高プライバシーポストバック & ポストバックマクロ:アドネットワーク向け

概要:高プライバシーポストバックが有効になっている場合の、パートナーへのデータ共有について記載しており、高プライバシーポストバックの設定方法を確認してください。
[注意] この記事はSKAdNetworkのポストバックには一切関係なく、広告主向けのものでもありません。

高プライバシーポストの更新情報

本ページ内に記載されている高プライバシーポストバックの機能は、以下条件に全て当てはまった場合に有効になります:

  • ユーザーの端末がiOS 14.5以上を搭載していること
  • 高プライバシーポストバックがONになっていること

AdvancedPrivacy.png

この記事では以下の内容について記載しています:

高プライバシーポストバックでのデータ共有の原則

iOS14.5以降、AppsFlyerの高プライバシー一括設定(AAP)のフレームワークはユーザーレベルのアトリビューションデータの可用性を管理する機能を広告主へ提供します。 

アドネットワークにとっては、このAAPのフレームワークは高プライバシーポストバック(AP)の使用をもって適用されます。わかりやすく、このページでは高プライバシーポストバックをAPと略して記載してきます。 

また、APはアドネットワークや代理店も利用可能である集計データの可用性には何も影響しませんのでご安心ください。

APの設定によって影響を受けるデータについて

APがONになっている場合、iOS14.5以上のOSでATTに同意しなかった端末のユーザーレベルのデータは、ポストバックやProtect360の不正関連のレポートを含む各種レポート機能において利用できなくなります。

つまりポストバックにおいて、ユーザーのATT同意状況とその他の要因によって、異なるタイプのポストバックが都度使用されることになります。 

現状のAPの設定については、AppsFlyerの管理画面上でアプリ毎に確認可能です。パートナーアカウントで管理画面に入り、アプリ毎に管理画面左メニュー連携済みパートナーの画面に入り、自身のアドネットワークを検索して、 連携タブを確認してください。デフォルト設定はAPがONになっています。 

APforPartners2.png

高プライバシーポストバックに連携するために必要なポストバックテンプレートの種類は以下の2つです:

  • レギュラーポストバック:
    AppsFlyerとの既存のポストバック連携のテンプレートで、ユーザー識別子やclickID、アトリビューションデータに関するマクロが含まれています。
  • 高プライバシーポストバック:
    ユーザー識別子やclickIDのマクロを含まないポストバックテンプレートです。AP連携が完了していない状態において、仮にAPの設定が有効になっている場合、何もポストバックは送信されないので注意してください。AP連携の作業はパートナーアカウント上のポストバック管理の画面を使って、ご自身で設定が可能です。

重要:
エンドユーザーが広告主アプリと広告配信アプリの両方でATTダイアログに同意した場合、レギュラーポストバックのテンプレートが使用されます。

使用されるポストバックの種類について

以下の表は、iOS14.5以降のユーザーデータに適用されるものです。

注意:エンドユーザーのOSバージョンが14.4以下だった場合には、この表の条件は適用されず、レギュラーポストバックが送信されます。

AP設定

ATTのステータス APをサポートしている媒体への紐付いた成果*のポストバック  APをサポートしていない媒体への紐付いた成果*のポストバック  紐付いていない成果のポストバック*

広告掲載アプリ

広告主アプリ

ON

許可

拒否

高プライバシー
テンプレート

ポストバック
なし

なし

ON

拒否

許可

高プライバシー
テンプレート

ポストバック
なし

レギュラーテンプレート(媒体関連の情報は利用不可)*

ON

許可

許可

レギュラーテンプレート
(IDFA / IDFV / CUID / ClickIDなどの利用可能な各種IDと、媒体関連の情報を含む)

レギュラーテンプレート
(IDFA / IDFV / CUID / ClickIDなどの利用可能な各種IDと、媒体関連の情報を含む)
レギュラーテンプレート
(利用可能な各種IDは含むが、媒体関連の情報は利用不可*)

