他社SDKからAppsFlyerへのデバイス移行

概要:他社のアトリビューションベンダーからAppsFlyerへの移行について説明しています。移行期間中の二重請求、重複データ、およびデータの損失を回避するためにも、移行は慎重に準備する必要があります。

他社SDKからAppsFlyerへのデバイス移行

概要

他のベンダーからAppsFlyerへ移行するには、主に以下の作業が必要です。

これらの作業を同時に行うことができます。ただし、次のことを推奨します。

  • AppsFlyer SDKを含むアップデートしたアプリをリリースする前に、すべての作業を完了させてください。
  • デバイスIDの移行を行う前に、既存のマーケティングキャンペーンを一時停止してください。

タスク

以下の表は、各タスクに必要な作業範囲を示したものです。進捗状況を記録するために、このスプレッドシートをダウンロードしてください。

作業範囲
タスク 必要なアクション 作業担当者 推定時間 備考
前提条件
  1. AppsFlyerアカウントを作成する
  2. AppsFlyerにアプリを追加する
  3. [オプション] 独自のアクティブユーザーの定義に合わせて、デフォルトで90日のリアトリビューション期間を変更します。
マーケティング担当/AppsFlyer管理画面ユーザー

2時間

 
SDK実装
  • AppsFlyer SDKをアプリに実装する
  • S2SまたはSDKのアプリ内イベントをマッピングする
  • アプリストアでアプリバージョンを更新する
アプリ開発者

1‐2週間

他の全てのタスクが完了してから、アプリをアプリストアに更新してください。

デバイス移行
[オプション]
既存ユーザーの重複計測を防ぐため、デバイスIDを移行します。 データエンジニア 1‐2週間 移行前に既存のキャンペーンを一時停止し、アプリバージョンが更新されてから再開することをご検討ください。
キャンペーン移行

既存キャンペーンを以下から移行します:

  • SRN媒体
  • SRN以外のアドネットワーク
  • オウンドメディア
マーケティング担当/UAマネージャー 1‐3週間
データレポートの設定
  • 現在のレポート構成をAppsFlyerの構成に適応/マッピングします。
  • AppsFlyerレポートを受信する準備をします。
データエンジニア 2‐4週間  

SDK実装

SDK実装

アプリに実装するAppsFlyer SDKは、アプリとAppsFlyerプラットフォーム間のリンクの役割を果たします。アプリインストール、アプリ起動、アプリ内イベントなどを計測します。

AppsFlyer SDKを実装するには

  1. AppsFlyer SDKをアプリに実装します。
    AndroidiOSのSDK実装ガイドを参照してください。
  2. AppsFlyerのスキームを使用して記録したいアプリ内イベントをマッピングしてください。
    これは、SDKまたはS2Sを介して行うことができます。
  3. 競合するアトリビューションベンダーのSDKを削除します。
    すぐに削除してAppsFlyerのみに切り替えるか、数週間両方のSDKで同時に計測することも可能です。以下の表でこれらのオプションの内訳をご覧ください。
    オプション 更新されたアプリバージョンを
    リリース後に起こること
    影響
    他社SDKを削除(推奨) AppsFlyerのみが、新規インストールと既存ユーザーを記録します。
    他社SDKでは、ユーザーがアプリを更新するまで実行したイベントを記録します。
    • 切り替えが素早く完了します。
    • 重複計測無し
    移管期間中は
    他社SDKも保持する
    AppsFlyerと他社SDKは、それぞれ新規インストールとイベントを計測します。後日、他社SDKを削除してください。
    • データの検証が可能です。つまり、AppsFlyerと他のベンダーのデータを比較できます。
    • 重複計測有り - アドネットワークで二重請求が発生する可能性があります。次の例を参照してください。
    • 作業量がより多いです。
  4. 作業範囲に含まれる他の全てのタスクが完了したあと、AppsFlyer SDKを含むアプリバージョンをアプリストアに更新します。新規ユーザーがAppsFlyerに計測されます。
    • iOS、Google Play、および関連する全てのAndroidの外部ストアのアプリを更新してください。
    • Androidアプリは、認識せずとも非公式のAPKサイトに存在している可能性があります(アプリのパッケージ名をウェブで検索して確認してください)。APKサイトは最新バージョンに更新するのに時間がかかるため、AppsFlyer SDKが実装されていない古いバージョンのアプリをインストールするオーガニックユーザーを生む可能性があります。
    • ストアでの更新版アプリの公開は、完全に完了するまでに数日かかる場合があります。この段階でインストールするユーザーは、以前のバージョンを引き続き使用できます。

