SSOT (Single Source of Truth) - iOS計測ガイド

概要: iOS 14以降の環境下において、AppsFlyerはIDFA、IDFV、SKAN、Apple Search Adsなどの複数のアトリビューション手法のデータをまとめ、アプリキャンペーンのパフォーマンスの全体像を把握することができます。現状、アプリのパフォーマンスの全体像を把握できるアトリビューション手法はありません。同一ユーザーが2つの方法で計測されることがあるため、特定のユーザーを1回だけカウントするという課題があります。

AppsFlyerのSSOT(Single Source of Truth)の仕組みは、まさにそれを実現するものです。SSOTのレポートおよびメトリクスは真実かつ正確であり、同じユーザーを一度だけカウントします。

SSOT — 真のiOSパフォーマンス データ

iOS 14以降、AppsFlyerは、SKAdNetwork、ATT同意ユーザー、確率的モデリング、インクリメンタリティベースの分析、Apple Search Adsの専用APIなど複数のデータストリームからのデータを使用してiOSユーザーをアトリビューションしています。IDFAが取得できない場合には、重複したデータを含めずに各種計測方法を結びつけることはほぼ不可能です。

SSOTの仕組みにより、インストールデータの重複を排除し、誤ったユーザーのアトリビューションを修正することができます。つまり、オーガニックでないメディアソースにアトリビューションされるはずのユーザーが、オーガニックに計測されているのです。その結果、キャンペーンに紐づくインストール数が修正され、eCPI、ROI、ROASなどの関連するコストおよび収益に関する指標も正しく算出されます。注:アプリ内イベントと収益関連の指標を取得するには、SKAN Conversion Studioでこれらの指標を設定する必要があります。

簡単に言うと、SSOTメカニズムは、他のマッチタイプを使用して計測されたSKANインストールにフラグを立てます。このフラグは、同じユーザーを2回カウントしないように、集計された指標を計算する際に考慮されます。同様に、SKANのローデータを処理する際にも、このフラグを使用します。

SSOTフラグをデータに含めるには、Conversion StudioでSSOTをオンにする必要があります。

SSOTを有効に設定する

SSOTControl.png

SSOTをオンにする:

  1. 始める前に、AppsFlyer SSOT請求ポリシー をご確認ください。
  2. AppsFlyer管理画面左メニュー 設定 > SKAN Conversion Studioへ移動してください。
  3. カスタム モードを選択
  4. Single Source of Truthを有効に設定する
  5. 必要に応じて設定を完了してください

詳細:SKAN Conversion Studio

オーバービュー:SSOTビュー

SSOTisNowOn.png

Overviewダッシュボードで利用できるSingle Source of Truthビューは、オーガニック以外のパフォーマンス指標の全体像を把握することができます。
SSOTビューでは:

  • 正確なインストール数値
  • eCPI、ARPU、ROASなど、インストール指標に紐づくコストおよび収益データを正しく計算します。
  • オーガニック指標は、誤レポートされたインストールを考慮した上で調整されています。


SSOTビューの違いやユニークな特徴を紹介します。
ここでは、 オーバービューダッシュボード について熟知していることを前提としています。

SSOTビューをオンにする

SSOTビューのデータは、SKAN Conversion StudioでSSOTモードを有効に設定してから3〜5日後に利用できます。

SSOTビューを有効にするには:

  1. 始める前に、Conversion Studioで Single Source of Truth がオンになっていることを確認します。
  2. AppsFlyer 管理画面 > オーバービューへ進みます。

    SelectSavedReport.png

  3. ▼をクリックします。
  4. オーバービューライトを選択します。SSOTモードのスイッチが表示されます。

    SSOTviewon.png

  5. SSOTモードのトグルをオンにします。
  6. 次のうちいずれかが発生します。
    • SSOTモードのデータが表示されます。
      この後のセクションでは、利用可能なデータについて説明します。
      表示されるデータについては、この後のセクションを参照してください。
      SSOTビューを新しいレポートとして保存します。
      設定方法:
      1. をクリック
      2. Save dashboardをクリック
      3. レポート名を入力
      4. 保存をクリックします。 
    • データはすぐには表示されません。SSOTをONにしてからデータが表示されるまで、3~5日程度要します。この期間が経過するのを待って、再度ダッシュボードにアクセスしてください。

