Data Lockerでのコホート分析

概要:Data Lockerのコホート分析には、広告階層の全ての要素の集計データが含まれています。レポートには、過去365日間にアトリビューションしたユーザーのデータが含まれます。このレポートは、ローデータまたはコホートAPI、またはその両方をサブスクリプションの一部として使用している広告主様が利用できます。つまり、このレポートには Data Lockerサブスクリプションは必要ありません。

Data Lockerでのコホート分析

場合によっては、メディアソースのデータ共有ポリシー、または広告主のプライバシー保護ポリシーにより、AppsFlyerの計測のローデータは制限されています。この制限には、キャンペーンや広告セットなどの計測に関するすべての項目が含まれます。コホートレポートは、ローデータの代わりに集計データを提供します。

参照:レポートサンプル

Data Lockerの有効化

このレポートは、Data Locker、コホートAPI、およびローデータの購読者に提供されます。Data Lockerでレポートを有効にするには、次のいずれかの手順を実行してください。

Data Lockerの有効化
Data Lockerで現在データを取得していますか? 手順

 

はい 

AppsFlyerAdmin_us-en.png Data Lockerにコホートレポートを追加する方法:

  1. AppsFlyerにて、インテグレーション > Data Locker へ進みます。
  2. コホート分析セクションで全てのレポートを選択してください。
  3. 構成を保存をクリックしてください。
    レポートは翌日の10:00 UTCまでに公開されます。
いいえ

AppsFlyerAdmin_us-en.png Data Lockerの設定方法

  1. データロッカーの初回設定を完了してください。( 広告主 | パートナー )
  2. コホートレポートをData Lockerに追加してください:
    1. AppsFlyerにて、インテグレーション > Data Locker へ進みます。
    2. コホート分析セクションで全てのレポートを選択してください。
    3. 構成を保存をクリックしてください。
      レポートは翌日の10:00 UTCまでに公開されます。

関連記事:コホートの種類の違い | コホート管理画面 | コホートAPI

データをBIシステムに読み込み、キャンペーンのパフォーマンスや最適化のプロセスの一部として利用することができます。

利用できる指標

利用できる指標は、収益、イベントを実行したユニークユーザー、イベントの発生数です。ROIやROASなどのコスト関連の指標を算出するには、収益とコストの両方の指標が必要です。収益指標はコホートに、コスト指標は XpendコストETL で提供されます。

ファクトシート

利用できるレポート

次のレポートがダウンロードできます。レポートの種類については、コホートダッシュボードで詳しく説明します。

  • ユーザー獲得:リエンゲージメント期間中に発生するLTVを含む、ユーザー獲得メディアソースに紐づきます。
  • リターゲティング:発生したイベントがリターゲティングメディアソースに紐づきます。
    • リエンゲージメント期間中に発生したイベント
    • リアトリビューションの結果として発生したイベント
  • 全体:AppsFlyerの重複計測ルールに従って、ユーザーをもたらしたラストタッチメディアソースに成果データを表示します。つまり、リエンゲージメント期間中に発生したLTVは、ユーザー獲得メディアソースではなく、リターゲティングメディアソースに紐づきます。
レポート期間 過去365日の間にコンバージョンしたユーザー。つまり、毎日、過去365日間のユーザーのコンバージョン状況が報告されます。
レポートの構成 各レポートの構成は同じです。レポートの構成を参照してください。
レポート配信 Data Lockerでコスト―レポートの有効化を参照してください。
データ更新頻度
  • 毎日。
  • 指標は UTC午前0時(日本時間朝9時)に利用可能なデータを用いて算出されます。その日の終わりに利用できるデータです。
  • レポートはData Lockerにて10:00 UTCまでに h=23 フォルダにて利用できるようになります。つまり、月曜のデータは火曜の10:00 UTCに、月曜の h=23 フォルダにて利用できるようになります。
パートナーのデータ保持ポリシーの影響

一部のパートナーは、データ保持ポリシーを設けていることを考慮してください。この場合、保存期間が終了した後に発生したイベントは、オーガニックに紐づきます。

例:SRN Aは180日間のデータ保持ポシリーを設けています。180日目までのユーザーイベントはSRN Aに紐づきます。180日後に発生したイベントは、オーガニックに紐づきます。

コホート分析について

レポートの構成

レポートは、ディメンションとメトリックで構成されます。

項目の形式は次のとおりです。

  • ディメンション: 文字列 - 文字列の最大長は動的であり、ほとんどの場合、広告階層の要素をどのように設定するかによって異なります
  • メトリック: 数値
    注意:selected_currency 項目は文字列です。
ディメンション

項目名

説明

app_id

--

media_source

--

conversion_type

入力される値: instal, re-engagement, re-attribution

attributed_touch_type

入力される値:click、impressions、pre-install、unknown、tv、null

days_post_attribution

  • 計測イベントから経過した日数。
  • ヒント!この値を使用してリテンションとKPI日数を計算しましょう。

event_date 

  • ユーザーが特定のイベントを実行すした日付
  • 形式: yyyy-mm-dd
  • 例: ユーザーが特定のアプリ内イベントを実行した日付(CVの場合)
  • 注! event_name が af_conversionの場合、イベント日付とコンバージョン日は同じになります。

conversion_date

  • コンバージョン発生日
  • 形式: yyyy-mm-dd
  • 例: インストール日

event_name

イベントを特定します。特定の意味を持つイベント名もあれば、アプリ内で広告主が設定したアプリ内イベントに関連するイベント名もあります。

 

