ironSourceキャンペーンの設定

概要:AppsFlyerの連携パートナーであるironSourceは、アプリ開発者やデバイスメーカー、モバイル通信業者、広告主向けに、収益化、エンゲージメント、アナリティクス、ディスカバリーツールを構築しています。クリックに基づくモバイル計測に加えて、ironSourceでは、AppsFlyerで計測できるコスト、広告収益、リターゲティング、ビュースルー計測を提供しています。

ironSourceの設定

パートナーの設定方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > 連携済みパートナーへ進みます。
  2. パートナーを選択してください。
    パートナーの設定画面が開きます。

ironSourceの設定画面には、次の5つのタブがあります:連携、計測リンク、コスト、広告収益、権限。次の項目をクリックすると各タブの設定に関する説明が表示されます。

連携済みパートナーの設定画面の詳細については、こちらをクリックしてください。

 ヒント

  • 連携タブでの全般的な設定の項目は、全てのパートナーにおいて必須です。
  • その他すべてのステップは、説明的または任意の設定です。

連携タブ

パートナーの有効化

このタブを初めて開く場合、連携タブのパラメーター設定を有効にするためにパートナーを有効にするのトグルをオンにする必要があります。このパートナーと連携を続ける限り、トグルをオンにしておく必要があります。
パートナーの有効化についての詳細は、こちらをご覧ください。

 注意

全てのインストールデータを受信できるネットワークとして、ironSourceはオーガニックを含む全てのメディアソースに紐づく新規インストールについてポストバックを受信することを希望しています。All media sources, including organic を選択し、全てのインストールポストバックをironSourceに送信することを推奨します。

一般的な設定

Advertiser ID

ironSourceは、ユニークなadvertiser ID (6桁の数値) を使用してAppsFlyerと接続します。Advertiser ID持ちでない場合は、連携作業を続けるためにこのIDをironSourceから取得してください。

ironsource-details.png

IDとパスワードをコピーして各項目に貼り付けます:

ironsource_msc_new_4.png

Enable View-Through attribution(ビュースルーアトリビューションの有効化)

ironSourceでビュースルーインストール計測したい場合は、このトグルをオンにしてください。ビュースルールックバック期間は、計測リンクタブ(下記参照)にて設定できます。

デフォルトのポストバック

ユーザーのインストールとリエンゲージメント後に、AppsFlyerは自動でironSourceにポストバックを送信します。このセクションでは、これらのポストバックの送信を許可するユーザーを定義してください。

ironsource_msc_new_5.png

Only events attributed to this partner(このパートナーに紐づくイベントのみ)を選択して、ironSourceの成果に紐づくユーザーのイベントのみを選択してください。
Events attributed to any partner or organic(オーガニックを含む全メディアソースに紐づくイベント)を選択して、ironSourceにレポートできる全ユーザーベースを選択してください。

アプリ内イベントの設定

このセクションでは、ポストバックを介して、AppsFlyerイベントをironSourceとマッピングできます。

ironsource_msc_new_6.png

  1. advertiseridとパスワードを再度入力してください。
  2. アプリ内イベントのポストバックのトグルをONにします。
  3. SDKに定義済みの全てのイベントに対して、ポストバック送信オプションを選択してください。
    - Only events attributed to this partner (このパートナー経由のインストール発生のイベントのみ):このパートナー経由のユーザーから発生したイベントのみ
    - Events attributed to any partner or organic (全てのパートナー経由の非オーガニックインストール、およびオーガニックインストールのイベント):すべてのユーザーベースからパートナーに送信できるようにする場合
  4. イベントを追加をクリックして、SDKイベントをリストに追加してください。
  5. 次のパラメータを設定してください:
パラメータ名 説明
SDK Event Name アプリと連携済みのSDKから、またはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
ヒント - アプリ内イベント名がリストに表示されない場合、デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認してください。
Partner Event Identifier ironSource側で定義された各イベンとの一意の名前またはIDです。
対応するEvent IDをironSourceから取得してこのテキストフィールドに設定してください。
Send Revenue チェックなしの場合 - AppsFlyerはリッチアプリ内イベントのすべてのパラメータをパートナーに送りますが、af_revenueパラメータに含まれるrevenueパラメーターは送信しません。
チェックありの場合 - AppsFlyerはrevenue値(イベントに存在する場合)を含む全てのパラメータをパートナーに送ります。

計測リンクタブ

このタブでは、ironSourceのキャンペーン、広告セット、単一の広告レベルで計測したい計測リンクを作成できます。AppsFlyerでは作成された計測リンクは保存されませんのでご注意ください。

