Protect360ローデータレポート

概要:ローデータレポートには、Protect360エンジンおよび手動で設定された検証ルールによってブロックされたインストールとアプリ内イベントが含まれます。

関連記事:Protect360の概要管理画面検証ルール

Protect360ローデータレポート

ローデータレポート:

  • 次のデータを表示します:
    • Protect360エンジンによって不正と検知されたクリック、インストール、アプリ内イベント。
    • 検証ルールによって検知されたインストールとアプリ内イベント。
  • 各クリック、インストール、アプリ内イベントのブロック理由が含まれています。
  • 広告主はアドネットワークアカウントでの数値の一致、最適化、そしてポストアトリビューション不正に対する管理画面の調整をすることができます。
  • 次のセクションでは、ダウンロード、API、Data Locker (S3)によるレポートタイプと可用性について説明しています。

レポートタイプ

Protect360ローデータレポートタイプ
レポート 説明
インストール

レポートには、次のものが含まれます。

  • 不正インストール:Protect360エンジンによって不正と検知されたインストール。メディアソースの成果とは計測されません(オーガニックとなります)。
  • ハイジャックされたインストール:通常インストールの計測が不正に横取りされたが、Protect360が計測結果を修正します。
    • Protect360インストールレポートでは、不正メディアソースが表示されます。
    • 通常インストールのローデータレポート(非オーガニック、オーガニック)では、正しいメディアソースが表示されます。
  • 検証ルール:インストールをブロック、または計測をブロックしたかのいずれかです。
アトリビューション後のインストール

レポ―トには、メディアソースに成果が計測されたが、後に不正と判明したものも含まれます。

ブロックされたアプリ内イベント

レポートには、以下のアプリ内イベントが含まれます。

  • 不正インストール:アプリ内イベントはブロックされます。
  • ハイジャックされたインストール
    • Protect360アプリ内イベントレポートでは、不正メディアソースが表示されます。
    • 通常のアプリ内イベントレポートでは、正しいメディアソースが表示されます。
  • アプリ内イベント:元のインストールとは無関係に不正行為として識別されます。
  • 検証ルール
    • インストールをブロック、またはブロックされた計測から発生したアプリ内イベント。
    • アプリ内イベントをブロックしたルールからのアプリ内イベント。
アトリビューション後のアプリ内イベント

レポートには、以下のアプリ内イベントが含まれます。

  • ポストアトリビューションで検知されたもの。
  • メディアソースにインストール成果が計測されたが、後に不正であることが判明したもの。
クリック レポートには、ブロックされたクリックとブロック理由が含まれます。
ブロック済みインストールポストバック レポートには、ブロック済みインストールをもたらしたメディアソースに送信された拒否ポストバックのコピーが含まれます。

ポストアトリビューションレポート

  • ポストアトリビューションローデータ不正レポートは、ブロック済み不正レポートと同じレポート構成です。
  • 当月(インストール日別)のポストアトリビューションレポートは、翌月の7日(検知日)まで更新されます。
  • ポストアトリビューションローデータレポートは、広告主様のみに開示されます。代理店が利用するには、権限を付与してもらう必要があります。
  • レポートには、Protect360 によって特定されたポストアトリビューションの不正イベントが含まれ、すべてのメディアソースが 1 つのレポートに含まれます。
  • ポストアトリビューションのローデータ不正レポートは以下のとおり利用できます。

    • 管理画面のユーザーインターフェイス:1ヵ月間で1つのメディアソースのみで使用できます。
    • PUll API: すべてのメディアソースが含まれます。(注:アプリ所有者のみが利用できます。)

ポストアトリビューションレポートの使用

  • 必要に応じて、インストール/アプリ内イベントと日付範囲の組み合わせを選択します。
  • ハイジャックされたインストール/アプリ内イベントは、rejected_reason_value 項目で有効なコントリビューター(メディアソース)を特定できます。つまり、元々成果が紐づくはずだったコントリビューターです。
    • rejected_reason_value には、contributor[1-3] または organic が入力されます。contributor[1-3] の項目にて、コントリビューターの詳細を確認し調整してください。
    • コントリビューターの項目がレポートに表示されない場合は、データエクスポートページから追加できます。
  • Protect360 は、ポストアトリビューション検知をインストールが発生した月とその翌月の7日まで実行します。つまり、例えば、11月分のインストールについて、Protect360 は 12月7日までの不正をチェックします。
  • この Pull APIを使用する上でのベストプラクティスは、次のとおりです。
    • 毎日このレポートを取得すると仮定します。
    • インストール日の範囲を、現在の日付から振り返って60日間に設定します。
    • detect-from / detect-to の範囲を現在の日の前日に設定します。
      これは、昨日検出されたポストアトリビューション不正のリストを取得することを意味します。数日間レポートを取得しなかった場合は、検出日付範囲を調整し、レポートを取得してください。