SSOTスイッチはいつでもオフにできます。オフにすると、SSOTビューでは利用できない通常データを見ることができます。 

SSOTビューの考慮事項

SSOTビューでは:

  • Null コンバージョン値 (CV): 推定値
    高度な機械学習で、 af_attributionフラグを使用して AppsFlyerまたはSKANによってアトリビューションされた null値は、推定された値で表記します。SKANに紐づく場合、インストール後のSKAN測定値はすべてSSOTダッシュボードに含まれます。 詳細はこちら
  • 再ダウンロード数: インストール数指標に含まれます。インストールと再ダウンロードの棲み分けはできません。
  • タイムゾーン: AppsFlyer計測のインストールとイベントは、UTCまたはアプリ設定画面で設定されたアプリ固有のローカルタイムゾーンで表示されます。SKAN計測のデータの場合、インストールとイベントはUTCで表示されますが、 MetaとGoogle SKANのデータは例外で、タイムゾーンはMetaアカウントとGoogleアカウントで設定されたタイムゾーンに基づいています。

  • 通貨: 米ドル、または アプリ設定画面で設定されているアプリ固有の現地通貨で表示されます。

各フィルターの注意事項

以下の表で説明するように、フィルターがデータ表示やメトリクスに与える影響を考慮してください。

フィルタ 注意事項
Single Source of Truth(SSOT) Single Source of Truthのメトリクスを表示するには、コントロールがオンになっていることを確認します。
表示タイプ
  • 新規インストール: SSOTモードでの推奨ビュータイプ
  • リターゲティング: SKAdNetworkはリターゲティングデータに対応していません
  • 統合: インストール / キャンペーンにはSSOTデータが含まれます。リターゲティングキャンペーンは、SSOTの影響を受けません。
日付
  • 【ベストプラクティス】正確な結果を得るために、直近の3日間を含まない7日以上の日付範囲を選択してください。
  • 最短で、SSOTをONにしてから3日後の日付が利用可能です(AppsFlyerにより利用可能開始日が決定されます)。
  • 最適な日付の選択例:
    • 現在の日付が2月10日で、1月29日にSSOTになった場合 - 2月1日〜7日まで選択可能です。
  • 一部のデータ(収益など)は、SSOTを有効にしてから 8日後にしか利用できない場合があります。
  • Google SKANのインストールは、最大45日間の遅れでレポートされることがあります。
キャンペーンフィルター

キャンペーンの階層フィルターが利用可能です。

  • メディアソース
  • Campaign
メインのKPI値

SSOTダッシュボードで使用可能なヘッドラインKPIを使用すると、次の情報を確認できます:

  • ユーザー獲得:非オーガニックとオーガニックの両方
  • SKAN重複
  • リターゲティング:リエンゲージメントCVとリアトリビューションCV
  • コスト
  • eCPI

各KPIには、パーセント値が表示されています。パーセンテージの値は、現在選択されている日付範囲と同様の以前の期間のKPIを比較した変化値です。
例:先週と比較した今週、または日付範囲で選択された日が前の同じ日数と比較した場合、たとえば、インストール数が X% 増加した場合は、以前の並列日付範囲 のインストール数が X% 少ないことを意味します。

グラフ

利用可能なディメンション:

  • 計測方法:
    • AppsFlyer計測:SKANを含む複数の方式でマッチングしたインストール
      ダッシュボードでは、同一インストールを二重計測しないよう、SKANのデータが排除されます。
      SKANローデータでは、インストールの af_attribuiton_flag は true にセットされています。
    • SKAN API:SKANでマッチングされ、他の方法でマッチングされないインストール
      SKANローデータでは、インストールの af_attribution_flag は false に設定されています。
  • アトリビューションの種類
  • Attributed touch type
  • Campaign
  • Campaign ID
  • メディアソース
  • データソース
  • アプリID(一部のチャート)
  • 地域(SKANの地域データは推定値です)
  • アプリ内イベント名(SKAN Conversion Studioで設定された特定のアプリ内イベントの名前)。

指標:

メトリックのセクションで説明したとおりです。

テーブル

グループ化:

  • [デフォルト] テーブルはメディアソース、キャンペーン別にグループされています。
  • グループ化オプションには、メディアソース、アトリビューションタイプ、アトリビューション方法、キャンペーン、キャンペーン ID、アトリビューションタッチタイプ、日付、ソース、地域(国)およびこれらの組み合わせが含まれます。注意: SKANの地域データは 推定値です。
  • 非オーガニックトラフィックにのみ適用されるディメンションを持つグループを選択すると、オーガニックメディアソースは N/A と表示されます。

メトリック:

メトリックのセクションで説明したとおりです。

指標

SSOTダッシュボードで使用可能なメトリック:

指標 説明と考慮事項
グループ化
  • [デフォルト] テーブルはメディアソース、キャンペーン別にグループされています。
  • グループ化オプションには、メディアソース、アトリビューションタイプ、アトリビューション方法、キャンペーン、キャンペーン ID、アトリビューションタッチタイプ、日付、ソース、およびこれらの組み合わせが含まれます。
  • 非オーガニックトラフィックにのみ適用されるディメンションを持つグループを選択すると、オーガニックメディアソースは N/A と表示されます。
SSOT計測

選択した日付におけるSSOTのインストール、リアトリビューションCV、およびリエンゲージメントCVの見出し内訳。

  • 非オーガニック:ユーザーにインストールをもたらしたキャンペーン
    SSOTの仕組みにより、同一インストールは一度だけカウントされます。
  • オーガニック指標
合計

インストール、リアトリビューション、およびリエンゲージメントの数。

インストール

アプリをインストールしたユニークユーザー数。UAキャンペーンのコンテキストで、AppsFlyerによって計測されたインストールに加えて、SKANが重複を削除し報告した新規インストールと再ダウンロード数として計算されます。
リアトリビューション リターゲティングのデータは、[統合] と [リターゲティング] のビュータイプで利用できます。
SKANはリターゲティングデータに対応していないことを考慮してください。
リエンゲージメント リターゲティングのデータは、[統合] と [リターゲティング] のビュータイプで利用できます。
SKANはリターゲティングデータに対応していないことを考慮してください。
その他のメトリクス SSOTと広告パフォーマンスに関連するその他のさまざまな指標
SKAN重複 af_attribution_flag=true の SKAN インストール数
Clicks アドネットワークからAPI経由でレポートされるクリック数、インプレッション数データ
SSOTの仕組みは、タッチポイントの指標に影響を与えません。
インプレッション アドネットワークからAPI経由でレポートされるクリック数、インプレッション数データ
SSOTの仕組みは、タッチポイントの指標に影響を与えません。
コンバージョン率 Click-to-install
コスト (USD) アドネットワークからAPI経由でレポートされるキャンペーンコスト データ
インストールが1件以上あるキャンペーンのデータを表示します。
SSOTの仕組みは、レポートされる総コストに影響を与えません。インストール数で計算された指標にのみ影響します。
平均eCPI (USD) SSOTビューでのインストール数を使用して、1インストールあたりのコストを計算します。オーガニックインストールは除外されます。
クリックスルー

ユーザーが広告をクリックした後に発生したアトリビューション数(CTA)

アンインストール率

アプリをアンインストールしたユーザーの割合(%)(アトリビューションしているユーザーの割合)インストール、リエンゲージ、またはリアトリビューションを意味します。
計算式: アンインストール数/アトリビューション数 x 100(UAキャンペーンのみ対象)

アンインストール

利用したユーザ数からのアンインストール数(UAキャンペーンのみ対象)

ビュースルー

ユーザーが広告を閲覧(ビュー)した後に発生したアトリビューション数(CTA)

収益 (D2)

SKANとAFは、最初のSKAN計測ウィンドウ (D2) の収益 (広告収益を含む) をレポートしました。

  • SKAN計測の収益:SKANインストールの収益 (af_attribution_flag=false / null)
    Conversion Studioの収益のコンバージョン値の設定と、計測ウィンドウの時間枠に基づく
  • AppsFlyer計測の収益:AppsFlyerによってアトリビューションされたインストール後、SKAN計測ウィンドウ内でアプリユーザーが生み出した収益
  • Conversion StudioでSKAN 4を使用している場合:これはインストール後2日間のデータです。Conversion StudioでSKAN 3を使用している場合:データは定義されたSKANアクティビティ計測(2日以上か2日未満か)に基づいています。
    • Conversion Studioで設定されたアクティビティ期間:24時間
    • 収益イベントは、初回起動後24時間のアクティビティ期間内に発生します。
      これは、必ずしも暦日のインストール当日だけのデータではなく、インストール当日インストールの翌日 (X + 1 日目) に発生したデータも含むことを意味します。
      • すなわち、SKANとAFでレポートされた収益の両方において、収益は 24時間枠内で発生した場合は(インストールとは異なる日であっても) 計測されます。