ON

拒否

拒否

高プライバシー
テンプレート

ポストバック
なし

なし

OFF

考慮外

考慮外

レギュラー
ポストバック

レギュラー
ポストバック

レギュラーテンプレート(媒体関連の情報は利用不可)*

iOS14.5以降使用されるポストバックの種類

(*)パートナーとのデータ共有の原則

特定のイベントについて、AppsFlyerでは複数のアドネットワークがポストバックを受け取ることが可能です。送信されるポストバックは以下の通りです:

  • 成果の紐付け先であるパートナー:アドネットワークに紐付いた成果やイベントを受け取ります。
  • 成果の紐付け先ではないパートナー:成果やイベントが紐付いていない連携済みパートナーも、アプリ内イベントのポストバック設定において、送信オプションの設定を、オーガニックを含むすべてのメディアソースにした場合に、ポストバックを受け取ります。広告主アプリにおいてATTダイアログにユーザーが同意した場合、ポストバックに他社媒体情報は含まれませんが、各種ユーザーIDは含まれます。(この送信オプションの機能は全てのアドネットワークでサポートしているわけではありません。)

    InAppEventAll.png

Web面での広告配信

アドネットワークがWeb面上で広告を表示している場合、APの挙動が異なります。

そのクリックがWeb面とアプリ面のどちらから送信されたものであるかを示すには、クリック計測URLにaf_media_type=webもしくは af_media_type=appのパラメータを新たに追加する必要があります。

af_media_typeのパラメータが送信されない場合、常にアプリ面として取り扱われます。

ATTのステータス 紐付いた成果のポストバックタイプ* 紐付いていない成果のポストバックタイプ*

広告掲載アプリ

広告主アプリ

N/A

拒否

高プライバシー
ポストバック

なし

N/A

許可

レギュラーポストバック
(IDFA, IDFV, CUID, Click IDなどのユーザー情報を含む)

レギュラーポストバック
(媒体情報は含まれず、IDFAなどのユーザー情報のみ)

APがON かつ iOS14.5以降において使用されるポストバックタイプ

連携

クリックURLをアップデートして、高プライバシーポストバックの連携を完了してください。

クリックURLのパラメータについて

多くのケースにおいて、ユーザーのATTへの同意状況に応じて、IDFAは配信面アプリ、広告主アプリ、またはその両方で使用できなくなるでしょう。そのようなシナリオにおいて、AppsFlyerでは確率論的モデリング高プライバシー一括設定の機能を活用してアトリビューションを実施することがあります。

[推奨]計測情報を最大限充実させるために、表に記載されているパラメータを全て送信してください。

  1. 計測URLに以下の各種パラメータを追加してください:
    識別情報 クリック
    パラメータ

    Campaign(キャンペーン)

    c

    US_20_30

    Campaign ID

    af_c_id

    12345

    Adset

    af_adset

    ADSET_1

    Adset ID

    af_adset_id

    56789

    Ad 

    af_ad

    creative_name

    Ad ID

    af_ad_id

    34567

    Site ID

    af_siteid

    abcdefgh12345678

    Subsite ID

    af_sub_siteid

    abcdefgh12345678

    Channel(チャネル)

    af_channel

    channel_name

    Ad Type

    af_ad_type

    video

    iOSの端末モデル*

    af_model

    以下のどちらかを入力してください。

    • iphone (すべて小文字)
    • ipad (すべて小文字)

    OS*

    af_os

    端末のOSバージョンを入力してください。

    ※ 一部の情報は、ユーザーエージェントを介して提供される場合があります。その場合には、特定のパラメータを使って送信された値の方が計測時に優先されます。


    クリックURLへのキャンペーン詳細の情報追加

    次の例を参考に、キャンペーン詳細に関するパラメータをクリックURLに追加してください:

    https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=YOUR_NETWORK_ID&c={CampaignName}&af_c_id={CampaignID}&af_adset={adset name}&af_adset_id={adset ID}&af_ad={ad name}&af_ad_id={ad ID}&af_ad_type={Ad type}&af_siteid={PublisherId}
  2. 各クリックURLに、以下の必須パラメータを追加してください*:

     警告

    クリックURLが各必須パラメータを渡さない場合、配信しているキャンペーンに紐づくべきインストールの大部分があなたの媒体成果として反映されなくなる可能性があるので注意してください。

    • IP
    • User-agent 

    *AppsFlyerへリダイレクトするシンプルなHTTPリファラを使用してクリックを送信している場合には、これらのパラメータを追加する必要はありません。 

    以下の方法のいずれかを使用している場合には、記載されている取得方法などを参考にしてクリックURLへパラメータとその値を追加してください: 

    • アプリ内でのリダイレクト(アプリ面)
    • サーバーtoサーバーでのクリック計測 (S2S)  

    パラメータ名

    必須

    取得方法

    端末の言語設定と地域情報

    af_lang

    いいえ

    NSString *language = [[NSLocale preferredLanguages] objectAtIndex:0];

    [推奨]言語と地域情報を左記の形式で提供してください。例:en-US

    User-agent

    af_ua

    はい

    以下の形式でユーザーエージェントを取得してください。

    Mozilla%2F5.0+%28iPhone%3B+CPU+iPhone+OS+13_3_1
    +like+Mac+OS+X%29 AppleWebKit%2F605.1.15+%28KHTML%2C
    +like+Gecko%29+Mobile%2F15E148
    • CFNetworkのユーザーエージェントは取得せずそれ以外のユーザーエージェントを取得してください。
    • ユーザーエージェントはURLエンコードされている必要があります。

    端末のIPアドレス

    af_ip

    はい

    推奨:可能であれば、af_ipのパラメータを使用する形で端末のIPアドレスを提供してください。

    その他のオプション:利用可能な場合には、AppsFlyer側でX-Forwarded-For内のIPを利用します。

     高プライバシー計測用のパラメータ


    クリックURLへのパラメータ追加

    クリック計測URLにおいて上記の必須パラメータをパスするには、以下の例を参考にしてください: 

    https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=YOUR_NETWORK_ID&c={CampaignName}&af_c_id={CampaignID}&af_adset={adset name}&af_adset_id={adset ID}&af_ad={ad name}&af_ad_id={ad ID}&af_ad_type={Ad-type}&af_siteid={PublisherId}&af_ua={USER-AGENT}&af_lang={LANGUAGE}&af_ip={IP}

    サンプル

    GET https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=YOUR_NETWORK_ID&c={CampaignName}&af_c_id={CampaignID}&af_adset={adset name}&af_adset_id={adset ID}&af_ad={ad name}&af_ad_id={ad ID}
    &af_ad_type={Ad type}&af_siteid={PublisherId}

    &af_ua=Mozilla%2F5.0%20%28iPhone%3B%20CPU%20iPhone%20OS%2012_1_4%20
    like%20Mac%20OS%20X%29%20AppleWebKit%

    2F605.1.15%20%28KHTML%2C%20like%20Gecko%29%20Mobile%2F16D57&af_lang=en-US&af_ip=11.11.1.11

    * クエリパラメータはURLエンコードする必要があります。

    クリックURLヘッダー上で、データをパスしてください。

    クリックURLヘッダー上で各フィールドを渡すには、以下の例を使用してください。

    GET https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=YOUR_NETWORK_ID&c={CampaignName}&af_c_id={CampaignID}&af_adset={adset name}&af_adset_id={adset ID}&af_ad={ad name}&af_ad_id={ad ID}&af_ad_type={Ad type}&af_siteid={PublisherId}

    accept-language: en-US,en;q=0.

