乖離 - App StoreやGoogle Playと比較した、AppsFlyerのインストールカウント方法とは?

  • 広告主

はじめに

モバイルアトリビューションエコシステムでは、すべてのプレーヤーが使用するアトリビューションモデルに固有の違いがあります。 AppsFlyerや主要アプリストア、iTunes App Store、Google Playにも同じことが言えます。

場合によっては、アプリストアにAppsFlyerよりも多くのインストールが表示されることがあります。また、その逆も起こり得ます。

AF_vs_app_stores.png

以下は、AppsFlyerダッシュボードとiTunes App StoreまたはGoogle Playのレポートの相違の主な理由を示しています。 さらに、これらの乖離を最小限に抑えるために必要な手順を見つけることができます。

 重要

これらが、非オーガニックインストール数の精度に影響を与えることはありません。 AppsFlyerは、仮に特定のユーザーが複数のデバイスをApp Store / Google Playアカウントに登録していたとしても、広告クリックに対して1つのインストールのみを計測を保障しています。

AppsFlyerがApp Storeよりも少ないインストールを表示する理由

原因 iTunes / Google Play AppsFlyer AppsFlyerのヒント


インストール定義

アプリストアは、ユーザーが後でアプリを起動するかどうかに関わらず、アプリをダウンロードしインストールすると、インストールを記録します。

AppsFlyerはアプリの初回起動時にのみ新しいインストールを記録します。 アプリを起動しないユーザーは、(アプリストア定義によって)ダウンロードしても、インストールしても、AppsFlyerにはカウントされません。

すべてのモバイルアプリのダウンロードのうち、およそ90%が少なくとも1回は起動されます。 しかし、これは地理とカテゴリの違いにより大きく異なります。

インストール記録日

アプリストアはダウンロード日をインストール日として記録します。

AppsFlyerは、初回起動日をインストール日として記録します。

AppsFlyerダッシュボードでは、この乖離を最小限に抑えるために、クエリの日付期間により長い時間を使用します。

タイムゾーン

データは、広告主の現地時間帯に従って表示されます。

デフォルトでは、データはUTC(GMT)のタイムゾーンに従って表示されます。

アプリごとに時間帯を設定し、この乖離を最小限に抑えることができます(詳細はこちら)。

Androidユーザーが定義済みのリアトリビューションウィンドウ内でアンインストールし、リインストールする

一部のビューでは、最初のインストールから経過した時間に関係なく、同じユーザーに対して2回のユニークインストールが表示されます。 他のビューはユニークユーザーを示しているため、AppsFlyerとの連携がより緊密です。

元のインストールからデフォルトで3ヵ月間のリアトリビューションウィンドウ内で、AppsFlyerはリインストールの計測にはなりません。 リアトリビューション期間は1〜24ヵ月に設定できます。

 

  1. ユーザーがアプリをインストールし、それを一度も起動しませんでした。 AppsFlyerはインストールを追跡しませんが、App StoreとGoogle Playはこれを新しいインストールとしてカウントします。
  2. ユーザーがアプリをインストールし、2週間後にアプリを初回起動しました。 Google / iTunesはインストール日を記録、AppsFlyerはアプリの初回起動日を記録します。 場合によっては、短時間で大きな差異が生じることがあります。 

AppsFlyerがApp Storeよりも多くのインストールを表示する理由

AppsFlyerがストアより多くのインストールを記録する主な理由は、インストールのユ ニーク性です。 アプリストアでのこの定義は、AppsFlyerのそれとは異なります。

アプリストアは、アプリがインストールされているデバイスの数に関係なく、ユニークユーザーのインストールを計測します。つまりGoogleアカウントまたはiTunesアカウントごとのインストールを計測します。

AppsFlyerはユニークのデバイスのインストールを計測します。. 

インストールのユニーク性に関連するすべての原因は次の通りです。:

原因 説明 AppsFlyerのヒント

既存アプリのインストールをアップグレードする

アプリがAppsFlyer SDKなしでリリースされ、後でAppsFlyer SDKを実装しアプリストアで再リリースされた場合、AppsFlyerは新しいオーガニックインストールのピークを示します。 ほとんどのユーザーがアプリのアップグレードを完了すると、通常このピークは数日後に低下します。

ユーザーの複数の端末が同じアプリをインストールする

同じiTunesユーザーのiPhoneとiPadにアプリがインストールされると、iTunesはこれを1回のインストールと見なしますが、AppsFlyerではこれを2回のインストールと見なします。

これらの「ダブル」インストールを顧客ユーザーID値を使用して追跡することができます。 新しいユーザーごとにユニーク顧客ユーザーIDを生成し、同じユーザーのすべてのインストールで同じ値を使用する場合は、ローデータ・インストール・レポートから重複した顧客ユーザーIDを除外することでこの乖離を緩和することができます。

iOSユーザーが定義したリアトリビューションウィンドウ以外のアンインストールとリインストール 元のインストール時間からリアトリビューションウィンドウ期間(デフォルトで3ヵ月間)が経過すると、リインストール時にユーザーはAppsFlyer上で新規とみなされます。
しかし、iTunesでは、アンインストールとリインストールに関係なく、1人のユーザにつき1つのインストールしか表示されません。

リアトリビューション期間は1〜24ヵ月に設定できます。

アップグレードされたデバイスにユーザーがリインストールする

ストアでは同じユーザーですが、AppsFlyerでは2つの異なるデバイスです。

AppsFlyerは機能しなくなった最初のデバイスのアンインストール情報を表示します。

デバイスIDのリセットと広告トラッキングの不正の計測

不正インストールの50%以上がこれらの方法を使用するため、デバイスは新しいデバイスとして表示されますが、ストアではユーザーは同じままです。

AppsFlyerのProtect360不正防止ソリューションは、アプリがこの種の不正に苦しめられているかを簡単に検出することができます。

Google Playからのインストール

ストア外マーケットのプレインストールとAPKサイトでは、Google Playを経由しないインストールが配信されます。

ストア外のAndroidマーケットで広告を掲載する場合、ドキュメントを参照し正しく設定しください。

 

  1. ユーザーがiPhoneとiPadの両方にアプリをインストール、初回起動したとします。AppsFlyerはこれを2回のインストールとして計測する一方、App Storeでは1回と計測します。
  2. ユーザーは新しいデバイスにアップグレードし、そのデバイスを自分のApp Store / Google Playアカウントに同期させてからアプリを起動しました。 AppsFlyerはこれを新しいオーガニックインストールと見なしますが、App StoreとGoogle Playはそうではありません。
  3. アプリは、AppsFlyer SDKなしで2016年にリリースされました。 ユーザーがアプリをダウンロードして使用しました。 アプリストアはそのユーザーをカウントしますが、AppsFlyerはまだユーザーを認識せず、カウントしません。 その後、2017年3月にAppsFlyerのSDKが実装されたアプリが新しいバージョンをストアにリリースします。 ユーザーは最新のアプリバージョンにアップグレードし、それを起動します。 AppsFlyerはインストールを新しいオーガニックインストールとしてカウントしますが、ストアはユーザーが2016年に既に登録されているため、カウントしません。
    これは、特にアプリがAppsFlyer SDKの実装以前の期間にユーザーの大規模なインストールベースを持っている場合、乖離の大きな原因となることがあります。
この記事は役に立ちましたか?
10人中8人がこの記事が役に立ったと言っています