 

例A:12月(インストール日)に15件のインストール成果が example_media に計測されました。1月3日(検出日)に、Protect360 は example_media を不正と判別しました。その結果、example_media に成果が起因する15件のインストールは、ポストアトリビューションレポートに不正と記載され、これをもとにアプリ所有者はさらなる行動をとることができます。

例 B: 12月に、example_media に15件のインストール成果が計測されました。1月9日に、Protect360は example_media を不正と判別します。この場合、前月の締め日である1月7日以降に不正が判別されたため、Protect360は何もアクションを行いません。

ツールタイプ別ローデータの可用性

ツールの種類別 Protect360ローデータの可用性
レポート データ更新頻度 Pull API エクスポートページ Data Locker
インストール リアルタイム
ブロックされたアプリ内イベント リアルタイム
クリック リアルタイム
ブロック済みインストールポストバック リアルタイム - -
アトリビューション後のインストール

毎日10:00 UTCタイムゾーン

✓*
アトリビューション後のアプリ内イベント

毎日10:00 UTCタイムゾーン

-

* Data Locker 経由でのレポートに関する制限事項:

  • 代理店の運用詳細の開示はサポートされておりません。つまり、代理店が運用するトラフィックについては、インストールをもたらしたメディアソース名が含まれません。
  • レポートは、その他のData Lockerレポートに関連する固有の項目セットが含まれています。このリストは変更できません。

ローデータレポートの取得

ローデータは、ダウンロード、API、Data Locker(S3)を経由して取得できます。パートナーにレポートへのアクセス権限を付与することも可能です。

ダウンロード

ダウンロードする方法:

  • Protect360管理画面から、ローデータレポート > ブロック済み または ポストアトリビューションを開きます。
    • ポストアトリビューションレポートに関しては、メディアソースと月を選択します。

または

  • データエクスポート ページを開きます。 
    :データレポートページからダウンロードしたレポートには、全てのメディアソースが含まれます。

Pull API

Pull APIで利用可能なローデータレポートをダウンロードする方法:

はじめに:

Pull APIトークンが必要です。管理者からトークンを取得します。 

  1. 連携 > APIアクセスを開きます。
    Pull APIページが開きます。
  2. Protect360不正レポートセクションにて、必要なPull API 呼び出しを選択します。
  3. 必要なパラメータを入力します。次の表にパラメータの一覧を示しています。
  4. レポートを抽出します。
Pull API ローデータレポートのパラメータ
パラメーター 説明 形式 必須
app_id  AppsFlyerに表示されるアプリID String はい
api_token 管理画面からキーを取得します。[連携 > [APIアクセス に移動します。アカウント管理者のみがAPIトークンを取得できます。 String はい
from

日付範囲の開始日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
to

日付範囲の終了日:

  • インストールの場合、これはインストール日です。
  • アプリ内イベントの場合、これはイベントが実行された日です。
YYYY-MM-DD はい
event_name

[ポストアトリビューションアプリ内イベント不正でのオプション]

アプリ内イベント別に絞り込みます。特定のイベントに限定したレポートが取得できます。1 つ以上のイベントを含めることができます。

使用例:&event_name=af_purchase,af_login

String

いいえ

 

additional_fields=rejected_reason_value

[ポストアトリビューションアプリ内イベント不正でのオプション]

rejected_reason_value は、 ハイジャックされたインストール/アプリ内イベントの有効なコントリビューター(メディアソース)を表示します。contributor[1-3] または organicのいずれかが入力されます。

String

いいえ

detect-from

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の開始日(デフォルトは from)。(ポストアトリビューションインストール不正で使用されます。)(ポストアトリビューションインストール不正で使用されます。)

YYYY-MM-DD いいえ
detect-to

[ポストアトリビューションインストールでのオプション]

不正検出の日付範囲の終了日。(デフォルト設定は、to.)

YYYY-MM-DD いいえ

Data Locker

Data Lockerは、ローデータをAWS S3バケットに格納します。

利用できるProtect360レポートの一覧を参照してください。

Data Lockerの設定手順を参照してください。

Protect360レポートの構成

Protect360 レポートはユーザー獲得レポートの項目と基本的には同じ構成になっています。

通常のローデータレポートの項目に加えて、Protect360レポートには次の項目が含まれます。

  • Blocked Reason(ブロックされた理由)
  • Blocked sub-reason(ブロックされた詳細な理由)
  • Blocked Reason Value(ブロックされた理由の値)
  • Blocked reason rule(ブロックされた理由のルール)