このタブは複数のセクションに分かれています。

計測リンクのパラメーター

このセクションでは、計測リンクに追加したいパラメータを選択できます。

計測リンクにパラメータを追加すると、後でドリルダウン分析を実行できます。計測リンクに既に定義済みのパラメーターは、ここで追加して編集し、新しい値を設定できます。

  • Campaign - これを追加すると、ironSourceで実施中の異なるキャンペーンを比較できます。計測リンクパラメーター:c
  • Adset - これを追加すると、特定のironSourceキャンペーン内の広告セット名を比較できます。計測リンクパラメーター: af_adset
  • Ad Name:特定のironSourceキャンペーンの特定の広告セット内の広告別に比較するために広告名を追加します。
    計測リンクパラメーター: af_ad
  • Site ID(サイトID)および Sub Site ID(サブサイトID):サイトIDパラメータを設定すると、特定のパブリッシャーにインストールを紐づけられます。パブリッシャー数が多い場合、サイトIDの制限を越えないように、サイトIDの使用数を控えて、sub site ID(サブサイトID)パラメータを使用することをおすすめします。
    計測リンクパラメーター: af_siteid、af_sub_siteid
  • Subscriber Parameter(サブスクライバーパラメーター):5つのサブスクライバーパラメーターに値を追加できます。これらのパラメータはパースされ、ローデータレポートの該当カラムに表示されます。データの集計や絞込みを行うのに便利な値を入力できます。
    計測リンクパラメーター: af_sub1、af_sub2、af_sub3、af_sub4、af_sub5

計測リンクに他のパラメーターを追加するには、新しいパラメーター項目に入力入力してください。詳細は、AppsFlyer計測リンクの構造とパラメーターをご覧ください。

リターゲティングの設定

リターゲティングの設定が有効化されると、AppsFlyerではクリック計測リンクに&is_retargeting=trueを追加することで、リンクをユーザー獲得用ではなく、リターゲティング 用の計測リンクとして認識します。注: リターゲティング機能は現在クリックスルー計測でのみサポートされており、ビュースルーには対応していません。
計測リンクのパラメーター: is_retargeting

リターゲティングの設定が有効化されると、次の設定ページが表示されます。

msc_new_7.png

1. スタンダードリンクとOneLink

次の場合はスタンダート計測リンクを選択します:

  • URLにディープリンクを使う必要がない
  • ディープリンクにURI schemes(URIスキーム)のみを使用する予定である

次の場合はOneLinkの使用を選択してください。

  • AndroidとiOSの両方のアプリで1つのリンクを共用する
  • ユニバーサルリンクまたはapp linksを使用したディープリンク

OneLinkを選択すると、計測リンクがアプリのリンクから OneLink URL に変わりますので注意ください。

2. Deep Link URL(ディープリンクURL)

この項目は、ディープリンクを使用してユーザーをアプリの特定のアクティビティに遷移する場合に使用します。
計測リンクパラメーター:af_dp
詳細は、AppsFlyerのディープリンクソリューションガイドをご覧ください。

3. Re-engagement Window(リエンゲージメント期間)

リエンゲージメント後に、ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティングメディアソースにアトリビュートされる期間を設定します。値は日数(1~90)、時間数(最大23)またはlifetime(ライフタイム)を設定できます。

計測リンクパラメータ:af_reengagement_window

クリックスルー計測

このスライダーではクリックからインストールまでの最大有効期間を設定できます。ルックバック期間内に発生したインストール(初回起動)のみがironSourceに計測されます。

計測リンクのパラメータ: af_click_lookback

クリックルックバック期間の詳細についてはこちらを参照してください。

クリック計測リンク

このリンクは、あなたが設定したすべての情報が含まれる計測リンクです。ユーザーが対応する広告をクリックした際に有効になるように、ironSourceへ入稿してください。

ビュースルー計測ルックバック期間

このスライダーでは、 インプレッションからインストールまでの最大有効期間を設定できます。広告のインプレッション後、ほかに関連する広告がクリックされなかった場合、このルックバック期間内に発生したインストール(初回起動)のみがironSourceに紐付けられます。

この値は1~23時間または1~7日間で設定できます。 

計測リンクパラメータ: af_viewthrough_lookback

ビュースルー計測の詳細については、こちらを参照してください。

インプレッション計測リンク

インプレッション計測リンクには、クリック計測リンクと同様の(ルックバック期間は異なりますが)計測データが含まれます。対応する広告が閲覧された際に有効になるように、このリンクをironSourceへ入稿してください。
ironSourceのクリックとビューの定義について参照してください。