event_name

ユーザーが何をしたか

af_conversion ユーザーがコンバートしました。conversion_type を使用して、インストール、リエンゲージメント、リアトリビューションを区別してください。
af_session アプリを起動しました。
af_uninstall アプリをアンインストールした
広告主がアプリ内イベントを定義 アプリ内イベントを実行しました。

campaign

キャンペーン階層

注意:キャンペーン名の変更はサポートされていません。そのため、1つのキャンペーンIDに複数の名前を関連付けることができます。

campaign_id

キャンペーン階層

adset

キャンペーン階層

adset_id

キャンペーン階層

ad

キャンペーン階層

ad_id

キャンペーン階層

channel

キャンペーン階層

[2021年10月27日更新] 現在、Facebookは、Google Install Referrerメカニズムで提供されるデータにチャネルを入力していません。

site_id

キャンペーン階層

is_primary_attribution

リターゲティングデータを特定し重複排除するために使用されます。

geo

ユーザーのIPアドレスから生成されたISO国コード。

agency

  • 代理店の運用詳細の開示がサポートされています。
  • 運用詳細を開示していない代理店の場合、広告主と代理店の両方が同じ名前のキャンペーンを行っていると、同じキャンペーン名を持つ複数の行が表示される可能性があります。ただし、これは重複ではありません。

install_app_store

Androidアプリのみ:アプリがダウンロードされたAndroidストア。マルチストアのAndroid計測を実装した広告主の場合に入力されます。空欄の場合は、Google Play Storeを意味します。

keywords

ユーザーのオンライン検索で使用された単語(アドネットワークからレポートされた通り)

keyword_id

[2022年4月27日以降 利用可能] アドネットワークから返されたキーワードID

指標

カラム名

説明 形式

unique_users

イベントを実行したユニークユーザー数

数値

revenue_usd

  • USDでの収益額。例えば、$100.56 は、100.56 と反映されます
  • 小数点以下2桁まで
数値

event_count

イベントの発生数

数値

selected_currency

広告主がアプリ設定で設定した3文字の通貨コード(USD、EUR)。形式 ISO-4217。これは、ユーザーインターフェースでコホートの収益を表示する際に使用される通貨と同じです。

String

revenue_selected_currency

  • 選択された通貨での収益の金額。例えば、選択した通貨がEURの場合、€1234.56 は 1234.56 として反映されます。
  • 小数点以下2桁まで
数値

BIディベロッパー向けの考慮事項

レポート内のデータ範囲

レポートには、ユーザーアトリビューション、インストール、リアトリビューション、リエンゲージメント、そしてそれらに紐づくアプリ内イベントが含まれています。

データ読み込みプロセスで統合ビューを使用する場合は、ロジックを使用して、キャンペーンの種類(=ユーザー獲得(インストール)とリターゲティング(リエンゲージメント))のデータを分割する必要があります。これを行うには、[conversion_type] と [is_primary_attribution] 項目を使用します。詳細はリターゲティングイベントの重複計測を参照してください。

項目別の考慮事項

  • アトリビューション後の経過日数を使用してリテンション指標を簡単に計算できます。
  • キャンペーン名とキャンペーンIDディメンションを使用してユニークユーザー数を計算する:キャンペーン名の粒度を考慮しなくてもよい場合、ユニーク数をキャンペーンIDで合計することで、指標は正しい値となります。
  • キャンペーン階層の項目を使用してデータを集計できます。
  • Revenue in USD (USDでの収益) は、イベント当日の為替レートを使用して計算されます。
  • 広告収益イベントは、利用可能な場合に含まれますが、更新されるまでに最大2日間の遅れが生じることがあります。

一般的な考慮事項

すべてのアプリのデータを1つのファイルにまとめて提供します。App IDの項目を使用してアプリごとにデータを分離するか、Data Lockerを設定してアプリごとに分離します。

コホートごとのユニークユーザー数の計算

コンバージョンの種類(例:アプリをインストールするユーザーの数)別にコホートあたりの一意のユーザー数を計算するには、データをフィルター処理してconversion_type=install および event_name=af_conversion となるようデータをフィルタする必要があります。event_count列を合計します。ディメンションを追加するには、列を追加します。1日あたりのインストール数を計算するには、conversion_date でグループ化します。

これについては、次のSQLステートメントとExcelの図で説明します。

SQLステートメント


SELECT   app_id,
         conversion_date,
         media_source,
         event_name,
         conversion_type,
         Sum(event_count) AS total
FROM     'REPLACE_TABLE_NAME'
WHERE    app_id='REPLACE_APP_ID'
AND      conversion_type='install'
AND      event_name='af_conversion'
GROUP BY 1, 2, 3, 4, 5

エクセルの例

CohortDL.png

追加情報

特性と制限

特性
特性  
コストデータ 利用できません。コストETLを使用してください
キャンペーン名の変更 サポートされていません。
データ更新頻度 毎日UTC。レポートは、翌日の10:00 UTCまでにレポート日のData Lockerの h=23 フォルダに入っています。
Ad revenue(広告収益) 利用可能
通貨 行ごとに、USDとアプリ固有の通貨が利用できます。
オーガニックデータ 利用可能
コンバージョン (インストール、リアトリビューション、リエンゲージメント) 後の日数

365日。

 

代理店への運用詳細の開示
  • サポートされています。
  • TwitterとFacebookのデータは常に開示されます。
アプリの分離 サポートされています。
SKANデータ 含まれていません。つまり、iOSのポストバックで提供されるデータです。
リインストール 含まれていません。
この記事は役に立ちましたか?