入門:アドネットワーク向けオンボーディングガイド

概要:アトリビューションリンクとポストバック統合を設定およびテストして、AppsFlyer との統合を完了しましょう。このページでは、その手順、タイムライン、また各プロセスの依存関係について記載しています。 

AdNetworks_-_Onboarding__2_.png

AppsFlyer について

AppsFlyer はモバイルアトリビューションをリードする企業であり、アドネットワークの統合済みパートナーとして皆さまを歓迎します。このページは、既にAppsFlyerへのパートナー申請が完了したアドネットワーク向けです。パートナー申請をご希望される場合には、AppsFlyerを既にご利用のお客様(広告主)から招待してもらう必要があります。

アドネットワークのオンボーディング

統合に必要なステップとその所要時間の目安は、このページのオンボーディングステップのセクションに記載しています。 

統合することで:

  • AppsFlye rは、対象となるアドネットワークにおける広告接触(インプレッション数、クリック数)を記録します。AppsFlyer のアトリビューションモデルに従って、エンゲージメントが紐づけされます。
  • アドネットワークが必要とする形式でのポストバックが、任意のエンドポイントへ送信されます。
  • クリック署名、Protect360、Data Locker などの、AppsFlyer の各種機能が利用可能になります。

不明点があった場合には:

注意事項:

  • 本記事における所要時間の目安は、アドネットワークとの作業体験に基づくものです。各パートナーとの統合設定は詳細が異なるため、実際に掛かる時間は異なる場合があるのでご注意ください。
  • AppsFlyerでは、多くのパフォーマンスプラットフォームをサポートしています。リストにあるプラットフォームを使用している場合は、統合する前にプラットフォーム固有の説明を確認する必要があります。

オンボーディングの手順

AppsFlyer と統合するには:

  1. パート1 - 統合とテストを完了します。
  2. パート2 - 広告主のアプリでテストを実施します。
  3. パート3 - AppsFlyer の管理画面とレポートツールを利用します。

パート1:統合とテスト

アクション 所要時間
必須の統合手順を完了するよう促す登録承認メールをお待ちください。 --

必須の統合手順 

アトリビューションリンクの指定: アトリビューションリンクは、マクロを含む URL です。これらのマクロは、実際の値が入力され、ユーザーがリンクをクリックするたびに AppsFlyer に送信されます。
注!AppsFlyer がサポートするパフォーマンスネットワークプラットフォームを利用の場合は、プラットフォーム固有の手順を考慮する必要があります。パフォーマンスネットワークガイド
をご覧ください。

60
ポストバック マクロの指定ポストバックは、AppsFlyer によって入力されたマクロを含む URL で、各コンバージョン後にリアルタイムでサーバーに送信されます。 60

提供された認証情報を使って、AppsFlyer の管理画面にログインします。 

 

会社のロゴをアップロードしてください。ロゴは200 X 50の透過PNG形式でなければなりません。 

  1. AppsFlyer 管理画面上のメニューバーで、メールアドレス > パートナー設定 >の順で選択します。 
  2. プロフィールタブで、会社のロゴをアップロードします。 
  3. 保存をクリックしてください。
5

AppsFlyer のテストアプリを使用して、統合テストを実施:

10
任意の統合手順

[iOS]広告主が AppsFlyer の高プライバシー設定を利用したい場合には、高プライバシーポストバックの統合設定を完了してください。

60

[iOS]SKAdNetwork キャンペーンを実施している場合には、SKAdNetwork 統合を完了してください。

60

認定代理店

ネットワーク統合を通じてキャンペーンを実施することを承認した代理店のリストを作成し、管理します。これを実行するには、セキュリティセンターの認定代理店セクションに代理店 ID (af_prt) を入力します。代理店 ID を取得するには、代理店があなたに連絡し、ID を提供する必要があります。

2

オプション機能と注意点

広告主からの要望を元に、統合や追加設定の導入を検討してください。

ご自身のアドネットワークの識別子(pid)を使って不正なクリックが送信されることを防ぎたい場合には、クリック署名の実装を行ってください。

60+

Protect360 または検証ルールを実装している広告主については、拒否されたアトリビューションのポストバックを追加します。

15

APIを使ったAppsFlyerへのコスト送信:InCost APIのページを参照してください。

60+
リターゲティング統合 15

ビュースルーのアトリビューション統合

15

パート2:広告主のアプリを使用してテストする

このPartでは、広告主の実際のアプリを使って統合テストを実施します。そのため、広告主側にも連絡を取ってこのPartに記載されているステップのいくつかを完了してもらうよう依頼する必要があります。なおこのパートで広告主のことを指しているものは、広告主に代わって行動する代理店を意味する場合もあります。 

作業担当者 

アクション

所要時間

広告主

パートナーを有効にする をONにする

ON の場合、AppsFlyer は、あなたがもたらしたエンゲージメントをアトリビューションの候補とみなします。

2

広告主

アドネットワークへの権限付与* とチームメンバーの追加 

権限が付与されている場合、アプリのパフォーマンスデータは AppsFlyer の管理画面で利用できます。リストされたチームメンバーのみがデータにアクセスできます。 

2
アドネットワーク 必要なチームメンバーをパートナーアカウントに追加します。 2
広告主(アドミン権限) テストデバイスを登録します。広告主に、あなたに代わってこれを行うよう依頼してください。 3
アドネットワーク 広告主のアプリを使用した統合テスト  60

パート3:AppsFlyer の管理画面とレポートオプション

オプション
 パートナー管理画面の利用

アドネットワーク向けData Lockerを使用した、クラウドストレージ経由での集計パフォーマンスデータの取得

Protect360 のローデータの取得

統合検証期間

AppsFlyer エコシステムの整合性を確保し、無効なトラフィックから内部システムを保護するため、すべての新規統合には検証期間が設けられています。この期間中、AppsFlyer はトラフィックを徹底的に検証し、Marketplaceの他の広告主に統合を提供する前にその品質を評価します。.

検証期間 - よくある質問

質問 回答

統合が完了しているにもかかわらず、広告主がMarketplaceで私を見つけられないのはなぜですか?

検証期間中、統合はあなたを照会した広告主にのみ表示されます。トラフィック品質が検証されると、すべての広告主が統合を利用できることを知らせるメールが届きます。

統合が承認されるようにするにはどうすればいいですか?

あなたを照会した広告主に大量の高品質のトラフィックを配信します。 
検証完了メールはいつ届きますか?

十分なトラフィックを検証できると、検証期間が終了したことを通知するメールが届きます。

検証評価の現在のステータスを知ることはできますか?

検証期間が終了したことは、メールによる通知を受けて初めてわかります。

検証基準は何に基づいていますか?

検証基準は、 Protect360 動的機械学習アルゴリズムに基づいています。
検証期間中に別の広告主が私との取引を開始したい場合はどうすればよいですか?

検証期間中、統合は照会している広告主にのみ表示されます。他の広告主は、検証期間が正常に終了した後に、あなたと仕事ができるようになります。

統合が検証に失敗した場合はどうなりますか?

トラフィック品質の改善を監視するために検証期間が延長される場合もあれば、AppsFlyer プラットフォームから完全に統合が削除される場合もあります。いずれの場合も通知が届きます。