代理店アカウントについて

概要: 代理店アカウントの詳細な機能を説明しています。正しく機能を理解して、AppsFlyerの代理店アカウントを最大限有効活用しましょう。

代理店アカウントについて

AppsFlyerの代理店アカウントは、広告主に代わって代理店がアプリキャンペーンを計測 / 運用するために使用するものです。 

  • インストール前とインストール後の主要なKPIを使用することで、代理店が広告主のポートフォリオ全体に最適なパフォーマンスを提供できるようになります。
  • 代理店アカウントの管理画面では、広告主の管理画面と同様の形でデータが表示されます。デフォルト設定では、次の画面にアクセスできます。
    • オーバービュー (LTV)
    • アプリ内イベント
    • リターゲティング
  • 管理画面上で利用可能なKPIには、インプレッション、クリック、インストール、ロイヤルユーザー、コスト、およびROIが含まれます。

広告主データへの代理店からのアクセス

代理店アカウントでは、常にその代理店アカウントに紐付いたトラフィックのデータにアクセス可能です。また広告主はオーガニックインストールの集計データなど、追加でデータへのアクセス権限を代理店へ付与することができます。ユーザータイプ毎のデータへのアクセスを参照してください。

代理店への運用詳細の開示

代理店のトラフィックにおける運用媒体の開示設定は、デフォルトでONに設定されています。詳しくは、運用媒体の開示設定についての記事をご覧ください。 

各アカウントタイプの比較

代理店アカウントと広告主アカウント

  • 広告主アカウントは、アプリとそのデータの所有者に対してサービスを提供するためのものです。広告主が自分のアプリをアカウントに追加して、データアクセスレベルを決定します。
  • 代理店アカウント は、代理店専用のアカウントです。これには、顧客のポートフォリオ全体にわたるマーケティングキャンペーンの効率的な測定と分析のための必要なツールが含まれています。

アカウント構成により、グローバルな代理店チーム間での知識の共有、グループレベルでのROI測定、算出、レポーティングおよび最適化が可能になります。

広告主アカウントと代理店アカウントの違い:

 

マーケティング担当者

代理店

コードレベルの実装

はい

いいえ

アカウントレベルの
設定

チームメンバー /
チームメンバー権限 /
支払い設定など

代理店チームメンバーとその権限

アプリレベルの設定

リアトリビューション期間 /
OneLink設定 /
タイムゾーン /
通貨設定

  • 広告主への運用媒体の開示
  • 他のすべての設定は、広告主によって設定されたものに従います。

連携済みパートナー
レベルの設定

  • Agency Permissions(代理店への権限)
  • すべての非SRN媒体(計測リンクを使った計測媒体)の設定
  • SRN媒体の設定
  • リンクマネージメント
  • すべての非SRN媒体の設定
  • 広告主側での設定も一部必要なSRN媒体例:
        • Google Doubleclick
        • Snapchat
        • Tencent

    他のSRNの場合、代理店側で運用する場合も広告主側で連携設定をする必要あり。

  • リンクマネージメント(広告主側で定義したOneLink設定を利用)

追加機能

アクセス有 (一部は追加契約が必要)

広告主側で購入したアドオン機能と、代理店へ付与された権限に依存。
(以下表を参照)

代理店アカウントが利用できる機能

デフォルトで利用可能

利用不可

広告主からの権限付与が必要 

  • Life Time Value Overview(顧客生涯価値(LTV)の概要)管理画面
  • In-App Events(アプリ内イベント)管理画面
  • Retargeting(リターゲティング)管理画面
  • アクティブ
  • OneLink*
  • SSOT ダッシュボード**

*OneLinkテンプレートは広告主のみが作成できます。

** 広告主がこの機能を有効にした後にのみ使用できます。 

  • アクティビティダッシュボード
  • カスタムダッシュボード
  • People-based analytics
  • Audiences
  • ピボットレポート
  • Push API
  • Data Locker

*コホートレポートは、マーケティング担当者が権限を付与した場合にのみ利用できます

  • リテンションレポート
  • コホート管理画面レポート
  • Data Lockerのコホートレポート
  • Protect360
  • ローデータのエクスポート
  • オーガニックユーザーの集計データ
  • Pull API

