Data Lockerでのコホート分析

概要:Data Lockerのコホート分析機能では、広告階層の全ての要素を含んだ集計データが利用可能です。レポートには過去365日間にアトリビューションしたユーザーのデータが含まれます。この機能を利用できるのは、ローデータまたはコホートAPI、またはその両方を利用している広告主です。つまり、このレポート機能はData Locker自体の契約は必要ありません。

Data Lockerでのコホート分析

メディアソースのデータ共有ポリシーや、広告主のプライバシー保護のポリシーによってAppsFlyerのローデータ取得が制限される場合があると思います。そしてその制限には、キャンペーンや広告セットといった計測に関するすべての項目が含まれてしまいますが、コホートレポートはローデータの代替策として利用可能な集計データを提供します。 

参照:レポートサンプル 

Data Lockerの有効化

この機能を利用できるのは、Data Locker、コホートAPI、またはローデータレポートを利用している広告主です。Data Locker上でこのレポート機能を有効にするには、次のいずれかの手順を実行してください。 

Data Lockerの有効化
既にData Lockerでデータを取得していますか?  手順

 

はい 

AppsFlyerAdmin_us-en.png Data Lockerにコホートレポートを追加する方法:

  1. AppsFlyerの管理画面上で、インテグレーション > Data Locker へ進んでください。
  2. コホート分析のセクションで全てのレポートを選択してください。 
  3. 構成を保存をクリックしてください。
    レポートは翌日の日本時間19:00 (10:00 UTC)までに公開されます。 
いいえ

AppsFlyerAdmin_us-en.png Data Lockerの設定方法

  1. Data Lockerの初回設定を完了してください。( 広告主 | パートナー )
  2. コホートレポートをData Lockerに追加してください:
    1. AppsFlyerの管理画面上で、インテグレーション > Data Locker へ進んでください。
    2. コホート分析のセクションで全てのレポートを選択してください。 
    3. 構成を保存をクリックしてください。 
      レポートは翌日の日本時間 19:00 (10:00 UTC) までに公開されます。

関連記事:コホートの種類の違い | コホート管理画面 | コホートAPI

データをBIシステムに読み込み、キャンペーンのパフォーマンスや最適化のプロセスの一部として利用することができます。

利用できる指標

利用できる指標は、収益、イベントを実行したユニークユーザー数、イベントの発生数です。
※ROIやROASといったコスト関連の指標を算出するには、収益とコストの両方の指標が必要です。収益指標はコホート経由で、コスト指標は XpendコストETL 経由で取得可能です。

基本仕様

利用できるレポート

以下のレポートをダウンロードできます。各レポートの詳細については、コホートダッシュボードのページをご確認ください。

  • ユーザー獲得: リエンゲージメント期間中に発生したアプリ内イベントも、全て新規獲得媒体に紐づいた状態のデータです。
  • リターゲティング: リターゲティング媒体にイベントを紐付けた状態のデータです。
    • [リエンゲージメント期間]中に発生したイベント
    • リアトリビューション計測後に発生したイベント
  • 全体: AppsFlyerの重複計測のルールに沿って、ユーザーをもたらしたラストタッチのメディアソースへのみ成果を紐付けて表示します。つまり、リエンゲージメント期間中に発生したアプリ内イベントは、新規獲得媒体ではなくリターゲティング媒体に紐づけられます。 
レポート期間 過去365日間にコンバージョンしたユーザーのデータが利用可能です。つまり、毎日過去365日間のユーザーのコンバージョン状況が報告されます。 
レポート構成 各レポートの構成はどれも同じです。詳細はレポート構成を参照してください。
レポート配信  Data Lockerでのコホートレポートの有効化を参照してください。
データ更新頻度
  • デイリーで更新されます。
  • 各指標は、日本時間 09:00 (24:00 UTC) までのデータを用いて算出されます。言い換えれば、UTCベースでその日の終わりまでのデータです。 
  • Data Locker上で、レポートは翌日の日本時間19:00 (10:00 UTC)までに h=23 フォルダから取得できるようになります。つまり、月曜のデータは火曜の日本時間19:00 (10:00 UTC) になると、月曜の h=23 フォルダから取得できるようになります。 
パートナーのデータ保持ポリシーの影響