    User-Agent: Mozilla/5.0(iPhone; CPU iPhone OS 13_5_1 like Mac OS X)

    AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Mobile/15E148

    X-Forwarded-For: 11.11.1.11,222.222.2.222

高プライバシーポストバックの仕様について

高プライバシーポストバックを受け取るには、レギュラーポストバックの連携に加えて、高プライバシーポストバックの連携を行う必要があります。高プライバシーポストバックの設定は、AppsFlyerのパートナーアカウント上でご自身で設定可能です。

レギュラーポストバックと高プライバシーポストバックのテンプレートの違い

  • ポストバックは1時間毎にまとめて送信されます。
    • このバッチにはインストール、アプリ内イベントなどすべてのイベントタイプが含まれます。
    • なお、0.001%のポストバックデータが後から別のバッチで送信される可能性があり、最大で24時間の遅延が発生する可能性があります。
  • ポストバックの送信時間は実際のイベント発生時間とは異なります。
  • タイムスタンプのマクロについて:
    • インストールとアプリ内イベントのデータの場合、タイムスタンプは発生した時間単位での情報に丸められます。
      例:"22:55:30"というデータは"22:00:00"としてレポートされます。
    • UTCのタイムゾーンが適用されます。
      タイムスタンプの例:(2020-07-20 20:00:00)
  • 高プライバシーポストバックでは、クリックID、Customer User ID、AppsFlyer ID、IDFA、IDFV、デバイスモデル、OSバージョン、キャリアといったパラメータは利用できません。

連携のために必要なアドネットワーク側のアクション

  1. AppsFlyerのパートナーアカウント上での、高プライバシーポストバックの設定 
  2. 高プライバシーポストバックの連携テスト
ポストバックの種類
インストール
アプリ内
高プライバシーポストバックのエンドポイント [必要に応じて]

ポストバックマクロ名

備考 全ポストバック向けの基本パラメータ アプリ内イベント専用のパラメータ リジェクトされた計測データ専用のパラメータ
af_ad クリエイティブ名 はい    
af_ad_id 34567 はい    
af_ad_type 例:
banner, footer, video
はい    
af_adset ADSET_1 はい    
af_adset_id 56789 はい    
app_id - はい    
app_name - はい    
attributed_touch_hour

時間(Hour)単位に切り捨て

Format:
注(1)を参照してください

はい    
attributed_touch_type 例:click, impression はい    
blocked_reason 検証ルール/Protect360に関連します     はい
blocked_reason_value 検証ルール/Protect360に関連します     はい
blocked_sub_reason 検証ルール/Protect360に関連します     はい
bundle_id 広告主側で設定 はい    
c キャンペーン名など
例:US_20_30
はい    
af_c_id キャンペーンIDなど
例:12345
はい    
af_channel チャネル名 はい    
country_code コンバージョン記録時のISO国コード はい    
event_hour

時間(Hour)単位に切り捨て

Format:
注(1)を参照してください

はい    
event_name アプリによって異なるイベント名が入ります   はい  
event_revenue event_currencyに基づく収益金額   はい  
event_revenue_
currency
収益の通貨単位   はい  
event_revenue_usd USDに換算された収益金額   はい  
install_hour

時間(Hour)単位に切り捨て

Format:
注(1)を参照してください

はい    
is_first そのアプリ内イベントが、そのユーザーにとって初めて発火されたイベントだった場合にはTrueが入ります   はい  
is_primary

重複除外に利用可能

Boolean: 0, 1

  はい  
is_retargeting

重複除外に利用可能

Format:
注(2)を参照してください

はい    
is_reengagement

Format:
注(2)を参照してください

  はい  
is_reattribution

重複除外に利用可能

Format:
注(2)を参照してください

はい    
match_type 例:id_matching, probabilistic はい    
event_id アドネットワークのプラットフォーム上で発生したイベントと称号するための名称またはIDです   はい  
platform 例:ios, android はい    
postback_id ポストバック毎にユニークなID はい    
retargeting_
conversion_type
例:re-engagement, re-attribution はい    
af_siteid abcdefgh12345678 はい    
af_sub_siteid abcdefgh12345678 はい    

注:

