オーディエンスガイド

概要:AppsFlyerのオーディエンス機能を使用して、リマーケティングプログラムの効率を向上し、オーディエンスセグメントを構築しパートナーネットワークに連携しましょう。

Intro_image.png

 関連記事: オーディエンスパートナー | ユーザー属性 | オーディエンスのインポート | Incrementalityガイド 

オーディエンスの基本仕様

オーディエンスは、定義した特定の条件を満たす、アプリの現在または過去のユーザーセグメントです。これらの基準は、1つまたは複数のルールを組み合わせて定義します(ルールセットと呼ばれます)。

オーディエンスを定義し、パートナーに連携すると、AppsFlyerのオーディエンス機能が、パートナーのシステムにオーディエンスを作成し、オーディエンスに含まれるユーザーの識別子を指定の広告パートナーへ送信します。これにより、これらのユーザーのみに広告を配信できるようになります。

オーディエンスデータを広告パートナーにアップロードするために必要なすべての情報は、パートナー連携で指定されています。1つの広告パートナーに対して複数の接続を行うことができます(異なるアカウント、ログイン情報などを使用)。

 注意

iOS 14.5のプライバシー要件やその他のユーザープライバシー規定に準拠できるように、オーディエンスでは、どの識別子をパートナーと共有するかを、アカウントレベルとパートナー設定ごとの両方で設定することができます。

オーディエンス分割とインクリメンタリティのテスト

それぞれのオーディエンスを1つまたは複数の広告パートナーにアップロードすることができ、次のようなオプションがあります。

  • 各パートナーに完全なオーディエンスをアップロードします。
  • 選択した割合に従って、ランダムにオーディエンスを分割します。
  • A/Bテストや、リマーケティングキャンペーンで発生したリフトの増分を測定するために、パートナーから保留されるオーディエンスの割合を指定してコントロールグループを作成します。

まずはじめに

以下の手順で、オーディエンスをご利用ください。

  Step 詳細
1 識別子の共有に関するアカウントレベルのポリシーを設定する

オーディエンスのユーザー識別子に関するポリシー

2 オーディエンスを追加する

オーディエンスを追加する

3 オーディエンスを1つまたは複数のパートナーに連携する オーディエンスを追加する
オプション オーディエンスをパートナー/コントロールグループ間で分割する
オプション オーディエンスをインポートする
オプション ユーザー属性をインポートする

オーディエンスの追加と管理

このセクションでは、オーディエンスを追加、定義、管理する方法、およびインクリメンタリティのテストを設定する方法を説明します。

オーディエンスを追加する

オーディエンスを追加する方法:

  1. [インテグレーション] > [オーディエンス] へ進みます。

  2. [+ オーディエンスを追加] をクリックしてください。
    [作成] タブが表示されます。

  3. ユニークなオーディエンス名を入力します。

  4. プラットフォームを選択します:AndroidまたはiOS

  5. ユーザー識別子を選択してください。
    • [デフォルト] デバイスID: デバイスIDのみでルールを適用します。
    • 顧客ユーザーID:CUIDを使用してデバイスをグループ化することにより、ルールを適用します。(この方法はデータに有効なCUIDが含まれていることを確かめてからのみ使用してください。)
  6. 新しいルールセット、または既存オーディエンスのユーザーを追加したい場合は、既存オーディエンスをクリックし、リストから特定の対象オーディエンスを選択してください。
  7. ユーザーインターフェイス上のガイドに従ってオーディエンスを構築します。
    • ルールオプションに関する詳細な情報については、ルールセットについてを参照してください。
    • [AND]、[OR]、[除外] のいずれかを使用してルールセットを結合します。
    • オーディエンスを構築すると、右側のパネルでオーディエンス推定量とパートナーごとのアップロードサイズが自動的に更新されます。
  8. オーディエンスの定義が完了したら、保存して続行をクリックしてください。
    オーディエンスの連携画面が表示されます。
  9. connection hash

    [+パートナー接続] をクリックして、以下のいずれかを実行してください。
  10. [保存] をクリックします。

オーディエンスの管理

オーディエンス管理画面からオーディエンスを管理する方法:

  1. [インテグレーション] > [オーディエンス] へ進みます。
  2. 次のオプションが利用できます:
    オプション 説明

    オーディエンスの追加

    新しいオーディエンスの作成

    オーディエンス設定の変更

    オーディエンス名をクリックし、次の作業を実行します。

    • 作成タブ:ルールセットを表示し変更します。
    • 連携タブ:オーディエンス分割と、コントロールグループのオプションを設定します。

    アクション

     

    オーディエンスにカーソルを合わせると右側に表示される 3_dots_icon.png アイコンにて:

    • 履歴の表示: オーディエンスのサイズやパートナー間の分割などを含むオーディエンスのアップロード履歴を表示します。
    • 今すぐアップロード :接続パートナーにオーディエンスを送信します。
    • CSVとしてダウンロード :
      • 選択した識別子を含むCSVファイルを生成してダウンロードします。ユーザー識別子ポリシーに準拠したデータのみがダウンロードされます。
      • 各パートナーごとに1つのファイルが生成されます。
      • ファイルのダウンロードは、オーディエンスの計算後に行われますが、オーディエンスを作成または変更してから時間がかかることがあります。
      • ダウンロードするファイルに含まれるレコードは、最大500万件までです。より大きいファイルについては、S3バケットにファイルを書き込むか、SFTPを使用してください。
      • パートナーネットワークに連携されているオーディエンスのみが毎日更新され、最新の状態に保たれます。オーディエンスがパートナーネットワークに接続されていない場合、オーディエンス作成日を超えて最新の状態に保たれることはありません。最新の情報をダウンロードする場合は、オーディエンスを複製して再作成し (以下を参照)、複製したオーディエンスからCSVをダウンロードします。
    • 複製
      • オーディエンスの定義をコピーします。
      • オーディエンスを複製する場合は、一意の名前を付けてください。
      • [オプション] 複製中に、接続されているパートナーを1つ以上削除できます。
    • 今すぐ計算:[インポートされたオーディエンス向け] オーディエンスに含まれるユーザー数を再度計算します。必要に応じて、オーディエンスのサイズが正しくなさそうな場合に、オーディエンスサイズを更新してください。
    • オーディエンスを削除します
    一括操作

    複数オーディエンスに同じアクションを適用します。一括アクションを使用するには、2つ以上のオーディエンスを選択し、以下の一括アクションのいずれかを選択してください。

    • 今すぐアップロード
    • オーディエンスの重複を表示:選択したオーディエンスの重複を表示します。
    • 削除

ユーザー識別子—デバイスID vs. 顧客ID

オーディエンスルールの推定は、アプリのユーザー識別子を使用して実行されます。以下から選択してください:

  • [デフォルト] デバイスID:ルールセットへの準拠はデバイスID(GAIDまたはIDFA/IDFV)を使用して検証されます。ルールセットに準拠されている場合、デバイスIDはオーディエンスリストに追加されます。注:デバイスIDは、ユーザー識別子ポリシーで許可されている場合にのみ、共有されます。

CuidExaplainded_us-en.jpg

  • 顧客ID(CUID) 
    • ルールセットの準拠は、同じCUIDに関連する全てのデバイスIDをグループ化することによって評価されます。そのグループがルールセットに準拠していれば、そのグループを構成するデバイスIDがオーディエンスに追加されます。:CUID自体はオーディエンスリストの一部ではありません。
    • CUID実装の注意事項:
      • 有効なCUIDを入力してください。
      • CUIDのないアプリユーザー(デバイス)は無視されます。
      • デバイスIDがCUIDに一致すると、ユーザーの過去のオーディエンスデータが遡及的に更新され、今後のオーディエンスビルドに含まれます。:ローデータは変更されません。
      • デバイスIDが2つの異なるCUIDに紐づいている場合、最後に紐づけられたCUIDが使用されます。

 例:デバイスID vs. CUID

例で使用したローデータ
Advertising ID CUID 購入$
A 99 1
A 99 2
B 77 1
B 77 5
C 99 3
D なし 50
5ドル以上購入したユーザー
ルール基準 オーディエンスに含まれるデバイスID 説明
端末ID B, D 課金額が$5未満のため、AとCは含まれていません。
CUID A、B、C
  • AとCは同じCUID(99)を持っています。これらの合計支出額は$ 6です。
  • CUIDがないため、Dは無視されます。