デバイスの移行オプション

デバイス移行について

デバイス移行とは、既存のユーザーデバイスID(IDFA、IDFV、GAID、CUID)のリストをAppsFlyerにアップロードする作業です。この処理は、AppsFlyer SDKを含む新しいアプリのバージョンをリリースする前に行う必要があります。デバイスを移行する際には、計測データ付き、または計測データを含まない移行の2つのオプションがあります。

デバイスの移行により、アプリを既にダウンロード済みで、以前のベンダーによって計測されている既存ユーザーに関連するデータの問題が解決します。例えば、SRNの二重課金は、以前のベンダーでSRNに成果が計測されていたユーザーが、まだルックバック期間内にいるにもかかわらず、AppsFlyerで再びSRNに請求された場合に発生します。

 例

  • 6月15日に、新規ユーザーがFacebook広告をクリックしてアプリをインストールします。
  • 6月24日に、ユーザーがAppsFlyer SDKが実装されたバージョンにアップデートし、アプリを起動しました。このとき、AppsFlyerにとってこのユーザーは新規ユーザーであり、リアルタイムに計測を行なう必要があります。
  • AppsFlyerは、ユーザーの広告IDを使用してFacebookにクエリを実行します。ユーザーはまだFacebookの28日間のルックバック期間内にあるため、Facebookがユーザーを自社の成果とレポーティングします。その結果、同一ユーザーに対して成果が二重計上されることになります。

デバイスを移行すると、データは以下のようにAppsFlyerに反映されます。

  • インストールデータ再インストールと同様に、移行されたデバイスには、インストールデータが存在しません。移行されたデバイスのインストールデータは、AppsFlyerに表示されません。
  • アプリ内イベントとセッションデータ流入経路を含まないデバイス移行の場合は、オーガニックに紐づくデータとして記録・表示されます。また、流入経路を含むデバイス移行の場合は、メディアソースとキャンペーンに紐づくデータとして記録されます。
  • リターゲティング: リアトリビューションとリエンゲージメントは通常どおり表示されます。
  • アクティビティデータ:正常に表示されます。
  • リテンションとコホートデータ:移行されたデバイスにはインストールの記録が存在しません。そのため、これらのユーザーはどのコホートにも属さないため、リテンションおよびコホートレポートには、データを表示できません。

デバイス移行の方法

デバイス移管を行うには: 

  1. 移行するユーザーグループを決定します。全ての既存ユーザー (AppsFlyerから正確なリアトリビューションデータを取得できない場合があります)、または最近アプリをインストールしたユーザー (多少古いユーザーに関する計測料金が重複する可能性があります) を移行できます。
    現在のリアトリビューション期間中にアクティブなユーザーを移行することをお勧めします。たとえば、該当アプリにおいてリアトリビューション期間が90日で設定されている場合、過去90日間に少なくとも1回はセッション(起動)を行ったユーザーのデータを移行することをお勧めします。
  2. [オプション] マーケティング担当者/UAマネージャに、デバイス移行が完了するまで、既存のマーケティングキャンペーン(SRN、非SRNアドネットワーク、オウンドメディアなど)を一時停止するように指示してください。キャンペーンを一時停止しない場合は、AppsFlyer SDKを実装したアプリバージョンがアプリストアにリリースされ次第、の故地のデバイスIDを他のベンダーから移行してください。 
  3. 流入経路を含む、または流入経路を含まない移行方法のいずれかを使用して、移行するユーザーグループに関するCSVファイルを準備してください。
  4. CSVファイルを担当のAppsFlyer CSMに送信します。
    担当CSMがデバイスIDをAppsFlyerに移行します。

流入経路を含むデバイス移管

この方法でAppsFlyerに移行したデバイスは、インストール、アプリ内イベント、セッションが記録され、以前の計測ベンダーが報告したメディアソース、およびアドネットワークのデータ保持ポリシーに従って表示されます。

カラム名 説明 必須
app_id

AppsFlyerの管理画面上に表示されるアプリID

はい
  • Android: com.great.app1 
  • iOS: id123456789

platform

端末のOS: iOS または Android

はい
  • iOS
  • Android

device_id

  • Android: GAID 
  • iOS: IDFV (可能な場合は推奨) または IDFA

 