一部のパートナーは、データ保持ポリシーを設けていることを考慮してください。該当する場合、保存期間が終了した後に発生したイベントは、便宜上オーガニックに紐づけて計測されます。

例:SRN媒体"A"は180日間のデータ保持ポリシーを設けているとします。このとき、インストール日から180日目までのイベントは媒体"A"に紐づきますが、180日以降に発生したイベントは全てオーガニックに紐づけられます。 

コホート分析について

レポート構成

レポートは、ディメンションとメトリックで構成されます。

項目の形式は次のとおりです。

  • ディメンション: 文字列 - 文字列の最大長は動的であり、広告階層の要素をどのように設定するかによって異なります。
  • メトリック: 数値
    注意:selected_currency の項目の形式は文字列です。
ディメンション

項目名 

説明

app_id

--

media_source

--

conversion_type

入力される値: install、re-engagement、re-attribution

attributed_touch_type

入力される値:click、impressions、pre-install、unknown、tv、null

days_post_attribution

  • インストールやリエンゲージメントなどのコンバージョンイベントから経過した日数です。 
  • TIPS:この値を使用して、リテンションや〇日後時点でのKPIなどを計算しましょう。

event_date 

  • ユーザーが特定のイベントを実行した日付です。
  • 形式: yyyy-mm-dd
  • 例: ユーザーがアプリ内課金を実施した日付
  • 注意!event_name が af_conversionの場合、event_dateとconversion_dateは同じ値になります。 

conversion_date

  • 各種コンバージョンを計測した日付です。
  • 形式: yyyy-mm-dd
  • 例: インストール日

event_name

イベントを特定するのに使用してください。特有の意味を持つイベント名もあれば、広告主が設定したアプリ内イベントもこちらに入力されます。 

 

event_name

計測内容

af_conversion コンバージョン計測
(conversion_typeのデータを使用して、インストール、リエンゲージメント、リアトリビューションを区別してください。)
af_session アプリ起動
af_uninstall アプリアンインストール 
広告主が定義したアプリ内イベント そのアプリ内イベントを実行

campaign

キャンペーン階層の情報です。

注意:キャンペーン名の変更はサポートされていません。そのため、1つのキャンペーンIDに対して複数のキャンペーン名が関連付けられることがあります。 

campaign_id

キャンペーン階層の情報です。

adset

キャンペーン階層の情報です。

adset_id

キャンペーン階層の情報です。

ad

キャンペーン階層の情報です。

ad_id

キャンペーン階層の情報です。

channel

キャンペーン階層の情報です。

[2021年10月27日更新] 現在、FacebookはGoogle Install Referrerの機能を介して提供するデータにチャネルの情報を含んでいません。

site_id

キャンペーン階層の情報です。

is_primary_attribution

リターゲティングデータを特定し重複排除するために使用してください。

geo

ユーザーのIPアドレスから生成したISOの国コードです。

agency

  • 代理店による運用媒体の開示設定もサポートしています。
  • 運用媒体を開示していない代理店の場合、広告主と代理店の両方が同じ名前のキャンペーンを行っていると、同じキャンペーン名を持つ複数の行が表示される可能性がありますが、それはデータ自体が重複しているわけではないので注意してください。

install_app_store

Androidアプリのみ:アプリがダウンロードされたAndroidストアの情報です。マルチストアのAndroid計測を広告主が実装している場合に入力され、空欄の場合はGoogle Play Storeを意味します。 

keywords

ユーザーがオンライン検索の際に使用した単語の情報です。 (アドネットワークからレポートされたもの)

keyword_id

[2022年4月27日以降 利用可能] アドネットワークからレポートされたキーワードIDです。

指標

カラム名

説明 形式

unique_users

そのイベントを実行したユニークユーザー数です。

数値

revenue_usd

  • USD換算での収益額です。
    例えば、$100.56 は100.56 と反映されます。
  • 小数点以下2桁まで
数値

event_count

イベントの発生回数です。

数値

selected_currency

広告主がアプリ設定で設定した3文字のISO-4217通貨コードです。(USD、JPYなど)これは、管理画面上でコホートの収益を表示する際に使用される通貨設定と同じです。 

