追加のSDK実装ガイド

概要:利用できる追加のSDK機能について検討し、ディベロッパーと協力して、アンインストール計測、ユーザー招待の計測、プッシュ通知、プライバシー設定などのAPIを実装してください。

 関連記事

アプリとSDK実装の計画についての全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

追加の計測方法

TVやアンインストール、プリインストールアプリを計測したい場合は、以下の追加計測方法について検討してください。

全てのプラットフォーム

TVコマーシャルの計測

モバイルユーザーを、特定の地域で特定の時間に放映されたテレビコマーシャルの成果に紐づけましょう。

アンインストール計測

さまざまなメディアソースから来たユーザーのアンインストール率を測定します。アンインストール計測は、この重要なKPIに従ってキャンペーンを分析および最適化するのに役立ちます。

アンインストール計測の設定について参照してください

Androidのみ

プリインストールアプリ

プリインストールキャンペーンでは、広告主が端末の製造元に対して、端末の出荷前にアプリをプリインストールするよう接触します。 

AppsFlyerを使用することで、プリインストールされたアプリのインストールも簡単に計測できます。ユーザーがアプリを初回起動したときに、AppsFlyerは端末の製造元をメディアソースとしてそのインストールを紐付けます。

セッション

一定期間のユーザーセッション数をカウントすることで、アプリに対するユーザーのエンゲージメントを測定します。

全てのプラットフォーム

カスタムのセッション間隔

デフォルトでは、それぞれ別のセッションとしてカウントされるには、2つのアプリ起動の間隔が少なくとも5秒以上あいている必要があります。詳細は、セッション数のカウントを参照してください。

セッション間のカスタム時間に大きい値を設定すると、ディープリンクなどのセッションデータに依存するAPI へ悪影響を与える可能性があるので注意してください。

Androidのみ

ユーティリティ系アプリ向けバックグラウンドセッション

ユーザーセッションを手動でレポートすることができます。これはバックグラウンドで実行されるユーティリティアプリなどで役立ちます。

オウンドメディア

OneLinkを使用して、Webサイトやソーシャルメディア、ユーザー招待などのオウンドメディアを計測しましょう。

全てのプラットフォーム

加工されたディープリンクURLの解決方法

メールサービスプロバイダー(ESP)などの一部のサードパーティサービスは、独自のクリック計測用ドメインでメール内の計測リンクを変換してしまいます。一方で元々のクリック計測URLを設定できるものもあります。もしもOneLinkがクリック計測用に変換された場合、OneLinkの機能が制限される可能性があります。

この問題を解決するには、ディベロッパーが以下のAPIを使ってアプリを設定する必要があります。

プッシュ通知の計測

AppsFlyerは、Google Cloud MessagingやAppleのプッシュ通知サービスを含む、すべてのベンダーのプッシュ通知キャンペーンの測定に対応しています。

詳細は、プッシュ通知の計測を参照してください

ユーザー招待計測

既存ユーザーが友人やコンタクトを新規ユーザーとしてアプリに招待できるようにすることで、アプリインストール数増加のきっかけとなる場合があります。AppsFlyerを使用することで、アプリ内のユーザー招待から発生したインストールの計測を行うことが可能です。

詳細は、ユーザー招待の計測を参照してください

クロスプロモーションの計測

アプリのクロスプロモーションは、アプリの追加インストールを促進する重要な増加要因となる場合があります。AppsFlyerでは、ユーザーが既に持っているアプリ内に表示された、別アプリのクロスプロモーション経由で発生したインストールの計測が可能になります。

詳細は、クロスプロモーションの計測を参照してください

自社Webサイト(ドメイン)経由のアプリ起動の計測

ディープリンク用にアプリリンクやユニバーサルリンクを使用している(OneLinkを使用していない)アプリの所有者は、アプリに関連付けられたドメインを介して開始されたセッションを計測するようにSDKを設定することができます(AndroidiOS )。

例:

  • ユーザーがGoogleで検索し、御社のドメイン www.example.com をクリックします。
  • ユーザーがアプリをインストールしていない場合には、そのままWebサイト(www.example.com)に遷移します。
  • ユーザーが既にアプリを端末にインストールしている場合には、www.example.com に関連付けられたアプリがディープリンク起動されます。セッションはメディアソースSDKで設定されている(pid パラメーター)に紐づきます。

以下のディベロッパー向けドキュメントを参照してください。

ヒント!OneLinkスマートスクリプトは、アプリ所有者がWebサイト訪問者をアプリユーザーに変換するのに役立ちます。

ユーザープライバシー

GDPRやCCPAなどの規制や自社のビジネス要件を確認し、どのようなオプトイン、オプトアウトのポリシーを導入するかを検討してください。

全てのプラットフォーム

オプトアウトポリシー

場合によっては、データ収集を停止または制限するようにAppsFlyer SDKを設定するよう、開発者に指示する必要があるかもしれません(例えば、GDPRやCCPAの規制に準拠するため)。オプトアウトは、規制やユーザーの要求に応じて、いくつかの異なるレベルで行われます。様々なシナリオの詳細については、ユーザーのオプトアウトを参照してください。

データ取得からのパートナーの除外

場合によっては、アドネットワークやパートナーに対する特定ユーザーのユーザーレベルのデータ共有を停止したい場合があるかと思います。その理由としては:

  • CCPAやGDPRのようなプライバシーポリシー
  • ユーザーによるオプトアウト
  • 一部パートナー(アドネットワーク/第三者ツール)との競合

パートナーとのデータ共有は、setSharingFilterForPartners メソッドで制御されます。

iOSのみ

StrictモードSDK

StrictモードSDKを使用して、IDFAの収集機能とAdsupport frameworkの依存関係を除外してください。(たとえば、Kids向けアプリを開発する場合などに有効です。)

子供向けのアプリを販売する場合、開発者は通常のSDKではなく、strictモード SDK をインストールする必要があります。注意:IDFVは引き続き使用できます。

ad frameworkの無効化

AdSupportとiAd frameworkを無効化するために、SDKでは以下の機能を用意しています:

  • disableCollectASA = true。詳細はこちらを参照してください。
  • disableAdvertisingIdentifier = true。詳細はこちらを参照してください。
この記事は役に立ちましたか?