オーディエンス分割とコントロールグループ

オーディエンスの分割オプションを有効にすると、選択した割合に応じて、オーディエンスは2~10のパートナーにランダムに分割されます。

機能 説明

オーディエンスの分割

 

  • 各パートナーに割り当てるオーディエンスの割合を指定してください。これらの指定された割合に従って、オーディエンスの一部が各パートナーにアップロードされます。
  • A/Bテストなど、さまざまな理由でオーディエンスを分割します。
  • 注:パートナー間の既存の分割割り当てを変更すると、オーディエンス全体が再配布されます。これは、A/Bテスト、またはインクリメンタリティテストの測定の有効性に悪影響を及ぼす可能性があります。
コントロールグループ(非接触者)

オーディエンスの一部は、どのパートナーにも送られないコントロールグループとして留めておくことができます。

  • コントロールグループは、A/Bテストやリマーケティングキャンペーンの増分リフトを測定する際に使用します。
分割リストのコピーをS3バケットに送信します。

分割オーディエンスリストとコントロールグループを含むCSVファイルは、Amazon S3バケットに送信できます。

  • :Amazon S3を接続するパートナーと設定することと同じではありません。
  • オーディエンスリストは、CSVファイルにダウンロードできます。例えば、AppsFlyerと連携されてないパートナーにCSVファイルでオーディエンスを送信できます。

オーディエンス分割とコントロールグループの設定

  1. [インテグレーション] > [オーディエンス] へ進みます。
  2. Audiencesタブにて、オーディエンスを選択します。
  3. [連携] タブに移動します。

    audience_split_1200px.png

    現在の設定が表示されます。
    • 上部右側のパネルには、推定オーディエンス数とアップロードサイズが表示されます(すべてのパートナーの場合)。
    • 右下には、以下のようなイメージが表示されます。
      • 各パートナーの推定アップロードサイズ
      • パートナーのオーバーラップ(分割されていないオーディエンスの場合)
  4. 以下のいずれかのアクションを実行してください。
アクション

手順

パートナーとコントロールグループ間でオーディエンスを分割します。

 

オーディエンスをパートナー間で分割/コントロールグループを有効にする方法:

  1. オーディエンス分割をオンにしてください。
    • コントロールグループとパートナーへの分割を合わせると100%になります。
    • コントロールグループを分割に含めたくない場合は、0%を割り当ててください。
    • すべての連携先パートナーは分割の一部を割り当てられる必要があります(パートナーに0%を割り当てないでください)
    • 分割の合計を表示するには、スクロールダウンし、合計分割率を確認してください。
  2. 分割率を入力します。
    • コントロールグループ。[推奨] 15%以上。
    • 連携先ごとに分割率を入力します。
    • 下にスクロールして割り当ての合計をパーセントで表示し、その合計が100%であることを確認してください。
    • 分割を保存をクリックします。
    • [保存] をクリックします。

分割グループをS3にコピーします。

オーディエンス分割リストのコピーをS3バケットに送信する方法:

  1. 分割グループをS3にコピーするをクリックします。
  2. 連携先を選択します。
  3. [保存] をクリックします。

ファイルは以下のディレクトリとファイル名の構造で送信されます。

  • ディレクトリ
     \YYYY-MM-DD\audienceID_audienceName_timestamp\
  • ファイル名:パートナーまたはコントロールグループの名前
    注:パートナーへの連携が失敗した場合、ファイルはアップロードされず、パートナー名に failed という接尾辞が付きます(例:,partner_name_failed.csv)。
新規連携先を作成または追加します。

新しい連携を作成する方法:

  1. パートナー接続を追加をクリックします。

  2. 連携の名前を入力します。

  3. パートナーを選択してください。

  4. ユーザーインターフェイスの指示に従って、プロセスを完了します。

  5. パートナー接続を追加をクリックします。

既存の連携先の追加または削除

既存の連携先を削除または追加する方法:

  1. リンク接続をクリックしてください。
  2. 連携先を選択または選択を解除します。
  3. [保存] をクリックします。

ルールセットについて

ルールセットを使用して対象ユーザーを定義する方法について説明します。

オーディエンスセグメントのルールセット

audience_segmentation_rulesets.jpg

  • オーディエンスセグメントのルールセットは、正確なフィルタリングを有効にするために1つまたは複数のルールで構成されます。
  • [AND]、[OR]、[除外] のいずれかを使用してルールセットを結合します。
  • ルールを定義し、階層化すると、推定オーディエンスサイズがリアルタイムに表示されます。
  • duplicate_icon.png アイコンをクリックすることで、ルールセットを複製することができます。
  • オーディエンスが複数のルールセットで構成されている場合は、重複ビジュアライゼーション表示を使用することで、オーディエンスセグメントを理解しやすくなります。
  • ルールを適用するために使用されるユーザー識別子は、デバイスID [デフォルト] または顧客ユーザーID(CUID)です。

以下の例は、さまざまなシナリオでのルールセットの実装を示しています。

ルールセットの例

例:ロケーションに基づくルール

先月アプリをアンインストールしたニューヨークのユーザー

example_location_based_rule.jpg

例:ユーザー属性に基づくルール

過去7日間に最低1回アプリを起動し、好きな武器 (FavoriteWeapon) が刀 (Sword) であるユーザー。

example_user_attributes_based_rule.jpg

例:収益

過去7日間にアプリをインストールし、$1を課金したユーザー

example_revenue.jpg

例:オウンドメディアのフィルタ

ソーシャルメディア (有料広告を除く)、SMS、メール、ユーザー紹介、Web、QR コードなど、特定のオウンドメディア媒体に紐づくユーザーで構成されるターゲットオーディエンスを構築します。粒度のレベルを選択し、特定のメディアソース、キャンペーン、広告セット、または個々の広告から来たユーザーをターゲットにすることもできます。

過去7日間に少なくとも1回アプリを起動し、インストールが特定のメールキャンペーンと特定の広告セットと広告に紐づくユーザーの例を次に示します。

Owned_media_example.jpg

オーディエンスは、オウンドメディアまたは有料メディアでパーソナライズされたメッセージでこれらのユーザーをリエンゲージするために、またはキャンペーンの実行時に無関係または不要な広告が表示されないようにするための除外リストとして使用できます。

例:リマーケティング

クリックと広告ビューのデータを使用して、効果的なリマーケティングを行います。これらのユーザーがコンバージョンに至るためには、あと少しの説得や簡単なリマインダーが必要です。これらのユーザーはコンバージョンに至る可能性が高いため、リマーケティングは、新しいセグメントに広告を出すよりもはるかに良い結果が得られます。クリックとインプレッションデータに基づいて、リマーケティング向けの正確なオーディエンスを作成しましょう。

過去2日間に広告をクリックしたがインストールしていない見込みユーザーのオーディエンスを構築しましょう。

example_remarketing.jpg

これらは最近モバイルアプリに興味を持って広告をクリックしたが何かしらの理由でアプリをインストールしなかった、またはアプリをインストールしたが起動しなかったユーザーです。一部のユーザーはインストールさせるためのリマインダー(プッシュ)が必要です。他のユーザーは、最終的にコンバージョンに至るためにはアプリ画面や機能をより詳しく見る必要があるかもしれません。したがって、新規オーディエンスに使用している主な広告デザインがある場合、クリックしたがインストールしなかったオーディエンスには、別のデザインを用意したほうが効果的な場合があります。

ルールセットのフィルタ

  • ルールセットは1つまたは複数のルールで構成されています。
  • イベント、収益、地域、属性、ユーザー属性、デバイス、オウンドメディアなど、さまざまなルールセットのフィルタの種類があります。
  • 以下の表で示すとおり、ルールには異なるパラメーターと設定があります。

イベント

engagement_filter_with_A___B.jpg

A_.jpg

  • 広告を閲覧した
  • 広告をクリックした
  • アプリをインストールした
  • アプリをインストールしなかった
  • アプリを起動した
  • アプリを起動しなかった
  • アプリをアンインストールした

