AppsFlyerのSKAdNetwork (SKAN) オーバービュー管理画面

概要: SKAdNetwork(SKAN)ダッシュボードには、iOS SKANポストバック経由でレポーティングされたキャンペーン数値と、最初のユーザーアクティビティ期間(デフォルト24時間)の間に追加されたデータポイントが表示されます。null コンバージョンを考慮したモデル化(推定)された指標も用意されています。インストールまたはポストバックの到着日を使用してデータを表示します。

SKAdHeadling8_us-en.png

管理画面の原則

管理画面には、SKANキャンペーンのパフォーマンスデータが含まれており、以下の原則に基づいています。

関連記事

SKAN管理画面の表示オプション

データは、インストール日またはポストバック到着日のいずれかを用いて表示されます。

日付の表示オプションを選択するには、AppsFlyerから、管理画面 > SKANオーバービューへ進んでください。フィルタにて、表示の方法オプションを選択してください。

追加のフィルタと表示オプションについては、次のセクションで説明しています。

管理画面の使用

管理画面の設定

Dashboard 設定は、アプリケーションがレガシー 固定モードコンバージョン測定 を使用してコンバージョンイベントを選択する場合に利用できます。

コンバージョンイベントを選択する方法: 

  1. 管理画面の右上にある管理画面の設定をクリックしてください。
  2. コンバージョンイベントを選択してください。
  3. 適用をクリックします。
    コンバージョン指標はこのイベントを使用して計算されます。
     注意:この設定はダッシュボードでの表示に関連するもので、アプリ内のCV設定には影響しません。

フィルターオプション

フィルタを使って表示されるデータを絞り込みます。

フィルタ

Remarks

表示

  • インストール日
    • インストール日は次のとおりポストバック到着日から算出されます:
      ポストバック到着日 - 36時間 - [平均最終アクティブ範囲]
      (デフォルトの「平均最終アクティブ範囲」は12時間です。)
      ただし、コンバージョン値が0の場合、平均最終アクティブ範囲は0に設定されます。
  • ポストバック到着日
    • AppsFlyerがポストバックを受信した日。
    • AppsFlyer SKAN管理画面の指標とアドネットワークが提供する指標を比較する場合、アドネットワークは通常、ポストバック到着日を使ってデータを公開しています。
    • このオプションを選択した場合、オーガニックの指標は利用できません。
    • Google Adsの場合は、到着日とインストール日は同じです。

期間

  • 計測されたインストール日。この日付はポストバック到着時刻を使用して算出されます。
  • インストール数が多い場合、タイミングによる精度の低下は大きくありません。
  • インストールは再ダウンロードを含みます。
  • 日付の範囲は90日に限定されています。
Media source
  • インストール成果が紐づくアドネットワーク
  • 代理店経由のトラフィック:運用媒体の開示設定に関わらず、実際のメディアソースが表示されます。そのため、自社で運用したことのないメディアソース名が表示されることがあります。
Campaign(キャンペーン)
  • アドネットワークによって設定されたキャンペーン名とID。
  • AppsFlyerはポストバックのキャンペーンIDをアドネットワークのそれに変換します。
  • 特定のキャンペーンIDに複数のキャンペーン名が関連付けられている場合は、管理画面にすべての名前が表示されます。注!アドネットワークは、ポストバックごとにキャンペーンIDと名前を提供します。キャンペーンIDとキャンペーン名の両方が、ローデータと集計されたSKANレポートで利用できます。

Site ID

  • 広告を表示しているアプリ。
  • 最も有益なアプリを分析をするために使用します。

Geo

  • 地域や国
  • 地域は、アドネットワークから提供されるデータまたはデバイスIPアドレスを使用して導き出されます。
  • iOS 14.6以降、デバイスIPアドレスはAppleのプロキシサーバーによってマスクされます。つまり、デバイス自体の位置情報ではなく、Appleサーバーのジオロケーションが反映されます。

