監査ログ

概要:監査ログを使用して、AppsFlyerアカウントへの不正アクセスを特定しセキュリティを保護しましょう。アカウントのセキュリティ関連のアクティビティの概要を確認およびダウンロードできます。

概要

AppsFlyerアカウントのセキュリティを保護するために、誰がどのようにアカウントへアクセスしているのかを確認することを推奨しています。監査ログでは、以下のようなアカウント内のアクティビティを確認することができます。

  • システムアクセス(ユーザーログイン、ログイン施行、およびログアウト)
  • ユーザー管理設定への変更 – ユーザーの追加/編集/削除
  • APIコール

過去90日間の監査ログデータを利用できます。

監査ログへアクセスする方法:

  1. 管理画面右上のメニューバーから、ユーザーメニュー(メールアドレスのドロップダウン)にアクセスします。
  2. セキュリティセンターを選択します。
  3. 監査ログセクションにて、監査ログを表示をクリックしてください。

監査ログの使用

監査ログによって提供されるデータの説明とその機能の概要を次の表に示します。

audit_log.png

  ポイント 説明

A.png

検索ボックスとフィルタ

表示されるデータをフィルタ処理して、表示したいものだけに焦点を合わせます。

  • 検索ボックスを使用して、特定の用語 (関連するアプリID、メールアドレスなど) でデータを絞り込みます。
  • 日付範囲を選択して、データを表示したい期間を選択します。
  • サービスフィルタを使用して、アクセスされた特定のサービスに基づいてデータを絞り込みます。
    • システムアクセス
    • ユーザー管理
    • APIコール

    APIコールサービスは、レポートの読みやすさを最適化するために、デフォルトで選択が解除されていますのでご注意ください。レポートに含めたい場合は、必ずこのオプションを選択してください。

B.png 監査ログデータ

監査ログの各エントリには、次のデータが含まれます。

  • 日時:サービスがアクセスされた日時 (UTC)
  • アクセスされたアプリ/アカウント:
    • ユーザーログイン (システムアクセス) とユーザー管理の場合、この列にはアカウント (アカウントレベルのアクセスを示す) が表示されます
    • APIコールの場合、この列にはデータがアクセスされたアカウントアクセス、またはアプリIDが表示されます。
  • 認証情報
    • システムアクセスまたはユーザー管理の場合、この列にはサービスにアクセスしているユーザーのメールアドレスが表示されます。
    • APIコールの場合、この列にはAppsFlyer APIトークン (V1 または V2) が表示されます。
  • サービス:アクセスされたサービス(システムアクセス、ユーザー管理、またはAPIコール)
  • アクション:ログに記録されたアクション(例:ログイン、ログアウト、APIによってアクセスされたデータ)
  • 詳細:ログに記録されたアクションの追加の詳細
C.png audit_log_download_button.png

監査ログをCSVファイルでダウンロードする場合はダウンロードボタンをクリックしてください。

  • 画面に表示されるレポートに適用されたすべての選択範囲 (検索ボックスとフィルタを使用) は、ダウンロードしたファイルにも適用されます。