B.jpg

時間枠と頻度

アプリ内イベント

in-app_event_filter.jpg

A_.jpg

  • イベントを実行した [イベント名を選択]
  • イベントを実行しなかった [イベント名を選択]

B.jpg

時間枠と頻度

C.jpg

イベント属性 + 値:

  • である
  • より大きい
  • 未満

アプリ内イベントに関する注意事項

  • アプリ内イベントの一覧は毎日更新されます。
  • [イベントを実行した] が選択され、アプリ内イベントに属性がある場合、アプリ内イベントの属性の値で絞り込むことができます。
  • デフォルトでは、アプリ内イベントは、属性ごとに100個の一意の値に制限されています。例えば、イベントが「purchase」で、属性が「content-type」である場合、可能なコンテンツタイプは100個(以下)までしか設定できません。ただし、数値は無制限です。
    リストに表示されないアプリ内イベントの属性(パラメーター)と値がある場合、イベント属性を追加 > アイテムを追加 をクリックして、手動で追加できます。

    Add_item.jpg


    注記:

    - 手動で追加されたすべてのイベント項目は、文字列型 (テキスト) のみで入力する必要があります。数値は追加すべきではなく、追加すると正しく機能しません。

    - 手動で追加したイベント項目が追加されると、「推定オーディエンスサイズ」が正確に反映されない場合があります。
    100個以上の属性/値をリストに表示する必要がある場合は、担当CSMまたは hello@AppsFlyer.com までご連絡ください。

 

収益

revenue_filter.jpg

A_.jpg

  • アプリ内購入の合計収益
  • 広告収益による収益合計
  • 合計収益

B.jpg

  • である
  • より大きい
  • 未満

定義:

  • アプリ内購入の合計収益: 特定のデバイス/CUID の af_revenue パラメーターを使用してレポートされたすべてのイベントの合計値
  • 総広告収益: 特定のデバイス/CUID によって生成された合計広告収益
  • 合計収益: アプリ内購入の合計収益 + 広告の総収益

注意:

Geo
(国・地域)

location_filter.jpg

A_.jpg

  • ロケーション

B.jpg

  • である
  • でない

C.jpg

地域オプション

  • Country
  • State
  • City

位置情報に関して:

  • 複数の国が選択されている場合、州は選択できません。
  • 複数の州が選択されている場合は、都市を選択できます。

オウンドメディア

doctored_owned_media_image_with_app_specified__final_version_.jpg

A_.jpg

  • オウンドメディアソース
  • オウンドメディアキャンペーン
  • オウンドメディア広告セット
  • オウンドメディア広告

B.jpg

  • である
  • でない

C.jpg

 

以下のような値:

  • メール
  • SMS
  • ウェブ
  • ソーシャルメディア(有料広告を除く)
  • QRコード
  • 紹介
  • 特定のメディアキャンペーン、広告セット、広告

特定のオウンドメディアソースに帰属するユーザーで構成されるターゲットオーディエンスを構築できます。さらに、粒度のレベルを選択し、特定のオウンドメディアソース、キャンペーン、広告セット、個々の広告から来たユーザーをターゲットにすることもできます。

 

作成したオーディエンスを使用して、オウンドメディアまたは有料メディアでパーソナライズされたメッセージでユーザーをリエンゲージしたり、除外リストとして使用して、ユーザー獲得キャンペーンやリエンゲージメントキャンペーンの実行時に無関係な広告や不要な広告が表示されないようにします。

 

デバイス

device_filter.jpg

A_.jpg

  • Device brand
  • 端末モデル
  • アプリバージョン
  • OS version
  • Carrier

B.jpg

  • である
  • でない

C.jpg 選択された値

計測

Attribution_filter.jpg

A_.jpg

  • オーガニック
  • リターゲティング

B.jpg

  • False
  • True
 

ユーザー属性

user_attribute_filter.jpg

A_.jpg

ユーザー属性名

B.jpg

  • 文字列型
    • である
    • でない
  • 数値型
    • である
    • より大きい
    • より小さい

C.jpg
文字列の場合:値を選択します

数値の場合:値を入力します

ルールセットを統合する

既存オーディエンスとルールセットを統合する方法:

  1. [インテグレーション] > [オーディエンス] へ進みます。

  2. オーディエンスを追加をクリックします。
    [作成] タブが表示されます。

  3. ユニークなオーディエンス名を入力します。

  4. プラットフォームを選択します:AndroidまたはiOS

  5. [オプション] 詳細設定を選択して、ユーザー識別子を選択します。
    • [デフォルト] デバイスID: デバイスIDのみでルールを適用します。
    • 顧客ユーザーID:CUIDを使用してデバイスをグループ化することにより、ルールを適用します。データに有効なCUIDがあることを確認した後で、この方法を使用してください。
  6. 既存オーディエンスをクリックして、特定のオーディエンスを選択してください。
  7. [AND]、[OR]、[除外] のいずれかを選択します。

制限:

  • 既存のオーディエンスは、新しいオーディエンスと同じプラットフォーム (iOSやAndroidなど) 上にいる必要があります。
  • 既存のオーディエンスに基づくオーディエンスは含めることができません。
  • インポートされたオーディエンスは含めることができません。

パートナー連携の追加と管理

このセクションでは、広告パートナーの連携を追加および管理する方法を説明します。

新しい連携を追加する

連携先タブには、全てのパートナー連携とそれぞれのステータスが表示されます。

新しい連携先を追加する方法:

  1. インテグレーション > オーディエンス > 連携先 へ進みます。
  2. + 新しい連携先をクリックします。
  3. パラメーター名を選択してください。
  4. 連携名を入力します。
  5. パートナーの必須項目/ログイン情報を入力してください。一部のパートナー向けに連携方法について詳細な手順があります
  6. このパートナーとの共有を許可するユーザー識別子を選択してください。
    • 対応する識別子は、パートナーによって異なります。選択したパートナーがサポートしている識別子のみがリストに表示されます。
    • アカウントレベルのユーザー識別子ポリシーに準拠した識別子のみがアップロードされます。アカウントポリシーで許可されていない識別子を選択した場合は、注意書きが表示されます。

      doctored_connection_image.jpg

  7. 保存をクリックします。 

連携先の管理

既存の連携を管理する方法:
  1. パートナーを選択してください。
  2. 連携先を選択します。

    Edit_connection_screen.jpg

  3. 以下のいずれかのアクションを実行してください。
オプション 手順
連携名の変更

連携名を変更するには、連携名の項目で直接編集してください。

再接続

再接続する方法: 

  1. 連携ステータスがアクティブでない場合、再接続をクリックしてください。
  2. ユーザーインターフェイスの指示に従って、連携に必要な認証情報を更新するか、パートナーにログインして再認証します。
ユーザー識別子の変更

ユーザー識別子を変更するには、このパートナーとの共有を許可するユーザー識別子を選択/解除してくださいアカウントレベルのユーザー識別子ポリシーに準拠した識別子のみがアップロードされます。

連携先の削除

連携先を削除する方法:

  1. 連携されているオーディエンスがある場合は、次のように削除します。
    1. オーディエンスを選択します。
    2. オーディエンスの連携先タブが新しいタブで開きます。
    3. 連携を削除します。
    4. タブを閉じます。
  2. 連携されているオーディエンスがなくなるまで、この手順を繰り返します。
  3. 連携先を削除をクリックします。

管理画面と指標

このセクションでは、管理画面に表示される機能とキャンペーン指標について説明します。

オーディエンス管理画面

audiences_dashboard.jpg
Column 説明
オーディエンス名

オーディエンス名

サイズ オーディエンスに含まれるユーザー数
アップロードサイズ アカウントレベルのユーザー識別子ポリシーを適用し、リンクされたパートナー連携の識別子を選択した後の、アップロード可能なオーディエンスサイズの推定値。
アプリ オーディエンスの定義で参照されるアプリ。これらは、オーディエンスを活用したキャンペーンで対象となるアプリとは限りません。
アップロード
  • オーディエンスが送信されるパートナーのアイコンが表示されます
  • SplitAudiences.pngは、オーディエンスが分割されていることを示します
Incrementality [Incrementalityをサブスクライブしている場合に表示されます] 
リンクをクリックしてIncrementality管理画面を開きます。
アップロード状況
  • 現在のオーディエンスアップロード状況
  • ツールチップには、最新のアップロードの日時が表示されます。
  • 失敗した場合は、詳細を表示をクリックし、表示されるエラーメッセージの詳細に従って修正措置を実行します
オーディエンスタブの列

