きます。 
  4.  影響の推定値を過去最終日または過去7日間に基づいて表示するかを選択してください。
    • 検証ルールによって推定される新しいブロック数、および新しくブロックされるトラフィックの割合が表示されます。
    • 非オーガニックソースのみに対してルールが定義される場合、推定値には、全てのトラフィックに対するルールの影響が表示されます。ソース(例えば特定のメディアソースやキャンペーン)のみに対する影響を確認するには、グラフで他のソースの選択を解除してください。

ルールの編集・削除

Tルールを編集、削除、有効化、無効化する方法

  • ルールリストにて、特定のルールに対して実行したいアクションを選択します。
    • アクティブにて:ルールを有効または無効にしてください。
    • アクションにて:ルールを編集、または削除します。

検証ルールAPI

開発者は、検証ルールAPI を使用することで、プログラマティックにルールの取得、 ルールの作成、 ルールの更新、 ルールステータスの更新を行うことができます。

よくある質問

「正規表現」とは?

正規表現パターンとは、一致するものを検索する文字で構成されます。単純なパターンとは、直接一致する部分を見つけたい文字から構成されたものです。一致の検索で直接一致以外のものが必要な場合は、パターンに特殊文字を含めることができます。

正規表現 説明
^abc abcで始まる

xyz$

xyzで終わる

^abc.*xyz$

abc で始まり xyz で終わる

^abc.*(?<!xyz)$

abc で始まり xyz で終わらない

^([0-9]{2})

2桁で始まる
\"example_param\":\"[5|6] 特定のパラメーターの値は5または6で始まります。
^.{0}$|^\{\}$ Is empty, or is only {}

検索時にメディアソースまたは条件が推奨値として表示されないのはなぜですか?

考えられる理由は2つあります。

  • 関連するアプリが選択されていることを確認してください。アプリが選択されていないと、検索結果に値が表示されません。
  • 検索結果は、過去30日間のトラフィックにその値が含まれる場合にのみ表示されます。さらに、コンバージョンが発生してから、媒体または条件がメニューオプションとして表示されるまでに最大1日の遅延があります。

検索結果として値が表示されない場合は、値をフリーテキストとして入力してキーボードでEnterキーを押してください。

メディアソースのオプションにFacebookとTwitterしか表示されないのはなぜですか?

メディアソースの項目は代理店の選択により影響されます。トラフィックソースの一つに「運用媒体を開示しない代理店」が選択されている場合、運用媒体を開示しない代理店でもデータが開示される媒体であるFacebookとTwitter以外のメディアソースは表示されません。

:ルールが複数のアプリに適用される場合、代理店が一部のアプリで媒体開示をしており、その他アプリでしていない場合は、この代理店は運用媒体を開示しない代理店と見なされます。つまり、Facebook AdsとTwitter以外はメディアソースとして選択することができません。

特定の条件ないと条件グループ間の両方で「and/or」を設定する必要がありますか?

ユースケースによって異なります。どちらのオプションも同じ結果になる場合があります。または、両方のオプションが必要な場合もあります。

例えば、米国ではOS V10以降でのみインストールをサポートし、ブラジルでは V7 以降からサポートする場合は、次のようなルールが必要になります。

{[Geo = US] and [OS version = 10]} OR {[Geo = Brazil] and [OS version = 7]}

検証ルールはクリックをブロックしますか?

いいえ。検証ルールはインストールをブロックしたり、インストール成果をメディアソースに紐づけることをブロック(メディアソースのクリック/インプレッションの成果が計測されるのを防ぐ)したり、またはアプリ内ベントをブロックします。ただし、これらのオプションのいずれも実際のクリックをブロックすることはなく、検証ルールを実行してもクリックKPIには影響は出ません。

ローデータで、検証ルールによってブロックされると思ったインストールが別の理由でブロックされているようです。なぜですか?

これはブロックがProtect360エンジンによるもので検証ルールによるものではないことを示します。複数のルールセクションをご覧ください。

既存のルールは、新しく連携された代理店のトラフィックに自動的に適用されますか?

これは、次の表で説明するように、Sourceの設定によって異なります。

ルールが自動的に適用されない場合は、ルールを編集してください。

  • 代理店の項目を代理店と代理店以外のトラフィック、または特定の代理店に変更します。

ソースの設定

代理店項目の選択肢

アプリと代理店を連携する前にルールが作成された場合、ルールは適用されますか?

アプリと少なくとも1つの代理店を連携した後にルールが作成された場合、ルールは適用されますか?

全てのトラフィック

N/R

Yes(はい)

Yes(はい)


非オーガニックのみ

N/R

No(いいえ)

N/R

代理店と非代理店トラフィック

N/R

Yes(はい)

代理店以外のトラフィックおよび/または

特定の代理店

N/R

No(いいえ)

「Not in last (最後の...ではない)」条件はどのように機能しますか?

「Not in last (最後の...ではない)」は、検証ルールに含める一連のアプリバージョンが 1つある場合に使用される条件です。「Not in Last (major) (最後の主要な...ではない) は、検証ルールに含める一連のアプリバージョンが複数ある場合に使用される条件です。

例: 

  • アプリバージョン100と200があります。
  • 既存のすべてのアプリのバージョンは以下の通りです。
    • 100.1
    • 100.2
    • 100.3
    • 200.1
    • 200.2
    • 200.3
  • 「Not in last 2 versions (最後の2つのバージョンではない)」ブロックで定義されたルール:
    • 200.2
    • 200.3
  • 「Not in last (major) 2 versions (最後の主要な2つのバージョンではない)」ブロックで定義されたルール:
    • 100.2
    • 100.3
    • 200.2
    • 200.3

特性

特性 説明
アカウントユーザーのアクセス 適切な権限 を持つアカウントユーザーのみが、検証ルールを表示、追加、および編集可能です。 
ユーザー獲得 検証ルールは、インストール、再インストール、リアトリビューション(アプリがデバイスから削除された場合)に適用されます。リエンゲージメント、つまりアプリがまだデバイス上にある場合は適用されません。
自動的にルールが無効になる場合

次の場合、ルールが自動で無効になります:

  • Protect360のメディアソースまたは条件を使用してルールを作成し、その後、Protect360のライセンスまたはトライアルの有効期間が切れた場合、自動的にルールが無効になります。
  • 運用媒体を開示する代理店トラフィックについて、1つ以上の代理店が運用媒体を非公開にした場合、ルールが自動的に無効になります。
アドネットワーク

ルールの詳細を閲覧するには、検証ルールを表示する権限を広告主から付与してもらう必要があります。注:ルール名は常に表示されます(ローデータにも含まれる)。

アドネットワーク向けの検証ルールの詳細について

代理店

広告主から以下の権限を付与してもらう必要があります:

  • 検証ルールを表示して検証ルールの詳細を検証します。注:ルール名は常に表示されます(ローデータにも含まれる)。
  • 検証ルールを追加してルールを追加および編集します。注: 代理店アカウントは、広告主アカウントが作成したルールを編集できません。
  • Protect360管理画面&ローデータへアクセスしてProtect360に関する条件でのルールを表示および追加します。

代理店向けの検証ルールの詳細について

この記事は役に立ちましたか?