インストールタイプ

  • インストール
  • 再ダウンロードはアプリストアによりレポートされます。

広告セット

アドネットワークがこのデータポイントを提供する場合に利用できます。

Ad 

アドネットワークがこのデータポイントを提供する場合に利用できます。
フィルタ

メインの指標

メトリック Remarks

インストール

SKANは、ユーザーがインストール前に広告に関与していない場合は、インストールを報告しません。AppsFlyerは、AppsFlyerのインストール計測(LTV管理画面)を使用してオーガニック指標を計算します。

  • 非オーガニック:有料アプリ間キャンペーンのコンテキストでメディアソースに紐づくインストールとSKANによってレポートされたインストール。
  • AppsFlyerによって計算されるオーガニックは、以下が含まれます。
    • SKANにより計測されなかった、またはアドネットワークからポストバックを受信しなかったインストール。
    • App Clip
    • Apple Search Ads。

タッチポイント 

広告媒体は、インプレッションとクリックをクリックまたはAPIでレポートします。

収益額

  • 収益モードが設定されている場合に利用可能です。
  • オーガニックと非オーガニックの収益の分割が表示されます
  • オーガニックの収益は、総収益額から非オーガニックの収益を差し引いて計算されます。
  • 類似の比較を可能にするため、オーガニックと非オーガニックインストールのインストール後のアクティビティ期間は同じになります

コスト

  • アドネットワークからレポート(送信)されるコストコストデータは、Xpend/Cost API を使用して AppsFlyerにレポーティングされます。
    (コストはアプリ設定画面で定義された通貨に関わらずUSDで表示されます。)
  • キャンペーン名が変更されると、最新のキャンペーン名を使用してコストが表示されます(複数のキャンペーン名が存在する場合)。

Click-to-install率

Click-to-install率。

直近期間のトレンド

% で示されるトレンド値は、同様の前期間と比較した現在の指標の変化を示しています。例えば、現状の期間が5月1~10日の場合、以前の期間は4月21~30日です。

グラフ

使用可能なグラフは、選択された計測タイプにより異なります。

グラフ指標 Remarks

ユーザー獲得の傾向

利用可能なディメンション:

  • オーガニック
  • 非オーガニック

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer2_us-en.png

コンバージョンへの接触タイプ

利用できる表示方法:

  • タッチポイントのディメンション:
    • インプレッション
    • クリック
  • Click-to-install率

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer3_us-en.png

広告階層要素ごとにまとめた1日あたりのインストール数

利用できるメトリクス:メディアソース、キャンペーン、サイトID、広告セット、広告

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer4_us-en.png

広告階層要素ごとの指標のブレークダウン

利用できるメトリクス:メディアソース、キャンペーン、サイトID、広告セット、広告

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer5_us-en.png

トップイベント

上位イベントには、オーガニックユーザーと非オーガニックユーザーが含まれています。
ページ上部のメディアソースフィルタを使用して、オーガニックと非オーガニックユーザーを区別したり、メディアソースに絞り込んで確認できます。

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer6_us-en.png

上位の国

mceclip1.png

注:この表は代理店様向けで、広告主様向けではありません。

ポストバックコピー

このグラフは、iOS 15+ ポストバックコピー をAppsFlyerに送信するようにアプリを設定した後に利用できます。
チャートが表示されない場合:

  • アプリからのポストバックを受信していない、またはまだ受信していない(アプリ開発者に、AppsFlyerのエンドポイントがアプリに設定されていることを確認してください。)
  • 選択した日付のポストバックを受信しなかったか、2022年1月1日より前の日付を選択した場合

注意:

  • ダッシュボードに表示されるその他の指標は、広告媒体からAppsFlyerに転送されるiOSのポストバック、またはSRNから直接提供されるデータから計算されています。
    ポストバックコピーのメトリクスと他のメトリクスとの間に不一致があることが予想されます。
  • ポストバックコピーチャートは、代理店では利用できません。