はい
  • GAID (小文字): 9c9a82fb-d5de-4cd1-90c3-527441c11828
  • IDFV (大文字): A7328D98-A973-402A-8B87-D22A8611F2AF
  • IDFA (大文字): 9876F1SS-2983-3855-27RR-2R626772VFNB
id_type
  • Android: advertiserId 
  • iOS:idfa or idfv
  • 現在、サードパーティのストア(out-of-store)で使用されている他の識別子(OAID, IMEI, Android ID)は、サポートしていません。 
    Google Play以外のAndroidユーザーデータを移管する際には、流入経路を含まないデバイス移管を使用してください。
はい
  • advertiserId
  • idfa
  • idfv
install_time

ISO 8601 UTC形式のオリジナルのアプリインストール時間:
yyyy-mm-ddTHH:MM:SS.SSS

  • ベストプラクティス:この項目を空のままにしてください。この場合、代わりに移行時間が使用されます。
  • 日付を記入する場合は、有効な過去の日付で、リアトリビューション期間よりも古くないものでなければなりません。
    • 場合によっては、移行したデバイスが初回起動時に新規インストールとして扱われることがあります。
      例1:ファイル作成日より前のインストール時刻からアプリのリアトリビューション期間を差し引いた時刻のデバイスは、計測データ付きで移行されません。初回起動時に、デバイスは新規インストールと見なされます(大抵オーガニックとして)。
      例2:デバイスはインストール時間を指定して移行されますが、最初の起動は移行後、リアトリビューション期間外に行われました。この場合、新規インストールが記録されます。
いいえ

2018-01-22T08:45:33.412

media_source
  • 以下のいずれか:
    • AppsFlyer管理画面に表示されるAppsFlyerパートナーID
    • カスタムメディアソース(パートナーIDはありません)
  • 正確なパートナーIDのリストを担当CSMから取得してください。
  • フォーマット: 値は大文字と小文字を区別します
はい


非オーガニック:facebook_int, googleadwords_int

オーガニック:organic

integrated_partner
  • メディアソースが連携済みパートナーであるかどうかを示してください。例:organicやカスタムメディアソース

  • フォーマット: 値は大文字と小文字を区別します
はい  
  • はい
  • no
campaign

より粒度の細かい計測情報のために、元々のキャンペーン名があれば入力してください。

フォーマット:String

いいえ  
campaign_id

より粒度の細かい計測情報のために、元々のキャンペーンIDがあれば入力してください。

フォーマット: 文字列(半角スペース禁止)

いいえ  
流入経路を含む移行のCSVファイルの構成

CSVファイルのルール:

  • このCSVファイルには複数アプリのユーザーデバイスデータを含めることができます(複数アプリでまとめて移行する際)。
  • その場合には、ファイル内の各行にアプリ毎に1つの広告IDを入力する形になります。
  • CSVファイルには、全ての列(カラム)のヘッダーを以下のように含める必要があります:
    app_id,platform,device_id,id_type,install_time,media_source,integrated_partner,campaign,campaign_id
  • 同じデバイスにIDFVとIDFAの両方を追加することができますが、それらは別々の行にする必要があります。別々の行のフィールドは、device_idを除いてすべて同じでなければなりません。
  • 各行には、カンマで区切られた9つのフィールドを含めてください。
  • 必要ないフィールドの値は空(blank)にしてください。
  • 1ファイルにつき、最大2,000万行まで入力可能です。
  • 複数ファイルになる場合には、ファイル毎に一意の名前をつけてください。
  • UTF-8を使って、データをエンコードしてください。
  • [任意] ZIPもしくはGZIPを使って、ファイルを圧縮してください。

流入経路を含まないデバイス移管

この方法でAppsFlyerに移行されたデバイスは、オーガニックユーザーとして記録されます(ただし、オーガニックユーザーとして表示はされません)。アプリ内イベントとセッションデータも記録され、オーガニック経由として表示されます。