(1) 利用可能なタイムスタンプ形式:

  • [デフォルト] String: YYYY-MM-DD HH:MM:SS
  • Epoch time:10桁のUnix タイムスタンプ

(2) Booleanの形式が利用可能

  • [デフォルト] 数値:0, 1 
  • String: false, true
高プライバシーポストバックで利用可能なポストバックマクロ

高プライバシーポストバックの設定方法について

AppsFlyerの管理画面上にある、ポストバック管理の機能を使って、高プライバシーポストバックを設定してください。

前提条件

  • 高プライバシーポストバックの設定を管理するには、AppsFlyerと有効な連携設定 / パートナーアカウントが必要です。お手数ですが、連携を新しく行いたい場合には担当PDMまでご連絡ください。
  • AppsFlyerAdmin_us-en.pngポストバック管理の画面は、パートナーアカウントのアドミン権限のみが利用可能で、チームメンバーにはアクセス権がありません。

ポストバックを設定するには:

  1. 上段右のメールアドレスをクリックし、ドロップダウンメニューからポストバック管理を選択してください。
  2. ポストバックタイプは高プライバシーポストバックを選択してください。 
  3. トグルをONにして、設定画面をアクティブにしてください。

    postback-management-enter-endpoint_en-us.png

  4. エンドポイントのアドレスを入力してください:AppsFlyerがポストバックを送信するエンドポイントのURLです。インストールとアプリ内イベントで、それぞれ関連するURLを入力してください。
  5. ポストバック内に含めたいパラメータを入力してください。
    • パラメータ名:AppsFlyerのパラメータ表示名
    • 受け取り側のパラメータ名:御社側で値を受け取る際の各パラメータ名
    • パラメータの値(いくつかのパラメータで利用可能):値のフォーマットを選択してください。例えばBoolean値の場合、"true"/"false"と1/0、どちらで受け取るのかを選択します。
    • Install: インストールのポストバックに含めたいパラメータにチェックを入れてください。
    • In-app event: アプリ内イベントのポストバックに含めたいパラメータにチェックを入れてください。

    postback-management-parameters_en-us.png

    高プライバシーポストバック用のマクロ一覧

  6. [任意]AppsFlyerでは提供していないカスタムパラメータも追加可能です。

    postback-management-custom-parameters_en-us.png

  7. 最後に、作成されたポストバックテンプレートのプレビューを確認して、全て正しく設定されていることを確認してください。

    postback-management-template_en-us.png

  8. [保存]をクリックしてください。この設定を保存すると、その変更内容がすぐに適用・有効になります。

問題が発生した場合には、担当PDMまでご連絡ください。

追加情報

アナリティクスパートナー向けのAP

アナリティクスパートナーに対して、ポストバックは以下のように送信されます:

  • AP OFF:制約なく、ユーザーレベルのポストバックが送信されます。
  • AP ON:ユーザーの流入元とATTのステータスに応じて、以下表のようにポストバックが送信されます。

流入元

ATTのステータス アナリティクスパートナー向けのポストバックタイプ

広告掲載アプリ

広告主アプリ

非オーガニック


 


 

許可

許可

レギュラー
ポストバック

拒否

許可

なし

上記以外

拒否

なし

オーガニック / Web

N/A

許可

レギュラー
ポストバック

オーガニック / Web

N/A

拒否

なし
ATTステータスとユーザーの流入元毎のポストバックタイプ:アナリティクスパートナー向け

APとSKAdNetwork

SKAdNetworkはAppleがiOS端末向けに提供しているアトリビューション技術です。一方、高プライバシーポストバックは高プライバシー一括設定(AAP)のフレームワークの一部であり、AppsFlyerによるアトリビューションに関連するものです。AAPにより、広告主はAppsFlyerのプラットフォームを介してユーザーレベルのアトリビューションデータの可用性を制御できます。そして多くのアドネットワークがAPとSKAdNetworkの両方の連携をサポートしています。 

この記事は役に立ちましたか?