PostbackCopy.png

ディメンション Remarks
Media source

インストールに起因するメディアソース。

  • 指標:
    • 再ダウンロード率: SKAdNewtork V2.0+を使用したポストバックで利用可能な指標
    • アトリビューション接触タイプ率: インストールに至るエンゲージメント(ビューまたはクリック)
      (SKAdNetwork V2.2+を使用したポストバックに関する測定値です。)
  • 注:メディアソースIDが表示される場合、現在そのIDに関連する名前はありません。媒体社にAppsFlyerのSKAdNetwork IDを更新するよう依頼してください。
ソースアプリ

広告掲載アプリ名 - ユーザーが広告にエンゲージしたアプリの名前

  • メトリクス:
    • インストール数: パブリッシャーアプリによってもたらされたインストール数
  • 注意:
    • Appleがプライバシーのしきい値のためにソースアプリIDを非公開にした場合、ソースアプリは unknown として表示されます。
    • アプリ名が見つからない場合は、アプリIDが表示されます
ソースアプリID

広告掲載アプリID - ユーザーが広告に接触したアプリID

  • メトリクス:
    • インストール数: パブリッシャーアプリIDによってもたらされたインストール数

指標

  • 利用できる指標を選択します。推定数値 は null CV率を考慮します。
  • ディメンション別にプライマリとセカンダリのグループを設定し、パフォーマンス指標をドリルダウンします。

SKAdNetwork_Dashboard_AppsFlyer7_us-en.png

指標テーブルについて:

  • この表を使用してキャンペーンとメディアソースの成果を比較します。
  • デフォルトでは、インストール数の上位20のメディアソースが降順に表示されます。 
  • 表を並び替えるには、列のヘッダーをクリックします。再度クリックすると、並び替え順序が逆になります。
  • コスト関連の指標(コスト、インプレッション、クリック)は、少なくとも1つのインストールが特定のキャンペーンに計測されている場合に利用できます。注記:
    • インストール数が0のキャンペーンは全く表示されません。
    • 一部のアドネットワークでは、コスト関連の指標を広告セットや広告レベルでレポートしていますが、インストールについてはキャンペーンレベルでレポートしています。この場合、広告セットおよび広告コスト関連の指標は、インストール指標が0の状態で表示されます。
  • アトリビューションタッチタイプのディメンションに関する制限:コスト関連の指標は内訳を確認することができず、Unknownと表示されます。
メトリック 式/備考

インストール

  • インストール総数
  • クリックスルー
    • クリックスルー計測で獲得したユーザー

    • 2021年12月22日以降に記録されたインストールで利用できます

  • ビュースルー
    • 2021年12月22日以降に記録されたインストールで利用できます
    • SKAdNetwork V2.2以降を実装しているアドネットワークに適用されます
    • Facebook経由のインストールは、常にクリックスルーの指標で表示されます。

このデータはポストバックの fidelity_type の項目から算出されます

コンバージョン値のNull率

コンバージョン値がNULLのポストバック数 / インストール数 * 100

インプレッション

 

クリック

 

Click-to-install率

インストール/クリック数 * 100

コンバージョンしたユーザー

指定した測定イベントを実行したユニークユーザー数。

  • カスタムモード:常に af_skad_revenue(それ以外を選択した場合、コンバージョンしたユーザーは空のままになります)
  • 収益モード:常に af_skad_revenue
  • コンバージョンモード:ダッシュボードの設定で選択したアプリ内イベント
  • エンゲージメントモード:Conversion Studioで設定したアプリ内イベント
コンバージョンしたユーザー / インストール  

収益 *

 

コスト

  • アドネットワークによって報告されたコスト
  • キャンペーン名が変更されると、最新のキャンペーン名を使用してコストが表示されます(複数のキャンペーン名が存在する場合)。
ARPU*

 

ROI*

 

ROAS*  
eCPI  
アプリ内イベントの指標
アプリ内イベント名  
eCPA*  
イベントの発生回数  
* オリジナルと推定数値が利用可能
利用できる指標の表