文字列

revenue_selected_currency

  • 選択された通貨単位での収益の金額です。
    例えば、選択した通貨がEURの場合€1234.56 は 1234.56 と反映されます。
  • 小数点以下2桁まで
数値

データ分析担当者向けの考慮事項

レポート内のデータ範囲について

レポートには、ユーザーアトリビューション、インストール、リアトリビューション、リエンゲージメント、そしてそれらに紐づくアプリ内イベントが含まれています。

データ読み込みプロセスにおいて新規獲得媒体のデータとリターゲティング媒体のデータを統合する場合には、新規獲得 (インストール) とリターゲティング (リエンゲージメント) ) のデータの重複を除外するロジックを実装する必要があります。これを行うには、[conversion_type] と [is_primary_attribution] の項目を使用する必要があります。詳細はリターゲティングイベントの重複計測のページを参照してください。 

項目別の考慮事項

  • 継続率の指標を簡単に計算するには、days_post_attributionのカラムを活用しましょう。
  • キャンペーン名とキャンペーンIDのディメンションを使用したユニークユーザー数の計算:
    キャンペーン名の粒度を考慮しなくてもよい場合、キャンペーンID毎のユニークユーザー数を合計することで、指標は算出可能です。 
  • キャンペーン階層の項目を使用することでデータを集計可能です。 
  • revenue_usd (USD換算の収益金額) は、イベント発生日の為替レートを使用して計算されます。 
  • 広告収益イベントは利用可能な場合にはデータに含まれますが、更新されるまでに最大3日間の遅れが生じることがあります。

一般的な考慮事項

すべてのアプリのデータを1つのファイルにまとめて提供します。App IDの項目を使用してアプリ毎にデータを分割するか、Data Locker上でアプリ毎に分割するよう設定してください。

コホートごとのユニークユーザー数の計算 

アプリのインストールユーザーなど、コンバージョンの種類別にコホートあたりのユニークユーザー数を計算するには、conversion_type=install および event_name=af_conversion となるように、まずはデータをフィルタリングする必要があります。次に、event_countの列の値を合計してください。追加のカラムを追加することで、ディメンションを追加することも可能です。たとえば、日別のインストール数を計算するには、conversion_date でグループ化してください。

これについては、次のSQLステートメントとExcelの図でも説明しているのでご確認ください。 

SQLステートメント


SELECT   app_id,
         conversion_date,
         media_source,
         event_name,
         conversion_type,
         Sum(event_count) AS total
FROM     'REPLACE_TABLE_NAME'
WHERE    app_id='REPLACE_APP_ID'
AND      conversion_type='install'
AND      event_name='af_conversion'
GROUP BY 1, 2, 3, 4, 5

エクセルの例

CohortDL.png

追加情報

特性と制限

特性
特性  
コストデータ 利用できません。代わりにコストETLを使用してください
キャンペーン名の変更 サポートされていません。 
データ更新頻度 UTCベースで毎日更新されます。当日のレポートは、翌日の日本時間19:00 (10:00 UTC) までにレポート日のData Lockerの h=23 フォルダに格納されます。 
Ad revenue(広告収益) 利用可能です。
通貨設定  行ごとに、USDとアプリ個別の通貨設定のデータが確認可能です。
オーガニックデータ 利用可能です。
コンバージョン (インストール、リアトリビューション、リエンゲージメント) 後の日数

365日後のデータまで利用可能です。

 

代理店の運用媒体の開示設定
  • サポートされています。 
  • TwitterとFacebookのデータは常に開示されます。
アプリ毎のデータ分割 サポートされています。
SKAN計測データ 含まれていません。
再インストール 含まれていません。 
この記事は役に立ちましたか?