注意

  • SKAN収益が特定のイベントに対してのみ設定されている場合、SSOTの収益指標では、対応するAppsFlyerレポート収益イベントのみが考慮されます。

ヒント:SKAN収益の精度を向上させるには -

収益 D7
  • SKAN計測期間を超えて、インストール後最大7日間の推定データが含まれます。(詳細はこちら
  • オーガニックインストールからのデータは除外して表示されます。
ARPU D2

ユーザー当たりの平均収益。

式:収益/ユニークユーザー数

Conversion StudioでSKAN 4を使用している場合:これはインストール後2日間のデータです。Conversion StudioでSKAN 3を使用している場合:データは定義されたSKANアクティビティ計測(2日以上か2日未満か)に基づいています。

ARPU D7

SKAN計測期間を超えて、インストール後最大7日間の推定データが含まれます。(詳細はこちら

ROAS D2
広告費回収率 (ROAS) (%)。
式:収益額/コストx100
Conversion StudioでSKAN 4を使用している場合:これはインストール後2日間のデータです。Conversion StudioでSKAN 3を使用している場合:データは定義されたSKANアクティビティ計測(2日以上か2日未満か)に基づいています。
ROAS D7
SKAN計測期間を超えて、インストール後最大7日間の推定データが含まれます。(詳細はこちら
ROI D2

投資収益率 (%)。

式:(収益額 - コスト)/コストx100

Conversion StudioでSKAN 4を使用している場合:これはインストール後2日間のデータです。Conversion StudioでSKAN 3を使用している場合:データは定義されたSKANアクティビティ計測(2日以上か2日未満か)に基づいています。

ROI D7

SKAN計測期間を超えて、インストール後最大7日間の推定データが含まれます。(詳細はこちら

売上総利益 D7

キャンペーンコストを差し引いたあとの利益。

式:収益 - コスト

Conversion StudioでSKAN 4を使用している場合:これはインストール後2日間のデータです。Conversion StudioでSKAN 3を使用している場合:データは定義されたSKANアクティビティ計測(2日以上か2日未満か)に基づいています。

売上総利益 D7

SKAN計測期間を超えて、インストール後最大7日間の推定データが含まれます。(詳細はこちら

アプリ内イベントの指標

特定のアプリ内イベント(IAE)に関連する指標

イベントUU (D2) - ユニークユーザー数

AppsFlyerとSKANの組み合わせで測定された、イベントを実行したユニークユーザー数(null値のモデルデータを含む)。SKAN 4を使用している場合、このデータはインストール後最初の2日間に蓄積されます。SKAN 3を使用している場合、データは定義されたアクティビティ期間に基づくインストール後の日数の累積です。

イベントeCPA (D2)

Effective CPA: コスト / イベントを実行したユニークユーザー

イベントCV率 (D2)

アトリビューション(インストール、リエンゲージ、リアトリビューション)したユーザーのうち、イベントを実行したしたユニークユーザーの割合 (%)。計算式: ユニークユーザー数 ÷ アトリビューション数 × 100

イベント収益 (D2)

このイベントで発生した収益(インストール後、定義された日数以内)

SSOTの仕組み

SKAN & AppsFlyerモデルによるアトリビューション重複の理解

SKANアトリビューションとAFモデル計測は仕組みが異なり、特性も制限も異なります。したがって、各インストールは、非オーガニックメディアのソースに起因するものである可能性があります。

  • ユニーク計測:SKANまたはAFのどちらかだけで計測されたユーザー
  • 重複データ:SKANとAFモデルの両方で計測されたユーザー
    この場合、 SSOTメカニズム は、フラグ: af_attribution_flag=TRUE で SKAN重複インストールとしてレポートします。また、SSOTのダッシュボードでは、2件のインストールが表示されるのではなく、1件しか表示されません。
  • オーガニック:SKANモデルでもAFモデルでも計測されなかったユーザー