Protect360ブロックされた理由

クリックレベルのブロックされた理由

クリックレベルでは、クリックがブロックされ、アトリビューションプロセスでは、このクリックを無視します。

Blocked Reason(ブロックされた理由) 説明
ip_blacklist 動的に作成されたリストに基づく(詳細
install_store_validation Googleのインストールリファラー情報との乖離
invalid_fingerprinting S2Sクリックのみ:ソースから送信された無効なパラメータ(確率論的マッチングの場合)

インストールレベルのブロック理由

インストールレベルでは、インストール時に次のいずれかを判断するのに十分な情報を特定します。

  • アプリをインストールするユーザーが実際の人間ではないフェイクインストールであること。この場合、アトリビューションはブロックされます。
  • ユーザーは実在するが、エンゲージメントが偽造されているアトリビューションハイジャック。この場合、不正エンゲージメントはブロックされ、アトリビューション成果は最初の有効なアドネットワークに割り当てられます。

次の表では、インストールレベルでのブロック理由を示しています。

インストールレベル:フェイクインストールのブロック理由
Blocked Reason(ブロックされた理由) Blocked Sub Reason 説明
bots fake_device_parameters アプリのインストール中にデバイス関連のパラメータで人間以外の行動が検出される。
bots fake_install_parameters アプリのインストール中にインストール関連のパラメータで人間以外の行動が検出される。
bots bayesian_network 不正パターンのベイジアンネットワーク識別
validation_bots invalid_device_parameters 特定のデバイス項目の不一致(アプリ所有者による定義)
validation_bots validation_rules

手動で定義された検証ルールに基づいて、結果的にブロック済みインストールが発生したルール

インスト―ルレベル:アトリビューションハイジャックのブロック理由
Blocked Reason(ブロックされた理由) Blocked Sub Reason 説明

ctit_anomalies

short_ctit

Protect360 の定義に基づき、CTIT が短いためブロックされたインストール

install_hijacking

referrer_hijack

GooglePlay APIとAppsFlyer SDKパラメータに基づいてブロックされたハイジャック

install_hijacking

integration_temporarily_blocked

パートナー(pid)の不正率が極めて高く、すべてのトラフィックに多くの異常が検知されたためインストールがブロックされました

validation_hijacking

short_ctit

アプリ所有者の定義に基づき、CTITが短いためブロックされたインストール

validation_hijacking

empty_site_id

サイトIDが未入力のためブロックされたインストール。ルールの実装は段階的です

validation_hijacking

validation_rules

手動で定義された検証ルールに基づいて、結果的にブロック済みアトリビューションが発生したルール

クラスターレベルのブロック理由

不正パターンが検出されると、不正媒体は拒否リストに登録されます。拒否リストに登録済みの媒体からのインストールは、次のいずれかの理由でブロックされます。

  • アプリをインストールするユーザーが実際の人間ではないフェイクインストールであること。この場合、アトリビューションはブロックされます。
  • ユーザーは実在するが、エンゲージメントが偽造されているアトリビューションハイジャック。この場合、不正エンゲージメントはブロックされ、アトリビューション成果は最初の有効なアドネットワークに割り当てられます。

次の表では、クラスターレベルでのブロック理由を示しています。

クラスターレベル:フェイクインストールブロックの理由
Blocked Reason(ブロックされた理由) Blocked Sub Reason 説明
bots timestamp_anomalies アトリビューションフローでデバイスから収集されたクリック時刻とその他のタイムスタンプに関する異常
bots、 site_blacklist device_emulators 仮想環境で自動スクリプトにより大規模に生成されたインストール
site_blacklist device_farms 未知(新規)端末の割合が高い
behavioral_anomalies behavioral_anomalies 一般的なアプリユーザーの行動パターンと比較して疑わしいアプリ内行動
クラスターレベル:アトリビューションハイジャックのブロック理由
Blocked Reason(ブロックされた理由) Blocked Sub Reason 説明
ctit_anomalies、install_hijacking ctit_anomalies アプリ標準ごとの異常なCTIT
click_flood click_flood 長いCTIT分布で異常に大量なクリック数が発生
install_hijacking click_clusters デバイスレベルのマルウェアによって生成されたクリック

アプリ内レベルのブロック理由

次の理由により、アプリ内イベントがブロックされます。

  • 初期インストールが偽物と判別された。
  • 検証ルールの定義によるため。
  • 弊社アルゴリズムにより不正を検知したため。

次の表では、アプリ内イベントがブロックされる理由を示しています。

アプリ内レベルのブロック理由
Blocked Reason(ブロックされた理由) Blocked Sub Reason 説明
Inherits from install(インストールから継承) Inherits from install(インストールから継承) 初期インストールがインストールまたは拒否リストレベルでの理由により不正と判別されました
inapps_bots fake_device_parameters AppsFlyerのアルゴリズムが不正を検知
in_app_store_validation - アプリ内購入の失敗におけるレシート検証
validation_inapps validation_rules

手動で定義された検証ルールに基づく

この記事は役に立ちましたか?