代理店アカウント vs アドネットワークアカウント

広告ネットワークアカウントと代理店アカウントの違い

アドネットワーク

代理店

識別のための計測リンクのパラメータ: pid

識別のための計測リンクのパラメータ: af_prt

自社の広告プラットフォームに広告を設置してアプリをプロモーション

複数のメディアソースを介してアプリのプロモーションを実施

自社のプラットフォーム上で掲載した広告のトラフィックのみを確認

広告を掲載したメディアソースからトラフィックのみを確認

ポストバックでインストールとアプリ内イベントの情報をリアルタイムに受け取れる

ポストバックでインストールとアプリ内イベントの情報をリアルタイムに受け取れない

自社で生んでいるトラフィックに対して、アプリ内イベントのポストバック設定が可能*

トラフィックを生んでいるメディアに対して、アプリ内イベントのポストバック設定が可能*

* 広告主からの権限付与が必須

代理店アカウント—キャンペーンとレポートについて

代理店:キャンペーンの連携設定

代理店は、以下のようなタイプのトラフィックを計測できます。

セルフレポーティングネットワーク

Meta広告、Google広告、X Adsなどの自己申告ネットワークでは、外部計測リンクは使用されません。代わりに、各ネットワークには独自のメソッドとAPIがあり、AppsFlyerは新規インストールやアプリ内イベントなどを伝達するために使用します。

SRN媒体の設定

SRN

広告主側で初期設定を行うか

詳細

Meta広告とX Ads はい

 

注意: このセクションでは、Meta広告について説明します。Facebook Social (投稿)のアトリビューションについては、 オウンドメディアをご覧ください。

Meta広告とX Adsのすべてのキャンペーンは、代理店アカウント名の後に「_」が続く必要があります。 この名前は、AppsFlyerプラットフォームで定義されています。
名前が正しくないキャンペーンは、マーケターには表示されますが、代理店アカウントには表示されません。

注記:

  • 代理店識別子は、大文字と小文字が区別されるので注意してください。
  • Meta広告と代理店向けの X Ads の設定について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • ご不明な点については、agency@appsflyer.comまでお問い合わせください。

 例

代理店xは、agencyx_brilliantcampaignというMeta adsのキャンペーンを実施しており、このキャンペーンは代理店で見ることができます。

agencyz は AgencyZ_whathaveidonewrong という X 広告キャンペーンを実施していますが、結果が表示されません。 これは、キャンペーンの代理店名の部分が、定義された代理店名(大文字のAとZ)と異なるために発生します。

Google Ads はい Google AdWordsキャンペーンの代理店の設定については、こちらをクリックしてください。
Apple Search Ads はい Apple Search Adsの代理店設定については、こちらをクリックしてください。 
Google Marketing Platform (GMP) いいえ GMPには2種類のAPIがあります。2つのAPIの違いについて理解し、関連する方を利用してください。
Snapchat いいえ Snapchatの代理店向け連携の詳細については、こちらを参照してください。
Yahoo (Oath: Ad Platforms / Yahoo Gemini) はい Yahoo!の代理店設定の詳細については、こちらを参照してください。

通常の連携パートナー(非SRN)

SRNとは異なり、他の大半のアドネットワークでは計測リンクを使用します。これらの計測リンクは、AppsFlyerの各ネットワーク毎の連携設定画面で既に提供されており、そこから直接コピー可能です。

代理店の場合、そのプロセスは広告主のプロセスとほぼ同じです。通常のアドネットワークの設定ウィンドウに移動すると、計測リンクは既に表示されています。 ひとつだけ違う点は、af_prtパラメータが計測リンクに自動的に追加されることです。

アドネットワークの連携設定の見え方

アドネットワークの連携設定は、広告主アカウント上で設定されたもののみが、アドネットワークアカウント上で表示されます。代理店アカウント上でアドネットワークの連携が有効化されていても、アドネットワークアカウント上ではその設定は反映されず"非アクティブ"と表示されるので注意してください。

af_prt パラメータについて

af_prtの値は代理店の名前です。 af_prt のパラメーターで渡される代理店識別子は、常に小文字に変換されます。

af_prtを使用して代理店識別子を計測リンクに追加すると、新規インストールが行われた時に、代理店アカウントに新しいインストールが反映されます。

agency-af-prt.png

af_prtを指定しないと、新規インストールを代理店アカウントに関連付けることができないため、アドネットワークに直接関連付けられます。

広告主から共有された計測リンクを使用しないでください:
計測不具合を防ぐため、代理店アカウント上で発行したリンクを使用してください。

特殊なケース:
全インストールをポストバックするネットワーク & 全起動をポストバックするネットワーク

一部の非SRN媒体は、広告主アカウント上で、自社媒体に紐付いていない端末のデータもポストバックを送信することを要求(または許可)します

All-Installs Network (全てのインストールをポストバックするネットワーク)
あらゆるメディアソースからの、アプリの全インストールデータのポストバックを受け入れるネットワーク
All-Launches Network (全ての起動をポストバックするネットワーク)
あらゆるメディアソースからの、アプリの全起動データにポストバックを受け入れるネットワーク