キャンペーン指標

metrics hash

キャンペーン指標の基本

オーディエンス管理画面の キャンペーン指標 セクションには、ターゲティングにオーディエンスを使用したキャンペーンのデータが表示されます(包含、除外、または類似オーディエンスの基礎として使用したかどうかに関わらず)。

  • ターゲティングのためにオーディエンスを使用すること(およびその使用方法を決定すること)は、メディアパートナーとのキャンペーン設定の一部です。オーディエンスをどのように使用できるかのサポート状況は、メディアパートナーによって異なります。

対応パートナー:現在、データはFacebook、Google Ads、Snapchatで利用できます。管理画面のキャンペーン指標セクションは、対応しているパートナーに連携されているオーディエンスがある場合のみ表示されます。

キャンペーン指標を確認する方法:

  1. オーディエンス管理画面の一番右側までスクロールし、キャンペーン指標セクションが全て表示されるようにします。
  2. 日付範囲を選択して、データを表示したい期間を選択してください。(デフォルトでは、管理画面は過去7日間を表示します。)

選択した期間のキャンペーン指標をダウンロードする方法

  1. オーディエンス管理画面の上部にあるエクスポートボタンをクリックしてください。
  2. ファイルが生成されたら、自動的にダウンロードされます。

サマリー表示

最初にキャンペーン指標が表示される際には、各オーディエンスのキャンペーンデータのサマリーが表示されます。

campaign_metrics_summary_view.jpg

Column 説明
キャンペーン

選択された期間中にターゲットとしてオーディエンスを使用したキャンペーンの総数(対応しているパートナーと実施したキャンペーンのみ)

キャンペーンコスト 選択された期間中にこれらのキャンペーンに要した総費用
キャンペーン収益 選択された期間中にこれらのキャンペーンに起因する総収益
サマリー表示の列

詳細表示

サマリー表示から、show_detailed_view_icon.png アイコンをクリックして、選択したオーディエンスの詳細表示に切り替えられます。( show_detailed_view_icon.png アイコンは、その行の任意の場所にマウスを置くとアイコンが表示されます。)

詳細表示では、サポートされているパートナーやキャンペーンごとに分けられたデータが表示されます。

campaign_metrics_detailed_view.jpg

選択したオーディエンスが複数のアプリをターゲットにしていた場合は、ドロップダウンリスト pin_A.png を使用してアプリ別にデータを絞り込みます。

オーバービュー管理画面リンク pin_B.png をクリックして、オーバービュー管理画面でキャンペーンを確認できます。

  • 管理画面は新しいブラウザタブで開き、自動的に関連するキャンペーンで絞り込まれています。
  • オーバービュー管理画面のリンクが無効になっている場合、ドロップダウンリスト pin_A.png から単一のアプリを選択することでリンクを有効にできます。リンクが有効になったら、それをクリックすることで選択したアプリのオーバービュー管理画面に移動します。
Column 説明
コスト

選択された期間中のキャンペーン費用(合計、および対応しているパートナーとキャンペーンごとの内訳)

収益 選択された期間中のキャンペーンに起因する収益(合計、および対応しているパートナーとキャンペーンごとの内訳)
日次リーチ 選択された期間中にキャンペーンの広告を見た1日あたりの平均ユニークユーザー数(パートナーからの報告にもとづく)
詳細表示の列

データソースと可用性

キャンペーンの指標のデータがどこから来ているのかを見てみると、より理解しやすくなります。

  • パートナーデータ: 広告パートナーを通じて特定のキャンペーンの対象となるオーディエンスを選択しているため、これらのパートナーのみが特定の情報を提供することができます。
    • オーディエンスとキャンペーンとの関連性(言い換えれば、特定のオーディエンスがそのキャンペーンのターゲティングに使用されたという事実)
    • キャンペーンの広告を見た1日あたりのユニークユーザー数 (「日次リーチ」)
  • AppsFlyerデータ:AppsFlyerが提供しているコストと収益データ。