SKAN / AFモデルの計測シナリオの可能性を以下のベン図に示します。

skan_af_model_diagram.png

各アトリビューション・シナリオの理由は、以下のとおりです。

SKAN計測のみ AppsFlyer計測のみ

SKAN / AF両方で計測

どちらでも計測されない
  • SRN(サーバー連携媒体)経由、ユーザー端末がiOS 14.5以上、ユーザーがデュアルATTの同意を提供していない場合
  • 非SRN(通常連携媒体)、ユーザー端末がiOS 14.5+、確率的モデリングが利用できない、ユーザーがデュアルATTの同意を提供していない場合
  • ユーザー端末:iOS 14.4以下
  • SKAN計測に対応していない広告媒体
  • Web-to-appフローでインストールされた場合(SKANはアプリ面からのインストールのみ対応)
  • インストールがリターゲティング広告経由の場合(SKANはリターゲティング計測非対応)

制限を設けず、SKANとAFの両モデルでインストールを行います。

この場合、重複してインストールされることになり、重複を削除するためにSSOTが必要になります。

オーガニック

SSOTメカニズムの仕組み

SSOTの仕組みは、下図で詳しく説明しています。

SingleSourceOfTruth.png

SSOTの仕組みは?

SSOTの仕組みは、AppsFlyer SDKではユーザー端末に存在するお客様のアプリに、AppsFlyerプラットフォームでは以下のように存在します。

ユーザー端末:

  • ユーザーがアプリを初回起動時、AppsFlyer SDKはユーザーのアトリビューション計測を開始します。流入元の計測が成功するかどうかは、キャンペーンの種類やユーザーの同意(ATT)の状態によって異なります。
  • アトリビューションが成功した場合、SDKは 'アトリビューションビット' (attribution bit) をコンバージョンバリュー(CV)に設定します。
  • 通常のSKAdNetworkの流れは変わりません。つまり、計測ウィンドウが終了するまで、ユーザーアクティビティが引き続き測定され、CVが設定されます。
  • その後、iOSがポストバックを送信します。

AppsFlyerプラットフォーム

  • AppsFlyerは、iOSのポストバックを受信し、コンバージョン値をデコードし、以下の表に詳述されているように、af_attribution_flag を介してアトリビューションビットの値を公開します。

注意事項

  • 一般的に、AppsFlyerは再インストールをカウントしません(リアトリビューション期間内であれば)。
    SSOTの文脈では、再インストールの状況は考慮されません。
    つまり、SSOTは、SSOT分析の文脈で再インストールから来る重複するSKANインストールを削除せず、それらはaf_attributionフラグの設定に影響を与えません。

Attribution flag項目

コンバージョン値のSSOT表示 意味 af_attribution_flag 項目
ON SKAN Conversion StudioでSSOTモードがオン、かつAppsFlyerでユーザーのアトリビューション計測成功 True
オフ SKAN Conversion StudioでSSOTモードがオン、かつAppsFlyerでユーザーのアトリビューション計測ができなかった場合 False
--

SKAN Conversion StudioでSSOTモードがオフの場合

Null

af_attribution_flag(アトリビューションビット)がレポーティングツールに与える影響:

  • SKANダッシュボード: SKANのポストバックでレポートされた数値のみを反映します。そのため、af_attribution_flag は考慮されず、重複したデータは削除されません。
  • SKAN 集計レポートローデータレポート: af_attribution_flag の利用が可能です。お客様のレポート要件に応じてご利用ください。
    SKANのデータとAppsFlyerのデータを組み合わせる場合は、このフラグを使用して重複するデータを削除してください。
    これは、ローデータと集計データの両方のレポートに適用されます。
  • 【近日リリース予定】OverviewダッシュボードでSSOTビューを表示:
    SKAN、IDFA、IDFV、Apple Search Adsなど、すべてのアトリビューション手法で計測されたデータのうち、重複するSKANデータを削除した後、1つのレポートに統合されます。

複数のアトリビューション手法のデータを組み合わせて得られる指標

SKANデータを他のアトリビューション手法のデータと組み合わせる際には、af_attribution_flag を使用して重複するデータを削除します。
これは、ローデータと集計データの両方のレポートに適用されます。