推定数値とnull CV

Appleはユーザーのプライバシーを守るために実際のCVを非公開にしているため、CVがNULL値であることがあります。AppsFlyerでは、NULL CVはインストールとしてカウントされます。
注意事項:
  • Null と 0 は意味が違います。
    • 0 - ゼロ:ユーザーはアプリをインストールしたが、アクティビティ期間中に計測可能なアクションを何も行わなかった。その結果、この指標は正確であり、モデル化されていません。
    • Null:ユーザーが何をしたのかわからない、AppleがCVを非公開にした。
  • Null CVはパフォーマンス指標を歪める可能性があります。この歪みを克服し、アプリのパフォーマンスをより正確に測定するために、いくつかのメトリクスがモデル化(推定)されています。
  • 推定数値:
    • null CV率を考慮:これらの指標は、ダッシュボードで 推定値 と表示されます。
    • 決して変更されることのないオリジナルの指標と一緒にご利用いただけます。
    • 対応するディメンションは限定されています。そのため、N/Aという値が表示された場合、そのディメンジョンがサポートされていないことを意味します。
  • SKAN集計パフォーマンスAPIを使用する場合、この後の計算式とAPI経由で利用できるNULL CV率を使用して、推定されたメトリクスを自分で計算することができます。
メトリック 数式
収益額 収益 / (1-[Null CV率])
イベントの発生回数

イベント発生数 / (1-[Null CV率]) - 整数以下を切り捨てたものです。


例:

  • [イベント発生数] = 20
  • [Null CV率] = 30%
  • [イベント発生数(推定値)] = 20 / (1-0.3)= lower[28.6]=28

eCPA

コスト/ユニークカウント(推定値)
ユニーク カウント(推定値) = unique_count / (1-[Null CV 率])

ARPU

収益(推定値)/インストール数

ROI

(収益 (推定値) - コスト)/コスト * 100

ROAS(広告費回収率)

(収益(推定値) / コスト) * 100
推定値の指標利用:

AppsFlyer計測 vs. SKAN計測

SKANの指標は、AppsFlyer計測モデルを使用して利用できる指標とは異なります。次の表は、主な原因を列挙したものです。

定義:

  • 時間: デフォルトのアクティビティ期間が24時間であると仮定します。
  • SDK: アプリに実装されたAppsFlyer SDK。
  • ルールAppsFlyer計測モデル
コンセプト SKAN

AppsFlyer

サポートされているアトリビューション方法

クリックとビュースルー計測向けApple SKAN。SKANをサポートするアドネットワークとSRNのアプリ間のキャンペーンのトラフィックが含まれます。

 

AppsFlyer計測モデルは、複数の計測方法とシナリオをサポートしています。  

  • モバイルウェブ
  • ビュースルー
  • クリックスルー
  • App Clip
  • Webアトリビューション
  • Apple Search Ads
  • オウンドメディア
  • SRNトラフィック(同意ユーザー)
  • その他
主なデータソース
  • SKANポストバック
  • SDK

SDKおよび関連するソリューション(例:サーバー間イベント)

データ更新頻度

SKANデータの更新頻度。インストール後32-104時間後に更新。

ユーザーがアプリを起動して使用する場合、リアルタイムです。
タイムゾーン UTC  アプリ固有のタイムゾーン。
インストール時間 iOSポストバックの到着時刻から派生します。

SDKによりレポートされます。

アクティビティ期間

アプリ起動から開始される固定されたアクティビティ期間中(デフォルト24時間)のユーザーアクティビティ。

インストール日から現在までのLTVデータを含みます。

コホート0日目、コホート1日目、または双方の測定期間を一緒に確認する場合は、コホート分析を利用してください。

コホート0日目には、24時間以下のアクティビティが含まれていると考えてください。例えば、ある日の18:00にユーザーがインストールした場合、コホート0日目には8時間のみが含まれます。