パートナーのデータの可用性

データは、対応するパートナーと実施したキャンペーンについてのみ報告されます。

  • 注:Google Adsは日次リーチのレポートをサポートしていません。

AppsFlyerデータの可用性

コストと収益のデータは、AppsFlyerの他のエリア(「オーバービュー」や「イベント」管理画面など)でそのアプリについてのデータがある場合、キャンペーン指標のコンテキスト内で利用できます。

サポートされているパートナーと実施したキャンペーン指標データが表示されないのはなぜですか?

サポートされているパートナーと実施したキャンペーンであっても、キャンペーン指標のデータが表示されないのは、主に2つの理由があります。

  • 選択された期間中に、関連するオーディエンスを対象としたアクティブなキャンペーンがない(またはなかった)。
  • パートナー連携用に設定されたユーザーに、キャンペーンレベルのデータを受信する権限がない。
    • このデータを表示するには、パートナーのユーザーの権限を変更するか、パートナーの連携設定で異なる認証情報を使用してください。

特性と制限

以下の特性と制限事項にご注意ください。

特性

オーディエンスの特性
特性 サポート対象 備考
アドネットワーク  x  
代理店  x  
代理店への運用詳細の開示  x  
アプリ固有のタイムゾーン N/A  
アプリ固有の通貨 N/A  
サイズ制限 N/A  
オーガニックデータ 含まれています
非オーガニックデータ 含まれています
データ更新頻度 日単位 UTC
  • アップデートは毎日パートナーへ送信されます。
  • ルールビルダーのアプリ内イベントリストは毎日更新されます。
過去データ データの鮮度を確認する
アカウントユーザーのアクセス
  • CSVダウンロード、S3、SFTP、Slackパートナー接続の設定など、一部の機能では、ローデータにアクセスするためにはユーザーアカウントの権限 が必要です。
  • セキュリティ対策として、オーディエンスを作成したユーザーのアカウントが削除された場合、AppsFlyerはそのオーディエンスのデータを広告パートナー(複数可)にアップロードすることを停止します。オーディエンスのアップロード状況を確認するには、 連携 > Audiences にアクセスしてください。オーディエンスを再開するには、複製しオーディエンス分割を設定してください。

制限事項

  • Windows Phoneはサポートされていません。
  • オーディエンスの接続先パートナー側で名前を変更することはできません。
  • ネストしたイベント値はサポートされていません。
  • オーディエンスを作成する際、上位100個のイベントのみが表示されます。ただし、イベント名を入力し始めることで、すべてのイベントが確認できます。
  • ルールセット内では、アプリ内イベントは属性ごとに100個の一意の値に制限されています。例えば、イベントが「purchase」で、属性が「content-type」である場合、可能なコンテンツタイプは100個(以下)までしか設定できません。ただし、数値は無制限です。属性1つあたりの値が100個以上必要な場合は、CSM または hello@AppsFlyer.com までご連絡ください。
  • クリック数と表示回数のデータは、元のクリックURLにadvertising_id / idfaが設定されているデバイスのみが含まれています。外部の計測リンクを使用しないSRNのユーザーのデバイスは、オーディエンスのクリックデータには含まれません。
  • 数値ルール・セット・フィルターでサポートされるのは、整数のみです。浮動小数点型 (10 進数) の数値はサポートされていません。
    例: $1に相当するアプリ内収益はサポートされますが、$1.5はサポートされません。
  • ルール構築画面内で総収益フィルターを使用している場合、「推定オーディエンスサイズ」は使用できません。これは、オーディエンス作成プロセスには影響しません。
  • インポートされたオーディエンスを他のオーディエンスやルールセットと組み合わせることはできません。
  • ダウンロードファイルサイズは、最大500万件までです。
  • Goolge Ads:UACキャンペーンはサポートされていません。その他のキャンペーンタイプはサポートされています。
  • S2Sによるイベントレポートは、ルールセットに従ってCUIDのユーザー識別子を持つ必要があります。