以下の例は、af_attribution_flag を使用して計算できます。

  • 非オーガニックインストール
  • オーガニックインストール
  • eCPI
  • コホート収益

指標例の計算式:

データ 呼称 数式
AppsFlyerの非オーガニックインストール A AppsFlyerで計測されたオーガニック以外のインストール方法
SKANのみで計測されたインストール B af_attribution_flag=false のSKANインストール数
全ての非オーガニックインストール C A + B
オーガニックインストール D

総インストール数 ー C

注意: 総インストール数は、アトリビューションに関係なく、AppsFlyer SDKで計測されたすべてのインストールを意味します。

キャンペーンeCPI E コスト ÷ C
コホート収益 F

以下の合計:

  • Aで計測されたユーザーの収益 (SKANのLTV計測期間(アクティビティ期間)に相当するインストール後の特定時間内に発生したイベントを含みます。)
  • af_attribution_flag=false の場合のSKANの収益
オーガニック収益 D2 G

合計 D2 収益 - A および B インストールからの D2 収益

オーガニック IAEユニークユーザーD2 H

合計 D2 IAE(アプリ内イベント)ユニークユーザー - A および B インストールの D2 イベントユニークユーザー数

特性と制限

特性 備考
SSOTビュー

SSOTは、af_attribution_flag=trueを含むSKANのポストバックが過去5日間にそれぞれ1回以上ある場合にのみ利用できます。

インストール総数

場合によっては、SSOTモードオンの際にオフの数字よりよりも多くのインストールが表示されることがあります。この理由の1つは、nullコンバージョン値の推定がインストール日の計算に影響を与え、同様の日付のインストールを比較するときに違いが生じる可能性があるためです。

収益

収益およびその他の収益関連の指標 (ARPU, ROAS, ROI, 粗利益) は、2022年9月1日時点でサポートされています。

代理店

代理店アカウントからもオーバービューダッシュボードでSSOTビューを表示できます。

アドネットワーク
  • アドネットワークは、オーバービューダッシュボードのSSOTビューにアクセスして、メディアソースに紐づくデータを確認できます。SSOTビューを表示するには、次の操作を行います:
    • 広告主は、Conversion Studio で SSOT をオンにする必要があります。
    • アドネットワークがSKANキャンペーンを実施している必要があります。
    • アドネットワークは、集計データにアクセスするために必要な 権限 を広告主から得ている必要があります。
  • アドネットワークは、skad_af_attribution_flag フィールドマクロを追加することで、SKANポストバックを介してSSOTシグナルを受信できます。 詳細はこちら
D7指標

次の場合、D7データが欠落しているか、D2データよりも少ない可能性があります:

  • ダッシュボード上部で選択したデータ期間の範囲に、8日が経過していない日付が含まれます。
  • モデル化された推定データは使用できません。たとえば、14日分の収益データがない場合です。 詳細はこちら
  • SKAN Conversion Studioの設定は、過去14日間で変更された場合
  • 特定の日付のインストール数が 10件未満である。
SKAN Conversion Studioの設定変更

SKAN Conversion Studioの設定を変更すると、約84時間にわたってSSOTデータが不正確になる場合があります。これは、AppsFlyerが新しいスキーマでSKANポストバックのデコードをすぐに開始しますが、ポストバックは以前のスキーマでエンコードされたインストールから到着するためです。

AppsFlyer計測データ
  • AppsFlyerでレポートされたデータは、AppsFlyerモデルデータと呼ばれることもあり、SKANとは対照的に、別のAppsFlyerアトリビューション方法を介してアトリビューションされたインストールやその他のイベントのデータを指します。
  • SSOTダッシュボードの目的は、SKANと別のAppsFlyerメソッドの両方を介してアトリビューションされたインストールとイベントの重複を防ぐことです。
  • SSOT をオンにしたが、SSOT が有効になる前のデータを表示する場合、SSOT ダッシュボードにはAppsFlyerでレポートされたデータのみが表示されます。
アプリ内イベント

アプリ内イベント(ディメンション)とその指標は、以下の場合にのみ利用できます:

  • SKAN Conversion Studioで設定したイベントが利用可能な場合
  • ウィンドウ 1 の期間中に発生したイベントを使用できます。