All-Installs networksの例として、Vungle、Wechat、Startapp、Unity Adsなどがあります。

以下が、All-Launches Network (全起動データを受け取るネットワーク)のリストです。

ネットワーク名 ネットワークPID(AppsFlyerの計測リンク上)
Supersonicads (a legacy network of ironSource) supersonicads_int
Adelphic Remarketing adelphicremarketing_int
Grow Mobile growmobile_int
ONE by AOL advertising.com_int
Lemmonet Mobile lemmonetmobile_int
Clickky clickky_int
Remerge remerge_int
MyThings mythings_int
TikTok for Business bytedanceglobal_int

代理店の、All Installs / Launches Network(全てのインストール/起動をポストバックするネットワーク)の連携設定方法

広告主が「All Launches Networks((全ての起動をポストバックするネットワーク))」を設定し(代理店がキャンペーンを実施する前に)、代理店経由でないインストールの情報を送信する必要があります。

 例

例としてTapjoyを使用する場合の代理店アカウントの計測設定について説明します:

  1. 広告主は、広告主アカウント上でTapjoyの連携設定画面に移動します。
  2. 広告主は、Tapjoyから広告主 に与えられたTapjoyアプリIDを app_id テキストフィールドに入力します。
  3. 既定のポストバック > 連携 タブで、広告主はオーガニックを含むすべてのメディアソースを選択します。
  4. 代理店は、 代理店アカウント上でTapjoyの連携設定画面に移動します。
  5. 代理店は、Tapjoyからその代理店へ付与されたTapjoy App IDを app_id の欄へ入力してください。

オウンドメディア:OneLinkとカスタムリンク

代理店アカウントが以下のようなアドネットワークではないメディアソースでキャンペーンを実施する際には:

    • Eメール / メールマガジン
    • ユーザーの電話データベース
    • Webサイト上のバナー
    • ソーシャルメディア上のコンテンツ(非広告)

オウンドメディアからのインストールを計測するには、カスタム計測リンクを作成する必要があります。代理店アカウントへ正しく関連付けるために、この計測リンクには代理店の名前を指定したaf_prtが自動的に追加されます

複数のプラットフォーム(iOSとAndroid)を対象とするカスタムリンクは、 OneLinkを使用して作成でき、デバイスの種類に関係なく全てのユーザーに対して1つの計測リンクを使用できます。またOneLinkはディープリンクにも使用されます。(次のセクションを参照)

OneLinkを作成するには、まずOneLinkテンプレートを作成する必要があります。このテンプレートにはサブドメインが含まれており、このサブドメインは ブランドリンクでも構いません。しかし、OneLinkテンプレートとブランドリンクは代理店アカウント上では作成することはできず、広告主アカウントのみが作成できますので注意してください。OneLink の使用を開始するには:

    • 既存のテンプレートを使用する:
      新しいカスタムリンクを作成する際に、使用可能なサブドメインとブランドリンクのリストがドロップダウンに表示されます。
    • 広告主に連絡して、OneLinkテンプレートを作成してもらってください。広告主は、専用のブランドリンクを作成することも可能です。

OneLinkテンプレートが表示されない場合には、関連するアプリ(iOS/Android)の権限を付与されているかどうかを広告主と確認してください。

: 代理店がOneLink テンプレートを使用するには、そのテンプレートに紐付けられているすべてのアプリの代理店権限を持っている必要があります。

ディープリンク

ディープリンクとは、アプリを起動して、パーソナライズコンテンツを提供したり、アプリ内の特定のアクティビティにユーザーを誘導したりする機能です。これにより、卓越したユーザーエクスペリエンスを提供して、アプリに対するユーザーのエンゲージメントを大幅に向上することができます。

そのためには、予めアプリにディープリンクの機能とインフラストラクチャが実装されている必要があります。キャンペーンを設定する前に、広告主とアプリがディープリンク対応しているかどうかを確認してください。

リターゲティング

    • リターゲティング計測 では、既存ユーザーまたは過去のユーザーをキャンペーンのターゲットに設定できます。リターゲティングキャンペーンを正しく計測させるには、ディープリンク機能が必要になることが頻繁にあります。