いつ使うか
App ID + IDFA/GAID/IDFV
  • すべてのAndroidユーザーがGAID識別子を持っている場合
  • iOSのみのユーザー
device_migration_file_option_1.png
App ID + Device ID + Device ID type
  • Androidユーザーの一部がIMEIまたはAndroid IDのみを持ち、GAIDを持たない場合(第三者 (out-of-sotre) 以外のマーケットでは、Androidバージョンは4.4.2以下)
  • Android IDは16進数形式である必要があります。

ID type列には正確な文字列を使用します:advertiserId, idfa, android_id, imei

device_migration_file_option_2.png
流入経路を含まないデバイス移管のCSVファイルの構成

CSVファイルのルール:

  • このCSVファイルには複数アプリのユーザーデバイスデータを含めることができます(複数アプリでまとめて移行する際)。
  • その場合には、ファイル内の各行にアプリ毎に1つの広告IDを入力する形になります。
  • CSVファイルには、全ての列(カラム)のヘッダーを以下のように含める必要があります:
    • 選択肢1:app_id,device_id 
    • 選択肢2: app_id,device_id,id_type 
  • App_IDは小文字で入力してください。
  • Androidの各種IDもすべて小文字で入力してください。
  • IDFA/IDFVはすべて大文字で入力してください。
  • 1ファイルにつき、2,500万行まで入力可能です。

キャンペーン移行

既存のマーケティングキャンペーンをAppsFlyerに切り替えることで、AppsFlyerでの計測を有効にし、重複請求や計測データの損失を回避できます。

:一度に移行するマーケティングキャンペーンを限定して、少しずつ移行することも可能です。この場合、メディアソース(アドネットワーク、代理店など)、国、キャンペーン別に移行したいものをセグメント化できます。

SRN媒体

SRNは、特定のデバイスのエンゲージメントについて照会されると、モバイル測定パートナー(MMP)に応答します。2つのMMP、たとえばAppsFlyerと競合するアトリビューションベンダーが同じデバイスのインストールについて同じSRNにクエリを実行すると、重複して料金が発生する可能性があります。

SRNキャンペーンを移行する方法

  • AppsFlyerにて、関連するSRNを有効にし設定を完了します。

 

  • SRNでは、複数のMMPを同時に実行できます(FacebookとTwitterを除く)。
  • Facebookはアプリ内イベントの重複排除ができません。

SRN以外のアドネットワーク

アドネットワークの計測リンクは、ユーザーの広告エンゲージメントを記録しており、広告とのエンゲージメントが結果的にインストールに至った場合の計測に使用されます。

非SRNアドネットワークキャンペーンを移行する方法

  1. AppsFlyerにて、関連するアドネットワークを有効にします
  2. 各アドネットワークのAppsFlyer計測リンクを生成します
  3. 各キャンペーンの既存リンクをAppsFlyerの計測リンクに切り替えます。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、以下の媒体で使用される計測リンクを指します。

  • コンテンツ共有
  • Web-to-app
  • Email(メール)
  • SMS
  • ソーシャルメディアの投稿
  • ブログ
  • インターネットコミュニティ(Quoraなど)
  • など、その他多くのメディア…

これらのキャンペーンでは、AppsFlyerはOneLinkカスタムリンクを使用します。OneLinkカスタムリンクは、ユーザーが使用するデバイスに基づいて、正しいアプリストア、インストール済みアプリ、またはWebページURL/ランディングページのいずれかにユーザーをリダイレクトします。

他のベンダーのリンクをAppsFlyer OneLinkに変更する方法:

  • 担当カスタマーサクセスマネジャーまでお問合せください。全てのリンクを一括して移行するサポートを致します。

データレポートの設定

レポート構造の適用とマッピング

移行前は、現在のベンダーのレポート構造、項目、パラメーターなどに従って計測データがシステムに保存されています。AppsFlyerが正しくデータをレポートするためには、現在のレポート構造をAppsFlyerのレポート構造、項目、パラメーターに適応、マッピングする必要があります。

レポート構造を適応/マッピングする方法:

  • Adjust、Branch/Tune、KochavaからAppsFlyerのレポート構造に、素早く適用/移行するためのサポートについて、担当のカスタマーサクセスマネジャーへお問い合わせください。

レポート方法の準備

多様な方法を使用して、AppsFlyerからローデータと集計データレポートを取得できます。各方法を理解し最適な方法を選択してください。

次のようなレポーティング方法があります。

  • CSVファイルを抽出する
  • Push API
  • Pull API
  • Data Locker

 

この記事は役に立ちましたか?