コストタブ

AppsFlyerはコストの詳細をAPIで取得します。

Media source Campaign Adset Ad Geo Site ID
- はい - はい はい はい
サポートしているコストデータ

はじめに:

ironSourceコストAPIを有効にする方法

  1. コストタブで、コストデータを取得するを有効にしてください。
  2. 認証情報項目を入力します。
  3. Site IDマッピングのドロップダウンメニューにて、希望のサイトID設定を選択してください。
    これにより、計測リンクにあるAppsFlyerのサイトIDのマクロと一致するようにサイトIDが設定されます。
  4. Save Cost(コストを保存)をクリックします。
  5. 接続テストをするをクリックしてください。
    API接続を認証しましたというメッセージが表示されます。APIが有効になりました。AppsFlyerはパートナーから1日6回、平均約4時間ごとにデータを収集します。

コストデータをサポートしているすべてのパートナーのリストについては、こちらを参照してください。

広告収益タブ

アプリ内にパートナーから送信された広告を表示している場合、このセクションをご覧ください。

ironSourceでは、広告収益を集計およびユーザーレベルの粒度で提供しています。

詳細は、広告収益の計測をご覧ください。

ユーザーレベルの粒度を利用する場合、数値の乖離が発生する可能性があります:広告収益データは、毎日14:00 UTCにironSourceから取得され、昨日のデータが含まれています。ironSourceは、AppsFlyerがデータを取得したあともデータを更新し続けることがあります。これにより、AppsFlyerとironSource間で数値の乖離が発生します。

広告収益データを取得するのトグルをオンにすると、収益データの取得に必要な設定項目が表示されます。「パートナーの広告収益」セクションに記載されている手順に従って必要事項を入力してください。たとえば、次の画面でパートナーと広告収益データの連携を設定する場合は、パートナーのシステムへのログインが必要となります。

はじめに:

  • パートナーからAPI認証情報を取得してください。

API経由で広告収益データを取得する方法:

  1. Appsflyerにて、設定 > 連携済みパートナーへ進んでください。
  2. ironSourceを選択してください。
  3. 広告収益タブを開いてください。
  4. 広告収益データを取得するを有効にしてください。
  5. 連携タイプを選択し、認証項目を入力してください。
    • [デフォルト] ユーザーレベル連携
      • Refresh Token
      • Secret Key
      • App Key
    • 集合連携
      • Secret Key
      • User Name
      • App ID
      • Event Source
  6. 広告収益を保存をクリックしてください。
  7. 接続テストをするをクリックしてください。
  8. 次のいずれかを実行してください:
    1. API connection verified(API接続が認証されました)が表示され、正常に手順が完了されました。AppsFlyerはパートナーから1日1回データを収集します。
    2. その他のメッセージが表示された場合、ステータスメッセージに従って修正措置を実施してください。

権限タブ

このタブでは、パートナーがアドネットワークの場合、代理店の場合、または両方の場合に、ironSourceに付与する権限を選択できます。ironSourceでの計測が無効になっている場合でも、権限タブはアクティブであり、ironSourceへの権限を管理できます。

これらのトグルを使用して、アプリごとにアドネットワークへの権限付与を設定してください:

アドネットワークへの権限付与

  • パートナー連携の設定を許可する - パートナーに連携タブの設定(アプリ内イベントのポストバックを除く)を許可します。
  • アプリ内イベントのポストバック設定を許可する - 連携タブでアプリ内イベントのポストバックをマッピングする設定をパートナーに許可します。
  • リテンションレポートへのアクセスを許可 - パートナーのリテンションデータへのアクセスを許可します。
  • リテンションレポートへのアクセスを許可する  - このパートナー経由のロイヤルユーザーデータのみへアクセスを許可します。
  • アプリ内イベント集計データへのアクセスを許可する - このパートナー経由のアプリ内イベントデータのみへアクセスを許可します。
  • 収益集計データへのアクセス権限を許可する‐ このパートナーに紐づく収益データのみへアクセスを許可します。
  • Protect360管理画面へのアクセスを許可する - 広告主がProtect360機能を利用している場合、パートナーのProtect360データへアクセスを許可します。

詳細はアドネットワークへの権限付与をご覧ください。

代理店への権限付与

これらのトグルを使用して、アプリごとに代理店への権限付与を設定してください。

  • メインのトグル - オンにすると、代理店への権限に関する追加設定が表示されます。
  • リテンションレポートへのアクセスを許可する - 代理店の独自のリテンションレポートにのみアクセスできるようになります。
  • オーガニック集計データへのアクセスを許可します。
  • アプリ内イベントのポストバック設定を許可する:代理店に連携タブでアプリ内イベントのポストバックをマッピングする権限を許可します。

代理店への権限付与についての詳細は、こちらをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?