アプリ内イベント

広告主は、アプリ内に様々なイベントを実装し(例:購入、チュートリアル視聴、レベル通過など)AppsFlyerで計測および分析することができます。代理店アカウント上でも、アプリ内イベント のページで運用したキャンペーンに紐付いたイベントを確認可能です。

アプリ内イベントのポストバック

広告主から権限を付与された場合、その付与内容に沿って代理店アカウント上でアドネットワークへのアプリ内イベントのポストバックaf_app_openedを含む)を設定することができます。

代理店はアドネットワークに対して、自社媒体へのアプリ内ポストバックを設定する権限を付与することが可能です。 この権限は、代理店アカウントへの権限付与タブで広告主によって付与されます。 

代理店:利用できるレポートデータ

  • トラフィックのレポートは、AppsFlyerの管理画面から直接確認したりダウンロードできます。
  • 各種レポートデータにはAppsFlyer管理画面のExport Data(データエクスポート)ページからアクセスできます。Data Lockerからコホートレポートにアクセスすることもできます。
  • 次のレポートタイプを利用可能です。
    • 集計
    • ローデータ
  • 広告主と代理店は、ほとんどの場合、AppsFlyerの管理画面やレポートなどで同じデータにアクセスすることはできません。
  • 通常の代理店は広告主と比較すると、広告主のトラフィックの一部にしか携わっていないため、データへのアクセスも制限されています。
  • これらの違いについては、こちらで詳しく解説しています。次のセクションでは、その主要な項目を記載しています。

 注意

Meta adsとX Adsの利用規約により、サードパーティと見なされる代理店アカウントは、 Meta adsとX Adsのローデータレポートを取得することはできません

集計パフォーマンスレポートへのアクセス

  • パフォーマンスレポート(集計レポート)は、代理店アカウント上でも使用できます。詳細は、集計パフォーマンスレポートを参照してください。
  • 集計オーガニックデータレポートにアクセスするには、広告主からの 権限付与が必要です。

ローデータへのアクセス(一部代理店アカウントのみ)

ローデータレポート (=ユーザーレベルのデータ)には多くの計測情報が含まれており、データの種別毎に分類されています。 

代理店アカウントでは、リテンションレポートとコホートレポート、およびProtect360へのアクセス権限を広告主からもらうことができます。そのためには、広告主が連携済みパートナー内の代理店アカウントの権限タブにて、それぞれリテンションレポートとコホートレポートへのアクセスを許可し、またProtect360へのアクセスを許可する必要があります。

タイムゾーンと通貨

代理店アカウントでは、アプリ毎に定義されたタイムゾーンと通貨単位でアプリを表示しますが、これらの設定は広告主のみが変更できます。

コストレポーティング

代理店アカウントでも、コスト連携をサポートしている連携済みパートナーであれば、コストデータの取得を有効にできます。

コストデータを取得するには:

  1. AppsFlyerのサイドメニューから、 連携 > 連携済みパートナーを選択します。
  2. コストでパートナーをフィルター処理する: [ アクティブな連携 ] ページの上部から、[ サポートされている機能 ] > [コスト] を選択します。
  3. パートナーを選択します。[連携] タブに移動します。[コスト]タブを開きます。
  4. [コストデータの取得] をオンにします。
  5. 予め取得したそのパートナー専用のAPI Keyなどを入力してください。
  6. [保存] をクリックします。

コストデータについて

代理店アカウントは、コストデータを以下のデータソース/レポートで利用できます。

  • オーバービューページ:コストデータは集計パフォーマンスレポート内に反映されます。
  • レポート:コストデータはデータエクスポートページにあるローデータレポート内のインストールパフォーマンスレポート内のパートナー(メディアソース)などでそれぞれ利用可能です。

ハイブリッドアカウントのデータアクセス

ハイブリッドアカウントとは、一部のアプリを代理店 (パートナー) として管理し、一部を広告主(アプリ所有者)として管理している代理店アカウントのことを指します。

以下のアカウントレベルの機能は利用が制限されています。

  • カスタムダッシュボード: カスタムダッシュボード:代理店およびハイブリッドアカウントでは使用できません。
  • コホートレポート:広告主からの権限付与によって利用可能です。
  • Protect360: 広告主からの権限付与によって利用可能です。

ハイブリッドアカウントをお持ちの場合、管理画面にはこれらが表示されますが、開こうとすると404エラーが表示されます。

これらの機能を使用したい場合は、新しい広告主アカウントを開き、広告主と代理店のアプリを分けることをお勧めします。上記の機能は、有効にしている場合広告主アカウント上で利用できます。