インストールのレポート手段:
  • SKAN: 非オーガニックインストールと非オーガニック再ダウンロードに限定されます。
  • SDK: 全てのインストールがレポートされます。指標のために、初回インストールのみが計測されます。つまり、リアトリビューションは無視されます。

SDKは、ルールを使用して全てのインストールを、初回インストールとリターゲティングインストール(リアトリビューション)に分類します。

広告の粒度レベル キャンペーン、広告セット、広告セットID、広告、広告ID。

フル階層:キャンペーン、キャンペーンID、広告セット、広告、チャネル、パートナー等の追加パラメーター。

再ダウンロード vs. リインストール

再ダウンロードは、あるApple IDユーザーのアクションに関連するものです。リアトリビューションとは同一のものではありません。

リターゲティング(リエンゲージメント、リアトリビューション)はリターゲティング管理画面に反映されます。再ダウンロードと同じではありません。

計測フレームワークの違い
メトリック SKAN 従来のアトリビューション
非オーガニックインストール

AppsFlyerが受信した有効なiOSポストバックの数。

AppsFlyerは、SKANの連携をAppsFlyerと完了していないアドネットワークのポストバックを取得しませんのでご留意ください

これにより、非オーガニックインストールの数が過少になり、オーガニックインストールの数が増加する可能性があります。

  • SDKによりレポートされます。
  • メディアソースに起因されます。
  • ルールを使用してカウントします。
オーガニックインストール

SDKインストールからSKANインストールを差し引いたものです。

  • SDKによりレポートされます。
  • どのメディアソースにもアトリビューションされません。
  • ルールを使用してカウントします。
収益額

非オーガニック:SKANポストバックにより報告された収益額。

オーガニック:SDKによってレポートされた全てのアプリ内イベントの収益から非オーガニックの収益を差し引いたもの。

  • SDKおよびサーバー間APIによって報告されます。
広告収益

利用可能

ユーザーレベルの広告収益はIDFVに基づいて計測されます。
ROI/ROAS

アクティビティ期間の収益額。

  • LTV(顧客生涯価値)
  • UAとリターゲティングキャンペーンの指標。
指標の違い

よくある質問—SKANの乖離

原因 乖離—Q&A

A

Q:AppsFlyer管理画面とアドネットワーク管理画面のコンバージョン数が異なるのはなぜですか?

A:乖離の原因

  • インストール日 vs. ポストバック到着日:
    • AppsFlyerインストール日は、iOSポストバックの到着時刻を使用して、次の式のとおり算出されます:インストール時刻=ポストバック到着時刻 - 平均(24時間+アクティビティ期間。よって、デフォルトの差異は36時間です。
    • アドネットワーク通常iOSポストバックの到着時刻を、インストール時刻として調整せずに使用します。
    • 管理画面でポストバック到着日で表示するオプションを選択すると、この差異がなくなります。
  • ポストバック検証:AppsFlyerは受信したiOSポストバックを検証しAppleの署名が有効であることを確認します。アドネットワークは、AppsFlyerが無視する無効なポストバックを送信することがあります。
  • ポストバックの欠如:iOSポストバックはアドネットワークからAppsFlyerに送信される必要があります。AppsFlyerはポストバックをデバイスから直接受け取りません。ポストバックが欠如している場合、AppsFlyerではこれを把握する方法がありません。

B

Q: SKANパフォーマンスAPIおよび管理画面と、SKAN集計ポストバックAPIの違いは何ですか?

A:ポストバックAPIの日付範囲は、AppsFlyerがポストバックを受信した日付です。パフォーマンスAPIの日付範囲は、原因Aで説明しているインストール日の算出方法で決定されます。

C

Q:全てのアドネットワークは地域をレポートしますか?

A: いいえ。

D

Q:オーバービュー管理画面とSKAN管理画面で差異があるのはなぜですか?

A:差異の理由についての概要は、次のセクションを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?